終身医療保険の保険料を一時払い(一括払い)するメリット・デメリットを比較

保険料一時払いの終身医療保険を検討されている方も多いでしょう。今回、一時払い収終身医療とはどんなものがあるのか、険終身医療保険の保険料を一括払いするメリット・デメリットを比較します。また、一時払いの他にも全期前納では利率がどう変わるのかについても解説します。

一時払い終身医療保険とは?保険料を一括払いするメリット・デメリット


終身タイプの医療保険に加入する際は、まず必ずといってよいほど保険料の支払い方法を選択しなくてはなりませんよね。


実は、その支払い方法によって、加入条件、返戻率、節税効果などさまざまな要素に違いが生じてくるのです。


特に、一時払い終身保険はメリットが多く、加入時にある程度資産がある方であれば、一時払いを選択することによりさまざまな恩恵を受けることができます。


そこで、この記事では「一時払い終身保険」について、


  • 一時払い終身保険の内容と支払い方法
  • 一時払い終身保険のメリット
  • 一時払い終身保険のデメリット


以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読んでいただければ、一時払い終身保険を選ぶべきなのか、一時払い終身保険を選んだらどのようなメリット・デメリットがあるのかハッキリとわかります。


是非最後までご覧ください。

そもそも終身医療保険とは何か?

終身医療保険の種類

医療保険には、終身医療保険定期医療保険があります。


終身医療保険と定期医療保険の違いは保証期間にあり、終身医療保険の場合は一生涯保障が続きます。


定期医療保険の場合には、契約した期間保証を受けることができます。


契約期間が過ぎれば保険契約が消滅するので、保障を受けることはできなくなってしまいます。

終身医療保険の支払い方法

終身医療保険の支払い方法には、


  • 一時払い
  • 年払い、半年払い、月払い


などがあります。


月払いは終身医療保険の保険料を毎月支払う方法で、半年払いは半年ごとに支払う方法です。


年払いは1年分の保険料を支払う方法で、一時払いは終身医療保険の保険料を一括で支払う方法のことをいいます。


つまり、一括払いのことです。


この記事では、一時払い終身医療保険のメリット・デメリットについて説明します。


終身医療保険の保険料の支払いを一時払いにするメリット

終身医療保険の保険料を支払う際には、月払いを選択している加入者が多いと思います。


一時払いするにはまとまった金額が必要になるので、預貯金に余裕がないと選択することは難しいからです。


しかし、一時払いには大きなメリットがあります。


一時払いだと、支払う保険料の総額が安くなります。

まとめて先払いすると保険料は安くなる

通常、終身医療保険の保険料は、まとめて払うほうが安くなる仕組みになっています。


月払いよりも半年払いのほうが一月当たりの保険料は安くなりますし、半年払いよりも年払い、年払いよりも一時払いのほうが、一月当たりの保険料を安く抑えることができます。


そのため、月払いや年払いよりも一時払いのほうがお得です。

一時払い終身医療保険は加入条件が比較的緩い

一時払い終身医療保険は、加入する際に厳しい条件がついていないのが一般的です。


一般的な終身医療保険の場合は、健康診断の結果病歴などで加入できないこともあります。


一時払いだと保険会社も保険料を確実に回収することができるので、加入条件をやさしくしているのです。

一時払い終身医療保険に加入するメリットには何があるのか

一時払い終身医療保険には、支払う保険料の総額が安くなるなどメリットがいろいろあります。


終身タイプの医療保険は保障が一生続くので、高齢になってからも安心です。


特に80歳を超えると、病気になったり怪我をしたりすることも多くなります。


終身医療保険に加入していれば、高齢になってからも保証を受けることができます。

一時払い終身医療保険は控除など節税効果もある

生命保険や医療保険などの保険に加入していると、一定額の税金の控除を受けることができます。


控除が適用されると、次の年の所得税の支払額が少なくなります。


一時払い終身医療保険の場合は、支払う金額が大きいので節税効果も高くなります


ただし、控除が適用されるのは支払った年だけです。

解約返戻金の返戻率が高い

一時払い終身医療保険には、解約返戻金が付いているのが一般的です。


解約返戻金とは、保険契約を解約した際に戻ってくるお金のことをいいます。


一時払い終身医療保険の場合は、加入者が死亡した場合にも解約返戻金が支払われます。


すぐに解約すると元本割れする場合もありますが、返戻率は年々上がっていくので数年で元が取れます。


この返戻率の高い解約返戻金を利用して、一時払い終身医療保険を貯蓄や投資商品として利用することもできます。

生前贈与や相続対策に使える

終身医療保険は、遺産相続の税金対策としても活用可能です。

受取人を指定することで、終身医療保険の死亡保障の保険金をその受取人に渡すことができます。


このようにすることで、


  • 遺産相続の金額を減らして、相続税としてとられる分を減らせる
  • すぐに現金化できる 
  • 不動産など、分割しづらい遺産相続と違いスムーズに相続ができる


