新婚さんおすすめ!結婚後の生命保険の見直し方や保険料の平均を解説

結婚後も独身時代の生命保険に加入したままになっていませんか?結婚したら生命保険の見直しをおすすめします。ここでは、結婚後の生命保険の見直し手順や、結婚後の保障はどんなものがおすすめか解説します。これを読んで結婚後の生命保険の見直しについて学びましょう。

結婚後の生命保険の見直し方!新婚さんにおすすめの保険も紹介



結婚すると、夫婦2人での共同生活が始まります。これまでの生活スタイルが変わり、必要な保険も独身の頃とは変わります


結婚後も独身時代に加入した保険だけしか入っていないと、十分な保障が受けられず苦労してしまうかもしれません。


あの時きちんと生命保険を見直せばよかったと後悔しないように、結婚したら、生命保険の見直しを行いましょう。


しかし、どのように見直しを行い、どんな保障をつけたらよいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。


そこで今回は、結婚後の生命保険の見直しについて、

  • 結婚後に生命保険の見直しが必要な理由
  • 結婚生活で備えておきたいリスク
  • 結婚後の生命保険の見直し手順
  • 新婚夫婦の保険料の相場
  • 新婚夫婦におすすめの保険商品

以上のことを解説していきます。


この記事をお読みいただければ、結婚後の生命保険の見直しの着眼点や、具体的に何を考えればよいのかお分かりいただけるはずです。


是非、最後までお読みください。

\ オンラインで相談可能 /保険のプロに無料相談

なぜ結婚したら生命保険の見直しをする必要があるの?

結婚は人生の一大イベントであり、最も幸せな時と言っても過言ではありません。


このときに忘れてはならないのが、生命保険の見直しです。独身時代に加入した保険のみをそのまま継続するのはおすすめできません。


ここで、なぜ結婚したら生命保険の見直しが必要なのか疑問に思った方のために、その理由を解説します。


是非生命保険の見直しの必要性を理解してください。そして、見直しをしっかり行い、常にライフステージに合った保障をつけられるようにしましょう。

貯蓄が少ない新婚の場合でも万が一に備えられる

独身時代は、自分の生活だけを考えてお金をやりくりしても、あまり問題ありません。しかし、結婚すると配偶者との共同生活が始まるので、自分ことだけを気にするわけにはいきません。


結婚するのは若い人であるケースが多いです。若いうちから多くの貯蓄があるという人は少ないので、新婚の時期は十分な蓄えがないケースが大半です。


このような状況で万が一のことがあった場合、貯蓄だけでは配偶者の生活を守ることは難しくなります。


それに対して、適切な保険に入っていれば、万が一の事態に備えることができます。新婚の夫婦にとって生命保険は大きな安心になります。


例えば、夫が働いて妻が専業主婦の夫婦であるような片働き夫婦の場合は、特に生命保険が重要になります。

妻(女性)は妊娠前に生命保険に加入すべき



結婚した女性は、妊娠前に生命保険に加入するのがおすすめです。

なぜなら、生命保険が妊娠した時に起きうるトラブルに応えてくれることが多いからです。


もし、帝王切開の出産となる場合、妊娠後に生命保険に加入しても帝王切開に保障はありません。


しかも、第二子の出産で帝王切開となっても給付金を受け取ることはできません。


妊娠にはどのような危険が待ち受けているかわかりません。 


妊娠初期であれば保険に加入することが出来るのですが、出産のトラブルに対応できる保障が少ないのです。


妊娠初期に加入した保険で対応できないトラブルの代表的なものは「帝王切開」「切迫早産」「切迫流産」です。


さらには、仮に帝王切開を行った場合は、以降5年間はそれに似た保障を受けづらくなってしまいます。


だからこそ、妊娠する前に保険に加入することをお勧めします。


新婚の若くて健康なうちであれば、保険料が安い上に、健康告知で加入できなくなったり条件がつくこともありません。


保険に加入しなきゃと思っているけど、結婚準備などでバタバタしていてまだできていないという方は、この機会に保険加入するのがおすすめです。 


ほけんROOM相談室ならLINEですぐに相談予約ができますので、ぜひ無料相談に申し込んでみてください!

\ オンラインで相談可能 /保険のプロに無料相談

結婚後の夫婦が生命保険で備えておきたい最低限のリスクとは?

結婚後は生命保険の見直しが必要です。それは、独身の頃とは異なる保障をつける必要があるからです。


結婚後の保険の見直しについては、自分1人ではなく、夫婦2人の生活であるという観点を持って考えなければなりません。


それでは、結婚後の夫婦の生命保険では、どのような備えが必要なのでしょうか。


ここからは、新婚夫婦が備えておきたい最低限のリスクについて解説します。独身時代とは考え方が違うので、是非以下の解説をチェックしてください。

リスク①:夫や妻の死亡リスク

まず備えるべきは、自分や配偶者の死亡のリスクです。


夫婦の働いている側に万が一のことがあった場合、当然、その後の収入はなくなります。ここで特に注意が必要なのは、夫婦のどちらか一方しか働いていない場合です。


例えば、収入があるのはどちらか一方のみで、その配偶者が専業主婦(夫)であるとします。働いている配偶者が亡くなった後の生活は、決して潤沢ではない貯蓄だけでは長期間の維持はできません


夫婦共働きの場合はそこまで差し迫った状況にはなりにくいですが、保障が大きな安心の材料になるのは間違いありません。


結婚したばかりの時期に配偶者の死のことを考えるのは気が進まないかもしれません。しかし、先延ばしにして後悔することのないように、しっかり見直しをしましょう。

リスク②:病気やケガで働けなくなるリスク

次に備えるべきは、病気やケガで働けなくなるリスクです。病気やケガは長い人生で誰にでも起こり得ることです。

病気やケガで入院すれば、治療や手術などにお金がかかります。さらに、働けない期間は収入がなくなるか減少します。


内容によっては治療や手術に多額の費用がかかることも考えられます。その結果、家計に大きな負担がかかります。


保険に入っていれば、実際にこのような状況になっても生活を維持することができます。


とはいえ、夫婦の年齢や貯蓄、結婚前に加入している保険によってどの保険が必要かが変わってきます。


お得な保険料で自分たちにぴったりな保険を見つけるためにも、一度保険のプロ無料相談することをおすすめします。


下のボタンから1分で保険のプロとの面談予約が完了するので、ぜひご利用ください。

\ オンラインで相談可能 /保険のプロに無料相談

結婚後の夫婦の生命保険、見直し手順を解説

結婚後の夫婦の生命保険は、どのように見直せばよいのでしょうか。ここでは、生命保険の見直し手順を解説します。


独身の頃のように、自分のことだけを考えていては正しい見直しができません。


お互いが独身時代に、それぞれ自分自身に必要な保険に加入していたはずです。それらの保険を、夫婦共同の保険として考える必要があります。


具体的にどのようなことを考え、どんな作業をすればよいのか、以下に解説します。正しい手順で見直しを行い、適切な保険の選択をしましょう

①夫婦でお互いが加入している生命保険を把握

最初に、それぞれが加入している保険を把握することから始めましょう。


加入している保険は、就職と同時になんとなく入ったという人は少なくありません。そのため、どのような保障がついているのか把握できていないケースが多くあります。


保障内容を確認したら、それが現在の自分に合っているかどうか考えます。自分自身に合っているなら継続して構いませんし、そうでなければ解約しましょう


内容を把握することで、夫婦で新たな保険に加入する時に保障の重複を防げます。


若いうちは、病気やケガをすることがあまりなく、保険について意識することも少なくなりがちです。


保険証券をどこにしまったかも覚えていない人もいるかもしれません。したがって、最初の確認作業は非常に重要なステップです。

②子供や共働きかなど今後のライフプランに沿った保障を考える

結婚して専業主婦・主夫になる場合

専業主婦(夫)の場合は、結婚したら入院保障・死亡保障が付いた生命保険に加入しましょう。
 


夫(妻)が入院すると、生活は激変します。まずはお金の心配で精神的にもかなりつらいと思います。 


しかし、まだ子供がいない場合は入院日額5,000円受給できるとしたら安心できます。 


出来れば、入院一日目から保障され、通院保障がついている保険に見直しができれば安心です。 最近では医療も進化し、一泊二日で終わる手術や日帰り入院も増えてきています。


死亡保障について、専業主婦の場合は、稼ぎ頭の夫がいなくなることで、その後の生活をしっかりと想像しなければなりません。 


親元に帰れれば良いのですが、本当に一人になってしまえば、仕事が見つかるまでの当面の生活費が心配になってきます。



妻のその後をしっかりと考え死亡保障を見直しましょう。


共働きの場合

夫婦共働きの場合の保険はそこまで心配する必要はありません。  


入院費用がまかなえれば安心ですし、余裕があれば積立型の保険に加入したり終身保険を考えるのも良いかもしれません。 


そして、専業主婦とは違い仕事があるので、死亡保障については葬儀費用があれば良いでしょう。 しかし、パート・アルバイトの方は専業主婦と同じく、その後の生活をしっかりと考え保険を見直しましょう。


子供ができた場合

子供が生まれたら、一人前になるまでに膨大なお金が必要になります


親に万が一のことがあっても子供を経済的に困らせないように、収入保障保険就業不能保険を、さらに手厚くするのがおすすめです。


また、将来必ず必要になる子どもの学費の準備として、学資保険もつけておくと安心です。


さらに、子供向けの医療保険も検討しましょう。子供が入院することはあまりないかもしれませんが、もし何らかの病気にかかった場合、将来の保険加入で困ることになります。


子供時代の疾患のために、大人になってから加入したい保険に入れないという事例は実際にあります。


子供の医療保険は他の保険に比べて認知度は低いようですが、子供のために是非加入しておきたいところです。

③必要保障額をシュミレーションする

次に、万が一のことがあった時に、どれくらいの保障が必要なのかをシミュレーションします。


各家庭で事情が異なることは当然ですが、

  • 葬儀費用
  • 子供の教育費(学費)
  • 家族の生活費

以上の3項目はどの家庭にも共通して必要となるお金です。


どのようなプランで葬儀を行うのかをはっきりさせ、どれくらいの費用が必要なのか調べることが重要です。


子供の教育費のシミュレーションも大切です。大学まで進学するとしたらどれくらいかかるのか、国公立と私立の学費の差など、できるだけ細かくシミュレーションしましょう。


また、家族の生活費のシミュレーションも必要不可欠です。子供がいるかどうかや、共働きかそうでないかで必要な保障は大きく変わります。


配偶者が亡くなった時に遺族年金がもらえるかどうかも重要なファクターです。国民年金か厚生年金かで受給できる条件が異なります。


例えば、自営業者など国民年金の加入者の場合、子供がいなければ遺族年金は支給されません。自分の家庭は遺族年金をもらえる条件を満たしているかどうかも確認する必要があります。

④保険金の受取人や名義を変更しておく

結婚する前に生命保険に加入していた場合、その保険金の受取人は現在の奥様ではないですよね? まずは、その受取人の見直しが必要です。

生命保険の受取人を配偶者以外にしていると、相続税がかかるのはもちろんなのですが、「配偶者控除」が受けられません。

生命保険の相続税には2親等以内の血族が生命保険を受取ると非課税制度が受けることができます。


これは、大切な家族を守る為に加入する生命保険を有意義に使えるようにとの意味がある非課税制度です。


せっかく、家族のためにと、生命保険に加入していたとしても、生命保険金が少なくなったら、本末転倒ですよね。


保険金の受取人の変更は、契約者本人と証明する公的の身分証明書や保険契約証、契約した時の印鑑などが必要ですが、簡単に変更できます。  


しっかりと、生命保険の受取人は「配偶者」に変更しておきましょう

⑤出産などに合わせて保険の見直しを

結婚した時には保険の見直しが必要ですが、妻が出産した時にも見直しをしましょう。その理由は、家族が増えることで、必要となるお金が増えるためです。

子供に毎日ごはんを食べさせなければいけませんし、学費や急な病気にかかった時など様々な資金を準備しなければなりません。

子供に十分なお金を残してあげられないために子供を不幸にしてしまうのは、親として極めて辛いことですよね。

結婚したら独身時代とは事情が変わりますが、子供ができても夫婦2人だけの時とは事情が変わります

親に万が一のことがあった時に必要な保障金額も上がるので、保険の見直しをして、必要に応じて新規加入や上乗せを行いましょう。

子供を考えているなら出産、子供の独立、リタイアなど、結婚後はライフステージがどんどん変化していきます。


その時のライフステージに沿った保障を受けるためにも定期的な保険の見直しが大切です。


ほけんROOM相談室ならLINEで気軽に相談予約ができますので、ライフステージが変化した際には、ぜひ無料相談に申し込んでみてください!

\ オンラインで相談可能 /保険のプロに無料相談

新婚夫婦が支払う生命保険料の相場を解説!

日本の新婚夫婦はどれくらいの保険料を支払っているのでしょうか。ここでは、「ゼクシィ新生活準備調査 2016」のデータをもとに、生命保険料相場をご紹介します。


もちろん、事情は人それぞれです。保障を手厚くして、以下に示す平均より多くの保険料を支払った方が良い家庭もあれば、その逆も十分あり得ます。


平均値と大きく離れているからダメということではないので、保険を見直すきっかけにするための、一つの参考としてご覧ください。

夫の保険料の平均は、1.9万円

夫の生命保険にかかる1か月あたりの保険料は、以下のようになっています。

保険料割合
~5,000円6.6%
5,000~10,000円13.8%
10,000~15,000円19.1%
15,000~20,000円8.6%
20,000~25,000円8.5%
25,000~30,000円3.0%
30,000~35,000円4.6%
35,000~40,000円3.3%
40,000~45,000円0.3%
45,000~50,000円0.3%
50,000円~6.2%

以上より、夫の保険料の平均は19,000円です。


ただし、10,000~15,000円という回答が最も多くなっています。50,000円以上の高額な保険料を支払っている方もおり、平均額を引き上げています。

妻の保険料の平均は、1.2万円

妻の生命保険の1か月あたりの保険料は、以下のようになっています。

保険料割合
~5,000円15.7%
5,000~10,000円18.9%
10,000~15,000円21.5%
15,000~20,000円9.2%
20,000~25,000円7.2%
25,000~30,000円1.7%
30,000~35,000円1.1%
35,000~40,000円0.3%
40,000~45,000円1.7%
45,000~50,000円0%
50,000円~1.4%

以上より、妻の保険料の平均は12,000円です。


1か月の保険料が15,000円以下の方が、全体の半数以上を占めています。妻の保険料の平均は夫の約0.6倍となっています。

結婚後の夫婦におすすめな生命保険を紹介

最後に、結婚後の夫婦におすすめの保険商品をご紹介します。


結婚後に生命保険の見直しをするのは、新婚夫婦という家族構成やライフステージに合った保障をつけるためです。


どのような保険商品がよいのか分からないという方は、以下に具体的な商品の解説をしますので、参考にしてください。


以下にご紹介する3つの保険商品は、新婚夫婦が安心を手に入れるために適しています。結婚したら加入する保険として選択肢に含め、検討してみてください。

メットライフ生命「フレキシィS シンプルタイプ」

メットライフ生命の「フレキシィS シンプルタイプ」は終身タイプの医療保険です。入院・手術から先進医療まで保障してくれます。


入院日額が10,000円と5,000円のプランがあり、10,000円のプランの保障内容は以下のようになっています。

保障内容保障充実コース
(祝い金ありの場合)
シンプルコース
(祝い金ありの場合)
入院1万円/日
(10日以内の場合は10万円)
1万円/日
手術20万円/1回20万円/1回
先進医療技術料・一時金5万円技術料・一時金5万円
通院6,000円/日なし
七大疾病による入院
(日数無制限で保障)
1万円/日なし
祝い金
(5年間健康でいた場合)
10万円10万円

5,000円のプランは、先進医療の一時金以外の保障が半分になります。


この保険に30歳で加入した場合の保険料を示します。

プラン男性(30歳)女性(30歳)
保障充実コース
(入院日額10,000円)
5,839円5,841円
シンプルコース
(入院日額10,000円)
4,397円4,487円
保障充実コース
(入院日額5,000円)
2,973円2,974円
シンプルコース
(入院日額5,000円)
2,252円2,297円

なお、この商品には祝い金がないプランもあり、保険料がやや安くなります。

アクサダイレクト生命「収入保障2」

アクサダイレクト生命の「収入保障2」は、掛け捨て型の生命保険です。万が一のことがあった場合に、残された家族の生活を守るための保険です。


以下のような保障をつけられます。

保障内容保険金額
死亡・高度障害5万円~/月
(1万円単位で選択可)
災害のための死亡・高度障害(特約)一時金 500万円~
(100万円単位で選択可)

30歳で加入した場合の保険料を以下の条件でシミュレーションします。

  • 保険期間:60歳まで
  • 災害のための死亡・高度障害保険金(特約):500万円
  • 年金支払保証期間:5年

シミュレーション結果は以下のとおりです。

保険金額男性(30歳)女性(30歳)
5万円/月1,540円1,210円
10万円/月2,740円2,080円
15万円/月3,940円2,950円
20万円/月5,140円3,820円

また、無料のセカンドオピニオンサービスがあり、育児相談専門医の紹介も受けられます。


保険金の請求から支払いまでの日数が短く、非常に迅速であることも好評を得ています。

オリックス生命「ブリッジ」

オリックス生命の「ブリッジ」はインターネットでの申し込み専門の定期保険です。

死亡や高度障害時に一時金を受け取ることができ、金額は500万円から100万円単位で設定できます。

30歳で加入して、保険期間を60歳までとした場合の保険料をシミュレーションします。
保険金額男性(30歳)女性(30歳)
500万円1,055円812円
1,000万円1,883円1,397円
1,500万円2,711円1,982円
2,000万円3,539円2,567円
月払いの保険料を載せましたが、半年払いや年払いもできます

なお、この商品は掛け捨て型の保険なので、途中解約しても返戻金はもらえません。


ここまで、結婚後の夫婦におすすめな保険を3つ紹介しましたが、「どの保険が自分たちに合っているかわからない」という方も多いと思います。


そのような場合は、保険のプロに無料相談することをおすすめします。


下のボタンから無料相談の予約ができますので、ぜひご利用ください。

\ オンラインで相談可能 /保険のプロに無料相談

まとめ:結婚後の生命保険、おすすめの見直し方・選び方

結婚後の生命保険の見直しについて、お分かりいただけたでしょうか。

今回のポイントは、
  • 生命保険は、貯蓄が多くない新婚夫婦が万が一の事態に備えるのに有効な保険である
  • 新婚夫婦には死亡や病気・ケガのため働けなくなるリスクへの備えが最低限必要
  • 生命保険の見直しは、独身時代に加入した保険の内容把握から始め、それぞれのライフプランに応じて必要なお金をシミュレーションするのが基本
  • 結婚後の保険の見直しの際には、独身の頃から継続して加入する保険があれば、名義や保険金の受取人を変更する
  • 子供が生まれた時には保険の更なる見直しが必要
  • 保険料の月額の相場は、夫が約19,000円、妻が約12,000円だが、平均の金額にとらわれずに必要な保険を選ぶことが重要
  • 新婚夫婦におすすめの保険商品はいくつかあるが、どの保険が良いか分からなければ、保険のプロに無料相談するのがおすすめ
でした。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。
総合的にみたおすすめの保険相談サービスはこちらで解説しています。
この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 結婚したら生命保険を見直すべき?ポイントとタイミングを知ろう!
  • 結婚のとき生命保険の選び方は?パターンごとに最適な保険を解説
  • 【婚活FPが解説】婚活女性必見!結婚に合わせて考えたい保険見直しの基本
  • 独身だからこそ生命保険の見直しが必要な理由を徹底解説します!
  • 30代の生命保険の見直しポイントを解説!独身と既婚での違いを紹介!
  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 【最新トレンド】生命保険の見直しで保険料を賢く抑える方が急増中!
  • マイホームを検討中の方必見。生命保険を見直しポイントはここだ!
  • 生命保険の見直し時期は?保障内容などの見直しポイントを解説!
  • 妊娠・出産したら保険はどうする?生命保険見直しのポイント