飛行機のトラブルも掛け捨ての海外旅行保険を活用すれば安心

海外旅行保険は掛け捨てでも充実した補償内容である。病気、けがだけでなくさまざまな飛行機トラブルにも対応してくれる。ロストバゲージや飛行機遅延など予期せぬトラブルにも対応してくれる掛け捨ての海外旅行保険のメリットを紹介していく。

掛け捨ての海外旅行保険でも飛行機のトラブルに対応してくれるの?

海外へ旅行するとき、掛け捨ての海外旅行保険には加入していますか?


日本とは違い、海外では勝手がわからなくて戸惑うこともしばしば。


そんな時、保険に入っておくことで様々なトラブルからあなたを守ってくれます。


しかし、飛行機で現地に到着するまでに既にトラブルに巻き込まれるというケースも。


万が一トラブルに巻き込まれた場合、掛け捨ての海外旅行保険でもどれくらい対応してもらえるのでしょうか。


病気やけが以外でも対応してもらえるのでしょうか。


この記事では、掛け捨ての海外旅行保険について説明します。


ぜひ最後までご覧ください。

掛け捨ての海外旅行保険でも飛行機のトラブルにしっかり対応してくれる!

掛け捨ての海外旅行保険といえば、まず思いつくのが現地での病気やけがの補償ではないでしょうか。


日本と違い、海外では病気などで病院にかかった場合、高額な治療費を請求されることがあります。


この場合、掛け捨ての海外旅行保険で費用を負担してくれます。


では、飛行機のトラブルではどうでしょうか。


飛行機のトラブルといってもいろいろな場面に遭遇することがあります。


そのようなときでも掛け捨ての海外旅行保険に入っていれば対応してもらえます。


以下では、主に旅行者が巻き込まれやすい飛行機のトラブルついて説明していきます。

ロストバケージや遅延など、考えられる飛行機のトラブル

ロストバゲージ


例えば、日本からヨーロッパまで飛行機を乗り継いで行く場合、乗り継ぎ空港での手荷物の受渡しがうまくいかず、目的地の空港で自分の手荷物がない、ということがあり得ます。


大概、後日滞在ホテル等に手荷物を届けてもらうことになりますが、最悪の場合手荷物がなくなってしまうということも。


手荷物が見つかるまでのあいだ(もしくは見つからない)服がなくて着替えられない、化粧道具がなくてスッピンで過ごさねければならない、などの問題が生じますよね。


そんな時保険に加入していれば、上限金額まで服や化粧品を購入しても後で代金が戻ってきます。(必要不可欠と認められた場合)


その際、レシートや領収書などをしっかり保管しておきましょう。


飛行機遅延


また、飛行機のエンジントラブルなどによって飛行機が飛ばず予定通り目的地に着けない、下手をすると一日空港内で過ごさないといけないということも考えられます。


航空会社が宿泊施設や食事代などを用意してくれますが、そうでない場合は、保険の適用が受けられます。


海外旅行保険の航空機遅延費用と旅行事故緊急費用の補償内容を確認

航空機遅延費用


出発地または乗継地で、搭乗する予定の飛行機が、6時間以上の出発遅延、欠航、運休があった場合、または飛行機搭乗の予約受付の不備で搭乗ができなかった場合、宿泊予定のホテル代や食事代などを上限額内で補償してくれます。


旅行事故緊急費用


海外旅行中の予期せぬ偶然な事故により、海外旅行中にホテル等の宿泊施設、食事代など費用の負担を余儀なくされた場合、こちらも上限額内で補償してくれます。

掛け捨ての海外旅行保険を利用するメリット

例えば、3泊4日で香港へ旅行に行くとします。


掛け捨ての海外旅行保険では旅行する期間のみを補償するため通常の保険(医療保険など)と比べ、旅行日数によって保険料は異なります。


補償期間は、自宅を出発してから自宅に帰るまでとなります。


ですから、掛け捨ての海外旅行保険では保険料のムダがなく旅行者にとってはありがたいシステムです。


もちろん飛行機のトラブルも対応してもらえます。


掛け捨ての保険だからといって安易に利用しない手はありませんよ。

自分に合った保障プランが選択できる

また、掛け捨ての海外旅行保険では補償内容をバランスよく組み合わせたパッケージタイプと、自分で自由に補償内容を設計できるオーダーメイドタイプがあるのをご存知ですか。


このオーダーメイドタイプを使って保険料も安く抑えることができるのです。


パッケージタイプは補償内容のセット価格になっていますが保険料を安く抑えたい、補償内容を充実させたいなどニーズにあった商品を選ぶことができます。


それに対してオーダーメイドタイプとは、ケガをした場合などの治療費だけを補償できたり、クレジットカードの補償内容に、足りない補償だけをプラスすることも可能です。


必要な分だけ補償を選ぶことで保険料の無駄を省くことができます。


もちろん飛行機遅延費用の補償なども付帯することができます。


掛け捨ての保険とはいえ、カスタマイズできるのも魅力です。

出発直前の空港での加入も可能

この掛け捨ての海外旅行保険は旅行会社で申し込むだけでなくインターネットでも申し込むことができます。


しかし、仕事が忙しくてなかなか申し込む時間がなかった人もご安心ください。


出発直前まで空港のカウンターや自販機で申し込むことができます。


飛行機の搭乗までに済ませれば、補償してもらえます。


出国してからだと加入はできないので注意しましょう。


この場合、加入はほぼセットプランとなるため保険料を安く抑えたい人などはやはり事前に加入しておくほうがよいでしょう。

まとめ:掛け捨ての海外旅行保険にはできるだけ加入しておこう

いかがでしたでしょうか。


掛け捨ての海外旅行保険でもここまで充実した補償内容であればいざというとき心強いですよね。


飛行機トラブルからはじまり現地で急に体調が悪くなったり、事故に巻き込まれたりなど海外に旅行するというのは思いがけないトラブルがつきものです。


クレジット会社の補償内容では不十分だと感じていた人も足りない補償をプラスすればさらに安心して旅行を楽しむことができます。


掛け捨てだからと言って今まで加入せずに海外旅行へ行っていた人は、これを機に検討してみませんか。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング