還元率25%!マイナンバーカードを利用したマイナポイントとは?

マイナンバーカードを利用した、マイナポイントについてご存知ですか?マイナポイントとは、25%という驚異の還元率を誇る、2020年9月からスタート予定の総務省によるポイント還元事業です。この記事では、そんなマイナポイントについて、現在までに決まっている内容を解説します。

マイナポイントについて詳しく解説


マイナポイントとは、マイナンバーカードを利用したキャッシュレス決済サービスで還元されるポイントです。国が提供するキャッシュレス決済であることから、「お役所ペイ」と呼ばれることもあり、気になっている人も多いと思います。


現在は民間のキャッシュレス決済サービスが様々なキャンペーンを実施していますが、マイナポイントはそれらを上回るお得感メリットがあるのか気になりますよね。


実は、マイナポイントは25%という高い還元率が設定されているのです。このメリットを享受するためにはどんな手順が必要になるのかも見ていきましょう。


この記事では、

  • マイナポイントの概要と仕組み
  • 申し込みの際に必要になるもの
  • マイナポイントの使い道や安全性
  • マイナポイントの高い還元率
  • マイナポイントの還元と利用方法
  • マイナポイントの実施期間

について、解説していきます。


この記事を読んでいただければ、マイナポイントの概要やポイント還元・利用方法が分かると思います。また、申し込みに必要なものや実施期間までのスケジュールについても説明していきます。


ぜひ、最後までご覧ください。

マイナポイントとは何?

マイナポイントはどのようなポイントで、どのような仕組みで運用されるのでしょうか。ここではまず、マイナポイントの還元方法や利用方法について見ていきましょう。

また、マイナポイント申込みで必要となるマイナンバーカードの交付申請やマイキーIDの設定、将来広がりうる使い道についても説明していきます。これにより、マイナポイントとナイナンバーカードの関連性や安全性に関する疑問も解消されると思います。

この章では、以下のことを詳しく説明します。
  • マイナポイントが生まれた背景とその目的
  • マイナポイントの申込みで必要になるもの
  • マイナポイントの使い方やメリット
  • マイナンバーカードとマイキーIDについて
  • マイナポイントの安全性
  • マイナンバーカードの交付申請について
ぜひ参考にしてみてください。

マイナポイントはキャッシュレス還元事業に続く景気対策

マイナポイントは、2020年6月で終了するキャッシュレス還元事業(「中小・小規模事業者に関する消費者へのポイント還元支援」)に続く、国によって実施される消費活性化対策の一つです。


マイナポイントの目的は以下の通りです。
  • マイナンバーカードの普及
  • マイナンバーの利用・活用の促進
  • 消費税率引上げに伴う臨時・特別の措置
  • 消費活性化
また、官民共同利用型キャッシュレス決済基盤を構築することで、経済再生財政健全化の好循環が生まれることが期待されています。

マイナポイントを利用するために必要なもの

マイナポイントを利用するために必要なものは、以下の2点です。


①マイナンバーカード

ICチップが内蔵され、個人情報・マイナンバー・顔写真が表示されています。身分証明書や電子証明書を利用した電子申請等にも利用できます。

②マイキーID

インターネット上のマイキープラットフォームで設定されるIDで、各種サービスの利用およびマイナポイント還元の際に、本人確認用キーとして必要になります。


マイキーIDの設定を自宅で行う場合は、以下いずれかの機器が必要です。

  • パソコン+JPKI対応ICカードリーダー
  • ICカードリーダー対応のスマートフォン 

上記を用意したら、総務省「マイキーIDの登録方法」のサイトから、それぞれ専用のアプリ・ソフトをインストールして、マイキーIDの設定を行います。


また、居住している自治体にて、マイキーIDの設定ができるコーナーが設置されている場合もあります。

マイナポイントの使い道やメリットは?

マイナポイントの申込みができるキャッシュレス決済サービスは現在募集中です。決定後、好きな決済サービスを1つ選択してチャージすると、決済事業者を通してポイントが還元されます。

マイナポイントは以下2種類が合算されています。
  • 国による支援(プレミアム分)
  • 利用者の前払い分等
プレミアム分はチャージ額の25%で、上限5,000円という高い還元率がメリットです。還元されたポイントは、当該決済サービスでいつもの買い物やオンラインショッピングで利用できます。

なお、上記は今後の国会で予算案が成立することが前提であり、制度の詳細は変更になる可能性もあります。

参考:マイキーIDとは

マイキーIDはマイナンバーカードのICチップに格納されている公的個人認証サービスの電子証明書に対応したIDです。説明した通り、マイナポイントを利用する際に必要となります。


将来的には、マイキーIDが設定されたマイナンバーカードで、様々なサービスを呼び出す共通ツールとしての情報基盤「マイキープラットフォーム」の構築と運用が予定されています。


マイキープラットフォームにより、以下のようなサービスを受けることができます。


行政の効率化

公共施設(図書館・体育館・美術館等)の利用者カードとして利用できるようになります。


住民活動の支援

市区町村指定の健康事業(町内活動・ボランティア活動・イベント等)への参加により、自治体ポイントが付与されます。


地域経済の活性化

クレジットカードのポイントやマイレージを合算して自治体ポイントとして活用できます。貯まった自治体ポイントは地域商店街等商店や公共交通機関で使用したり、オンラインで地域物産の購入等ができます。

注意:買い物のタイミングでマイナンバーカードを使用することはない

マイナンバーカードを利用したキャッシュレス決済では、情報流出が気になる人は多いかもしれませんが、クレジットカード決済のように読み込ませることはないため、マイナンバーを提示することはありません。

マイナンバーカードが必要になるのは、マイキーIDの設定時のみです。マイキーIDを民間のキャッシュレス決済に関連付けて、そのキャッシュレス決済で買い物をするので、マイナンバーカードの提示はもちろん、携帯する必要もありません。

また、マイキーIDに関連付けるのはマイナンバーではなく、マイナンバーカードのICチップに格納されている公的個人認証サービスの電子証明書です。マイナンバーと電子証明書には関連性が無く、単に同一のカードに記載されているという共通点のみです。

したがって、関連付けたキャッシュレス決済はマイナンバー情報を保持することはなく、情報流出の心配もありません。

注意:マイナンバーカードの交付には時間がかかる

マイナンバーカードの交付には、通常1~2ヶ月かかるため、利用を検討するのであれば、早めに交付申請をするのがおすすめです。

交付申請書に不備がある場合は、さらに時間がかかることがあるので、間違いがないかよく確認した上で交付申請書を提出しましょう。

申請の際には、ICチップへの公的個人認証サービスにて利用される電子証明書の格納を必ず希望してください。

電子証明書の格納はマイナポイントe-Taxで必要になります。希望しない場合は格納されないので、注意してください。

なお、マイナンバーカードの交付手数料は現在のところ無料です。

マイナポイントの25パーセント還元とは?

マイナポイントの概要や仕組みについて説明してきましたが、25パーセントという高い還元率に興味を持った人も多いと思います。


この還元を受けるためには、どのような決済サービスを利用して、どのタイミングで還元されるのかを見ていきましょう。また、制度自体はいつから開始されて、どのようなスケジュールで進められるのかも説明していきます。


この章では、以下の内容について詳しく説明していきます。

  • マイナポイントが還元されるタイミング
  • 申込み時に決済サービスを1つ選択すること
  • 制度の実施期間と開始までのスケジュール

マイナポイントは決済サービスへのチャージでもらえる

マイナポイント制度の詳細はまだ確定しておらず、還元されるポイントやタイミング、利用方法、最低利用額等は、キャッシュレス決済事業者が決済サービスごとに決める予定です。なお、キャッシュレス決済事業者は現在募集中です。

参考:総務省「マイナポイント 事業概要

マイナポイントについて公表されていることは、以下の2種類を2重取りできることです。
  • 国による支援(プレミアム分) 
  • 利用者の前払い分等
プレミアム分は国費で賄われ、チャージ額の25%上限5,000円という高い還元率が設定されています。還元されたポイントは通常のポイント同様にキャッシュレス決済で使用できます。

制度の詳細は今後変更になる可能性があります。決まり次第、上記の公式サイトで発表されるので、随時チェックしておきましょう。

マイナポイント利用開始時に決済サービスを1つ指定する

マイナポイントはキャッシュレス決済サービスを提供する決済事業者を通じて還元されます。マイナポイントの申込みができる決済サービスは現在募集中であり、決定後、好きな決済サービスを1つ選択することになります。

マイナポイントが還元される決済サービスは1つに限られることから、選択は慎重に行う必要があります。

例えば、PayPayを利用すると決めた場合、以下のようなマイナポイントが還元されます。
  1. PayPayボーナス(ポイント):チャージした時に還元される
  2. プレミアム分:チャージ額の25%(上限5,000円)が還元される
1、2ともに、PayPay(決済事業者)を通じて還元されるポイントであり、両者を総称してマイナポイントと言います。

なお、PayPay以外の電子決済サービス(suica・edy等)の利用では、プレミアム分は還元されないので、注意しましょう。

サービス開始予定は2020年9月から

マイナポイントのサービスは2020年9に開始して、2021年3月末に終了する予定です。


この期間中、申込み時に選択したキャッシュレス決済サービスにチャージすると、決済事業者を通してマイナポイントが還元されます。ポイントは決済サービスでの買い物やオンラインショッピングで利用できます。なお、期間限定であるため、ポイント消化には注意しましょう。


マイナポイント開始までのスケジュールは以下の通りです。

日程内容
現在
(2020年2月時点)
マイナンバーカード取得
とマイキーID設定
2020年7月
(予定)
決済サービスを1つ選択して
マイナポイント申込み
2020年9月~
21年3月(予定)
マイナポイント還元
利用ができる

上記日程および内容は変更になることがあるので、マイナポイントの公式サイトで詳細を確認してください。

注意:ポイント還元は1回のみの可能性も

マイナポイントの還元は、実施期間中「プレミアム分として2万円チャージで5,000ポイントを1人1回だけ付与する」案が現状有力とされています。


その還元率は25%という高さであり、民間のキャッシュレス決済サービスよりもお得感があります。例として、PayPayau Payd払いの期間限定キャンペーンによるポイント還元と比較してみましょう(2020年2月現在)。

決済サービスキャンペーン内容(2020年2月、一部)
PayPay対象の飲食店でPayPay残高での支払いなら40%還元  
au Payay Payでの決済額に応じて最大20%のポイント還元(先着順)
d払い対象店舗でのd払いで利用金額の最大20%のポイント還元

民間のキャッシュレス決済サービスにおけるポイント還元は、対象店舗が限られていたり、先着順などの制限があります。マイナポイントはチャージの時に一律25%がポイント還元されるので、誰でも恩恵が受けやすいのがメリットと言えます。

マイナポイントについてのまとめ

マイナポイントについて説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは、

  • マイナポイント申込みではマイナンバーカードとマイキーIDが必要
  • 申込み時にキャッシュレス決済サービスを1つ指定する
  • キャッシュレス決済でマイナンバーが流出する心配はない
  • 還元率25%のマイナポイントが1回だけ貰える可能性が高い
  • 実施期間は2020年9月から2021年3月までの予定
でした。

マイナポイントの申込みにはマイナンバーカードマイキーIDが必要です。マイナンバーカードの交付には時間がかかるので、利用を予定している人は早めに交付申請するのがおすすめです。

マイナポイントは25%という高い還元率が魅力であり、キャッシュレス決済でマイナンバーが流出することはないので、安全に利用できます。今後、マイナンバーカードの活用場面は拡大すると思われるため、この機会にマイナンバーカードおよびマイナポイントの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング