妊婦でも入れる保険「コープ共済」で妊娠・出産時に万全の保障を!

出産を控えた方の中には、妊娠・出産時の保障に備えて保険に加入したい方もいるでしょう。しかし妊婦でも加入できる保険があるのか疑問ですよね。コープ共済なら妊婦でも加入できますよ!ここではコープ共済のメリットや注意点などについて解説していきます。

妊娠中(妊婦)でも加入できる保険、コープ共済の医療共済

妊娠・出産時のまさかの事態に備えるために、医療保険や医療共済へ加入を希望したい妊婦さんもいらっしゃることでしょう。

その際に、加入希望者が妊婦である場合だと、医療保険等に加入することはなかなか難しい面もありますよね。

しかし、コープ共済の医療共済では、妊婦でも加入できることをご存知でしょうか。妊娠中でも加入が可能なら、妊娠・出産へ不安のある妊婦さんにとって大変頼もしい医療共済といえます。

そこで今回は、妊娠・出産を控えた方向けのコープ共済の医療共済について
  • コープ共済の医療共済の特徴
  • コープ共済のおすすめの保険商品とは何か
  • 妊婦でも加入できるコープ共済の注意点について
以上のことを中心に解説していきます。  

もちろん、告知事項もありますが、妊娠した直後であれば問題ありせん。

この記事を読んで、妊婦の方々でも加入できるコープ共済の医療共済について、その特徴や注意点を知ることに役立つと思います。  

妊娠・出産を控えた方向けのコープ共済の医療共済の特徴

コープ共済の医療共済は、告知事項に妊娠中(妊婦)であるか否かの質問項目はありません。つまり、妊婦であっても問題なく加入できることを意味しています。

また、妊婦の方々の他、高血圧や脂肪肝、通院中でお薬を服用している人でも加入できる場合があります。

こちらでは医療共済の特徴について説明します。

帝王切開など女性特有の病気に手厚い共済金(給付金)

医療共済の「女性コース」では、妊婦の方々のまさかの事態である、帝王切開をはじめとした異常分娩、異常妊娠の場合、日帰り手術でも共済金支払の対象となります。

なお、女性特定病気による入院の場合は、入院1日目から入院共済金が受け取れ、最長184日分の保障が約束されます。

女性特定病気による入院では、通常の入院共済金(日額)へ更に日額3,000円分が上乗せされます。

妊娠・出産以外の病気やケガで入院・通院した場合も保障される

医療共済の「女性コース」では女性特定病気のみならず、通常の事故や病気への保障が約束されています。

また、共済保障の中には死亡・重度障害保障はもとより、住宅災害まで保障するプランがあり、非常に保障範囲が広いことが特徴的です。

コープ共済のおすすめの保険商品をご紹介

コープ共済の保障は一つだけではなく、共済加入者の年齢や性別、ライフステージ等の変化に応じて様々な商品ラインナップから選ぶことができます。

こちらでは、その中でもおすすめの商品をご紹介します。

おすすめ①:たすけあい

コープ共済の医療保障である「たすけあい(女性コース)」の保障内容は次の通りです。

女性コースは外科的手術である帝王切開などが保障内容となっており、出産の際の万が一の事態も保障される妊婦の方々にとって頼もしい商品です。

L2000コース、L3000コース、L4000コースの3種類があります。こちらではL4000コースを取り上げます。

  • 加入条件:満18歳~満64歳の女性
  • 保障期間:満65歳の満期日まで

L4000コース保障内容
入院
(1日目から184日分)
日額10,000円
女性特定病気入院
(1日目から184日分)
  入院日額+日額3,000円  
事故 (ケガ) 通院
(事故日から180日以内
1日目から90日分)
日額2,000円
手術4・8・16万円
長期入院
(270日以上)
60万円
事故後遺障害
(事故日から2年以内)
4~100万円
病気による死亡・重度障害300万円
事故による死亡・事故重度障害
(事故日から2年以内)
上記の金額に
+100万円
家族死亡・家族重度障害1・2・5万円
住宅災害
(火災等・風水害等)
3・15・30万円

おすすめ②:あいぷらす

コープ共済の「あいぷらす」は、生命保障(保険会社の商品でいえば生命保険に該当)に、入院特約や新がん特約を自由に付け加えることのできる商品です。

基本的な保障としては、死亡・重度障害 (病気・事故)となった場合に、300万~3,000万円の共済金(保険金)を設定し、任意で入院特約や新がん特約のオプションを選びます。

おすすめ③:ずっとあい

コープ共済でも、生命保険会社が取り扱っている終身医療保険のような商品は存在します。それが「ずっとあい終身医療」です。一生涯の医療保障となります。

入院日額5,000円コース、入院日額10,000円コース、入院日額3,000円コース(満60歳~満70歳が対象)の3種類があります。
コース入院日額
5,000円コース
入院日額
10,000円コース
入院日額
3,000円コース 
加入可能年齢0~満70歳まで0~満70歳まで満60歳~満70歳
病気入院
事故(ケガ)入院
(1日目から184日分)
日額5,000円日額10,000円日額3,000円
手術5・10・20万円10・20・40万円3・6・12万円

県民共済の妊娠中の方向け共済と比較!

県民共済の場合でも「かながわ県民共済」には、主契約である保障へオプションとして「女性医療特約」を付加することができます。

前述した「たすけあい(女性コース)」の女性特定疾病の保障部分と比較してみましょう。

比較かながわ県民共済
(女性医療特約)
たすけあい
(女性コース)
加入可能年齢満18歳~満59歳満18歳~満64歳
女性特定疾病入院日額5,000円上乗せ
1日目から124日分
日額3,000円上乗せ
1日目から184日分
女性特定疾病手術1回5・10・20万円
女性特定疾病
がん診断一時金
50万円

かながわ県民共済
(女性医療特約)では、たすけあい(女性コース)にないがん診断一時金が保障内容となっています。

子宮がんや卵巣がん等と医師から診断確定された場合、一時金が受け取れるのでがんの闘病生活の準備にありがたいお金となります。

女性医療特約の月額掛金は900円とお得ですが、この特約のみの契約締結はできません。あくまで主契約に追加する形での加入契約となります。

妊婦でも加入できるコープ共済の注意点

妊婦でも加入できるコープ共済ではありますが、やはり加入前や加入中には気を付けるべき事柄もあります。

こちらでは、3つ注意点をあげて解説します。

通常分娩は病気ではないため共済金の支払い対象外になる

通常分娩は病気やケガとはいえません。そのため、異常分娩や異常妊娠という事態にならず、妊婦が正常な形で赤ちゃんを出産した場合、医療保障は適用されません。

これはコープ共済の商品だけではなく、その他の共済の商品や生命保険会社の保険商品でも同様に保障対象外となります。

妊婦の通常分娩による出産の場合にも保障される保険はありますが、非常に種類は限られ、現在販売されている保険商品は2種類程度となっています。

貧血などで医師の診察や投薬を受けている場合は告知事項に該当することがある

妊婦の場合でも加入できるからといって、どんな病気や症状でも同様に加入できるわけではありません。

例えば女性で15歳以上の人は次に該当する症例の検査や診察、治療、薬の処方が行われ、通院指示を受けていると加入することはできません。
  • 貧血・つわりなどによる薬の処方
  • 切迫流産・切迫早産
  • 子宮頸管無力症
  • 妊娠高血圧症候群
  • 妊娠糖尿病 等
コープ共済の医療共済へ加入を希望する場合は、まず告知事項をしっかりと確認しながら質問項目に回答しましょう。

コープ共済に加入するには生協の組合員になる必要がある

コープ共済への加入は保険会社の保険商品と異なり、まず「組合員」となることが必要です。そもそも共済とは、互いにお金を出し合って事業を行うことを意味します。

互いにお金を出し合う事業に賛同した人達が組合員と呼ばれ、各共済保障は組合員のために設けられた商品ということになります。

組合員になるには、お近くの生活協同組合へ申し出る必要があります。その際、生活協同組合の運営資金として出資金を支払う必要があります。

出資金の額は生協ごとに異なりますが、およそ500円~1000円程度です。組合員になるとはいっても、何か特別な条件が必要というわけでは無いのでご安心ください。

妊婦の方向けのコープ共済保険(生協の共済)のまとめ

妊娠・出産を控えた方向けのコープ共済の医療共済について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。 

今回の記事のポイントは

  • コープ共済の医療共済は、妊婦でも告知事項に該当しない限り加入することができる
  • 医療共済には、共済加入希望者のニーズに合わせた多彩な商品がある
  • コープ共済の医療共済では通常分娩ならば保障対象外となり、これに関しては、その他の共済や保険会社の保険商品も同様である
  • 保険会社の保険契約とは異なり、コープ共済に加入するには生協の組合員になる必要がある
でした。

妊婦の方々でもコープ共済の医療共済は加入できますが、他の告知事項に該当しないか、しっかりと確認すること、通常分娩での出産には共済金が下りないことに注意する必要があります。

ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 民間の医療保険のメリットは一体何!?わかりやすく解説します!
  • 新入社員に医療保険ってホントに必要?みんなはどうしてるの?
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する
  • 医療保険の賢い選び方とは?2つのタイプの医療保険を徹底比較!