個人年金保険の契約者を変更するには?そのときに注意したいこと!

個人年金保険の契約者は、年金を受け取るまでなら自由に名義を変更することができます。個人年金保険の契約者と年金受け取り人が異なると贈与税の対象となります。契約後にあわてて変更しなくてもいいように、契約する前に名義を検討しておくと良いでしょう。

個人年金保険を契約してから契約者を変更するときには?

個人年金保険は名義が様々あります。例えば契約者、被保険者、年金受け取り人といったものです。通常名義の変更はできませんが、契約者だけは別です。保険料を支払う契約者だけは名義の変更が可能になります。個人年金保険の名義には上記の3つが挙げられますが、契約者は実際の保険所有者と言ってもいいほど重要な立場でもあります。

個人年金保険の契約者の名義は変更できる?

個人年金保険には様々な名義がありますが、先ほど記載した通り、契約者名義の変更は可能です。保険会社にもよりますが、個人年金保険を契約してからでも契約者の名義は変更できるところが多いと考えていいでしょう。しかしここで注意したいのが、個人年金保険の名義変更は契約者しかできないということです。

年金を受け取る前だといつでも変更できる

以上の通り、個人年金保険の名義は契約者のみ変更できることがわかりました。個人年金保険を契約してからでも契約者の変更は可能だと記載しましたが、具体的に言うと、年金を受け取る前であれば自由に変更できるということです。個人年金保険の契約者を変更することを考えている場合は、早めに変更するようにしましょう。



個人年金保険の名義変更は契約者しかすることができない?

個人年金保険にはいくつかの名義がありますが、基本的には契約者しか変更することができません。そのため契約者の変更ができるのもその個人年金保険の契約者自身となります。契約者によってしか名義の変更はできませんが、被保険者の名義は契約者であっても変えることができません。ただし年金受け取り人の名義は変更できるので安心してください。

個人年金保険の名義変更はいつする?

個人年金保険を契約してから何もなければ名義を変更する必要もありません。しかし何らかの事情があって変更しなければならないケースもあるでしょう。その1つが離婚した場合です。例えば個人年金保険の契約者が夫、被保険者と年金受け取り人が妻であったとしましょう。このような場合に、離婚してから年金受け取り人を夫やまたは第三者に変えることが可能なのです。

個人年金保険、贈与税の対象となることも?

以上のような離婚したケースでは、契約者と年金受け取り人が異なっています。そのような場合は贈与税の対象となってしまうのです。しかし名義変更のしかたしだいではどちらかが有利になることも考えられます。例えば契約者を妻に変更すれば妻が有利に、年金受け取り人が夫になれば夫が有利になるでしょう。

個人年金保険の契約者名義変更!年金受け取り前に注意したいこと

個人年金保険では、契約者と年金受け取り人が異なれば贈与税の対象となります。これは個人年金保険の契約前ではなかなか気づきにくいポイントでもあります。そのため契約後にあわてて変更しようとする人もいるでしょう。しかし契約者と年金受け取り人が異なっていた期間の分は贈与税を支払わなければならないのです。

契約者と年金受け取り人が異なっていた期間

契約後に贈与税の発生に気づいて名義変更をする人もいるでしょう。しかし契約者と年金受け取り人の名義が異なっていた期間があることは事実です。個人年金保険を契約してから、契約者と年金受け取り人が異なっていた期間は贈与税の課税対象となってしまいます。課税の額を抑えるためにも早めに気づきたいものです。

契約前に名義を決めておくことが大切

以上のことから、個人年金保険契約後に名義を変更しても、保険料を支払っていた期間の年金には贈与税がかかってしまいます。後で気づいたときには早めの名義変更をするようにするといいでしょう。しかしこのようなトラブルを避けるためにも、契約前に名義を検討しておくとスムーズに進むのではないでしょうか。

名義はどのように決めるのが理想?

個人年金保険を契約する際にはそれぞれの名義を決めなければなりません。しかし身内の名前を適当に当てはめているだけでは損をしてしまうこともあります。それぞれの名義の決め方で年金にかかる税金が高くなったり安くなったりするのです。少しでも税金の額を抑えるためには名義の工夫が必要なのです。

契約者が夫である場合

個人年金保険には3つの名義がありますが、まずは契約者を夫にして場合について考えてみましょう。契約者が夫、年金受け取り人が妻、被保険者はどちらでもいいとします。その場合、年金受け取り時に、権利評価額としての贈与税が課税されることになります。さらに年金を受け取るときに所得税も課税されるのです。

契約者が妻である場合

契約者が夫である場合は上記の通りです。では、契約者を妻にした場合はどうなるのでしょうか。このとき、年金受け取り人は夫、被保険者はどちらでもいいとします。こちらも夫が契約者である場合と変わりません。このように契約者と年金受け取り人が違う人物であれば所得税が発生します。これを避けるためには契約者と年金受け取り人は妻、または夫で統一しておくのが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか。個人年金保険にはいくつかの名義があり、契約者のみによって変更することが可能です。個人年金保険を契約する際にはあまり名義について深く検討しない人もいるかもしれませんが、年金受け取り時に発生する税金は名義によって大きく変わってきます。贈与税は対象になることが多いですが、所得税は名義の決め方によって対象とならないこともあるのがポイントです。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング