コープ共済「たすけあい」の4つのコースと評判・保障内容を調べてみた

民間の保険ではなく「コープ共済」を選択するメリットとは何でしょうか。今回はコープ共済「たすけあい」で用意されている4つのコースそれぞれの特徴と、コープ共済「たすけあい」を一般的な保険と比較したうえで選ぶメリットなどについて紹介していきます。

内容をまとめると

  • コープ共済「たすけあい」は入院・通院保障、死亡・高度障害保障など一般的な最低限の保障内容を網羅している
  • コープ共済「たすけあいジュニア20コース」は子ども用のコースであり、子どものケガや病気で保険が適用されない部分をカバーできる
  • コープ共済「たすけあい女性コース」は女性向けのコースであり、女性特有疾病にかかって入院する際に追加で共済金を受け取れる
  • コープ共済「たすけあい医療コース」は医療保障を重視したコースであり、月々1,000円から突然の入院・通院に備えられる
  • コープ共済「たすけあいベーシックコース」はバランスタイプであり、医療保障と死亡保障が両立している
  • 「先進医療特約」「個人賠償責任保険」に加入すると、非常に高額になる先進医療の医療費や、他人に対して支払う賠償金をカバーできる
  • 民間の保険と比較すると、掛金の安さや選びやすさ、入院限度日数の長さなどが差別化できるメリットとなる
  • どんなに些細なことでも共済に関して不安や疑問があるならマネーキャリアのFP相談を利用するのがおすすめ!
  • マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!相談場所も47都道府県対応可能!
  • マネーキャリア顧客満足度93%だから安心して気軽に利用できる! 

コープ共済「たすけあい」の4つのコースと評判・保障内容を調べてみた


コープ共済の「たすけあい」への加入を検討していますか?


共済の良いところは、非営利の事業であるゆえに民間の保険と同じくらい保障が充実していながら、保険料が比較的安いという点にあります。


それでは、「コープ共済を選ぶメリット」はどこにあるのか、理解しているでしょうか。


そこで今回は、

  • コープ共済「たすけあい」は何を保障してくれる保険?
  • コープ共済「たすけあいジュニア20コース」の特徴とは?
  • コープ共済「たすけあい女性コース」の特徴とは?
  • コープ共済「たすけあい医療コース」の特徴とは?
  • コープ共済「たすけあいベーシックコース」の特徴とは?
  • 先進医療特約や個人賠償責任保険に入るといったい何に備えられる?
  • 民間の「保険」ではなく「共済」を選択するメリットは?
以上の点を取り上げていきます。

この記事をご覧いただければ、コープ共済を選択する意味、具体的なメリットについて理解できます。

ぜひ最後までご覧ください。

コープ共済「たすけあい」は入院・手術・ケガ通院の備えに最適!


一般的に民間の保険に比べて「共済」は種類が少ない、というイメージを持っておられる方も多いかもしれません。


しかしコープ共済の「たすけあい」シリーズは非常に多様な種類が用意されています。


コープ共済の「たすけあい」は、以下の4種類です。


では、それぞれの種類でどのような特徴があるのかを見ていきましょう。

コープ共済のたすけあいジュニア20コース


最初に紹介するのは「たすけあいジュニア20コース」です。

コープ共済のたすけあいジュニア20コースのポイントは?

まず大前提として、子ども向けの共済が一般化していない理由には、各自治体をから子どもの医療費に関して助成が行われているから、という点が挙げられます。


しかし助成を受けらても、保険適用外の治療費がかさんだり、通院に必要な交通費や食事代、差額ベッド代など「助成を受けられない部分の費用」が予想以上に抱えうリスクがあります。


まさに「たすけあいジュニア20コース」はそのような公的な助成では賄えない部分をカバーしてくれる共済であり、

  • 入院した当日から保障してくれる
  • 日帰りの手術費用も保障対象である
  • 先進医療特約や個人賠償責任保険を付帯できる
このような特徴が、通常の死亡・後遺障害保障にプラスされています。

コープ共済のたすけあいジュニア20コースの掛金と保障内容

これから紹介していく「たすけあい」は、コースの中で掛金ごとにさらにコースが細分化されています。


「たすけあいジュニア20コース」も同様に、保障の違いによって3つのコースに分類されており、最低月々1,000円という低額から加入できます。


3つのコースのうち2つは、それぞれ病気やケガによる入院時の保険金額が以下のように異なっています。

保障内容J1000円コースJ2000円コース
病気・ケガ入院6,000円(日額)10,000円(日額)
事故通院2,000円(日額)3,000円(日額)
手術5、10、20万円10、20、40万円
事故後遺障害14~350万円28~700万円
病気死亡・後遺障害
(事故による重度障害の場合)
100万円
(+50万円)
500万円
(+300万円)
月々の掛金が高いコースの方が充実した保障を受けられますが、年間の出費も1万円以上増えることを念頭に置いて選ぶ必要があります。

ちなみにもう一つの「J1900円コース」は「J1000円コース」と保障内容が似ていますが、告知事項が少なく加入条件が緩くなっているコースなので、健康上問題のある子どもがいる場合はこちらに申し込みできるでしょう。

コープ共済のたすけあい女性コース


現代では女性の社会進出機会の高まりに伴って、女性向け保険のニーズも高まっており、特に女性がかかりやすい病気に備えたい方の多くが「女性向け保険」を選択しています。


ここでは「たすけあい女性コース」について紹介していきます。


通常の女性保険について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

コープ共済のたすけあい女性コースのポイントは?

女性向けの保険は通常の入院・通院保障や死亡保障なども当然のように充実していることが大切です。


コープ共済の「たすけあい女性コース」は女性がかかりやすい病気(女性特定疾病)で入院する場合、通常の入院保障よりも保障額が手厚くなります。


具体的にどのような病気が対象になるのか、その一部を紹介すると、

  • 子宮筋腫、子宮内膜症
  • 卵巣嚢腫、卵巣機能障害
  • 緑内障、白内障
  • 膀胱炎、尿路感染症
  • 甲状腺機能低下症
  • 乳がん、子宮がん、卵巣がん
このような110種類以上の病気が女性特定疾病とみなされ、入院時の保障額が増額されます。

コープ共済が認定する女性特定疾病に関して、詳しくはこちらをご覧ください。

コープ共済のたすけあい女性コースの掛金と保障内容

「たすけあい女性コース」はコースが3つに分類されており、掛金が高いコースほど保障の充実度合いも高くなるという点は他の共済と共通しています。


それぞれのコースにおける違いは次のとおりです。

保障内容L2000円コースL3000円コースL4000円コース
病気・ケガ入院5,000円(日額)7,000円(日額)10,000円(日額)
女性特定疾病による入院+3,000円+3,000円+3,000円
事故通院1,000円(日額)1,500円(日額)2,000円(日額)
手術2、4、8万円3、6、12万円4、8、16万円
事故後遺障害4~100万円4~100万円4~100万円
病気死亡・後遺障害

(事故による重度障害の場合) 
100万円
(+100万円)
200万円
(+100万円)
300万円
(+100万円)

入院保障は1日目から受けられますし、184日までの長期入院にも対応、日帰り手術の場合も保障してくれるという点は安心できます。


またこれらの保障にくわえて、先進医療特約や個人賠償責任保険も付帯できるので、女性特有疾病の治療において先進医療が必要になった場合にも対応できます。


このように保障は一定以上の水準を保ちながらも、一般的な女性向け保険よりも安い掛金で万が一に備えられます。

コープ共済のたすけあい医療コース



ここではコープ共済の「たすけあい医療コース」について解説します。

コープ共済のたすけあい医療コースのポイントは?

まず、「たすけあい医療コース」では、普通の医療保険に求められるような、

  • 入院・通院保障
  • 手術費用保障
  • ケガによる通院保障
  • 病気・事故による死亡保障
これらの保障は当然のようにカバーされています。

入院やケガでの通院は1日目から、日帰りでの手術も保障してくれるというメリットもあります。

保障内容だけを見ればごく一般的な医療保険ですが、この共済の最大の特徴はる掛金の安さにあります。

コープ共済のたすけあい医療コースの掛金と保障内容

とにかく安く医療保険に加入したいという方は「たすけあい医療コース」が良いかもしれません。


そういえる理由は、次の掛金・保障内容の表を見ていただければ分かるでしょう。

保障内容V1000円コースV2000円コースV4000円コース
病気・ケガ入院2,000円(日額)5,000円(日額)10000円(日額)
事故通院1,000円(日額)1500円(日額)3000円(日額)
手術1、2、4万円2、4、8万円4、8、16万円
事故後遺障害2~50万円4~100万円8~200万円
病気死亡・後遺障害

(事故による重度障害の場合)
10万円
(+50万円)
10万円
(+100万円)
20万円
(+200万円)

特筆するべきなのは、最低限の保障を保ちながら掛金の安さを実現していることです。


最も安いコースでは月々1,000円という非常にリーズナブルな費用で病気やケガによる入院に備えられる点は魅力的です。


年間で計算しても12,000円から備えられるというのはおそらくほかと比較しても優位性が高いポイントであり、保険よりも共済を選ぶうえでの訴求点を充分に満たしたコースです。

コープ共済のたすけあいベーシックコース


「たすけあい」には、これまでの3種類にくわえてもう一つ別の「ベーシックコース」があります。

どのような特徴があるか紹介していきます。

コープ共済のたすけあいベーシックコースのポイントは?

コープ共済の「ベーシックコース」保障内容も保険料に関して最もバランスが取れている、まさに「ベーシックコース」です。


このコースでは、

  • 医療保障:入院初日から日額5,000円の保障(184日まで)
  • 死亡保障:病気での死亡・後遺障害で300万円、事故の場合はプラス100万円※
※月々3000円コースの場合

このように医療保障と死亡保障の両方が充実しているので、病気で入院するリスクと万が一に備えること、どちらもおろそかにしたくない、という方におすすめできる共済です。

また、任意で付帯できる保障に関しても、
  • 先進医療特約:月々プラス100円で最高1000万円まで保障
  • 個人賠償責任保険:月々プラス140円で最高3億円まで保障
このように充実しています。

どれか特定の保障に特化しているわけではないからこそ、迷ったとき誰もが選びやすい共済となっています。

コープ共済のたすけあいベーシックコースの掛金と保障内容

次は、掛金と具体的な保障金額を見ていきましょう。


「たすけあいベーシックコース」で分類されている2つのコースそれぞれの掛金と保障内容は次のようになっています。

保障内容R3000円コースR4000円コース
病気・ケガ入院5,000円(日額)7,000円(日額)
手術3、6、12万円5、10、20万円
事故後遺障害4~100万円8~200万円
病気死亡・後遺障害
(事故による重度障害の場合)
300万円
(+100万円)
400万円
(+200万円)

どちらのコースも掛金は手頃でありながら、医療保障と死亡・後遺障害保障どちらもバランスが取れていることが分かります。


病気やケガによる入院保障も、死亡や後遺障害による保障も、両方が同共済の中では高水準にまとまっています。


他のコースとは事故による通院保障がないという違いがあるので、このあたりは各自が必要に応じて比較考慮する必要があるでしょう。

先進医療特約や個人賠償責任保険で何に備えられる?


どのような保険・共済にもそれぞれ異なった特約が用意されていますが、たいていどの保険・共済にも付帯できるのが、「先進医療特約」と「個人賠償責任保険」です。



▼先進医療特約

厚生労働大臣が定めた国民健康保険の対象外で、全額自己負担の発展的な医療行為を受ける場合に、その医療費を保障してくれるものです。


がん治療に用いられる「重粒子線治療」や「陽子線治療」などがその対象となっており、これらの治療法は自己負担だと平均で250~300万円ほどかかってし舞います。


いざ先進医療が必要だとなった場合に費用面でのリスクが大きすぎるので、月々100円程度で加入できる先進医療特約には加入しておくことをおすすめします。



▼個人賠償責任保険

「個人で賠償が必要になるもの」を保障してくれる特約であり、

  • 友人とキャッチボールをしていて、他人の家の窓ガラスを割ってしまった
  • 散歩していたペットの犬が突然歩行者に噛みつき、ケガを負わせてしまった
  • お店で商品を見ている途中、誤って高価な商品を落下させ壊してしまった
  • 自転車で走行中、歩行者にぶつかってケガを負わせてしまった
このような事例が該当します。

いわば、故意の過失ではないものの他人に対して賠償責任を負う必要が発生した際に、その賠償額を保障してくれるのが「個人賠償責任保険」です。

こちらも月100円程度で加入できるのでおすすめですが、
  • 故意の過失である場合
  • 他人から一時的に預かっている物品を壊した場合
  • 自動車・バイクに関係する賠償の場合
このような場合には保障されないことを覚えておきましょう。

コープ共済のたすけあいに入っている人の口コミ


これからコープ共済への加入を考えている方は、すでに加入している方の意見を聞いてみたいと思われることでしょう。


では次から、実際にコープ共済加入者がどのような意見を持っているか、口コミを紹介します。

加入して良かった!コープ共済のたすけあいの良い口コミ

30代女性

加入していて良かった

夫が手術のため入院し、2週間の入院後退院してから診断書等を送付した。およそ1週間ほどで共済金が振り込まれた。口コミでは批判も多いが、自分の場合は電話対応も良く、振り込みも遅くなかった。加入していて良かったと感じた。

50代男性

短期入院だったが支払われた

2歳になる子どものために子ども用の共済に加入した。初回引き落とし前だったが、ケガをしたとき治療してから連絡してみると、すぐに共済金を支払ってくれた。その後入院したときも、短期入院だったが支払ってくれた。両親が亡くなった際の保障があるのも安心。

30代女性

少額で入院に備えられる

コープの店舗で、妊娠中でも加入できる共済ということで加入した。その後帝王切開での出産となり入院期間が短かったが、8万円ほど支払われた。請求手続きも難しくなかった。毎月これだけの出費で備えられるので加入しても良いと思う。

ポジティブな口コミでは、やはり掛金の安さにメリットを感じている声が多数ありました。


妊娠にともなう費用も、加入直後でも支払いを受けられたという意見があるのも、少なからず女性が加入しやすいというメリットがあることが分かります。


こういった口コミを見ることで、たとえ掛金が少額でも実際に保障が機能していることを知ることができ、安心できます。


次はネガティブな口コミも見てみましょう。

共済金が降りない?コープ共済のたすけあいの悪い口コミ

40代男性

共済金が降りない

共済をスーパーで契約し、後日妻が入院と手術を行っても共済金が降りるのかを確認したところ初回引き落とし前でも問題なく降りるとのことだった。そして妻が入院・手術後にコープ共済に対して問い合わせをしたところ、初回引き落とし前なので支払えないと言われた。

40代女性

一向に振り込まれない

以前入院と手術後に請求を行い「一週間程度で振り込まれる」とのことだったが、一向に振り込まれないので連絡してみると、いくつもの理由を付けてまだ支払いができない、予定も答えられないと言われた。今月中には振り込まれるとのことだったが、結局振り込まれなかった。

50代女性

おすすめできない

診断書を提出してから一週間後に、調査のためまだ時間がかかるとの連絡が来た。結局その後連絡が来なかったためこちらから連絡してみると、届いてはいるが精査段階だとのことだった。他の保険ではすぐに支払われるものが支払われないので、おすすめできない。

このように、ネガティブな口コミでは「共済金支払いが遅い」とか「対応が適当」などの意見が少なからず見られました。


特にこれから加入する方にとっての不安材料は、正当に請求しているのに共済金が支払われない、という体験談でしょう。


コープ共済では、どのような事例で共済金が支払われないのか、という点に関して明確な指針を出しています。


 また、多く挙げられている「言った」か「言わない」などのトラブルを避けるために、電話対応の内容を録音しておくことです。。

コープ共済たすけあいの気になる疑問

ここではコープ共済に関してよくある疑問をみていきましょう。

コープ共済たすけあいには解約返戻金はある?

一般的な終身保険は、「終身」という言葉どおり基本的には一生涯の保障を売りにしているものであり、一生涯加入し続けるのが基本です。


しかし保険料が支払えなくなったなどの理由で途中解約が余儀なくされた場合、「解約返戻金」という仕組みによって今まで支払ってきた保険料のうちいくらかが返ってくる場合があります。


コープ共済の「重要事項説明書」には、解約はいつでも可能なものの解約返戻金はない、という旨がはっきりと記載されています。


よって、途中解約の際に解約返戻金は受け取れません!

コープ共済たすけあいは帝王切開も保障対象?

女性向けの共済「たすけあい女性コース」では、通常の保障にくわえて女性特有の病気にも備えられるという点はすでに取り上げたとおりです。


では、「帝王切開」で出産した場合などは保障されるのでしょうか。


この点に関しては「女性特定疾病分類表」に「帝王切開による単胎分娩」の記載があるため、保障対象になると認識して良いです。


吸引カップや鉗子といった特殊器具を用いた場合も、異常分娩とみなされ保障の対象となる場合があります。


妊娠中の女性がコープ共済に加入することに関しては別途詳しく書かれた記事がありますので、ぜひ以下の記事もご覧ください。

コープ共済たすけあいの共済金請求方法は?

共済金を請求し受け取りは以下の手順です。

  1. コープ共済のコールセンターまで請求の旨を電話連絡する
  2. 共済金請求に必要な書類が郵送されるので記入する
  3. 診断書などの必要書類を用意し、2の請求書類と合わせて返送する
  4. 請求内容が確認され、指定の口座へ振り込まれる

まず行うべきことはコープ共済に電話で連絡することです!


加入しているコースによって必要な書類は異なりますが、

  • 共済金請求書類
  • 領収書
  • 診断書(原本が必要な場合もあり)
  • 戸籍謄本
主にこれらの書類が請求時に必要となります。

書類への記入漏れや不備があると書類を送付しなおさなければならなかったり、共済金支払いまでの時間が余計にかかってしまうので、送付する前に不備がないか確認しましょう。

共済と民間の保険どちらを選ぶ?



メリットを総括すると、「たすけあい」共済を民間の保険と比較したとき、
  • 掛金がとにかく安い
  • 入院の保障可能日数が長い
  • プラン構成がシンプルなので選びやすい
このような点が民間の保険とは差別化されている部分、いわば共済ならではの訴求ポイントとして挙げることができます。


掛金が安いのはすでに何度も取り上げたとおりですが、「たすけあい」では入院時に保障される限度日数が「184日」という長い期間が設定されていることもメリットです。


一般的に病床における平均の入院日数は30~40日程度とされており、医療の発達によって入院日数自体は減少傾向にあります。


多くの保険では入院限度日数が「60日」に設定されていますが、「たすけあい」に加入していれば、予想に反して入院が長期化してしまった場合にも対応できます。

まとめ


今回はコープ共済「たすけあい」を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。


この記事のポイントは、

  • コープ共済「たすけあい」は入院・通院保障、死亡・高度障害保障など一般的な最低限の保障内容を網羅している
  • コープ共済「たすけあいジュニア20コース」は子ども用のコースであり、子どものケガや病気で保険が適用されない部分をカバーできる
  • コープ共済「たすけあい女性コース」は女性向けのコースであり、女性特有疾病にかかって入院する際に追加で共済金を受け取れる
  • コープ共済「たすけあい医療コース」は医療保障を重視したコースであり、月々1,000円から突然の入院・通院に備えられる
  • コープ共済「たすけあいベーシックコース」はバランスタイプであり、医療保障と死亡保障が両立している
  • 「先進医療特約」や「個人賠償責任保険」に加入すると、非常に高額になる先進医療の医療費や、他人に対して支払う賠償金をカバーできる
  • 民間の保険と比較すると、掛金の安さや選びやすさ、入院限度日数の長さなどが差別化できるメリットとなる
以上の点です。


この記事を読んで自分には共済の方が合っていると感じた方は、ぜひマネーキャリアで相談をしてみてください!


ほけんROOMではこの記事以外にも役に立つ共済に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひそちらもご覧ください。

ランキング