自動車保険ALL

2回目の事故のときに車両保険はどうなってしまうのかを解説します

1度事故を起こしてしまい、気を付けていたけどまた事故を起こしてしまった…そんなときに頭に浮かぶのは2回目の車両保険ってどうなってしまうのだろうということがあるでしょう。2回目の事故のときに車両保険がどうなるかをこの記事で解説します。

2回目の事故を起こしたときの車両保険はどうなるのか

1度事故を起こしてしまったときに「もう事故を起こさないように」と心に誓ったはずでも何があるかわかりません。

どんなに気を付けていても事故を起こしてしまうこともありますし、巻き込まれてしまうこともあります。


では2回目の事故を起こしてしまったときに車両保険はどのようになってしまうのというのを解説していきたいと思います。



2回目の事故のときの車両保険は保険期間によって変わってくる

2回目の事故を起こしてしまったときの車両保険で一番大切になるのが「1回目の事故はいつで、2回目の事故はいつか」ということになります。

つまり、事故を起こしてしまった期間にどのくらいのスパンがあるかということが重要になります。


このスパンが同じ年度で2度起こしてしまったり、年度ごとに事故を起こしてしまうなどするとそれによって対応が変化してきます。


もし2回目の事故を起こしてしまったときにははじめに前の事故がいつかを考えましょう。

事故を起こし、保険を利用すると等級が下がる

車両保険には等級という事故歴に応じた保険料の割引・割増を適用する制度があります。

等級は20段階に区分されており、等級が高いほど保険料の割引が大きくなります


事故を起こしたときに車両保険を利用すると基本的に次年度に3等級下がることになっています。


ただし、例外もあり自然災害での事故や盗難の場合に車両保険を利用すると3等級ではなく1等級下がることになります。

1年で2回目の事故を起こしてしまったときには6等級下がることになる

1度事故を起こし車両保険を利用すると、基本的には3等級下がってしまいますが、2回目の事故を起こしてしまったときにも同様に3等級下がります。つまり、次年度に6等級下がることになります。(ただし1等級下がる場合もあるのですべてが6等級下がるというわけではないので注意しましょう)


前述した通り、いつ事故を起こしてしまったかが重要であり、1回目の事故と2回目の事故にどのくらいの期間があるかを覚えておくようにしましょう。


同じ年度に2回事故を起こしてしまうと下がる等級も多くなるので、次年度に請求される保険料も多くなります。

車両保険の保険期間は1年単位である

車両保険の保険期間は1年単位となっており、例えば1年で2回事故を起こしてしまったときには次年度に多くの保険の等級が下がります。

しかし、その期間が1年過ぎていると1年では3等級(または1等級)下がるがその次の年度でまた等級が下がることになります


1年間事故を起こさないと等級が1つ上がっていき、等級が上がっていくことで支払う保険料が低くなります。


自分のためにも事故を起こさないように気を付けましょう。

2回目以降の事故のときには免責金額がはどうなるのでしょうか

免責金額とは契約者の自己負担額のことです。

免責金額は車両保険に加入する場合に決めることになり、例えば免責金額が5万円に設定していた場合に20万円の損害があったとします。


そのときには保険会社から保険金が15万円支払われます。


では、2回目の事故を起こしてしまった場合には免責金額はどのくらいの金額になるのでしょうか、解説していきましょう。

2回目以降の事故のときには免責金額も上がってしまう

2回目以降の事故のときには免責金額も同様に上がってしまいます


免責金額の初期設定を5万円に設定していた場合、二回目の事故を起こしてしまうとそれ以降は10万円になってしまいます。


2回目の事故以降は1回目の事故に比べて倍の金額になってしまいますので、免責額の設定には1回目はいくら、2回目はいくらという形で設定されることが多く、例えば5-10といった表記になります。

少しの金額で済む事故の場合には保険を使わない方がいいこともある

修理金額がもし少ない金額で済む場合には自己負担で修理した方が良いことの方が多いでしょう。

それは等級が下がって、高い保険料を支払うことになってしまい、1年間で複数回事故を起こしてしまったときに保険会社から更新を断られることなども考えられます。



ただし、かすり傷程度であれば安く済むこともありますが、基本的には修理というのは高価なことが多いので気を付けましょう。

修理が高い、車両保険を使いたくないからと言って修理せず乗るのは絶対に止めよう

修理せずそのまま乗り続けるということは絶対に止めましょう。

見栄えはもちろんのこと、さまざまな危険が伴う場合が多く、そのまま走行していると警察に注意勧告を受けることもあります。


車検に通す場合にも事故の傷を直さないままでは、車検に通らない場合もありますので必ず直しましょう。

まとめ

2回目の事故を起こしてしまったときにはまず前回の事故がいつ起こったか、それからどれくらいの期間が経っているかを一番最初に考えましょう。

それによって、保険会社の対応が変わってきます。事故のときに車両保険を利用すると等級が下がるので保険料が上がるので気を付けましょう。


また、金額が高くないときには自己負担で修理することも是非検討してみるようにしましょう。


保険料が上がることを考え、それを年単位で計算すると修理費よりも高くなってしまうこともあります。どちらが良いか考えて自分に合ったほうを選ぶようにしましょう。

ランキング