個人年金保険ALL

個人年金保険の必要性

個人年金保険の選び方

個人型確定拠出年金(iDeCo)

個人年金保険で損をするケースについて把握するようにしましょう

個人年金保険は安全性の高い金融商品として老後の資産形成のために運用をしている人が少なくありません。様々なメリットが個人年金保険にあるため、注目されているのです。しかし損失リスクが無いわけではありません。いくつかの条件を満たす場合、損失が発生します。

個人年金保険は他の金融商品と比較した場合に損をすることはあるか

個人年金保険は老後の生活費の準備に適している仕組みであると言えますが、メリットばかりではなく注意しなければならない点もあり、損得について把握しておく必要があります。そして確実に額面を増やすことが出来る仕組みがありますが、他の金融商品と比較した際にどうであるのかと言うことについては理解しておく必要があります。

大きなリターンが期待できるものではない

個人年金は金融商品としては非常に手堅いものでありリスクが小さいのが特徴です。老後の資産形成と言う性質があるため安全性が高いのです。その一方で利率は低く、お金が大きく増えるというものではないのです。大きなリスクをとる金融商品に比べると受け取れる金額が低いという特徴があります。損とまでは言えませんが、大きく増やすだけなら株式投資や確定拠出年金など個人年金保険とは他に選択肢もあります。

途中解約をすると損をしてしまう

非常に長期間の運用が前提となるのも個人年金保険の特徴です。この様な金融商品には中途解約をすることによってデメリットが発生するという仕組みがある場合が多く、個人年金保険の場合も例外ではありません。短期で解約する場合には元本割れをして損失が発生することもありますので利用する場合には計画的である必要があります。

個人年金保険に関係する想定外の事態への弱点と損失について

個人年金保険は計画的に老後の資金を作ろうとする活動ですが、想定外の事態の発生には弱い部分もあります。場合によっては損失につながることもあるので注意が必要です。想定外の出来事として考えられる問題として比較的多く挙げられるのはインフレに関する問題と、個人年金保険の受取前の早死の問題です。

インフレに弱いという性質がある

先々のことは想定が難しいのですが、金利が固定であるという個人年金保険の仕組みから考えるとインフレが発生する社会とは相性が悪いと言えます。長期間運用することを前提とした場合、金額が増えたとしても結果として損になる場合があるのです。この様な方向性を正確に予測することはできませんが、その様な仕組みがあるということは理解しておくべきです。

個人年金保険の受け取り完了前の早死は損になる

個人年金保険は掛け金をすべて支払ったのち、満額を受け取ることが出来れば必ず額面では増えるというのが魅力であると言えますが、60代以降を受け取りとするのが一般的な個人年金保険の場合には受け取り終わる前に死亡する可能性があります。その様な早死の場合には年金を受け取れなくなるため損失であると言えます。



個人年金保険の損

個人年金保険で損をする可能性のある極めてまれなケースについて

世の中には様々な金融商品がありますが、個人年金保険と言う商品は安全性の高い商品であるという性質があります。しかし金融商品である以上、損失の可能性は残ります。レアケースではありますが、その様なことが発生する可能性があるということを知っておくことは大切であると言えます。

生命保険会社の破綻は損につながる

個人年金保険で損をするケースとして考えられるのが運用をしている生命保険会社などの破綻です。この様な問題の発生は極めて起こりにくいと言えますのでリスクは小さいと言えますが、過去に例が無いわけではありません。個人年金保険は安全性が高いと言うだけで損失と無縁ではないということを理解しておく必要はあります。

本人の死亡は想定外の損失のケース

自分の老後のための資産形成が目的の個人年金保険ですので、受取前に死亡してしまうケースにおいては損失になると言えます。この様な心配をしても仕方がないと言えますが、老後の計画をある程度はしっかりと立てたうえで、自分なりの受け取りの時期を設定するようにすると良いでしょう。

知っておきたい個人年金保険の損につながる落とし穴

個人年金保険は近年人気の高まっている運用の一種ですが、非常に長期間の運用を前提とする仕組みですので仕組みについては十分に理解しておく必要があります。短期間で利益を得たいと考えている人にはより適切な金融商品がありますので損をしたと感じないように自分に合った金融商品を選択すべきです。

より金利の高い金融商品もある

個人年金保険は定期預金よりも金利が高いという点において魅力があります。しかしながら金利にだけ注目するのであればより魅力的な数字の選択肢もあります。リスクが低いというのが個人年金保険のメリットですが、老後まで使えなくなるお金が出来るという点が損として受け止められる可能性もありますので注意が必要です。

長期固定金利の金融商品であるデメリット

個人年金保険は貯蓄型の金融商品であり、金利は高いに越したことはありません。しかし現代日本は過去に例のないような低金利時代であり、現在の条件での固定金利がメリットになることは考えにくいものです。この点は不利であり、なおかつインフレに弱い性質がありますので現在の状況では損失が発生するリスクが少なからずあります。

まとめ

個人年金保険と言う金融商品自体は金融商品としての損失リスクは低いものであると言えるでしょう。額面を下回ることが無いという点においてはメリットであると言えますが、インフレが発生する場合は相対的に資産の目減りリスクがあります。非常に長期の運用となるため、誰にも読めない先行きと言う問題を考えておく必要があると言えるでしょう。

ランキング

  • 個人年金保険の注意すべきデメリットを7点に分けて平易に解説!
  • 個人年金保険はそんなにお得!?個人年金保険のメリットを詳細解説!
  • 老後資金の準備として、個人年金保険の必要性について考えてみた
  • 20代から始める個人年金保険 将来のために今からためましょう。
  • 老後資金を個人年金保険で準備するメリット・デメリットについて
  • 個人年金保険は40代から入っても大丈夫なの?気になる老後の不安
  • 50代こそ知っておきたい!!個人年金保険なくして老後資金は大丈夫!?
  • 個人年金保険による備えは、30代から考えておくのがおすすめ
  • 個人年金保険にあえて60歳から加入するメリットとデメリット
  • 個人年金保険とインフレリスクの関係についての必要最低限の基礎知識
  • 個人年金保険の世帯加入率は23%ほど!年齢別、収入別に解説します!
  • 学資保険と個人年金保険に併せて加入することによる問題の有無を解説
  • 親が掛け金を支払うことで、子供を個人年金保険に加入させられます
  • 個人年金保険と生命保険の目的、加入すべきタイミングの違いについて
  • 通販型の個人年金保険におけるメリット・デメリットと注意点を解説!
  • 個人年金保険が不要であると考えられる3つのケースとその理由
  • 個人年金保険は何歳から加入して何歳から受け取るのが一番お得?
  • 個人年金保険は何歳まで加入できるのか、そして最適な年齢とは?
  • 公務員なら加入しておきたい個人年金保険の必要性を解説します
  • 老後の経済的なリスクに備える女性の個人年金保険の基礎知識
  • 個人年金保険は将来の備えのための資産形成を目的としたお得な保険