海外旅行保険ALL

イタリアの治安は本当に悪いの?噂にだまされてはいけない!

映画好きはマフィアのイメージが強く、漫画好きにはジョジョなどのイメージの強いイタリアは、治安が悪いと噂されることも多いですが、実際はどうなのでしょうか。今回は4つのカテゴリー別けから、イタリアの治安を解説します!安全なイタリア旅行をしましょう。

イタリアの治安は悪いって聞くけど本当?

ローマ、ナポリ、フィレンツェなど、魅力的な世界的観光地が目白押しのイタリアに1度は旅行してみたいですよね。


一方で、「スリが多い?」、「マフィアがいる?」などのように、イタリアの治安について不安を抱いている方は多いのではないでしょうか。


せっかくの楽しい旅行を台無しにしないためにも、イタリアの治安について事前に詳しく知っておきたいところです。


そこで、この記事では「イタリアの治安」について、

  • イタリアは世界各国の中でどれくらい平和なのか
  • イタリアの治安で気になる4つのポイント
  • イタリアで犯罪に巻き込まれないための対策

以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読んでいただければ、イタリアの治安や犯罪への対処法が分かり、旅行中の心配事を減らすことができるでしょう。


是非最後までご覧ください。


なぜ治安が悪いとされるのか

治安が悪いと思われがちなイタリア。


もしかしたら、マフィア映画や漫画などの影響で「イタリアは治安が悪い?」というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんね。


また、「イタリアでスリ被害に遭った!」という情報や、イタリアで起きた犯罪のニュースなどを見かけたことがある方は、イタリアの治安にあまりいい印象がないかもしれません。


一方で、平和にイタリア旅行を楽しんで帰ってくる日本人観光客が多いのも事実です。


では、実際のイタリアの治安はどうなのでしょうか?


外務省や国際シンクタンクなどが公表している最新のデータを元にご説明します。

イタリアは平和指数ランキングで38位

実は、各国が「どれくらい平和か」を表す平和指数ランキングというものがあります。


平和指数ランキングは、

  • 紛争数
  • 死者数
  • 殺人事件数
  • 社会の治安や安全
  • 軍事力

などの項目から、各国がどれくらい平和か数値化したものです。


世界経済平和研究所(IEP)の調査によると、2018年におけるイタリアの平和指数ランキング163位中38位でした。


このように、イタリアは調査対象国の上位25%内にランクインしているため、決して治安が悪いわけではないと判断できます。


しかし、実際にスリなどの犯罪は多く、マフィアやテロなどについて心配している方もいるでしょう。


では、おそらく皆さんが気になっているであろう4つのイタリア治安情報について解説していきます。

①南部は北部より治安が悪い?

イタリアは、地理的に北部南部に分かれています。


イタリアに興味がある方なら、「南部のほうが経済力が弱く、治安もあまりよくない」という話を聞いたことがあるかもしれません。


しかし実際は、南北で経済格差はあるものの、南部のほうが極端に治安が悪いという事実はなく、南北でそれほど違いはありません。


外務省から公表されている安全の手引きによると、南部・北部でそれぞれ想定される危険はほとんど変わらないようです。

(参考:「外務省海外安全ホームページ」)


では、南北の経済格差や注意点についてもう少し詳しく見ていきましょう。

南北での経済格差

イタリアは、北部と南部で大きな経済格差があるといわれています。


実際に、イタリア北部はミラノなどの経済都市を中心に裕福層が多く、イタリア南部は非正規労働者などの貧困層が多いということが分かっています。


しかし、だからといって「イタリア北部なら安全」と慢心してもよいわけではなく、南北どちらを旅行する際でも同じような犯罪リスクがあることを忘れないでください。

ナポリでは注意が必要

イタリア旅行の際は、北部・南部にかかわらずどちらでも犯罪に備える必要があるとお伝えしてきました。


ただし、南イタリアのナポリでは特に注意が必要です。


ナポリは言わずと知れた一大観光地で、それゆえにスリなどの被害が非常に多くみられます


後述の「事件に巻き込まれないための対策」を見て、特に警戒を怠らないようにしましょう。

②軽犯罪が多い

イタリアの観光客が最もよく巻き込まれるのは、スリや置き引きなどの軽犯罪です。


イタリアでは、南北にかかわらずスリや置き引きなどの軽犯罪が多く発生しており、外務省でも注意喚起されています。


スリは人混みに紛れて貴重品を盗むケースが多いため、ローマ、フィレンツェ、ベネチア、ナポリなどの観光地や大都市では特に気をつけましょう。


では、観光客がどのように軽犯罪に巻き込まれてしまうのか、いくつかのパターンをご紹介しましょう。

スリ・置き引き

スリ置き引きなどの窃盗は、日本人をはじめとした外国人観光客がターゲットになりやすいです。


特に、イタリアでは地下鉄、飲食店、路上などの人が多い場所で、「犯行グループの1人が観光客に声をかけて注意をひき、その隙に他のメンバーが貴重品を盗む」という手口の「集団によるスリ」が横行しているので注意が必要です。


スリには女性や子供もいるので、年齢や性別で判断しないことも重要です。


置き引きは、飲食店での席取りに荷物を使ったときや、飲食店で荷物を背もたれにかけたときなどに貴重品を盗まれるケースが多いです。


また、列車などで荷物を棚に置いたまま眠ってしまい、そのせいで置き引きに遭うこともしばしばあります。

観光地や都市では注意が必要

スリや置き引きの多くは、主に観光地や都市などの人が多い場所で発生します。


観光地や都市では、

  • レジに並んでいるとき
  • 写真撮影時
  • 切符購入時

といった場合にバッグ内から貴重品を盗まれることもあります。


また、お金を支払おうと思って財布を出した瞬間に盗まれるというケースもあります。


人が多い場所では、観光に夢中になって手荷物が無防備にならないよう常に気をつけておかなくてはなりません。

③テロはほとんど発生しない

外務省によると、イタリアでは、イスラム過激派が関与したとみられる大規模なテロ事件は発生していません。


今のところイタリアでは、「テロにつながる危険な思想を持っている」と判断された人が数名逮捕された程度のことしか起きていません。


ただし、イタリアはイスラム過激派から「象徴的な標的」にされていると考えられるため、治安当局がテロに対し警備を強化しています


イタリアでテロ事件に遭う可能性は今のところそれほど高くないかもしれませんが、常に最新の情報をチェックしておきましょう。

④マフィアの心配はいらない

イタリアには、イタリア南部を基盤とするマフィアが存在します。


マフィアは薬物取引、企業への恐喝、高利貸し、密輸などの凶悪犯罪に関わっているとされています。


逆に言えば、マフィアは基本的に現地の企業や商店などを相手に犯罪を起こすので、直接観光客に関わってくる可能性は限りなく低いです。


薬物が密売されているエリアなどに好んで近づいたりしない限り、特に心配しすぎなくても大丈夫です。

イタリアで事件に巻き込まれない対策

ここまで、イタリアの治安状況について簡単にご紹介してきました。


多くの観光地と同じく、イタリアでも、人混みではスリや置き引きなどの犯罪が発生する可能性は高くなります


では、イタリアでそのような事件に巻き込まれないようにするにはどうしたらよいのでしょうか。


ここからは、イタリアの日本国大使館などが紹介している犯罪対策についてお伝えしていきます。以下の対策を知って、安全に楽しくイタリア旅行を満喫しましょう。


貴重品は常に身につけよう

では、イタリアの観光客が最も被害に遭いやすい置き引きとスリの対策をご紹介します。


置き引き対策

当たり前のことですが、貴重品は常に身につけておきましょう。


荷物を体から離さないだけで、置き引きの被害に遭う確率は著しく減ります。


急に話しかけられたり誰かが近づいてきたりしたときも、貴重品が入ったカバンをしっかりと握りしめ、はっきりと拒絶の意志を示すことが大切です。


スリ対策

スリ対策としては、貴重品を肌身離さないだけでなく、後ポケットなどの見えづらい場所に貴重品をしまわないことも重要です。


もちろん、前ポケットなどの見えやすい部分に貴重品を入れてもスリに遭う可能性はあるので、常に身の回りのものに気を配っておかなければなりません。


しかし、こういった細かい対策を講じることで、スリに遭う確率を可能な限り減らすことはできます。


また、スリは貴重品がどこにしまわれているのか確認してから犯行に及ぶ場合もあるので、むやみに貴重品を出し入れしないようにしましょう。

外務省の海外安全ホームページを確認しよう

イタリアに限らず、海外旅行の際は外務省の海外安全ホームページから現地の治安に関する最新情報を確認するようにしましょう。


海外安全ホームページを見れば、テロや治安全般に関する最新の情報を知ることができます。


また、海外安全ホームページのアプリをダウンロードすれば、治安に関する最新情報が常に配信されます。


スリなどの軽犯罪はもちろん、テロ事件に巻き込まれないようにするためにも是非ともダウンロードしておきたいところです。

万が一を考えて海外旅行保険に入りましょう

「自分でできる対策は分かったけれど、やはり万が一のことが不安だ」という方は、海外旅行保険の加入を検討してみてもよいでしょう。


商品にもよりますが、たいていの海外旅行保険では

  • 携行品の損害
  • 治療や救援費用の補填
  • 急な損害賠償請求

などを保障してくれるので、旅行先での持病の悪化や思わぬ事件が心配な方は加入しておいて損はありません。


ほけんROOMではおすすめの海外旅行保険についての記事を書いています!

海外旅行保険を選ぶ際にはぜひ一度読んでみてください!


まとめ:イタリアの治安は比較的良い

イタリアの治安について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、

  • イタリアは世界各国の中でどれくらい平和なのか
  • イタリアの治安で気になる4つのポイント
  • イタリアで犯罪に巻き込まれないための対策

です。


イタリアは世界の中でも25%以内に入るほど平和な国であり、日本に比べると確かに治安は悪いものの、観光地の中ではそれほど治安が悪いわけではありません。


イタリアの観光客がよく巻き込まれる犯罪は、主にスリや置き引きなどの軽犯罪です。


特にスリは集団で実施されることが多く、スリの中には女性、子供、一見身なりのしっかりした人などもいるので油断しないでください。


海外旅行先では、貴重品を肌身離さないこと、最新の治安情報を受け取ることが大切です。


不安が残る場合は、海外旅行保険への加入も検討してみてください。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。  

ランキング