というメリットがあります。


一時払い終身医療保険のデメリット

一時払い終身医療保険には、デメリットもあります。


まず、まとまった金額を用意しなければいけないので、金銭面で余裕のある方しか加入することができません。


また、契約してからしばらくは、解約すると支払った保険料よりも少ない金額の解約返戻金しか受け取れない場合もあります。

保険の見直しがしづらい

一時払い終身医療保険には、保険の見直しがしにくいというデメリットもあります。


終身タイプの医療保険は、基本的に解約しないことを前提としています。


しかし、長い契約期間の途中で医療環境が変化したり、社会情勢が変化したりすることも多いものです。


一時払い終身医療保険には、そういった変化に対応しにくい面もあります。

掛け捨ての定期医療保険に比べると保険料が割高

一時払い終身医療保険は、月払いや年払いの終身医療保険に比べると、保険料の総額は安く済みます。


しかし、定期医療保険に比べると、一月当たりの保険料は割高です。


保険の商品によっても保険料は異なりますが、場合によっては保険料に2倍近くの差がつく場合もあるので、加入する際はよく検討する必要があります。

生命保険料控除を受けられるのが、保険料を支払った年のみ

医療保険の保険料は、年末調整時や確定申告時に、生命保険料控除のなかの介護医療保険料控除の対象となります。

最大4万円控除されるのでお得なのですが、一時払いの場合だと、保険料を支払った年しか控除されません。


同じ一括払いの全期前納払い、月払い、年払いの場合は、毎年最大4万円の控除を受けられるというメリットがあります。


ただし、上限が4万円というのは、他の保険の保険料の控除も含めての金額です。


複数の保険に加入している場合は一概にどちらがよいのかわからないので、「保険料が安いから」という理由で一時払いを選んでいる場合は、どのくらい控除されるのかを1度考えたほうがよいでしょう。

保険料の払い込み免除特約がつけられない

医療保険の商品にもよりますが、三大疾病(がん(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中)や高度障害になった場合に、それ以降の保険料を支払わずに契約を続けられる払い込み免除特約という特約があります。

しかし、一時払いの場合は、はじめに保険料を払い込むので、この払い込み免除特約の恩恵を受けることができません。

長期間の契約になるので、インフレリスクがある

インフレとは、お金の価値自体が減ることをいいます。

つまり、インフレリスクとは、いま支払った保険料が、後々の基準からすると、同じ金額でも非常に高い価値のある金額を支払っていたというリスクがあるということです。


ほかにも、解約返戻金を受け取っても、金銭的な価値を考えるとそれほど価値がないという事態にも陥る可能性があるということです。


月払いなどであれば毎月保険料を支払うので、多少のインフレリスクがあるとはいえ、毎月平均化されていくため、一時払いよりはインフレリスクが小さいと言えます。


また、ほかにも契約した保険会社の破綻リスクなどもあり、それらについても考える必要があります。

まとめ:一時払い終身医療保険のメリットやデメリット

一時払い終身保険について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、

  • 一時払い終身保険の内容と支払い方法
  • 一時払い終身保険のメリット
  • 一時払い終身保険のデメリット

です。


一時払い終身保険は「一括払い」の保険で、保険会社が「確実に保険料を回収できる」と歓迎してくれるので、契約者にとってもさまざまなメリットが生じます。


解約返戻金の返戻率が高く貯蓄に利用できたり、遺産相続の節税対策になったりと、その恩恵は多岐にわたります。


ただし、生命保険料の控除回数が少なくなったり、1度加入してしまうと見直しづらいなどのデメリットもあります。


また、一括払い形式であるため、加入時に多くの保険料を支払わなければならないという負担も考えられるので注意しましょう。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。  

医療保険の選び方が知りたい方はこちらの記事もご覧ください
この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 損金として算入できる終身の医療保険を活用して安心と税金対策を
  • 80歳以上になっても安心できる終身医療保険に加入しておくメリット
  • 医療保険は終身払いが本当に良いのか?メリットとデメリット
  • 医療保険の払い込み期間は終身?60歳払済み?徹底的に比較してみた
  • 医療保険における「更新型」と「終身型」の見方と選び方を徹底解説!
  • 【プロが推奨】20代が医療保険に加入するなら終身型より定期型保険
  • 終身医療保険は必要なの!?その特徴と注意点を詳細に説明します!
  • 終身型医療保険をお探しなら全労済の終身医療5000がおすすめ
  • 終身医療保険で人気の先進医療特約、本当に必要性を理解してますか?
  • 医療保険の解約返戻金とは?メリットやデメリットをわかりやすく解説