海外旅行保険における最低限の補償内容とはどんなものが必要なのか?

海外旅行に行く場合、楽しみな反面、病気や携行品の盗難、物を壊してしまい賠償が発生してしまうリスクが考えられます。そうした中で、海外旅行保険に加入することで、最低限の補償を確保する必要があります。海外旅行保険での最低限の補償とはどんなものがあるのか解説します。

海外旅行保険に必要最低限な補償とは?

海外旅行をする際、楽しみな反面トラブルに合う危険性も高くなります。

日本では、救急車を利用しても費用はかかりませんが、海外では費用が発生する場合もあります。

このような不足の事態に備えて海外旅行に行くには、最低限の保障を持った海外旅行保険に加入しておく必要があります。

しかし、海外旅行保険はたくさん販売されていたり、クレジットカードに海外旅行保険が付帯されているケースもあります。

保障内容は様々で、保障内容を最低限確保するには、どのような内容が必要なのかを考える必要があります。

治療費の最低限の必要な補償とは?

海外旅行保険の保障内容はたくさんあります。
  • 死亡、後遺障害に対しての補償
  • 病気や障害に対しての治療費
  • 救援費用に対する補償
  • 携行品の損害や盗難に対する補償
  • 物を壊してしまった場合の賠償補償
  • 航空機遅延補償


数々の補償の中でも、必要なのはやはり「病気や障害に対しての治療費』です。
海外での治療費は、日本とは違い医療保障を受けることができず全額実費負担となってしまうケースがあります。

こうした場合でも安心して治療が受けることができるように、最低限の補償を持っておくことが必要です。

盗難に対しても最低限の補償が必要となってくる

海外でのトラブルの中でも、最も多いとされているのが、携行品の盗難に合うケースです。

渡航先によっても事故内容の確率が変わってくるのですが、特に、ヨーロッパやアフリカなどへ行く場合には、スリによる被害に対する補償が必要となってきます。

このような場所へ行く場合には、最低限、携行品の補償を付帯されていることを確認しておく必要があります。

アジアやオセアニアなどでは、携行品による被害よりも、治療費の補償が必要となっています。

渡航先によって、携行品に対する補償が必要となる場合もあることを、覚えておいてください。

海外旅行保険に加入しなくてもカード付帯の海外旅行保険で最低限、補償できる

保険会社でも海外旅行保険が販売されていますが、クレジットカードに海外旅行保険が付帯されている場合、最低限の補償を持つことが可能です。

海外旅行保険と比べると、補償内容は見劣りしてしまいますが、それでも最低限の補償を持つことができるので、安心して渡航することが可能です。

まずは、クレジットカードに海外旅行保険が自動付帯されているのか、旅行費用を全てクレジットカード払いにする必要がある利用付帯なのかを確認しましょう。

最低限の補償が付帯されているのであれば、クレジットカードの補償内容で十分対応が可能といえます。

カード付帯の海外保険には疾病死亡がないことに注意

海外旅行保険に加入した場合は、病気による死亡補償がありますが、クレジットカード付帯の海外旅行保険には、傷害による死亡補償しか付帯されていません。

最低限の保障が付帯されているクレジットカードの海外旅行保険ですが、病気による死亡補償は付帯されていないのです。

海外では、日本では発症率の低い病気も、簡単に発症してしまうリスクもあります。

そのため、海外に長期滞在する場合は、最低限の補償以外にも必要であるため、海外旅行保険に加入し、万が一のために補償を持っておくことも検討する必要があります。

カード付帯の海外保険は使い方によって補償期間を延長することもできる

クレジットカードに付帯されている海外旅行保険の補償期間は90日間です。

長期間の海外滞在の場合は、海外旅行保険に加入する必要がありますが、クレジットカード付帯の海外旅行保険でも、90日以上の補償を持つことが可能となっているのです。

その方法は、海外旅行保険が付帯されているクレジットカードを複数枚保有することです。

海外旅行に出発した日から1枚目のクレジットカードによる海外旅行保険の適用が開始されます。この補償期間は90日間です。

90日間を超える前に、何かを購入するなどで2枚目のクレジットカードを使用します。
これにより、2枚目のクレジットカードによる海外旅行保険の補償期間が開始されます。

このように、複数のクレジットカードを時期をずらして使用することで、補償期間を延長することが可能となります。

クレジットカードに家族特約の付いている場合なら、海外旅行に同行する家族まで補償される!

通常、クレジットカードによる海外旅行保険は、家族カードを保有している人であれば、本人と同額の補償を受けることができます。

クレジットカードを作ることができるのは、18歳以上であることが必要なため、18歳未満の子供は家族カードを持つことができません。つまり、補償が持てないことになるのです。

しかし、「家族特約」が付帯されているクレジットカードであれば、18歳未満の子供であっても補償が付帯されることになります。

ただし、家族特約を付帯するには条件があります。
  • 生計を一にする19歳未満の子供
  • カード会員またはその配偶者と生計を一にする親族
この条件を満たしていれば、海外旅行に同行する家族も補償の対象となることができます。

まとめ:最低限の補償があればいいのならカード付帯の海外旅行保険で十分といえる

海外旅行で最低限持っておきたい保障は、「病気や障害による治療費」と「携行品の補償」が特に重要となってきます。

この最低限の補償は、クレジットカードの海外旅行保険にも付帯されているので、短期間の海外旅行であれば、十分補償を備えることが可能です。

留学や海外出張など、海外での長期滞在を目的としているのであれば、万が一に備え海外旅行保険に加入しておく必要がありますが、一般的な海外旅行であれば、クレジットカード付帯の海外旅行保険でも、最低限の十分な補償を持つことが可能です。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング