がんによる放射線治療の費用はどれくらい?がん保険に加入すべき?

がんになってしまった時、放射線治療は多くの場合で必要になります。放射線治療はがんの種類や症状のレベルによって費用が異なりますが、いくらほどの費用が掛かるのでしょうか?この記事では放射線治療の費用や公的制度、放射線治療に備えたがん保険の必要性について解説します。

がんによる放射線治療にかかる費用は?がん保険加入は必要?

放射線治療とは、がん組織に放射線を照射して治療する方法です。


放射線治療は、手術に耐えられる体力がなくても、治療を受けることができので安心してがん治療が受けられますよね。


しかし、放射線治療は一律の費用ではなく、治療方法ごとに費用が異なるのはご存知でしょうか。


そこで今回は、「放射線治療に関する費用と、がん保険でのサポート」について

  • 治療方法ごとの放射線治療の費用額
  • 負担軽減になる公的医療制度とは?
  • がん保険の放射線治療給付金
以上のことを中心に解説していきます。                  

この記事を読んでいただければ、ケースごとの放射線治療の費用、その費用の軽減に役立つ公的制度やがん保険を知ることに役立つと思います。           

ぜひ、最後までご覧ください。


治療方法ごとの放射線治療の費用額を比較

放射線治療はがんの主要な治療法の一つとして利用されており、費用は概ね50万円前後となります。


放射線治療に公的医療保険が適用されるならば15万円程度が患者側の負担となります。 


ただし、この治療は保険適用外の治療法もあります。


そのため、治療を受ける際は医師にあらかじめ保険適用の有無を確認しておきましょう。


こちらでは放射線治療の種類ごとの費用を解説します。


定位放射線治療の費用

定位放射線治療は外部照射の方法の一つです。


がんの病巣に対し、いろいろな方向から放射線を集中させる方法をとります。


「定位照射」または「ピンポイント照射」とも呼称されています。


通常の放射線治療より、周囲のがんに侵されていない組織への線量を、極力軽減させることが可能です。


費用は一般的な放射線治療より高めで70万円程度ですが、公的医療保険が適用され約21万円が患者負担となります。


ただし、保険適用は現在のところ、一定の条件で脳や頭頚部、肺、肝臓、前立腺(短期照射)に限定されています。


乳房温存手術後の通常照射の費用

乳房温存手術とは、乳房を全摘出せず、乳頭・乳輪を残して、がんを周囲の正常乳腺を含め部分的に切除する手術です。


この手術は、乳房の変形が軽度になるように形を整える方法です。


乳がんの際には外科手術の後、再発を防止するため放射線治療が行われます。


これにより、手術療法ではとり切れなかった微細ながん細胞を治療します。


通常照射はだいたい25回程度おこなわれ費用は100万円程度となります。


こちらも公的医療保険が適用されるので、25万円~30万円が患者負担の目安となります。


乳房温存術後の寡分割照射の費用

寡分割照射は、前述し通常照射よりも1回の照射線量を多くし、治療回数を減らす照射方法です。


一見すると、線量を多くしたら副作用が心配なように思われることでしょう。


しかし、治療効果は変わらず、副作用も通常照射と比較して高いわけではない、といわれています。


寡分割照射の費用は、16回治療で患者負担25万円程度が目安です。


なお、保険適用外の場合は約80万円がかかってしまいます。


前立腺がんの強度変調放射線治療(IMRT)の費用

強度変調放射線治療(IMRT)は、放射線治療計画装置(専用コンピュータ)を使用する方法です。


この装置の最適化計算で、がん組織へ高い放射線量を照射します。


一方で、隣接する正常組織には放射線量を減らす治療方法です。


強度変調放射線治療は、前立腺がんや、その他の部位の限局性の固形悪性腫瘍等に保険が適用されます。


費用は、39回の治療で160万円程度、保険が適用できる場合約48万円が患者負担となります。


ここまでで、「がん保険が必要かもしれない」と思われた方は、まずは保険のプロに相談するのがおすすめです。 


本当にがん保険が自分に必要なのか、必要ならどのがん保険がいいのかを納得できるまで無料で何度も相談できるので、大変おすすめです。 


>保険のプロに無料相談はこちら

自由診療にかかる放射線治療の費用

放射線治療では、公的医療保険の適用範囲、先進医療に該当しない方法が自由診療(保険外診療)となります。


自由診療は、放射線治療の費用は全額自己負担(患者負担10割)となります。


それに加え、本来ならば公的医療保険の適用範囲となっている診療までも全額自己負担となります。


自由診療では、最先端の医療技術で効果的な治療が期待できる反面、高額な費用がかかってしまうことに注意すべきです。


費用軽減になる公的医療制度

放射線治療を利用する場合、公的医療保険の範囲内であれば、医療費の負担軽減や税制上の優遇措置が受けれることがあります。


こちらでは、その医療費負担軽減のための制度である「高額療養費制度」と、所得控除ができる「医療費控除」について解説します。

高額療養費制度:70歳未満は申請が必要

高額療養費制度とは、公的な医療費軽減のための制度です。


この制度の利用で、1ヶ月分の自己負担限度額まで事前に医療費を軽減したり、その自己負担限度額を超えた分のお金が戻ってきたりします。


原則として、70歳以上の方々の場合は申請不要です。


しかし、69歳以下の方々は事前申請(限度額適用認定)または事後申請を行う必要があります。


事前申請(限度額適用認定)の方法


事前申請は、仮に1ヶ月の自己負担限度額を超えるかどうか、わからない場合も申請可能です。

必要書類は次の通りです。

  • 限度額適用認定申請書:ご自分が加入する公的保険の保険者より取得します。
  • 健康保険証
  • 印鑑
  • 本人確認書類:マイナンバーカード・運転免許証等を用意します。

これらの必要書類を、国民健康保険の加入者ならばお住いの市区町村窓口に提示します。

一方、健康保険の加入者ならば、全国健康保険協会(協会けんぽ)や健康保険組合に提出します。

念のため、ご自分の事業所の健康保険を担当する部署(総務課等)へ、申請方法を確認しましょう。

事後申請の方法


患者側が自己負担分を医療機関窓口に支払った後、保険者へ申請します。

必要書類は次の通りです。
  • 高額療養費支給申請書:国民健康保険加入者の場合は自宅へ送付されます。健康保険加入者は事業所の健康保険を担当する部署(総務課等)から取得します。
  • 健康保険証
  • 印鑑 
  • 領収証等 
  • 振込口座のわかる通帳等 
  • 本人確認書類:マイナンバーカード・運転免許証等を用意します。
こちらも、ご自分が加入している保険者へ基本的に提出して申請します。

なお、医療機関等から提出された「診療報酬明細書(レセプト)」をもとに、自動的に払い戻しを行う健康保険組合もあります。

医療費控除

医療費控除とは所得控除の1つとして税制上の優遇措置が受けられます。 


1年間にご自分や家族の支払った医療費を申告すれば、所得税・住民税の負担が軽減されます。


医療費控除で確定申告をすれば、「還付金」という形でご指定の口座へお金が振り込まれます。


申告時の提出書類


次の申告書等をご自分の納税地を管轄する税務署へ提出します。
  • 確定申告書:この用紙に必要事項を記載・押印します。国税庁のホームページや各税務署窓口で取得します。
  • 医療費控除の明細書:1年間にかかった医療費の明細を記載する書類です。国税庁のホームページや各税務署窓口で取得します。
  • 源泉徴収票:給与所得者の場合に添付します。
  • 本人確認書類:①マイナンバー(個人番号カード)の両面の写し、または②番号確認書類の写し(通知カード、住民票の写し、住民票記載事項証明書のいずれか)+身元確認書類(運転免許証、パスポート、在留カード等のいずれか)の写し
なお、医療費通知(原本)の添付が必要になる場合もあります。


明細書の記載に必要な書類


医療費控除の際には、特に医療費控除の明細書の提出が重要です。

  • 領収書・レシート:医療費に関する費用等を明細書へ転記する際に使用します。領収書・レシートは証拠になるので5年間大切に保管します。
  • 医療費通知:保険者からご自宅へ送付された「医療費のおしらせ」が該当します。この書類があれば明細書の作成も楽です。
なお、平成31年までは明細書ではなく領収書の提示または提出に代えることもできます。

がん保険の放射線治療給付金について

民間の保険会社が販売するがん保険でも、放射線治療は基本的に保障の対象となります。


公的医療保険や、高額療養費制度を活用しても、それなりに放射線治療の費用は負担しなければなりません。


そんな時に、民間のがん保険を活用すれば、金銭的な負担は大きく軽減されます。


こちらでは、がん保険で保障される放射線治療について解説します。


対象になる治療とならない治療とは

がん保険では公的医療保険の対象となる放射線治療には、放射線治療給付金が下ります。


一方、放射線治療が公的医療保険に該当しない先進医療であっても、先進医療特約を付加すれば保障対象となります。


この先進医療には、粒子放射線を病巣に照射する治療法の「陽子線治療」、「重粒子線治療」等が該当します。


放射線治療が自由診療に該当する場合は、現時点で給付金の適用対象になるケースはほとんどありません。


放射線治療給付金でもらえる平均金額

放射線治療給付金は、各生命保険会社とも10万円~30万円程度が受け取れる内容となっています。


ただし、「1回につき〇〇万円」と支給されるわけではなく、「1ヶ月につき〇〇万円」と支給されるケースがほとんどです。


また、保険会社によって、悪性新生物(悪性がん)か、上皮内新生物(初期のがん)かでも給付金額に差があります。


悪性のがんと初期のがん共に同額保障される場合もあれば、初期のがんでは給付金が減額または保障外になることもあります。



まとめ:放射線治療対策としてのがん保険加入の必要性について

放射線治療に関する費用と、がん保険でのサポートについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。    


今回の記事のポイントは

  • 放射線治療はがんの主要な治療法の一つとして多用されており、そのほとんどに公的医療保険が適用されている
  • 放射線治療の費用は概ね50万円前後だが、公的医療保険が適用されるならば、15万円程度が患者側の負担となる
  • 高額療養費制度や医療費控除でも医療費にかかった費用は軽減できる
  • がん保険に加入していれば放射線治療給付金が下りて、更に費用軽減につながる
でした。

なお、がん保険を選ぶ際は、初期のがんでも保障可能かどうかをしっかり確認し、加入を検討することが賢明です。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • がん保険は不要?「がん保険はいらない」という不要論を徹底検証!
  • 主婦にがん保険は必要?主婦が気になるがん保険について解説
  • 妻にがん保険って本当に必要?妻はがん保険に加入すべきなのか解説!
  • がん保険に入らないのは大丈夫?がん保険の必要性を再確認しよう!
  • がん保険のメリットとデメリットは?がん保険の必要性について解説!
  • がん保険に未加入でがんに罹るとどうなる?必要なお金はどのぐらい?
  • がんだけでなく、他の7大疾病も保障してくれるがん保険とは?
  • がん保険は何歳まで必要かについて加入前に考えてみることが必要
  • がん保険は本当に必要なのか?がん保険の必要性について考える
  • がん保険になる対象についてはまずしっかりと確認しておこう
  • 公的医療保険によるがん治療費の補助額とは?白血病についても解説
  • がんになったときはどのくらい治療期間が必要になってくるの?
  • がん治療費の自己負担額の平均はどのくらい?どんな公的保障がある?
  • がん保険の女性特約の必要性は考え方や環境によって変わります
  • 女性のためのがん保険とは?通常のがん保険との違いも解説!
  • 独身男性・独身女性が加入するがん保険のポイントはここだ!
  • 女性らしく生きるために。独身女性のがん保険選びでの3つのポイント
  • 女性のがん保険は掛け捨てがおすすめ!貯蓄型との違いも解説!
  • がん保険の診断給付金は必要?具体的にいくら必要かについても解説!
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • あなたのがん保険はがんの再発に備えていますか?注目ポイントを解説
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • 先進医療の分子標的薬、知っておきたいがん保険の活用法を解説!
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が