海外旅行保険ALL

海外旅行でレンタルバイクを利用したい!海外旅行保険の補償範囲は?

海外でも限られた範囲の移動に便利なのがレンタルバイクですね。でも不慣れな土地での行動で何かあったら、と不安に思うこともあるでしょう。そんな時心強いのが海外旅行保険。レンタルバイクを利用中に起こりがちなトラブルは海外旅行保険で補償されるかについてご説明します。

レンタルバイクで何かあった時に海外旅行保険は適用される?

市街地での移動など、海外でもレンタルバイクを利用したいシーンは度々あるものですね。


でも慣れない場所で事故に合ってケガをしてしまったら、人にケガをさせたり物を壊してしまったら、レンタルバイクが盗難されたらどうしよう?など不安はつきものだと思います。


海外旅行中のレンタルバイクでのトラブルは、海外旅行保険の補償対象になるのでしょうか。


補償内容について確認し、安心して旅行の計画が立てられるようにしていきましょう。

海外旅行保険でレンタルバイクは補償対象となる

結論から言うと、レンタルバイクの利用でもしものことがあった場合は、海外旅行保険の補償対象になります。


でも気になるのはその補償範囲ですね。補償されると思っていたものができなかった、と言うのでは困ってしまいますよね。


事故による対物・対人などの賠償責任や自分のケガなど、起こりがちなレンタルバイクによるトラブルの内容ごとに、海外旅行保険ではどのように補償されるのかについて見ていきましょう。

レンタルバイクは賠償責任補償特約の補償対象になる

旅行先でレンタルバイクに乗っていて、他人にケガをさせた・他人の物を破損した・レンタルバイクを壊してしまった、などの法律上の賠償責任が生じた場合、海外旅行保険の賠償責任保障特約の補償対象になります。


また通常レンタルバイクには原動機付き自転車が含まれ、普通の自転車ではなく原動機付き自転車を使用した場合も同様の補償が受けられます。

レンタルバイクでケガをした場合も海外旅行保険の対象となる

レンタルバイクを運転中の事故でケガをした場合は、海外旅行保険で治療費用が補償されます。


ただし原動機付き自転車を、無免許や飲酒・薬物使用など正常な運転ができない状態で運転していたケースや、レンタルバイクで競技に参加または練習中の事故に対しては保険金が支払われません。


レンタルバイクについて、海外旅行保険に加入していても補償されない場合があることに注意

レンタルバイクに関しては、一般的に起こりがちなトラブルはほぼ海外旅行保険で補償されることが分かりました。

しかし条件によっては保障されない場合があるので注意が必用です。


中には意外と知られていないレンタル品補償に関する条件もあるので、いざという時に困ったことにならないよう、よく確認しておくことが大切です。


ではどんなケースが補償対象外になるのでしょうか。

いくつかの例について見ていきましょう。

直接レンタルされていない場合は補償対象にならない

海外旅行保険で賠償責任補償の対象になるレンタルバイクとは、被保険者自身がレンタル業者と直接書面等をもって契約を交わしたものを言います。


レンタル業者との直接契約ではなく、仲介業者等を介してのレンタルや、旅行会社のサービスによるレンタル等は保障の対象外になるので注意が必用です。


しかし業者からのレンタルではないからとあきらめなくてもよい場合もあります。

友人などの他人から旅行前に借りて持参したバイクの破損等に関しては、携行品保障特約の対象になることがあります(家族から借りたものは対象外です)。


ただし賠償責任補償と携行品補償では、補償対象となる品物や条件が異なる場合があるので、加入時によく確認するようにしましょう。

レンタルバイクの盗難は海外旅行保険で補償されない

以前はレンタルバイクに限らず、レンタル品の「盗難」による賠償責任は海外旅行保険で補償されないことがありましたが、最近では紛失・破損・盗難いずれの場合も補償されることが一般的となっています。


しかし施錠が不十分であるなど、本人に明らかな過失があると保障されないことがあるので注意が必用です。

レンタルバイクを利用することが決まっているのであれば、内容をよく確認して加入しておくと安心です。

コラム:海外旅行保険に入る4つの方法

海外旅行保険の加入方法には4つあることをご存知ですか? 


大きく分けて次の4つの方法があります。 

  1. 旅行代理店での加入  
  2. <オススメ>インターネットでの加入 
  3. 空港の自動販売機での加入 
  4. クレジットカード付帯のもの  

このうち、旅行代理店で加入するという方が多いのではないでしょうか。 


ほけんROOMでは、インターネットでの加入をオススメしています。 


この2つの入り方を比較してみました。以下の表をご覧ください。

旅行代理店での加入インターネットでの加入
保険料高い安い
保険の種類少なめ多い
加入できるタイミング旅行代理店で旅行を申し込む時いつでも
検討時間少なめじっくり好きなだけ

ご覧になればわかるように、海外旅行保険はインターネットでの加入の方が圧倒的お得なのです。 


さらに、インターネットでの加入であれば、保険料が安い上に、海外に行くまでならいつでも加入することができるのです。(現地についてからだと加入できないので注意) 


ただ自分で保険会社を選ぶのは意外と大変だと思います。 


ほけんROOMでは、おすすめの海外旅行保険について記事を書いています。


総合ランキングだけでなく、人によって違うオススメについても書いてあるので、参考になると思います。 


ぜひ読んでみてください!

まとめ

海外旅行の際に海外旅行保険に加入するのはすでに一般的なことになっていますが、補償内容を細かく理解しておくのは大変です。


ですが、レンタルバイクを利用したい、壊れたり盗まれたりしては困る携行品がある、万一海外で治療を受けた場合の費用が心配、など明確に補償されたい部分を中心に理解しておくだけでも安心感が違うものです。


所持しているクレジットカードに海外旅行保険がセットされている場合も多いですが、補償内容が十分とは限らないようで、足りない補償を補う内容で加入できる海外旅行保険も存在します。


せっかくの海外旅行を不安なく楽しむために、必要十分な補償が受けられる海外旅行保険を検討してみてはいかがでしょうか。

ランキング