精神疾患・持病での通院歴があってもコープ共済に加入できる?

精神疾患がある場合にコープ共済への加入ができるのか気になる方が多いと思います。この記事では、精神疾患・持病がある場合のコープ共済への加入や共済金が支払われるかどうかについて解説していきます。また持病があっても加入しやすい保険も紹介しています。

内容をまとめると

  • コープ共済の告知事項は直近の状況を尋ねる2点のみ
  • 告知事項に当てはまらなければ、精神疾患や持病があってもコープ共済への加入はできる
  • 共済金の支払い不可の場合もあるので確認が必要
  • 不安点や疑問点はコープ共済に直接問い合わせするのがベスト
  • どんなに些細なことでも共済に関して不安や疑問があるならマネーキャリアのFP相談を利用するのがおすすめ!
  • マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!相談場所も47都道府県対応可能!
  • マネーキャリア顧客満足度93%だから安心して気軽に利用できる!

精神疾患や持病があってもコープ共済に加入できる?

精神疾患持病をお持ちの方は、コープ共済への加入を検討した場合に不安になることもあるのではないでしょうか。


また、加入が可能だったとしても、自分が共済金を必要とする時にきちんと受け取ることができるのかも気になりますよね。


この記事では

  • コープ共済の告知事項について
  • 精神疾患があってもコープ共済への加入は可能か?
  • 精神疾患に関わる治療などに対しても共済金は支払われるのか?
について解説していきます。

是非、最後までご覧ください。

まずはコープ共済の告知事項を確認


コープ共済には、持病がある方向けの保険商品も用意されています。


そこに設けられている告知事項は2点のみ。


これに当てはまらなければ加入できます。

  1. 現在、入院中かどうか
  2. 医師から手術や入院を勧められているかどうか
この2点のみなので、持病があっても症状が落ち着いている方にとっては非常に加入しやすい仕組みになっています。

うつやその他の持病持ちでもコープ共済に加入できるか?

うつなどの精神疾患やその他の持病をお持ちの方はコープ共済へ加入できるか不安に思われる方も多いかもしれん。


うつなどの精神疾患やその他の持病をお持ちの方でも、コープ共済が提示している告知事項を満たしていれば加入に問題はありません。


告知事項は病名や疾患を限定しているわけでは無く、現在、何らかの病気の治療をしているか、または可能性があるかどうかといったことを問われています。


うつなどの精神疾患やその他の持病持ちの方であっても、コープ共済が指定する期間に症状が安定していれば、コープ共済への加入は十分可能であると言えます。

5年以内に通院歴がなければ加入できる

過去に精神疾患を含む何らかの病気で通院などをされてた方は、コープ共済への加入が可能かどうかとても気になるところですよね。


5年以内に通院歴がなければ問題無く加入できますので、通院していた事実がそれ以前であれば問題ありません。


しかし、いったん治療などを完了し、経過観察の為に通院している場合は、治療が完了しているので、問題無いように感じるかもしれませんが、経過観察の為の通院をしている場合にもその期間が加入条件に関わってきますので、注意が必要です。

不安な場合はコープ共済へ問い合わせを


保険選びはしっかりと加入条件保障内容を確認して、納得しておく必要性があります。


少しでも不安な場合はコープ共済へ問い合わせをして詳しい説明を求めましょう。


コープ共済へのお問い合わせ方法

  1. ホームページから資料請求
  2. 電話でのお問い合わせ(0120-497-775
まずは、資料請求をして自分で保険内容を確認し、その上で不明点や確認したいポイントを電話で直接相談するという方法がおすすめです。

不安を残さず納得したものを選択できるといいですね。

精神疾患・持病があっても入りやすい保険

精神疾患などがあると、コープ共済などの保険への加入が難しいのではと悩んだり躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか。


リスクがある人の方が、そのリスクに備えておきたいという希望が高いはずです。


そのリスクへの備えを必要としている人達にとって加入できるよう考慮された様々な保険がありますので、精神疾患などがある方も諦めずに調べてみてください。


精神疾患や持病をお持ちの方でも入りやすい保険について詳しく解説した関連記事が下記にありますので、そちらも是非ご覧ください。

精神疾患で入院・通院した場合に共済金は支払われる?

精神疾患を患っている方もコープ共済への加入は可能であるということは前項まででお話してきました。


それでは、実際に精神疾患で入院・通院した場合にコープ共済から共済金は支払われるのか不安になりますよね。


共済金は無条件に支払いはされず、ある一部の場合は支払が受けれられないことがあります。


それは、その入院や通院が必要となった原因が故意または犯罪による場合などです。

共済金が支払われないケースをチェック


先程ご説明させていただいた、コープ共済の共済金が支払われないケースの他にもいくつか共済金の支払い不可のケースがありますのでご紹介します。


コープ共済の共済金が支払われないケース

  1. 申込日以前に発生した不慮の事故等による治療の為に行ったもの
  2. 虚偽の申告による加入が発覚した場合
  3. 不慮の事故を直接の原因としない、怪我や病気の治療
申し込み前にこうした条件をしっかりと確認しておくことで、もらえると思っていたのにもらえなかったという事態を防ぐことができます。

コープ共済への加入が目的では無く、いざ必要になった時に適切な保障を受けられるようにしてくことが大切です。ぜひ、しっかりと確認しておきましょう。

共済金について気になることはコープ共済へ問い合わせを

コープ共済への加入を考える時に、共済金についての様々な疑問や確認しておきたい事が沸き上がることでしょう。


精神疾患を患っている人は、自分の状態について語らなければならない事について、他人に相談したりするのを躊躇してしまうという方もいらっしゃるかもしれません。


しかし、しっかりと確認し、納得いく選択をしなければ、せっかく加入したコープ共済なのに、必要となった時に共済金が受け取れないといった事態になってしまうかもしれません。


そうなってしまっては本末転倒です。


コープ共済へ問い合わせをすることによって、より詳しい説明を得て、納得してから加入することをお勧めします。

持病や通院歴がある人は無料の保険相談もオススメ

精神疾患などの持病や通院歴がある人にとって保険選びは、難しいと感じたり、悩んだりする事も多いことでしょう。


保険には専門用語が出てきたり、加入条件を判断したり、共済金の支払いの可否などを理解するなど、一般的に個人で理解し、判断するのは難しいと感じると思います。


そうした時は、専門知識豊富なプロに相談することをお勧めします。


プロは専門的な知識を持ち合わせているのはもちろんのこと、普段から様々な状況の人の保険への加入についての考えに触れたり、加入の際の悩みを聞き取ったりしているので、様々な人の悩みや困りごとを汲み取った保険選びのアドバイスを受けることができます。


精神疾患などの持病を患っている人にとっては心強く感じることでしょう。


マネーキャリアではプロに保険相談を気軽にできますので、おすすめです。


是非、下記から公式サイトをご覧ください。

まとめ:無料の保険相談を活用しよう

精神疾患や持病をお持ちの方のコープ共済への加入についていろいろと解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは

  • コープ共済の告知事項は直近の状況を尋ねる2点のみ
  • 告知事項に当てはまらなければ、精神疾患や持病があってもコープ共済への加入はできる
  • 共済金の支払い不可の場合もあるので確認が必要
  • 不安点や疑問点はコープ共済に直接問い合わせするのがベスト
  • 無料の保険相談を利用するのも非常にお勧め
でした。

納得した上で保険に加入することによって、精神疾患や持病をお持ちの方が備えておきたい保障が確実に準備することができるでしょう。

ほけんROOMでは、他にも共済に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

ランキング