自動車保険ALL

車両保険は台風による被害でも使える?次年度の保険料への影響は?

車の損害を補償してくれる車両保険は台風やゲリラ豪雨などの自然災害でも使うことができます。台風による損害で車両保険を使用した場合、翌年度の等級は1等級下がり1年間事故ありの割引率が適用されます。どのくらい保険料が上がるのか計算したうえで使用を検討しましょう。

台風で自動車が水没!自動車保険の車両保険は使えるのか?

車両保険は事故などで車に損害があった時に使用できる保険です。台風など自然災害の場合も使用できるのか、心配ですよね。 


自然災害の場合も車両保険は使用できるものとできないものがあります。車両保険には一般とエコノミーなどがあります。保険にもよりますがエコノミー型では補償されない場合もありますので加入時に確認しておきましょう。加入済みの方も一度チェックしておきましょう。




自然災害が対象になっている場合は台風だけでなく、
  • ゲリラ豪雨
  • 洪水
  • 高潮

などの風水害も対象になっています。道路や駐車場が冠水し、水没した場合車両保険を使用することが出来ます。


ただし、同じ自然災害でも地震や地震による津波、噴火によって車が損害を受けた場合は、車両保険を使用することが出来ません。

暴風雨などが原因の飛来物での損傷でも補償される!

台風などの損害で車両保険が使えるのは水没した場合に限りません。台風などの風が強い時は、瓦や看板などが飛んでくることもあり得ます。看板などがぶつかって車が傷ついた場合も、車両保険の対象になります。

台風(風水害)における車両保険の補償範囲は?

台風によって、自分の車に損害があった場合は車両保険が使えます。ですが、車両保険の対象はあくまで自分の車のみです。台風が原因で、契約の車が横転したり、流されたりなどをして、他の車に損害を与えてしまった場合は車両保険の対象にはなりません。ただし、この場合、法律上の賠償責任は問われません。

台風の損傷で車両保険が使える具体的なケース

台風の損傷で車両保険が使えるのは以下のようなケースです。
  • 道路が冠水して水没した
  • 冠水したトンネルに突っ込んで水没した
  • 駐車していた駐車場が水没した
  • 土砂崩れが起きて車に傷がついた
  • 看板や瓦が飛んできて傷がついた
  • 木が倒れてきて傷がついた

また、人身傷害保険や搭乗者傷害特約に加入していれば、台風による損害で乗っている時や車から出る時にけがをしてしまった場合も保険金が支払われます。車両保険は人への補償はありません。


支払われる金額は、損害金額から免責金額(自己負担額)をひいたものです。損害が大きく、全損(損害額が保険金額を超えてしまうこと)になってしまうケースも少なくありません。保険金額を超えてしまった場合もそれ以上支払われることはありません。ただし、全損の場合は免責金額は引かれません。


<車両保険の保険金額が100万円、免責金額が10万円の場合>


●修理金額が50万円の場合

免責金額を引いた10万円が支払われる。


●修理金額が200万円の場合

保険金額を超えるため、全損扱いとなる。免責金額は引かれず、100ん万円支払われる。

台風での車両保険の補償は翌年のノンフリート等級に影響するか?

一度車両保険を使用すると、翌年のノンフリート等級が下がってしまいます。事故ではなく、台風などの風水害で車両保険を使用した場合でも等級は下がってしまいます。
  • 無事故の場合→1等級上がる
  • 事故があった場合→3等級下がり、3年間事故あり割引率になる

というのが自動車保険です。ですが、台風などの自然災害の場合は保険を使用しても下がるのは1等級のみ。事故あり割引率の適用も1年間のみになっています。自然災害の他、盗難やいたずらなど自分に過失がない偶発的な原因で車両保険を使った場合は、1等級のダウンになります。


人身傷害保険や搭乗者傷害特約のみを使用した場合は、ノーカウント事故となるのでノンフリート等級に影響はありません。他に事故がなければ通常通り1等級上がります。あくまで、車両保険を使用すると等級が下がると考えてください。

1等級下がるとどのくらい保険料に影響するのか

自動車保険は、1~20の等級に分けられています。等級によって保険料は異なり、+64%から-63%まで幅広いです。

初めて自動車保険に加入するときは6等級からスタートします。先ほどもご説明した通り、1年間の保険の利用状況により、翌年の等級が変わります。

  • 無事故→1等級上がる
  • 事故があった場合→3等級下がり、3年間事故ありの割引率になる
  • 偶発的な原因で保険を使用した場合→1等級下がり、1年間事故ありの割引率になる

というシステムで等級が決まります。


等級による保険の割引率の一例をご紹介します。

  • 7等級 事故なし:-30% 事故あり:-20%
  • 8等級 事故なし:-40% 事故あり:-21%
  • 9等級 事故なし:-43% 事故あり:-22%
  • 10等級 事故なし:-45% 事故あり:-23%
  • 11等級 事故なし:-47% 事故あり:-25%
  • 12等級 事故なし:-48% 事故あり:-27%

事故なしと事故ありでは大きく割引率が異なりますね。


8等級事故なしの人の割引率は-40%です。台風などの水風害で保険を使用した場合、1等級下がり7等級になって事故ありになるため、-20%の保険料になります。


保険を使用するのとしないのでは20%ほど保険料が変わります。保険料が上がるのは1年間だけです。ですから、保険を使った方が高くつくケースは少ないと思いますが、損をしないように計算してから保険を使用するかどうか決めましょう。


浸水・水没してしまった自動車はどうなるのか?

台風などの風水害で浸水してしまった車は修理に出すか、手放すかという選択になると思います。

車は一度冠水すると「冠水歴」というのが残ってしまいます。これは「修理歴」よりも嫌われるといわれています。車が水没するというのはそれだけのリスクがあるんです。


一度車が冠水してしまうと修理しても完全には元に戻りません。サビや電機系のトラブルの原因となってしまい不安要素が残ります。

マフラーにまで浸水すると廃車にするしかない

修理するか、手放すかの判断基準はどこまで水没したのかというのが目安になります。

その目安となるのがマフラーなんです。エンジンが水没しなければ大丈夫と思っている人が多いかもしれませんが、マフラーが浸水するとNGです。


マフラーの排気口が完全に水に浸かると車は停止してしまいます。水が逆流して排気ガスを排出できなくなってしまうんです。


それでも修理すれば動くようにはなりますが、トラブルが起こりやすくなり危険ですので手放す判断をしたほうがよいかもしれません。


修理をしない場合も、損害として車両保険を受け取ることができます。次の車の頭金に回ることもできますので、無理に乗り続けて頻繁に修理をするよりも買い替えてしまった方が安くつくかもしれません。

台風が近づいている時には、飛来物や水没のリスクの対策を!

車両保険で損害は補償されますが、台風による被害は保険額よりも大きくなってしまう可能性があります。屋内の駐車場に一時的に移動するなど対策をしておくといいでしょう。ただし、冠水の可能性があるので地下の駐車場は避けましょう。

まとめ

台風、ゲリラ豪雨などの風水害で車が損傷したときも車両保険を使用することが出来ます。ただし、保険会社によってはエコノミークラスですと使用できないこともあるので確認しておきましょう。
  • 水没
  • 飛来物による損害
  • 倒れた木などによる損害

で車両保険を使用することが可能です。


台風による損害で保険を使用すると、翌年は1等級が下がり、事故あり割引率になってしまいます。保険料がどのくらい値上がりするのかを計算してから保険を使用するか判断しましょう。


また、マフラーまで水没した車は修理しても完全には元に戻りません。サビや電機系のトラブルなどの原因となるので、手放すという判断も必要です。車を手放した場合も車両保険は受け取ることができます。

ランキング