パート主婦のiDeCo加入メリットを解説!年収103万超でもお得な制度?

iDeCoは2017年1月に制度が変わり、公務員や主婦(夫)、企業年金のある会社員なども加入できるようになりました。この記事ではパート主婦がiDeCoに加入するメリットや加入の種類・限度額を紹介します。特に年収103万円以上の方にはおすすめ制度です。

パート主婦の個人型確定拠出年金(iDeCo)のメリットは?

2017年から、パート主婦もiDeCoに加入できるようになりましたね。


しかし、実際のところ「iDeCoに加入するメリットって何なの??」と思いますよね。


実は個人型確定拠出年金(iDeCo)は、所得額の少ないパート主婦にとっても節税メリットがあるので利用しない手はありません。


そこで、この記事では「パート主婦が個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入するメリット」について、

  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の節税メリット
  • パート主婦の個人型確定拠出年金(iDeCo)の活用方法
  • 年収の具体例で見る個人型確定拠出年金(iDeCo)の節税効果

以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読んでいただければ、パート主婦でも個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入する意味があることを知っていただき、節税メリットを受けるのに役立てていただけます。


是非最後までご覧ください。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の特徴を確認しよう

iDeCoは投資の一種で、おもに老後の資産形成のための制度で、一言表すと、非課税じぶん年金と表すことができます。自分が積み立てたお金を老後非課税で受け取れる他、様々なメリットがあります。iDeCoについて詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。


似たような制度に積立型の保険やNISAなどもありますが、それらとは異なり、iDeCoにしかないメリットが数多くあります。


以下にiDeCoのメリットや特徴を挙げますので、確認していきましょう。


iDeCo特有の3つの節税メリット

iDeCoには、大きく分けて以下の3つの節税メリットがあります。

  • 積立時の節税メリット
  • 運用時の節税メリット
  • 受取時の節税メリット

iDeCoは、自分で資金を専用の口座に積み立てていくものです。


この資金を積み立てることを「拠出」と言い、拠出した資金を「掛金」と言います。

1つ目の積立時の節税メリットは、1年間に拠出した掛金を全額所得控除できる点にあります。

自営業であれば確定申告で、サラリーマンやパートであれば年末調整で拠出した掛金を申告することにより、所得税と住民税の節税に繋げることができます

また、iDeCoの掛金はただ積み立てるだけではなく、預金や保険、株式、債券の投資信託など様々な形態で運用することができます。


2つ目の運用時の節税メリットは、掛金の運用によって得られた利益に対する所得税および住民税が、すべて非課税になることです。


通常の資産運用であれば、投資信託や預金利息でさえも、所得税や住民税が課税されます。

iDeCoであれば、同様の商品でも非課税となるため、節税メリットが生まれるのです。

そして3つ目の節税メリットは、掛金を受け取る際に退職所得控除が使えることです。

サラリーマンなどが退職金を受け取るときは、退職所得控除という所得税や住民税が非課税になる部分があります。


iDeCoの掛金も受け取り時に退職所得控除を適用することができます。

例えば40年の運用で2,200万円までは全く所得税や住民税が課税されることなく、全額を受け取ることができます。

60歳まで資金を引き出せない

一方、iDeCoにはデメリットもあります。それは、掛金は60歳になるまで一切引き出せないことです。


定期預金や保険などは満期の設定はあるものの、いつでも途中解約により現金化することが可能です。


また、株式なども換金性の高い資産と言えます。


こちらと比べると、iDeCoは好きなときに現金化することができないため、換金性が低く、完全な余剰資金で運用する必要があるなどの制約もあります。


しかし考え方によっては老後の資金を自由に引き出せてしまうと思うように貯まらないという人もいるため、強制的に貯蓄ができることはかえってメリットと考えることもできます。


iDeCoについてもっと詳しく知りたかたはこちらの記事もご覧ください。

パート主婦のiDeCo利用の特徴

ここまではiDeCoのメリットやデメリットを見てきましたが、税法扶養の範囲内で働いていたり、所得税がかからない範囲で働いている人は、個人型確定拠出年金(iDeCo)の恩恵を受けられません。


しかしiDeCoは、パート主婦が活用してもメリットを得られる場合もあります。


ここからは、パート主婦が個人型確定拠出年金iDeCoのメリットを受けられるケースについてご紹介します。

パート主婦が加入できるiDeCoの種類と加入限度額

確定拠出年金には、企業型や個人型、確定給付企業年金など、いくつかの種類があります。


この中でパート主婦が加入できるのは、iDeCoと言われるものです。


iDeCoには、加入者のステータスによって拠出できる掛金の上限額が決まっています。


例えば公務員であれば年間14.4万円、自営業であれば年間81.6万円です。


年収を103万円以下に抑えているようなパート主婦の場合は、上限額は年間27.6万円、一月あたりにすると2.3万円が拠出の上限となります。

夫の所得控除の対象にはならない

パート主婦の場合、iDeCoの掛金をパート主婦本人が拠出することは難しいため、大抵の場合は夫の給与の中から拠出することとなります。


iDeCoの掛金は所得控除ができますが、この掛金は「小規模企業共済等掛金」の控除の枠になっており、この枠は本人の掛金のみが控除できる仕組みです。


よって、パート主婦の掛金を夫が拠出していたとしても、夫の所得控除の対象とすることはできません。

年収103万円以上のパート主婦はiDeCoがおすすめ!

パート主婦は夫の税法扶養の範囲内で働けるよう、年収を103万円以下に抑えている人も多いです。


しかし、中にはその枠を超えて働いているパート主婦の方や本当は103万円以上稼ぎたい方もいるでしょう。


そんなパート主婦の方は、特にiDeCoを利用することがおすすめです。


逆に年収103万円以下の方はつみたてNISAがおすすめです、つみたてNISAに関する記事はこちらをご覧ください。



その理由を以下で見てみましょう。

iDeCoのメリットをシミュレーション

パート主婦がiDeCoに加入し、節税メリットを受けることができることを具体的に示すため、年収127万円の想定でiDeCoの節税額をシミュレーションしてみます。


この場合、大企業でなければ社会保険に加入しなくても良い範囲内ですので、所得税および住民税のみに気を付ければ良いことになります。


毎月2万円の掛金を拠出したとすると、年間での拠出額すなわち所得控除の額は24万円となります。


給与所得は103万円となり、年収127万円で本来課税されるはずの所得税・住民税合わせて3.6万円程度を節税することができます。

社会保険加入者は年収133万円以上で15%の利回りがある

パート主婦でも、労働時間等の条件によっては社会保険に加入しなければなりません。


年収133万円で社会保険に加入している場合は、支払う社会保険料は年間で18万円程度になります。


このとき、iDeCoに加入して毎月1万円を拠出すれば、所得控除の額は1.8万円となり、12万円の拠出額(投資額)に対して15%の利回りと同じ効果が得られます。

「103万円の壁」が壊される?引上げ時はiDeCoも選択肢に

よく103万円の壁と言われるのは、夫がパート主婦を税法扶養する際の限度額が年収103万円だからです。


平成30年度からは、年収が150万円までであれば夫が配偶者特別控除を使い、これまでと変わらない所得控除を受けることができるようになりました。


しかし年収150万円では社会保険の加入が必要なケースが多いため、手取りが減ってしまう可能性があります。


こんな時はiDeCoを活用し、節税メリットを受けましょう


参照:衆議院

まとめ:パート主婦は状況に応じてiDeCoを使用しましょう

パート主婦のiDeCoについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか


今回のこの記事のポイントは、

  • iDeCoには拠出時、運用時、受取時それぞれにメリットがある
  • 年収103万円を超えると、iDeCoでのメリットが受けられる
  • 場合によっては、15%以上の利回りと同じ効果がある

です。


iDeCoには拠出、運用利益、受け取りの際の税金が免除され所得税・住民税の節税効果があります。また、近頃の年金に対する不信感から老後に対する不安をお抱えの方も多いかと思います。


そんな方は是非公的年金だけでなく私的年金に加入して老後に必要な資金を貯蓄しておくこことおすすめのします。


パート主婦でもメリットの多いiDeCoに是非加入して、将来の蓄えを増やしていきましょう。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)と退職金の税制メリットを解説します
  • iDeCoの7つのデメリットとは?職種ごとにも解説!iDeCo向きの人とは
  • 手数料無料で損しない!個人型確定拠出年金(iDeCo)への加入方法
  • 50代で個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入するメリットと注意点は?
  • 知らなければ損をする!個人型確定拠出年金(iDeCo)の3つの控除
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)は節税効果が絶大!その計算方法は?
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の所得控除とは?計算方法などを解説!
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)は何歳まで?年齢の疑問を一発解決!
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の10のメリットを詳しく紹介します
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の節税額はいくらかシミュレーション!
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)が抱えるリスクとその種類とは