個人年金保険ALL

個人年金保険の必要性

個人年金保険の選び方

個人型確定拠出年金(iDeCo)

個人年金保険は何歳まで加入できるのか、そして最適な年齢とは?

自分の意思で個人年金保険に加入するなら、何歳までに入っておけば将来受け取る金額を最大限にできるか知っておくことが大切です。何歳まで個人年金保険を受け取りたいのかも考えて5年や10年などプランを決めて老後を快適に過ごしましょう。

個人年金保険には何歳まで入れるのか

個人年金保険の加入を検討するなら、何歳まで入れるのか、そして何歳までに入っておけば戻り率が高くなって将来たくさんの金額を受け取ることができるのでしょうか。


契約する前にしっかりと計画を立ててどれくらいの金額を得たいのか考えておけば定年後の生活資金を上手に確保して安定した生活が送れるようになります。

自由意思で加入できる便利な保険

個人年金保険は公的年金と違って国民全員が強制的に加入するものではありません。自分で好きなときに加入できるので、何歳までに入りたいのか年齢を自由に決められます。国民年金は20歳から自動的にスタートしますが、個人年金保険は50歳を過ぎてから入ったりすることも可能です。

将来の生活費をカバー

個人年金保険に入っておけば、将来受け取れる公的年金が低くなってしまっても生活費をカバーできるメリットがあります。国民年金や厚生年金だけに頼って生きて行くのが難しい今日では、自主的に個人年金保険を契約することで老後の不安を取り除いて安定した生活をしたいと考える人が増えています。


個人年金保険の加入年齢制限

保険会社や保険商品によって異なりますが、多くの場合、通常の月払いタイプですと、60~70歳まで、一時払いタイプですと、70~80歳までが、個人年金保険に加入できる契約者の年齢制限になっているようです。

世間一般の平均は何歳までに個人年金保険に加入しているのか

何歳までに個人年金保険に入るのがベストなのか迷ったときは、一般的には何歳までに契約する人が多いのか平均年齢を調べてみるのがおすすめです。自分と同年齢の人や同じ職業グループの人がどのように個人年金保険を活用しているのか知っていれば自分向けの商品を選びやすくなります。

中年以降の割合が高い

個人年金保険には何歳までに入るのがよいか調べてみると、40代で加入する人が一番多いことがわかります。50代の加入者も年々増えていて、仕事や家庭が安定してくる中年以降になってから将来の資金や老後の生活について見直しをして、個人年金保険を活用するケースが多くなっています。

若いうちに入るとお得

個人年金保険は払い込んだ保険金に対する将来の受取金額を比較する「戻り率」を計算したとき、払い込む期間が長ければその分将来もらえる保険金が高くなります。そのため、20代など若いうちに加入しておけばしっかり老後に備えられて、公的年金だけに頼らない暮らしができます。

個人年金保険は将来何歳まで受け取ることができるのか

何歳までに入るのか決めたら、個人年金保険を何歳まで受け取るのかについても知っておきましょう。自由度の高い保険なので、加入時に何歳まで受給するのかをあらかじめ決めることができます。老後にやりたいことや発生する可能性がある出費について考えて、最適なプランを選びましょう。

何歳まで、というルールはない

個人年金保険には何歳まで受け取り可能という決まったルールがないので、商品の種類によって何歳まで受給するのか年齢が変わります。5年、10年、15年という期限付きのプランを選んだ場合は、受け取り開始年齢から5年後や10年後、15年後までが受給期間になります。開始年齢も自由に選ぶことができます。

終身年金のプランもある

何歳まで受け取るのか決めることが難しい人には一生個人年金保険を受け取れる終身プランもあります。老後の人生が漠然としていて、特に大きな出費の予定もないなら常に安定した金額を受け取れる終身年金を選んでおけば、生きている間ずっと個人年金保険がもらえるので年齢の制約がありません。

自分のライフプランに合った個人年金保険

個人年金保険は何らかの理由で国民年金をもらえない人や、職業上厚生年金や共済年金の対象外になる人も自分の意思で加入できる便利な制度です。何歳までに加入して、何歳まで受け取りたいのか自分のライフスタイルや職業のことを考えて上手に活用すれば老後の貯蓄のためにも使えます。

専業主婦や自営業者にもおすすめ

夫の年金に頼らなければいけない専業主婦や、厚生年金がもらえない自営業者も個人年金保険を活用すれば将来安定した額の生活費を確保できます。何歳までに加入しないと受け取れないという決まりはないので、定年が間近になっていても契約して70歳を過ぎてから受け取りを開始するなど自由に組み立てられます。

資産運用としても活用

浪費癖があってすぐお金を使ってしまい、将来のための貯蓄ができない人も個人年金保険に払い込みをすることで老後の資金作りをして備えることができます。銀行の貯蓄口座よりも金利が高く、節税のためにも使えるので個人年金保険を資産運用の手段として活用する人も増えています。

まとめ

個人年金保険は資産を増やしたり公的年金の低さを補って安定した老後を過ごすために有効です。何歳までに加入すれば一番有利になるのか、何歳まで受け取ることができるのかなどを知っていれば実際に商品を選ぶときに絞りやすくなるので、今の自分の年齢や老後に行いたいことなどを考えて、受取期間や開始年齢を決めて充実した生活を送りましょう。

ランキング

  • 個人年金保険の注意すべきデメリットを7点に分けて平易に解説!
  • 個人年金保険はそんなにお得!?個人年金保険のメリットを詳細解説!
  • 老後資金の準備として、個人年金保険の必要性について考えてみた
  • 20代から始める個人年金保険 将来のために今からためましょう。
  • 老後資金を個人年金保険で準備するメリット・デメリットについて
  • 個人年金保険は40代から入っても大丈夫なの?気になる老後の不安
  • 50代こそ知っておきたい!!個人年金保険なくして老後資金は大丈夫!?
  • 個人年金保険による備えは、30代から考えておくのがおすすめ
  • 個人年金保険にあえて60歳から加入するメリットとデメリット
  • 個人年金保険とインフレリスクの関係についての必要最低限の基礎知識
  • 個人年金保険の世帯加入率は23%ほど!年齢別、収入別に解説します!
  • 学資保険と個人年金保険に併せて加入することによる問題の有無を解説
  • 親が掛け金を支払うことで、子供を個人年金保険に加入させられます
  • 個人年金保険と生命保険の目的、加入すべきタイミングの違いについて
  • 個人年金保険で損をするケースについて把握するようにしましょう
  • 通販型の個人年金保険におけるメリット・デメリットと注意点を解説!
  • 個人年金保険が不要であると考えられる3つのケースとその理由
  • 個人年金保険は何歳から加入して何歳から受け取るのが一番お得?
  • 公務員なら加入しておきたい個人年金保険の必要性を解説します
  • 老後の経済的なリスクに備える女性の個人年金保険の基礎知識
  • 個人年金保険は将来の備えのための資産形成を目的としたお得な保険