これで絶対損しない!生命保険の見直しの注意点・ポイントを徹底解説!

これで絶対損しない!生命保険の見直しの注意点・ポイントを徹底解説!-サムネイル画像

生命保険はライフプランに合った保障・保険料で契約する必要があります。そのため定期的に見直して無駄を省くことが大切です。今回は、生命保険の見直し・切り替えの際に損しないための注意点、見直しのメリットやプラン変更の仕方、見直しの良い例・悪い例についても解説します。




▼この記事を読んで欲しい人

  • 生命保険の見直しを検討している方
  • 生命保険の契約で損をしたくない方
  • 生命保険の見直しの必要性に疑問を抱いている方
  • 保険やお金について不安をお持ちの方


▼この記事を読んでわかること

  • 損をしない生命保険見直しの注意点
  • 生命保険を見直すべきタイミング
  • 生命保険の見直しをすることにより生じるメリット
  • 生命保険のおすすめの見直し方
  • 生命保険の見直しで損をしないための鉄則
  • 生命保険の見直しでどの程度お得になるのかの実例
  • 生命保険の見直しで損をしてしまった実例

生命保険の見直しに興味があるあなたが知りたい情報が詰まっていること間違いなしです!


最後までぜひご覧ください。

内容をまとめると

  • 生命保険の見直しの注意点①無保険状態を作らない
  • 生命保険の見直しの注意点②積立型の途中解約は元本割れに注意する
  • 生命保険の見直しの注意点③同じ条件で保障期間や保障金額を比較する
  • 生命保険の見直しの注意点④がん保険の場合は免責期間に注意
  • 「保険料を抑えたい」「今の保険は本当に自分にとって必要?」など保険の見直しを希望しているのであれば、いますぐマネーキャリアを利用するのがおすすめ! 
  • マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!相談場所も47都道府県・オンライン対応可能! 

「保険の見直しが自分でできているのか不安..」、「保険の見直しポイントを教えて欲しい」と考えている方はまずは以下の記事を読んでみてください!


生命保険の見直しポイント|保険料で後悔しないための知識【保存版】

生命保険見直しの注意点は?損しないために気を付けたい4つのポイント


生命保険は万が一のときのための備えとして、必要な保障がある商品で契約します。

しかし長い人生において、必要な保障は変わるものです。

つまり加入時には必要と考えて加入した商品の保障内容が、今は不要になっている可能性があります。

「不要な保障に保険料を払い、現在必要な保障をつけていない」という状態を避けるために重要なのが、生命保険の見直しです。

さてこの生命保険の見直しには、
  • 見直し時に無保険状態を作らないようにする
  • 積立・貯蓄型保険の途中解約は元本割れの場合も
  • 昔の「お宝保険」は解約すると損
  • がん保険の場合は「免責期間」に注意
以上のような注意点が存在します。

それぞれ簡単に解説していきますので、一緒にチェックしていきましょう!

なお保険の見直しに興味がある場合は、マネーキャリアの無料保険相談を利用してみませんか? 

マネーキャリアには信用できるFPが在籍しており、親身になってあなたのお悩みに答えてくれます。 

スマホ1つで以下のボタンから簡単に相談予約ができますので、この機会にぜひ申し込んでみてください!

生命保険に関して悩んでいる方はまずは保険のプロに相談しましょう!

以下の記事でおすすめの保険相談窓口を紹介しているのでぜひ自分にぴったりの保険相談窓口を探してください!


保険相談窓口のおすすめを人気ランキングで紹介!【独自調査で比較】



注意したいポイント①:見直し時に無保険状態を作らないようにする

生命保険の見直しの結果、別の保険に切り替えるということになる可能性もありますよね。


その際は、無保険状態を作らないように注意しましょう。


無保険状態とはつまり、なんの保険にも加入していない状態のことです。


無保険状態には、

  • 空白期間中に病気やケガをしても保険金がもらえない
  • 病気やケガのため新しい保険の加入ができない可能性がある

というリスクがあります。


以上のことが踏まえた上で無保険状態を作ってしまう人のミスとして、「新しい保険の申込みが完了して安心してしまった」という原因が挙げられます。


「新契約を申し込んだからもう契約中の保険は解約しよう」という考え方は危険です。


保険を申し込んだとしても、その後には様々な手続きが控えています。


そのため、保険契約の締結・保障期間の開始はすぐではありません。


また告知書の内容から、契約を断られることも考えられます。


契約中の保険の解約は、新契約の成立を確認できてから行いましょう。

注意したいポイント②:積立・貯蓄型保険の途中解約は元本割れの場合も

積立型の保険は解約すると、契約期間や払込み保険料に応じて解約返戻金を受け取れます。

これにより、掛け捨て型に比べて保険料は高い一方で貯蓄もできるというメリットがあるのです。

しかし積立型の保険を途中解約してしまうと、返戻金が払った保険料の累計額を下回る(元本割れする)可能性があります。

契約していた期間が長ければ解約返戻金は元本よりも多くなりますが、期間が短い場合には注意が必要です。

なお、解約返戻金の元本割れを防ぐためにできる対策があります。

それは、保険料の払込みを早く済ませてしまうことです。

払込満了期と解約返戻金の受取時期を離すことで、保険会社の安定した資金運用期間が長くなります。

その結果、利息がつくので解約返戻金が本来よりも高くなる可能性が生まれるのです。

注意したいポイント③:昔の「お宝保険」は解約すると損

昔の生命保険というのは、高金利で運用している場合が多くなっています。

その分だけ良い保障と範囲をカバーしているものが多いので、見直しの必要が無いものがほとんどです。

これはお宝保険と呼ばれることがあります。


特にバブルの最盛期に加入している保険というのは、言ってしまえば保険会社が苦しむだけで加入者はほとんど損をしないものが大半です。


今の保険では考えられないぐらいの利回りがある生命保険なんていうのはザラで、これを転換契約などで無にするのは得策ではありません。


しかし前述の通り、保険会社からするとお宝保険は加入されていると損となるものです。


そのため、転換を勧められる可能性もありますので注意するようにしましょう。


保険の見直しに限っては、「昔加入した保険の返戻率と「現在の保険の返戻率」を見比べてみると良いかも知れません。

注意したいポイント④:がん保険の場合は「免責期間」に注意

がん保険は免責期間にも注意が必要です。


これは、保険会社が定めた「保障する責任を負わない期間」です。


免責期間は契約から〇日間というように商品ごとに決まっています。


その期間中に通院や入院などその商品の保障対象になる出来事が起こったとしても、保険金はもらえません。


どうしてこの免責期間があるのでしょうか。


もし免責期間がなければ、例えば

  1. がんの初期の段階で体の不調を自覚しながらも病院に行かずに保険を契約する
  2. 契約後に医師からがんの診断を受けて保険金をもらう

このようなことが可能となってしまいます。


こうなるとがん保険における公平性を保つことはできません。


また免責期間があるので、がん保険の場合は無保険状態に特に注意が必要です。


がん保険を乗り換える場合は、契約を確認してからではなく

  1. 新保険を申し込み、契約する
  2. 新保険の免責期間の終了(責任開始日)を待つ
  3. 旧保険を解約する

このような手順で行うようにしましょう。


自分の生命保険の内容で、なにが不要なんだろう?
 


そう疑問を持ったあなたには、マネーキャリア無料保険相談がおすすめです! 


スマホ1つあれば簡単に予約から相談ができますので、この機会にぜひご覧ください。

生命保険の見直しが必要な人とは?損しないための見直しタイミング


「生命保険は定期的に見直しが必要」と言われても、いまいちどんなタイミングで行えばいいのか難しいものですよね。


今回はおすすめの保険見直しタイミングとして

  • 家族構成が変わったとき
  • ライフステージが変わったとき
以上の2つをご紹介させていただきます。

心当たりがあるというあなたはもちろん、保険の見直しの必要性がよくわからないというあなたもしっかりチェックしてみてくださいね。

生命保険の見直しが必要な人①:家族構成が変わった人

家族構成が変わった人は、生命保険の見直しが必要であると言えます。


家族構成が変わるとは、例えば

  1. 結婚した
  2. 離婚した
  3. 子どもが生まれた
  4. 子どもが独立した

という場合です。


それぞれ簡単にまとめてみましょう。


①結婚したとき


結婚すると、独身で単身世帯だった人は世帯人数が2人になります。


その結果、独身時代とはお金の収支に変化が生じるでしょう。


また結婚を機に仕事を辞めることがあれば、社会保険も変わります。


特に夫婦のどちらかが専業主婦(夫)になる場合は、働く配偶者の死亡保障が重要です。


さらに保険金の受取人を親にしていた場合は、配偶者に変更した方が良いかもしれません。


②離婚したとき


仮に離婚した場合にも、世帯人数が変わります。


家計の変化はもちろん、夫婦で加入していた保険の処理(どちらかが引き継ぐか、解約するか)を考える必要があります。


③子どもが生まれたとき


子どもが生まれれば、その後の家庭で必要なお金は格段に増えます


死亡保障を手厚くしたり、学資保険への加入も検討するべきです。


④子どもが独立したとき


子どもが独立すれば、死亡保障は軽くしても良いケースが多いです。


その代わり、老後の生活に向けた備えが必要になってきます。

生命保険の見直しが必要な人②:ライフステージが変わった人

ライフステージに変化があった人も、生命保険の見直しが必要です。


ライフステージが変化するとは、例えば

  • マイホームを購入した
  • 退職した
  • 転職した

という場合が該当します。


こちらも簡単にまとめてみましょう。


マイホームを購入したとき


住宅の購入は、人生最大の買い物です。


住宅購入の際には、ローンを組む方が多いのではないでしょうか。


ローンを組むと長期にわたってお金を払うことになるので、家計に大きな影響を与えます。


それと同時に住宅ローンを組むときには「団体信用生命保険」に加入することになるので、死亡保障の重要性が変化します。


家賃の支払いを見込んで死亡保障をつけていた場合は、保険金額を抑えても良いでしょう。


退職したとき


会社を定年退職した後は、主に年金や貯蓄を運用して生活することになります。


保障を軽くして保険料を安くしたいと考え、保険の見直しをする方が多いです。


転職したとき


転職も大きなライフイベントです。


例えば会社員から自営の道に進む場合などは年金保険の切り替えを行いますが、これは遺族年金の額に影響します。


また、転職により収入が大きく変化することも。


収入が減ることも少なくないので、これを踏まえて死亡保障の見直しを行いましょう。

生命保険の見直しをすることで生じる3つのメリット


どうして生命保険の見直しが必要だと言われているか、あなたはご存知でしょうか?


見直しが必要とされているのは、それによって生じるメリットがあるからです。


ここでは、生命保険の見直しによるメリットとして

  • 保険料を抑えられる
  • 保障が不足するのを避けられる
  • ライフプランの見直しにつながる
以上の3点を解説していきます。

なかなか腰が上がらなかったというあなたも、しっかりメリットを理解してこの機会に生命保険を見直してみてくださいね。

生命保険の見直しで生じるメリット①:保険料を抑えられる

以前加入した保険が、現在のあなたにとっては過剰な保険である可能性もあります。


その場合は、生命保険を見直すことで保険料を抑えられる可能性があるのです。


例えば以下のようなケースが該当します。

  • 子どもが独立した
  • 離婚などによって家族の構成員に変化が生じた
  • 不要な特約をたくさん付加していた
  • 自分に合っていない保険に加入していた など
これらの場合は特に、保険料が抑えられるかも知れません。

一般的に、保険は受け取る保険金が高く設定されているほど保険料も高額になります。

今のあなたに必要な保険金額をしっかり計算し直して、少しでも保険料を抑えられると良いですね。

生命保険の見直しで生じるメリット②:保障が不足するのを避けられる

先ほども述べましたが、ライフスタイルが変化するとその都度必要な保障も異なります。


保険とはそもそも、あなたの人生において起こりうるリスクに対して備えるためのものです。


しかしライフスタイルが変わったにも関わらず保険の見直しを怠っていると、保障が不足してしまう可能性があります。


例えば、結婚して子どもが生まれた場合。


保険の見直しを行わず独身時代の生命保険をそのままにしていると、あなたに万が一のことがあった際、残された家族を支えるのが難しくなってしまいます。


このように保障が不足するという事態を避けるためにも、保険の見直しは必要なのです。

生命保険の見直しで生じるメリット③:ライフプランの見直しにつながる

保険を見直す際には、「今後どんなことにお金が必要になるか」「何を中心に備えたいか」など今後のことを考える必要があります。


それによって、ライフプランや家計の見直しにもつながるのです。


保険料を抑えることに始まり、家計の無駄を見つけるきっかけになることもあるでしょう。


今一度原点回帰とまではいかずとも、人生やお金のことを考え直すためにも保険の見直しをおすすめします。


そこまで難しく考えすぎず、定期検診のような感覚で行っても良いかも知れませんね。

生命保険のおすすめの見直し方・ポイント|保険料を減らしたい場合


前述のメリットを読んで、「保険料を抑えられるのであれば、生命保険を見直したい!」と考えた方もおられますよね。


保険料を減らすためには、どのように保険を見直せば良いのでしょうか。


ここでは保険料を減らすためのおすすめの見直し方・ポイントとして

  • 掛け捨て型を活用する
  • 払い済み保険へ移行する
以上の2つをご紹介していきます。

保険料の負担を抑えたいあなたは必見です。

ポイント①:掛け捨て型を活用して保険料を節約

生命保険には

  • 掛け捨て型
  • 積立型

の2種類があります。


積立型は貯蓄の機能もあり、解約時には返戻金を受け取ることが可能です。


それに対して、掛け捨て型の保険は解約しても支払った保険料は戻ってきません。


つまり保険金という形でしかお金を受け取れない保険です。


だからと言って、何でも積立型の方が良いとは限りません。


なぜなら、積立型の生命保険は保険料が高くなることが多いからです。


掛け捨て型の保険は、一般的に積立型に比べて保険料が安くなっています。


手頃な保険料で十分な保障を受けられるというのが、掛け捨て型保険のメリットです。


保険料の支払いのために家計を圧迫しすぎてしまっては本末転倒なので、予算に合わせて掛け捨て型を活用するとよいでしょう。


またそれに加えて、必要な保障を厳選することでより保険料を抑えることが可能になります。

ポイント②:払い済み保険への移行や減額で保険料を節約

払い済み保険とは、積立型の保険の保険料支払いを中止し、それまでに支払った保険料(解約返戻金)を保険料に割り当てる制度です。


先に解説したように、積立型保険の途中解約は元本割れのリスクがあるのでおすすめできません。


そこで払い済み保険を活用すれば、補償額は減少するものの保険期間は変わらずに契約を継続できます


以後の保険料の支払いを中止するので、保険料の節約になるのです。


つまり、「途中解約はしたくないけれど、毎月保険料を支払うのが難しくなってきた」という場合におすすめの方法となっています。


長い人生では、何が起こるか分かりません。


どうしても家計が苦しくなって、「積立型保険を解約して返戻金をもらおう」という考え方もあるでしょう。


しかし、すぐに「保険料を支払えないかもしれないから解約しよう」というのは思いとどまってください。


保障を失ってしまわないためにも一度、払い済み保険の利用を検討しましょう。


当初の契約内容よりは少なくなりますが、契約を続けていることで解約返戻金は増えていきます。


積立型の保険で損をしないための方法として、覚えておきましょう。


払い済み保険に変更するかどうか迷ったら、マネーキャリアの無料保険相談の利用がおすすめです!


マネーキャリアは、以下のボタンから簡単に申し込むことが出来ます。

生命保険のおすすめの見直し方・ポイント|現在の保障が不十分な場合


子供が生まれたなどのライフイベントがあった場合、今よりも保障を手厚くしたいと考えることがあるかもしれません。

そんなときは、特約を追加したり新たに保険に加入するのも有用な手段です。

転換というのは保険の見直しの際に検討するべき方法の1つとなっています。

これは、「現在加入している保険を下取りに出してそのまま新しい契約を結び再スタートさせる」という保険契約。


転換には様々な種類がありますが、共通していることは古い契約を破棄して新契約を結ぶという点です。


そのため下取りに出した保険の保障はすべて消滅することになります。


見直しの時に転換をすすめる理由としては、保険の保障が今の時代に合わなかったり不十分であるというのが多いでしょう。


また転換することで、通常よりも安価な保険料で新しい保険に加入することが可能です。


また下取りに出した保険に関しては、その支払保険料に応じて配当金が出ます。


また長期契約の場合はさらに特別配当金が出ることもあるのです。

生命保険の見直しで絶対に損しないためには他社との比較が必須!

現在では、保険の見直しなどを専門的に扱う保険の無料相談があります。


「加入している保険会社の担当者と話をするもの」というイメージを抱いている方もおられるでしょう。


しかし本来は、1つの保険会社に依存していない、より中立的な人からアドバイスを受けるべきなのです。

無料保険相談において、

  • 知識量が多い
  • 親身になってくれる

このようなFP(ファイナンシャルプランナー)に相談することが重要なポイントとなります。


保険を相談する上で

  • 保険の複数の商品を比較する
  • 公的保障と照らし合わせて保障を削る
  • 税金を意識して加入する

このようなことを叶えるためには、知識量が多くなければなりません。


さらに、不親切なFPは自分の成績目当てに強引に加入させてきたりする可能性もあるため、要注意です。


その点においておすすめできるのが、マネーキャリアの無料保険相談


マネーキャリアには信用できるFPが在籍しています。


お客様のライフプランに合わせて

  • 保険の見直し
  • 新規加入

など保険に関するどんなことでも相談が可能です。


さらにオンライン対応なので、日本全国どこからでもスマホ1つあれば簡単に利用することができます。


顧客満足度も93%と非常に高くなっているので、この機会にぜひマネーキャリアをご利用ください!

生命保険の見直し例|どれくらい得する?シミュレーションで解説

生命保険で本当に得ができるのか疑っている方もおられますよね。


ここでは実際の見直し例を確認してみましょう。


例えば

  • 年齢:40代
  • 職業:会社員
  • 性別:男性
  • 家族:妻(30代・パート)・長女(中1)・長男(小5)
というAさんの場合。

▼見直し前の加入生命保険

x生命 定期付き終身保険
普通死亡保障6,000万円
災害死亡保障8,000万円
入院特約日額5,000円
手術給付金額5・10・20万円
保険期間10年
払込期間60歳まで
月額保険料約42,000円

▼見直し後の加入生命保険
X生命 終身保険
普通・災害死亡保障300万円
保険期間終身
払込期間65歳まで
月額保険料約5,000円

Y生命 収入保障保険
年金月額25万円
(年金受取総額:約7,500万円)
保険期間65歳まで
払込期間65歳まで
支払保証期間1年
月額保険料約8,000円

Z生命 終身医療保険
入院給付金額日額5,000円
手術給付金額10万円
先進医療特約2,000万円
保険期間終身
払込期間65歳まで
月額保険料約3,000円

▼見直し前後の月額保険料の比較
月額保険料
見直し前約42,000円
見直し後約16,000円
差額約26,000円
今回の例では、必要となる保障やその金額を見直すことで保険料が2分の1以下になりました。

このように保険の見直しを行うことで、家計に与える保険の負担を大幅に軽減できる可能性があるのです。

生命保険の見直しで損をしてしまった人の体験談

一方で、生命保険の見直しで苦い経験をしたという方も。


ここでは、生命保険の見直しの際に損をしてしまった方の体験談を紹介します。



50代男性

お宝保険を解約してしまった方の体験談

先日契約している保険会社の担当者の方に保険を見直さないかと提案されました。息子たちも独立間近でそろそろ保険の見直しをと考えていたので、自宅で相談させてもらいました。今まで契約していた個人年金保険を解約して、新しいタイプの個人年金保険に加入することを提案者に提案され、やや迷いましたが、解約返戻金で次の保険の支払いに充てられると聞き、解約してしまったのです。私が契約していたのはバブルの少し前に契約したもので、お宝保険だったようです。今考えるともっと疑問点をきちんと聞いておけばよかったと後悔しています。
 担当者の話をそのまま聞くだけでなく、保険のプロや保険ショップで契約・解約しようとしている保険を客観的に見てもらうということも重要です。

同じプランでも保障期間、保障金額も比較検討して見直しすべき

生命保険の見直しとは、解約したり、別の保険商品に乗り換えることだけではありません。

同じプランで、保障期間や受取時期、保障金額を比較することも重要です。

まず、保障期間受取時期について考える必要があります。

例えば「自分が定年退職するまでで構わない」という人もいれば「子供が独立するまでが良い」など、事情はそれぞれ違います。

また、保障金額も家族構成やライフステージの変化に伴って見直すのがおすすめです。

保障金額を高くするということは、同時に保険料も高くなります。

家計に無理のない保険料支払いができる前提の保険加入なので、保障金額と保険料のバランスに注意しましょう。

「自分や家族がどのような状況にあって、どのようなタイミングでどれくらいのお金が必要なのか」を考えるのが保険の見直しの基本です。


とはいえ自分一人でシミュレーションするのは不安という方も多いでしょう。


保険加入の前に一度マネーキャリアの無料保険相談を利用して、自分に合ったプランを決めませんか?


下のボタンから保険のプロへの無料相談予約をすることができますので、あなたにとってベストな保険を見つけ出しましょう!

まとめ:生命保険の見直しで損しないための注意点・ポイント

今回は生命保険の見直し方法や注意点を中心に解説してきましたが、いかがだったでしょうか。


もちろん生命保険はすべての事態に応用できるものでもなく、時代の変化によって通用するかどうかも変わってきます。


例えば昨今では新型コロナウイルスの世界的蔓延により、健康面や仕事面に与えるダメージも一変しましたよね。

こういった未曾有の事態に対応するためにも見直しをすることは大変有意義でしょうが、見直し=保険の切り替えではありません。


加入している保険に無駄があれば解約し返戻金を受け取り、十分であればそれをどのくらい続けられるのかを考えるのも重要です。


保険の見直しについて分からない点がある場合は、マネーキャリアの無料保険相談を利用しましょう。


ほけんROOMには、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますのでぜひご覧ください。

総合的にみたおすすめの保険相談サービスはこちらで解説しています。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング