日本生命のしつこい・やばいという評判・口コミの真相を徹底解明!

今日本生命の保険を検討している方は、日本生命の評判や口コミが気になりますよね。ここでは、日本生命の会社自体、またみらいのカタチやニッセイ学資保険、グランエイジといった様々な保険商品に寄せられている評判や口コミから日本生命の商品力をひも解いていきます。





▼この記事を読んでほしい人

  • 日本生命の保険の加入を少しでも検討している人 
  • 日本生命の保険の加入を検討する上で何を基準に加入を決めれば良いか迷っている人 
  • 日本生命の評判や口コミを知りたい人

▼この記事を読んでわかること

  • 日本生命の評価
  • 日本生命の良い評判からみるメリット
  • 日本生命の悪い評判からみるデメリット
  • 日本生命の各種商品の評判や口コミ
  • 日本生命で契約する場合の注意点

内容をまとめると

  • 日本生命の悪い・しつこいという口コミは信用できない
  • 担当者によっては対応が悪いこともあったり勧誘がしつこい事例もある 
  • 保険に知識がないと本当に最適な保険を紹介されているのわからなく後悔する可能性がある
  • 人それぞれ最適な保険は異なる
  • 自分がどの保険に入るべきなのか、そもそも入る必要があるのか知りたい方は、マネーキャリアで保険のプロに無料相談するのがおすすめ
  • 今ならスマホ1つで無料オンライン相談できるので、この機会に保険の悩みを解決しましょう! 

評判・口コミの前に!日本生命(ニッセイ)の評価をその特徴から解説


日本生命という会社にどのようなイメージをお持ちですか。


おそらく「日本で一番大きな生命保険会社だから安心」というイメージを持っているでしょう。

しかし、それだけではありません。


以下では、日本生命の特徴・評価である

  • 伝統がある保険会社なので安心
  • 保険金の支払い評価が高い
  • 顧客の意見・要望に応える体制づくり
  • 様々な保険商品が販売されている
こちらの4点をご紹介させていただきます。

評価①:伝統がある保険会社なので安心感がある

第一に、伝統がある保険会社なので安心感が持てる保険会社です。


日本生命の契約者に評判を聞くと「大手保険会社なので安心」という返答が返ってきます。

100年以上の歴史を持っているため、人々に知られているからでしょう。


現在は多くの保険会社が存在し、似通った商品が販売されています。

そんな時は、伝統があり今後も倒産する可能性が少ない保険会社を選ぶと思います。

せっかく保険料を支払っているのに、倒産してしまったらお金が無駄になってしまいますよね。


日本生命は、古くからの伝統があるので契約者との信頼も厚いことが安心感を高めていると考えます。

評価②:保険金の支払い評価が高い

第二に、保険金の支払い評価が高いことです。


保険金の支払い評価とは、第三者である格付け会社が保険会社の保険金を支払う能力を評価したものです。


日本生命の保険金支払い評価は、「格付投資情報センター」でAA、「スタンダード&プアーズ」でA+、「ムーディーズ」でA1と高評価を得ています。


国内最大手の保険会社であることからも、支払い評価が高いことが伺えます。

いざという時には確実に保険金を受け取れることは大きなメリットです。

評価③:顧客の意見・要望に応える体制づくりに努めている

第三に、顧客の意見・要望に応える体制づくりに努めていることです。


日本生命の特徴として「対面型保険販売」があります。

これは、顧客と直接対面をして保険商品の提案や、契約後のアフターサービスに努めることです。


とくにアフターサービスにも力を入れており、契約後は営業担当者が年に一回契約内容の確認に伺います。

保険契約後に懸念されるのが、営業担当者からのサポートだと思います。

日本生命では定期的に担当者からのフォローがあるので、顧客の意見や要望に応えやすい体制が整っているのです。


このような取り組みは「いざという時に相談に乗りやすい」と評判が良いです。

評価④:様々な保険商品が販売されている

第四に、さまざまな保険商品が販売されていることです。


たとえば、「みらいのカタチ」は「三大疾病・介護」「死亡」「医療」「貯蓄」のリスクから必要なものを組み合わせてオリジナルの保険を作る商品です。

ライフサイクルごとに保障追加もできるので、高い評判を得ています。


また、学資保険や収入保障保険、長寿生存保険など、顧客のニーズに沿った商品も販売されています。

最近では、女性特有の病気や出産、不妊治療に備えた商品が販売されるなど、常に時代に合った商品が開発されていることが特徴です。

これらが日本生命の高い評判を得る要因になっているのです。


ここまでで日本生命の評価を解説しました。しかし、


「日本生命の商品が気になるけれど、いつも保険を考えるのを後回しにしてしまう」という方は、この機会にやってしまうのがおすすめです。 


マネーキャリアならLINEですぐに相談予約ができますので、ぜひ無料相談に申し込んでみてください!

日本生命自体の良い評判・口コミからみるメリットを解説


ここからは日本生命自体の良い評判そして口コミからみるメリットについて解説していきます。

日本生命という会社自体は長い歴史があり、保険会社の中でも契約者も多く大企業となっていますし、他社の保険会社を引っ張っていく役目を担っている会社でもあります。


そこで日本生命という会社自体の良い評判を参考にしてその詳しい内容をみてみましょう。

  • 担当者の対応が早い
  • 安定した経営基盤
  • 自分で保障を組み立てることができ自由度が高い


評判①:担当者が請求の際にも対応が早くて助かった

第一に、保険金請求の際の担当者の対応が早いことです。


日本生命で保険金を受け取る場合、原則として必要な書類が到着した日の翌日から5営業日以内に保険金が支払われます。


この対応は、早く保険金を受け取りたい契約者にとってはありがたい仕組みですね。

また、馴染みの営業担当者に告げると必要な手続きの手配を進めてもらえるので、慣れない手続きをしている際にも安心です。

評判②:安定した経営基盤を持っている

みなさんご存知のように、日本生命は国内トップの大手生命保険会社とあって、経営基盤がしっかりしており安心です。


他の国内トップ保険会社と経営体制にどのくらいの差があるかは、下の表でご確認いただけます。


保有契約高総資産ソルベンシーマージン格つけ
日本生命1818兆8,756億円74兆3,925億円996.6%R&I AA
S&P A+
ムーディーズ A1
第一生命159兆646億円37兆466億円1,025.4%R&I AA
S&P A+
アフラック生命保険1兆4,166億円12兆1,399億円961.2%S&P A+
ムーディーズ Aa3
東京海上日動
あんしん生命
31兆8,450億円7兆3,859億円1,883.9%R&I AA
S&P A+



日本生命は他社と比較すると飛び抜けた保有契約残高と総資産であると分かりますね。


参考までに・・・。


ソルベンシーマネージメントとは企業規模の大きさを表す数値で、規模が大きければ大きいほど数値は低く、日本生命がどのくらいの大きな企業であるか判断できます。


さらに、格つけとは経営基盤の安定性を表していて、「R&I AA 」以上を獲得している日本生命は、なにも不安リスクはありません。


大手生命保険会社の比較について詳しく知りたい方はこちら

評判③:自分で保障を組み立てられるので自由度が高い

加入を検討中の方によって、おひとりおひとり求める補償内容が異なりますし、ライフスタイルの変化によって契約内容を見直すことが必要です。

日本生命の主力商品「みらいのカタチ」は、
  • 死亡補償
  • 医療リスクにしっかり備えている
  • 万が一の病気・介護に備えたサポート
  • 老後の生活資金
総合的にカバーできる保険で、さらにお客様のニーズに合わせて計14種類の中から組み合わせてオリジナルカスタマイズできます。

補償内容をご自分でセレクト可と自由度が高く、自分に合った充実した補償を得られる点が強みです。

日本生命自体の悪い評判・口コミからみるデメリットを解説


さてここからは日本生命の会社自体の悪い評判と口コミからみるデメリットについて解説していきます。

大きな会社になればなるほど悪い評判はたつものですが、日本生命もやはり良い評判がある反面いろいろな悪い口コミなどもあります。

  • 保険料が毎年高くなっている
  • 担当者の対応が悪く勧誘がひつこい
  • 解約するとほとんどお金が戻ってこない
これから日本生命の商品を検討しているのなら、悪い口コミは今後の参考にすると良いでしょう。

評判①:保険料が高い上に知らない間に保険料が毎年高くなっている

第一に、理由が良くわからないまま保険料が毎年上がることです。


日本生命の契約者からの評判として、上記のような口コミを多く耳にします。

知らず知らずのうちに保険料が毎年上がっていったら不安になりますよね。


しかし、これは日本生命に限った話ではありません。

一般的に定期保険は更新の都度上がるようになっています。


また、日本生命の「みらいのカタチ」とアフラックの「かしこく備える終身プラン」を同じシュミレーターで見積もった際に、おおよそ4千円ほど日本生命の方が割高です。


口コミを見ても「他の保険会社と比較して割高に感じます」という声が多く寄せられています。


しかし、その分医療・終身・疾病・介護と他社よりも一歩秀でた補償内容となっていて、保険料の高さに見合った、充実したサポートを受けられます。

担当者の説明不足がこのような評判を招いている可能性があるので、保険料の値上がりや値段の高さについて疑問を持ったらよく質問をすることをおすすめします。

評判②:担当者の対応が悪い・勧誘がしつこい

魅力的な補償内容を販売している日本生命ですが、残念がら担当スタッフの対応の悪さや、生保レディの勧誘がしつこいとの話が多いです。


「担当者が自社商品の内容をしっかり理解していない」、「適切な説明なしに勝手にプランを変更されて補償内容を下げられた」などという声も聞かますし、「押しの強い勧誘で困った」となどいろいろな口コミが寄せられています。


もちろん、生命保険のスタッフとして知識が必要ですが、加入者側も人任せにせずにご自身でプラン内容を前もって学ぶ姿勢が大切です。


また、経験が浅い担当者に当たってしまうと十分な説明を受けられないケースも多いため、「加入はしたいがより良い説明」をと希望するのであれば、遠慮なくその旨を伝えるべきです。


さらに、生保レディの押し付けによる、意図しない加入を断るためには、はっきりと「今も今後も加入の意思がないので、勧誘をやめて欲しい」と相手に伝えましょう。


職場等の訪問による加入が苦手な方には、代理店がおすすめです。

評判③:解約するとほとんどお金が戻ってこない

第三に、解約するとほとんどお金が戻ってこないことです。


終身保険を契約している場合、解約返戻金が少ないデメリットがあります。

しかし、保険料払い込み期間の返戻金が少ない低解約返戻金型終身保険でしたら、解約金は少なくなります。

なぜなら、一般的な終身保険よりも保険料が割安に抑えられているからです。


また、解約返戻金が少ないことも日本生命に限った話ではありません。

気になる場合は契約時に説明を受けましょう。

日本生命の「みらいのカタチ」の評判・口コミ

日本生命自体の評判をみてきましたが、ここからは日本生命の代表的な商品ともいえる「みらいのカタチ」についての評判や口コミなどから商品の内容をみていきましょう。


みらいのカタチ」は下記のような特徴があり、15種類の保険のなかから自分が欲しい保障を組み合わせて、自由にカスタマイズできる保険となっています。

  • 返戻率が高いので資産を増やせる
  • 個人年金としても活用できてお得
このように個人年金として活用もできたり、自分に必要な保険だけをチョイスすることができるので、自分だけの保険を実現することができるでしょう。

評判①:返戻率が高いので、資産を増やせる

日本生命「みらいのカタチ」は、他社の総合保障タイプの保険と比較した場合に返戻率が105%と高いです。


大手銀行やゆうちょ銀行の預金利率は平均0,001%と低水準な現在ですし、残念ながら今後も日本経済が大きく成長するだけの勢いが見込まれません。


金融機関にお金を預けているよりも断然利回りがいい上にリスクがなく、来るべきシニアライフに向けて資産を効率よく運用したいという方に相応しい商品です。


日本生命「みらいのカタチ」に加入中の40代の方の口コミでは「返戻率の高さと万が一の際の保険料払い込み免除特約付きで責任世代の自分に最適である」とのこと。


多くの皆さんによって、30代から50代は責任世代とあって、働き手である自分が病気となってしまった時の家族のことが心配ですね。


保険料払い込み免除特約付きの「みらいのカタチ」は、小さいなお子さんや教育費が掛かる中高生や大学生をお持ちの方にうってつけですし、毎月コツコツと長期的なプランにて資産を増やせる点が強みの保険です。

評判②:個人年金としても活用できてお得

終身年金特約を付ければ、少ない公的年金の支給額をカバーできます。

業界屈指の返戻率の高さの上に、年金の一括受取可能と受給法をご家庭の事情によって選択できると人気です。

神奈川県在中の30代後半の方によると「長寿社会のぴったりな個人年金商品で、亡くなった時と生存期間中のどちらにも備えられる賢い商品」とのことです。

また、税制適格特約を付けると節税効果抜群となる点も、長期的に支払う保険だからこそ大切なポイントと言えますね。


少しでも日本生命の「みらいのカタチ」に興味を持った方は、保険のプロに相談してみてはいかがですか?


マネーキャリアでは、保険のプロへの無料相談を受け付けています。

日本生命の長寿生存保険「グランエイジ」の評判・口コミ

日本生命の保険商品のなかで次に評判が気になるのは長寿生存保険の「グランエイジ」です。「グランエイジ」は、低解約返戻金型で死亡保障のない形で生きて年金として受け取ることのできる保険です。


下記のような特徴があり、5年保証期間付終身年金を選択すれば一生涯生きている間は年金として受取ることができます

  • 高い返戻率なので長生きしても安心
  • 年金が不安な方は個人年金として利用するのがおすすめ
ただし途中で解約したり、年金開始日までに亡くなってしまうと解約返戻金も死亡保険金もありません。

評判①:高い返戻率で積立できるので長生きしても安心

お金を心配をせずに老後生活を送るには、最低でも2000万円の資金が必要と言われていますが、日々の暮らしの中でコツコツとお金を貯めても達成できる方はほんの限られた人達のみです。


さらに、円の預貯金金利は非常に安く、利子による元本のアップを期待できない所もネックですね。


シニアライフに経済的な不安を感じるという方にぴったりな「グランエイジ」は、105%以上と返戻率が高い上に、低リスクな点が魅力です。


契約開始年齢となる50才からコツコツと銀行の預金代わりに、「グランエイジ」に積立をしておけば、まとまったお金が必要な時に安心できます。


例えば、先々に大きな病気にかかってしまい、健康保険が適用されない時に「グランエイジ」の積立金を医療費の支払いに当てられます。


健康にトラブルを抱える世代の方達からは、長生きのリスクにしっかり備えらて、告知なしで加入できると評判がいい商品です。


高い運用利回りですし、長期的な預貯金としても最適な一本をと考える方にもおすすめです。

評判②:年金が不安な方は個人年金として利用するのがおすすめ

年金支給額はとても安く、さらに後期高齢者医療保健等が差し引かれるため手取りでもらえる額は雀の涙と言っても過言ではありません。

さらに、今後は年金の存続事態が危ぶまれており、生きて行くからには自分でシニアライフに向けたお金を確保しておかないと心配ですね。

「グランエイジ」は年金保障タイプの商品で、年金による生活費の不足をカバーできる円建ての保険です。

長く生きれば生きるほど返戻率が高くお得のため、若くして亡くなると損失が大きいイメージがありますが、確定年金として利用できるため損益を考えずに加入できます。

契約者の50代の方からは「シンプルで分かりやすく、老後の生活にぴったりな個人年金保険で満足している」と口コミが寄せられています。


少しでも日本生命の「グランエイジ」に興味を持った方は、一度保険のプロに相談するのがおすすめです。


マネーキャリアでは、保険のプロへの無料相談を受け付けています。 


下のボタンから保険のプロへの面談予約が1分で完了しますので、ぜひご利用ください。

日本生命の学資保険「ニッセイ学資保険」の評判・口コミ

子どもを持たれている方にとって学資保険も気になるはずですので、ここでは日本生命の学資保険「ニッセイ学資保険」の評判や口コミなどをみていきましょう。


日本生命の「ニッセイ学資保険」は下記のような特徴があり、祝金があるタイプと祝金が無いタイプを選択することができます。

  • 業界で二番目の返戻率の高さ
  • 祝い金があるので入学準備に最適
ただし、加入年齢や学資年金の開始日さらには払込方法などで返戻率も変わりますので、より多くの返戻金を期待するのであれば、事前にシュミレーションを行ってみることをおすすめします。

評判①:業界で二番目の返戻率の高さ

「ニッセイ学資保険」は5年・10年・18年と3つの払込期間から、ご家庭の経済状況によって選択できます。


中でも、「祝い金なし・5年振り込み・年払い」タイプは返戻率108.9%と高く、また他の商品も104%〜107.6%と運用利回りが非常にいいです。


保険料の支払いを短期間に終えつつ、返戻率の高い商品を希望される親御さんに最適な内容となっています。


新生活は何かとお金が掛かるものですし、特にひとり暮らしの大学生は生活家電等の用意をしなくてはいけません。


「ニッセイ学資保険」に加入すれば、着実に元金を増やせるうえ、先々の将来にしっかり備えられて安心ですね。


加入された方によると、「祝金付きのものでも元本が補償+配当ありと出費が積み重なる時期に備えられる商品をお探しの方にもおすすめです」とのこと。

評判②:祝い金があるので入学準備に最適

「ニッセイ学資保険」は祝い金なしのと祝い金付きの2タイプがあります。

祝い金ありは、配当率は若干下がりますが、お子さんの小中高進学への入学のタイミングでお祝い金を受けられます。

制服や生活用品となにかと出費が嵩む入学の時期だけに、家計の負担を少しでも抑えられることがありがたいですよね。

もちろん、お得な特典が付いても元本割れの心配がなく、お祝い金を受け取られるため、手厚い補償とサプライズ特典の両方を希望する方におすすめです。


ニッセイ学資保険についてより詳しく知りたい方はこちら

日本生命で契約する場合の注意点3つ


最後に、日本生命で契約する場合の注意点について

  • 知名度だけで判断せず、保障内容を他社と比較する
  • 信頼できる担当者に相談する
  • ある程度の保障の知識を得ておく
の3点をご紹介させていただきます。

①「日本生命」という知名度だけで加入せず、保障内容を他社と比較してから加入する

第一に、保障内容を他社と比較してから加入することです。


日本生命は知名度が高い会社なので、名前に安心して契約をしてしまいがちです。

大きな会社なので安心感があることはわかりますが、必ずしもメリットばかりではありません。


なかには、他社の方が保障内容が良い商品もあるでしょう。

契約してから後悔しないように、必ず2社以上の商品と比較をすることをおすすめします。

② 担当者との相性が良い・悪いがあるので、信頼できる担当者に相談する

第二に、信頼できる担当者に相談することです。


保険営業にはいろいろな人がいます。

万が一、相性の悪い担当者に当たってしまったら適切な相談が受けられないかもしれません。


保険は一生の買い物です

担当者にはプライベートな出来事も打ち明けなければならない状況があります。

相談事があったら、信頼できる担当者に相談をしましょう。


③ 保障は難しい内容が多いため、自分でもある程度の知識を得ておくと安心

第三に、保障についてある程度の知識を得ておくと安心です。


保障は難しい内容が多く、一回説明を聞いただけではわかりづらいものが多いです。

その場合でも、自分である程度の知識を得ておけば安心ですよね。


また、保障内容の知識を得ておくと、保険の仕組みがわかるようになります。

その時必要な保険を選ぶことができるので、人生設計を立てることに役立つと思います。

「結局自分に合った生命保険ってどれ?」「そろそろ生命保険に加入したいけどタイミングがない」など保険に関して悩んでる方は、まずは無料で保険のプロに相談をしてみましょう!


無料保険相談窓口はこちら!

まとめ:日本生命の評判・口コミを確認して検討しよう!

日本生命の会社自体の評判や日本生命の商品の評判そして口コミなどを解説してきました。

日本生命の評判が悪いのではと不安になっていた方にとっては、参考になったのではないでしょうか。


さらに日本生命は本当に医療保険などの保険料が高いのかといえば、ダイレクト保険などに比べるとどうしても保険料は割高となってしまうでしょう。


とはいえ保険に加入するのであれば保険料だけでなく保障内容に目を目を向けて、日本生命にこだわらなくても自分に合った保険を見つけることが大切です。


マネーキャリアでの無料の保険相談を活用して、できるだけ自分がいま必要だと思える保障がお得な金額で掛けられる保険を探してみてください。

生命保険の選び方が気になるという方はぜひこちらを読んでみてください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング