個人年金保険ALL

個人年金保険の必要性

個人年金保険の選び方

個人型確定拠出年金(iDeCo)

専業主婦が個人型確定拠出年金(iDeCo)加入時に知っておくべきこと

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、専業主婦も加入することができるようになり、個人で運用を行うことで老後資金を準備することが可能となりました。個人型確定拠出年金(iDeCo)に専業主婦が加入する場合、どのようなメリットやデメリットがあるのかを徹底解説します。

専業主婦は個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入するべきか?

現在の日本の年金制度には、不安を抱いているのではないでしょうか。


残念ながら、年々、年金額は減少傾向にあり、今後も年金開始年齢の引き上げや年金額の減少が起きると予想されます。


では、どうすれば豊かな老後生活を送ることができるのでしょうか。


そこで、個人型確定拠出年金(iDeCo)を利用すれば、少なくとも老後資金の準備をきっちりと確保することができます。


そして専業主婦も2017年1月より加入することができるようになったのです。


そこで、現在は専業主婦でも加入することができる個人型確定拠出年金(iDeCo)に関して


  • 加入する4つのメリット
  • 加入する2つのデメリット
  • 加入した場合の注意点
上記のような内容について詳しく解説していきます。

この記事では、個人型確定拠出年金(iDeCo)を詳しく知って、豊かな老後生活が送るために役立つことと思います。


ぜひ最後までご覧ください。

老後の生活や年金に不安を感じたらプロに相談

「老後の生活が不安」


「将来の生活にいくらお金がかかるのか知りたい」


そんな方には、お金に関するプロが在籍するほけんROOM相談室がおすすめです。


従来の相談者が窓口に足を運ぶ「来店型」でなくても、保険のプロがお近くのカフェやレストランに向かいます!忙しい方、育児が大変な方におすすめです! 電話での相談も受け付けております!


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?



2017年より個人型確定拠出年金(iDeCo)に専業主婦も加入可能に

2017年1月の改正以前は、個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入できる人は限られていました。
  • 自営業者
  • 企業年金のないサラリーマン
しかし、改正後は基本的にすべての人が加入できるようになりました。
  • 企業年金のあるサラリーマン
  • 公務員
  • 専業主婦


企業型確定拠出年金に加入しているサラリーマンや、専業主婦も対象となったため、より老後の生活資金を自身で準備していくことが可能となったのです。

専業主婦がiDeCoに加入する4つのメリット

専業主婦が個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入するメリットは、どのようなものが考えられるでしょうか。

収入のない専業主婦が、毎月一定の金額を拠出し続けることで何もメリットがなければ出費だけがかさんでしまうことになってしまいます。

しかし、収入のない主婦が加入しても、個人型確定拠出年金(iDeCo)には十分なメリットが存在します。

  1. 運用益は非課税
  2. 受け取る年金や一時金は所得控除の対象
  3. 国の年金に対する政策の影響を受けない
  4. 積み立てすることで、資産形成の知識が身につく
では、それぞれのメリットの詳細を考えてみたいと思います。

1: 運用益の非課税は専業主婦にも利益

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、拠出した掛金を運用し将来への積み立てを行っていくシステムとなっています。

運用するということは、株式や投資信託と同じように考えると運用した結果、利益が出た場合その利益は収入として考えられることになります。

しかし、株式や投資信託による利益は所得税の対象となり納税の義務が発生します。

その点、個人型確定拠出年金(iDeCo)の場合は運用利益はすべて非課税扱いとなるため、利益が発生しても税金を支払う必要はないのです。

2: 専業主婦だと年金、一時金は非課税になる可能性が高い

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、60歳以上になると積み立てた金額を年金もしくは一時金として受給することができるようになります。

この場合の収入においては残念ながら所得税の対象となってしまいます。しかし、それぞれの受け取り時には税制控除を受けることができます。


また主婦の場合は受け取る金額が高額になる可能性が低いため、非課税になる可能性があります。

  • 年金で受け取る場合:公的年金控除の対象
  • 一時金で受け取る場合:退職所得控除の対象
公的年金控除の場合、受取開始時の年齢が65歳未満か65歳以上で控除額が変わります。
  • 65歳未満:個人型確定拠出年金(iDeCo)を含む公的年金額が70万円まで非課税
  • 65歳以上:個人型確定拠出年金(iDeCo)を含む公的年金が120万円まで非課税
退職所得控除の場合、個人型確定拠出年金(iDeCo)の拠出期間によって控除額が変わります。
  • 20年以下:80万円まで非課税
  • 20年超:800万円+70万円×(拠出年数-20年)が控除額

3: 国民年金と違い、個人で積み立てるので減額の恐れはない

国民年金で受け取ることができる老齢基礎年金は、1999年では満額年金額が80万4,200円だったことに対し、それ以降は年々受給額が減少しています。
  • 2003年4月:79万7,000円
  • 2011年4月:78万8,900円
  • 2016年4月:78万100円
  • 2017年4月:77万9,300円
上記の金額は、20歳から60歳までの40年間、すべての期間が国民保険料納付済み期間であることが前提となります。

したがって、経済状況の悪化により保険料軽減措置や納付免除期間などがある場合には、その期間分が減額されて支給されることになります。

しかし、個人型確定拠出年金(iDeCo)は自分自身で積み立てていくものなので積み立てられた金額から減額されることはありません。

4: 資産形成への知識が深まる

個人型確定拠出年金(iDeCo)への拠出金は、主に定期預金や投資信託などの金融商品を利用して運用していくことになります。

金融商品の運用成果によって利益がでれば、その利益は将来受け取ることができる年金受給額に影響するため、必然的に利益を出すためにはどうすれば良いのか考えるようになります。

そのため、個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入するまでは、それまで気にならなかった経済状況やインターネットなどで情報収集を行うなど、資産を積み立てていくための資産形成についての知識が豊富になってくるケースが多くあります。

専業主婦が個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入する2つのデメリット

運用利益の非課税や、個人型確定拠出年金(iDeCo)による年金や一時金の受取時の税制控除など、メリットが多く考えられる個人型確定拠出年金(iDeCo)ですが、専業主婦が加入する場合、デメリットも存在します。

メリットとされていることが、実は専業主婦だからメリットにならないケースがあるのです。
  • 確定申告で拠出額は全額所得控除の対象
  • 月額2万3,000円まで拠出が可能
これは、所得がある人、つまり収入を得ている人であればメリットとなりますが、多くの場合が専業主婦は無収入であると言えます。

1: 所得控除はほとんど専業主婦にメリットがない

収入がある場合、年末調整や確定申告を行うことで、その年に個人型確定拠出年金(iDeCo)に拠出した金額の全額を、小規模企業共済等掛金控除として、年間の収入金額から差し引くことができます。

この控除によって節税につなげることができるのですが、専業主婦だと収入を得ていないケースが多く、個人型確定拠出年金(iDeCo)加入による小規模企業共済等掛金控除を利用する意味がありません。

もともと収入がない場合、確定申告の必要もなく、控除を利用する意味がないため節税のメリットはないのです。

2: 多額の資産運用ができないのに、手数料が高い

個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入する場合、毎月の最低拠出金額は5,000円となっており、専業主婦の場合、加入可能な最高額は月額2万3,000円までです。

このように加入可能拠出額に制限があるため、多額の資産運用を主婦は行うことができません。

自営業であれば、毎月6万8,000円まで拠出することができるので、手数料を支払っても多額の運用が行えますが、主婦の場合は少額にもかかわらず手数料が必要となってしまいます。

主婦が個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入する場合は、多額の資産運用には向いていないと言えるので、細く長く続けていくと考えておくべきと言えます。

専業主婦がiDeCoに加入する際の注意点は2つ

専業主婦で少額の拠出額で個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入した場合、継続していくにあたり注意しておかなければならないことがあります。
  • 元本保証型商品は必ずしも元本保証はされるものではない
  • 将来働きに出た場合、企業型確定拠出年金に転身する場合の期限
意外と知られていない注意点となっているので、ここで良く理解しておき、加入していたけれど知らなかったということがないようにしておいてください。

1: 安全だとされる元本保証型商品で損をする可能性がある

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、ある商品を解約して別の商品に変える「スイッチング」ができますが、このスイッチングを行うことによって解約時の利率によっては元本割れを起こして、損をしてしまう可能性があります。

元本保証と聞くと、絶対に安心だと思ってしまいがちですが、必ずしも元本が保証されるわけではありません。

スイッチングを検討する際には、利率を確認し元本割れが起きないようにすることが大切になります。

2: 転身後、企業型確定拠出年金のポータビリティーには期限がある

3年以上10年未満で脱退した場合、脱退一時金を受け取ることができます。
しかし、この一時金を受け取らずに、就職先の企業年金基金などに脱退一時金相当額を移し替えて将来の年金に充てることができます。

このシステムのことを「ポータビリティー」といいます。

しかし、ポータビリティーを選択した場合には、申し出期限が設けられており、個人型確定拠出年金(iDeCo)の資格喪失後から1年以内となります。

まとめ

個人型確定拠出年金(iDeCo)は専業主婦も加入できることについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、

  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の非課税について
  • 国の年金制度の影響を受けずに年金を受け取れる
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)は手数料がかかる
  • 注意するべきポータビリティー
です。


個人型確定拠出年金(iDeCo)には、老後資金の準備として大きなメリットを持った貯蓄として考えられますが、主婦の場合、個人型確定拠出年金(iDeCo)のメリットが全て利用できるとは限りません。

また、意外と知られていない個人型確定拠出年金(iDeCo)の注意点も含め、よく検討した上で加入することをおすすめします。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • 個人年金保険による備えは、30代から考えておくのがおすすめ
  • 公務員なら加入しておきたい個人年金保険の必要性を解説します
  • 老後の経済的なリスクに備える女性の個人年金保険の基礎知識
  • 親が掛け金を支払うことで、子供を個人年金保険に加入させられます
  • 個人年金保険と生命保険の目的、加入すべきタイミングの違いについて
  • 個人年金保険で損をするケースについて把握するようにしましょう
  • 個人年金保険にあえて60歳から加入するメリットとデメリット
  • 個人年金保険とインフレリスクの関係についての必要最低限の基礎知識
  • 個人年金保険の世帯加入率は23%ほど!年齢別、収入別に解説します!
  • 学資保険と個人年金保険に併せて加入することによる問題の有無を解説
  • 通販型の個人年金保険におけるメリット・デメリットと注意点を解説!
  • 個人年金保険は将来の備えのための資産形成を目的としたお得な保険
  • 個人年金保険が不要であると考えられる3つのケースとその理由
  • 個人年金保険はそんなにお得!?個人年金保険のメリットを詳細解説!
  • 個人年金保険の注意すべきデメリットを7点に分けて平易に解説!
  • 個人年金保険は何歳から加入して何歳から受け取るのが一番お得?
  • 20代から始める個人年金保険 将来のために今からためましょう。
  • 50代こそ知っておきたい!!個人年金保険なくして老後資金は大丈夫!?
  • 個人年金保険は40代から入っても大丈夫なの?気になる老後の不安
  • 個人年金保険は何歳まで加入できるのか、そして最適な年齢とは?
  • 老後資金を個人年金保険で準備するメリット・デメリットについて
  • 個人年金保険は老後の備えのために必要?ずばり解説します!