生活の幅を広げる階段昇降機。介護保険の住宅改修は適応されるの?

高齢化社会のため、介護保険や住宅改修の認知度も高まりました。介護をする中で、高齢者の障害となるものの一つに階段があります。階段の困難さを解消するために便利な階段昇降機。階段昇降機を利用する際に、介護保険の住宅改修は適用されるのでしょうか?

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

目次を使って気になるところから読みましょう!

階段昇降機は介護保険の住宅改修対象になるのか

階段昇降機とは、足腰の筋力が低下して階段を昇降することが困難になった高齢者でも、特殊な装置を用いて昇降することを可能にした機器のことを言います。



階段昇降機は大きな機器であるため、利用したいと考えていても価格が高く、利用することをためらっている方も多くいることと思います。

介護保険が適用されれば1割負担で利用することができ、介護保険の住宅改修が適用されれば20万円の助成を受けることができるため、介護保険が適用かどうかは利用に踏み切る大きな後押しとなります。


今回は、階段昇降機が介護保険の住宅改修の適応になるのか、助成はあるのかという点について触れ、少しでも利用を検討している人の参考になればと思います。


いす型階段昇降機は介護保険の住宅改修の対象ではない

壁に設置をするいす型階段昇降機は、残念ながら介護保険の住宅改修の対象ではありません

いす型階段昇降機の設置には大きな住宅改修は必要なく、住宅の壁に簡単に取り付けが可能なため、住宅改修の対象にはなっていません。

階段スペースで介護保険の在宅改修の対象となっているのは、手すりの設置と限られているのです。


いす型階段昇降機は、座位保持が行える方であれば利用することができ、ベルトで体を固定させた状態で安全に階段の昇降が可能となるため、需要はとても高いのですが介護保険の対象外ということからなかなか利用に踏み切れないという方が多いことが現状としてあります。



いす型階段昇降機をレンタルすると、設置をするための初期費用は約15万円に加え、月々約1万円の料金がかかります。


また購入をする場合、階段の形状(直線タイプ・コの字型など)によって価格に差が生じますが、一般的な家屋の階段(コの字型)では、費用は120万円以上にもなります。


住宅改修の助成が受けられないと、とても手が出ない価格に感じられるかと思います。

ただし、助成が受けられるケースもある

介護保険の住宅改修は適応外ですが、区市町村の自治体が助成金制度を設けているところが多くあります。

その区市町村によって差は生じますが、介護保険の住宅改修と同様に20万円ほどの助成がもらえるところがほとんどです。



しかし、住まいの地域によって助成の条件が様々なため、詳しくは役所の「福祉課」に問い合わせをしてみましょう。



いす型階段型昇降機の代わりになるもの

いす型階段昇降機の他に、階段昇降を補助する機器には可搬型階段昇降機があります。

可搬型階段昇降機は壁に設置せずに使用することができ、キャタピラが付いた機器に座って移動をするタイプや、車椅子にキャタピラが付いた機器を取り付けることで移動をするタイプがあります。


こちらも住宅改修をせずに使用することができます。

また、屋内外の階段どこでも使用することができるというメリットがあります。


よく使用されるものでは、スカラモービルという機器があります。


スカラモービルは比較的小型で軽量な機器のため、持ち運びもしやすいという特徴があるので外出時にも適しています。

出典: http://www.alber.jp/product/scalamobil/




可搬型階段昇降機は介護保険の住宅改修の対象である

可搬型階段昇降機は、介護保険の貸与の「移動用リフト」に該当するため、介護保険の住宅改修の対象となります

1割を自己負担するだけでレンタルすることができるため、スカラモービルを例に挙げると、66,000円の機器を月々6,600円で利用することができるということになります。


購入であれば、住宅改修の助成で全額をまかなうことができます。


しかし、住宅改修の助成は1住宅につき原則1回までと定められている為、66,000円の利用で140,000円余っていたとしても次回住宅改修をするときに残りの助成を使うことができないため、よく考えて助成を受ける必要があります。

可搬型階段昇降機の使用は要注意

可搬型階段昇降機は壁に設置されていない分、操作する介護者が安全に使用するために、可搬型階段昇降機安全指導員から講習を受けることが義務付けられています。

階段のヘリにタイヤを引き付けながらボタン操作でモーターを動かし、昇降をすることができる機器ですが、操作に慣れていないと転落などのケガに繋がる危険性があるため、講習が必須なのです。


操作が難しく事故が発生している

操作に慣れ、安全に使用することがあればとても便利な機器ですが、ある程度操作に慣れていないと事故に繋がってしまいます


操作中に介護者がバランスを崩し、転倒してしまう等という危険も考えられます。


機器によっては、転落防止のために、階段のヘリに車輪がくると自動的に前方へいかないようにブレーキがかかるものあります。

また、介護者の技術によって昇降速度を調整できるものもあります。


事故を未然に防ぐためには、介護者が可搬型階段昇降機安全指導員の講習をしっかりと受け、練習を重ねることが大切と言えます。

まとめ 

階段昇降機は高齢者の生活の幅を広げることのできる、とても便利な機器です。

そのような便利な機器ですが、椅子型階段昇降機では介護保険の住宅改修の対象外であるため、購入をするにはとても金銭面で負担が大きいという問題が現状です。


しかし、介護保険の住宅改修の対象外ではありますが、区市町村の自治体の助成制度があるので、まずは福祉課に相談をしてみることをおすすめします。


また、可搬型階段昇降機は介護保険の対象のため金銭的負担が少なく利用することができ、設置せずに使用できるため外出にも便利です。


金銭面や利用目的を含めて検討してみてはいかがでしょうか。

ランキング