生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説

万が一のことは考えたくないものですが、生命保険の入り方を考えるのは大事なことです。足りないと、残された家族が困ってしまうからです。しかし、誰もが大きな保障を持てば良いのかと言うと、それは間違いです。生命保険の入り方を、独身・子持ちなど生活別に説明していきます。

生命保険の正しい入り方を知りましょう

生命保険の正しい入り方について考えたことはありますか?

中には、誰かに勧められて「なんとなく加入している…」という人も少なくないと思います。月々の保険料は大きくなくても、何十年と払い続ける場合もあり、トータルで支払う保険料は、住宅・教育・老後にかかる資金と並んで大きな支出でもあります。そんな大きな支出だからこそ、しっかりと正しい入り方を知り、納得した上で払いたいものですよね。





生命保険に加入する目的をはっきりさせましょう

正しい入り方を知るには、まず、なぜ入るのか?を考えることが大事です。目的をしっかり頭に入れておかないと、多様にある保険商品の中で、必要な保険を選ぶことができません。

ポイント:自分が亡くなると経済的に困る人がいるかどうか

ずばり、ポイントは自分が亡くなると経済的に困る人がいるかどうかです。生命保険は、被保険者の死亡や高度機能障害に対する保障です。

自分が亡くなった場合に、どうなるかをイメージして、入り方を検討していきます。



いつまで、いくら、保障が必要かを考えましょう

生命保険の保障額は、経済的なリスクに備えるものなので、ライフステージによって変わってきます。それぞれの場合を見ていきましょう。


ライフステージ

ライフステージ



  • 独身で養っている家族がいない

葬儀代などの整理資金として、200~300万程度の保障があれば、一般的には十分です。

これよりも大きな保障をかけている人は、入り方を見直してみましょう。そして、今後、結婚・子供誕生などの節目ごとに、見直すようにして下さい。

  • 結婚していて、子供はいない(共働き)

共働きで妻を養っていない場合は、独身のケースと同様です。


一点、注意するとしたら、住宅ローンを夫婦で組んでいる場合に、どちらかに万が一があった場合の取り扱いについてです。


例えば、どちらかに万が一があったら両方のローンとも支払い免除となる、残された側のローンだけは残る…など、様々なパターンがあるので、それにより、必要な保障額を上乗せするようにしましょう。


  • 結婚していて、子供はいない(妻を扶養)

妻を養っている場合は、自分の死後、妻が仕事を開始するまでの無収入期間がどれくらいになるか?住む家はあるのか?など具体的にイメージしてみることが大事です。


夫の名義で住宅ローンを組んでいる場合、銀行から借りたのであれば、団体信用生命保険(以下、団信)に加入しているので、ローンの支払いは免除されます。

賃貸住宅の場合は、何の保障もありません。


  • 結婚していて、子供がいる

一番、保障が必要なパターンです。

人生の三大支出、「住宅・教育・老後の資金」を検討していきます。


「住宅資金」は、持ち家の場合は、団信に入っていれば、ローンの支払いが免除され遺族の負担は少なく済みますが、賃貸の場合は、何の保障もありません。


「教育資金」は、子供1人が幼稚園と大学を私立、小学校~高校を公立に進んだ場合、約1,400万かかります。

理系の大学だと100万、大学生の間一人暮らしだと350万程度がプラスでかかってきます。


「老後資金」は、配偶者が年金をもらい始める65歳までの間の年数分みておくと安心です。

夫が亡くなると、生活費は70%程度に減るケースが多いので、ざっくり計算すると下記のようになります。

現在の年間生活費×70%×妻が65歳までの年数


これらをトータルすると、5,000万~1億円と莫大な金額が必要となってしまいますが、夫が亡くなった場合にもらえるお金もあります。


【遺族年金】は、亡くなった夫が一般的な収入の場合、18歳未満の子供が1人いると13万、2人いると15万ほどを毎月もらうことができます。

※自営業者(1F部分の国民年金のみ)の場合は1人いると8万、2人いると10万ほどです。


【死亡退職金】は、会社の規定によってはもらえる場合があります。


もらえるお金と、妻の収入を差し引くと、子供一人であれば生命保険で準備する保障額は、3,000万円ほどとなるケースが多いです。


  • 子供が独立して、夫婦二人暮らし

この世代も、生命保険の入り方を見直す必要があります。

なぜなら、子供を育てている間に入った、大きな保障の保険に加入し続けている場合があるからです。


しかし、保障が大きいからと言って、すぐ解約するのは要注意です。

途中解約すると元本割れしたり、今は販売されていない、返戻率の良い生命保険だったと言う場合もあるので、その点も加味して入り方を見直しましょう。


貯金がある場合は、生命保険は解約しても良いかもしれません。

この世代が重視するのは、生命保険よりも医療保険となってくるので、浮いたお金でがん保険に入るなど、医療保障を厚くするのも選択肢の一つです。

生命保険の入り方パターン

生命保険会社の営業マンから加入する

保険会社の営業マンが指定した場所に来てくれて、相談~契約までフォローしてもらえます。

また、職場に特定の保険会社が出入りしていることも少なくないので、声を掛けられたことがある人もいるのではないでしょうか?


●メリット 

  • 希望の場所に来てくれるので、別途どこかへ出向く必要がない。
  • 職場であれば昼休みや定時後など、空いた時間を利用して相談~契約まで完了できるので、時間的にも負担が少ない。 
  • アフターフォローがしっかりしている。

●デメリット

  • その会社の商品しか紹介してもらえない。
  • 特約などプラスの保険もオススメされる
  • 情報の非対称性ゆえに断りにくい
会社によって、良い商品は様々で、あまり鵜吞みにし過ぎると要注意です。

来店型保険代理店で加入する

保険会社専属の代理店もありますが、ここでは、最近、急増している乗合代理店(通称「保険ショップ」)に注目します。


保険ショップは、街頭や、ショッピングセンターの中など、様々な場所にあります。


●メリット

  • 複数社の中から、おすすめのものを紹介してもらえる。
  • 直接、保険会社と契約するのと保険料が変わらない。(手数料などがない)
  • 相談は無料のところがほとんどなので、気軽に行ける。
  • 保険金の請求、住所変更の手続き代行を、アフターサービスでやっている会社もある

●デメリット

  • 相談~契約には、こちらから出向く必要があり、場所によっては負担がある。
  • 保険料が高いものをすすめられる場合がある。

2,3件の保険ショップで提案してもらうと、見比べられておすすめです。


FPの無料相談を利用する

来店型の保険ショップと似ていますが、こちらは訪問型でFPが自宅もしくは近所のお店などまで来てくれます。


FPの無料相談を行っている会社は、検索してみると数多く出てきます。

●メリット

  • 来てもらえるので楽
  • 複数社の中から、おすすめのものを紹介してもらえる。 
  • 直接、保険会社と契約するのと保険料が変わらない。(手数料などがない)
  • FPはお金のプロなので、ライフプラン全体を踏まえた上での保険の入り方を提案してもらえる。
  • 各種手続き代行を、アフターサービスでやっている会社もある


●デメリット

  • 保険料が高いものをすすめられる場合がある。
  • わざわざ足を運んで(2,3回に及ぶ場合も多い)もらうと、勧めてもらった保険に入らないと申し訳なく感じる場合がある。


ネット経由でネット生保に加入する

ネット生保は、インターネット販売のみで、営業マンがいない保険会社のことです。

保険会社の経費が少なく済むため、保険料が安いのが特徴です。


●メリット

  • 保険料が安い。
    (条件によっては高額な場合もあるので要注意)
  • 商品がシンプルな場合が多く分かりやすい。
  • ・宅でいつでも申し込みができる。
  • 勧誘がない。


●デメリット

  • 保険の知識に長けていない限り、自分で見極めるのは難しい。

保険料をいつまで払うのか、保障はいつまで続くのか、給付が下りる条件…など、チェックするポイントも多いので、心配な場合は、プロの意見を取り入れたほうが安心です。



まとめ:生命保険の正しい入り方

いかがでしたでしょうか?

生命保険の入り方について、ご説明してきました。


医療保険や学資保険などどは違い、生命保険は、必要な保障が人により大きく変わってきます。

300万と3,000万とでは、10倍もの差があります。


保障が足りてないと感じる人、反対に、保障が多すぎると感じる人は、入り方を見直す良い機会です。

自分に合った生命保険を検討し、納得した上で、保険料を払い続けていきたいですね。

ランキング

  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • 私に何かあったら…母子家庭(シングルマザー)の生命保険の選び方!
  • 年金生活がスタート!65歳以上の生命保険はどこまで保障が必要?
  • 70歳から生命保険を検討する方が必ず知っておくべき必要性と活用方法
  • 80歳からの生命保険は必要なの?現状と対策を考えてみよう!
  • 節税対策・相続税対策になる90歳からの生命保険、考えてみませんか?
  • 0歳から生命保険に入るメリットは?0歳児に生命保険は必要?
  • DINKSが賢く生命保険を選ぶためには要チェックのポイントが存在する
  • 無保険状態からの脱出。適切なタイミングで生命保険に加入しよう
  • 結婚したら生命保険を見直すべき?ポイントとタイミングを知ろう!
  • 生命保険の満期返戻金に税金がかかる?全額手元に残らないので要注意
  • 生命保険の満期でかかる税金とその計算方法について知っておこう
  • 生命保険を解約した時に要注意!返戻金が課税対象の一時所得となる?
  • 生命保険の契約者変更をすると、贈与税はかかるのか
  • 専業主婦の生命保険料も控除の対象です!夫婦の保険料で節税しよう
  • 生命保険の配当金は原則として税金がかかりませんが例外もあります!
  • 生命保険料は年末調整や確定申告で控除できるため、確認してみよう
  • 生命保険における生存給付金で税金を支払う必要があるのか知ろう