がん治療費の自己負担額の平均はどのくらい?どんな公的保障がある?

がんに罹ったときにまず心配するのが、自己負担しないといけない治療費の事だと思います。がんといえば莫大な治療費がかかるイメージがあるかと思いますが、公的な保障なども活用すると実質の自己負担額は減ります。今回はその公的保障も併せて、がんの治療費について解説します!

がんにかかったときの治療費はいくらかかるの?

日本人の2人のうち1人ががんになるとよく言われますよね。


思い起こせば「そういえばあの人が」「うちの親が…」とがんになった人がすぐに出てくるのではないでしょうか。


自分はがんになったことが無いからと言って油断できませんよね。


今のうちに「がん保険」に加入すべきかどうか迷うところです。


ところでこの「がん保険」ですが、月々の保険料のわりに思いのほか大きな保障を受けられるということをご存知でしょうか。


もはや「国民病」ともいえるがんに対して保険会社も充実したサポートができる体制を整えているのです。


さらに健康保険制度でも高額な治療費に対して様々な軽減策を行っています。


そこでこの記事では「がん保険の必要性と保障」について


  • がんに対する3種類の治療法について
  • がん治療に必要な費用について
  • 健康保険が使えない治療の存在について
  • がん治療にも使える公的な負担軽減制度について
  • がん保険がお得だと言える特徴的な保障と特約について
以上のことを中心に解説していきます。

この記事を読んでいただければ、がんにたいしてどのような治療法があるのかということを理解することができます。

そしてそれらの治療法に対して必要なお金も把握することができます。

さらに十分な治療を受けるためにはがん保険に加入する有効性が理解できると思います。

是非最後までご覧ください。


がん治療の具体的な治療費の自己負担額

はじめにがん治療の具体的な治療法とそれぞれの治療費(自己負担額)について解説します。 

がんには大きく分けて3種類の治療法があります。


手術・抗がん剤治療・放射線治療がそれで、合わせてがんの3大療法と呼びます。


実際には、ケースに合わせて、これらの療法やほかの方法を組み合わせて治療が行われていきます。


治療費に関しても、治療法によって大きな差が出ます。


これらを理解することで、がんになった時にかかる平均的な費用について把握していきましょう。


がんの手術は数十万から百数十万円かかる

まずがんの治療法としてよく知られているのは手術という方法です。

がんになった部分とその周辺を取り除くことで治療します。

がんがまだ小さく、転移などもしていない早期のうちに発見できた場合は効果的だと言われています。 


デメリットとして患者は体を切られて、臓器の一部を取り出すことにあります。


場所や大きさによっては患者に肉体的、精神的な負担がかかります。


しかし近年は医療技術の進歩により、負担の少なくなってきているようです。


例えば内視鏡を使用することで、小さなキズで手術ができるようになっています。


手術の費用の自己負担額は、内視鏡を使った胃粘膜の手術などでは30万円程度です。


胃の一部を切除するような手術になると、100万円以上になることもあります。


抗がん剤などの化学療法は100万円前後かかる

次にあげるのは抗がん剤による治療です。

抗がん剤で治療する目的は以下のようなものが考えられます。

  • 手術だけではすべてのがんを取り除き切れない場合
  • 手術前に腫瘍を縮小させる場合
  • 手術後の再発防止
  • 白血病や悪性リンパ腫などがんの部位が特定できないもの

一口に抗がん剤といってもさまざまな薬があります。


厳密には抗がん剤ではない分子標的薬やホルモン剤といった薬品もがん治療には使われます。 


そういったものを含めて、化学療法と総称することがあります。


手術や放射線治療が、がんになった部分にだけ行われる処置(局所療法)であるのに対して、抗がん剤は全身に効果があります。 


つまり、転移がありそうだけどそれが発見されていない場合なども、治療ができるということです。 


多くの抗がん剤はがん細胞の増殖を抑制することで、がんが広がるのを防ぎ、がん細胞を破壊します。


その反面、正常な細胞にも作用してしまうため副作用があり、身体への負担があることが難点です。


また、通常は月単位で1コースの治療が行われますので、手術に比べると治療は長引き、費用もかかってしまいます。 


 抗がん剤治療は、投薬と休止のサイクルを決めた治療計画をつくり、効果を見ながらそれを繰り返すことで行われます。


この1つのサイクル(おおむね3~6週間であることが多いです)を1コースと呼び、1コースあたりにかかる費用は10~100万円程度が平均だと言われています。


この費用の多くは、薬剤費によります。


1回の投与で数十万円の自己負担額という薬もあるため、薬代によって、費用が変わります。


放射線療法は60万円程度かかる

最後によくある治療法として放射線療法と言うものがあります。

放射線をがんに対して照射することでがん細胞を破壊するという治療法です。

手術に代わる根治療法のほか、再発の予防のためにも用いられます。


放射線治療には大きく分けて以下の2つの方法があります。


  • 外部照射:体の外側から放射線を照射する
  • 内部照射:体内に放射性物質を入れて患部に照射する  


照射方法によっては、がん周辺の正常な細胞にも放射線を浴びせてしまうことになります。


しかし放射線を浴びることそのものには痛みが無いと言われています。


したがって手術や抗がん剤に比べると、身体への負担や副作用は少ないといえます。 


放射線治療の治療費も、方法によって変わります。


定位放射線照射という方法では60万円が目安とされています。

これは病巣が比較的小さい場合に行われます。

次に、重粒子線治療・陽子線治療という方法があり、これらは300万円程度必要とされています。

たとえば前立腺癌に対する重粒子線治療は、先進医療に指定されているものの、治療そのものには健康保険は利かないため、自己負担で300万円かかります。


(先進医療特約つきの保険があればカバーできます) 


 放射線治療は比較的新しい技術であり、今もどんどん新しい方法や機器などが研究されています。


新しい治療法に対しては保険適用がどうなっているか、調べてみるといいでしょう。



ここまでで、「がん保険が必要かもしれない」と思われた方は、まずは保険のプロに相談するのがおすすめです。 

本当にがん保険が自分に必要なのか、必要ならどのがん保険がいいのかを納得できるまで無料で何度も相談できるので、大変おすすめです。 

健康保険適用外の先進治療の治療費は高額で、すべて自己負担

たとえば、がんの治療のために診察、検査、入院、手術を受けるとします。

通常、これらの診療はすべて健康保険でカバーされ、自己負担する治療費は、かかった費用全体の3割で済みます。 


また高額医療費に関しては申請を行うことで返金されたり、限度額以上の支払いをせずに済ませることができます。


しかし、がんを治療するためであれば、健康保険適用外の先進医療を利用したいと考えるかもしれません。

(先進医療:国が将来的に健康保険適用の治療法として認めうる最先端の治療法)


先進医療は健康保険適用前の治療法です。


そのため先進医療を受けると、その時にかかる他の治療費も全額自己負担と言われていました。


しかし治療によっては例外的に混合診療が認められています。


(混合診療であれば保険外の治療のみが自己負担になります)


それでも、治療費はかなり高額になります。


具体的には、重粒子線治療は約302万円、陽子線治療は約276万円、腫瘍脊椎骨全摘術は約202万円といった感じです。


なかには1万円以下のもの(歯科治療やピロリ除菌治療など)もありますが、がんに関わる先進医療とすれば、高額なものが多い傾向にあります。


がん治療の自由診療も高額で、全額自己負担となる

国内で認められない抗がん剤などを使う治療法は、もちろん健康保険の適用外になります。


さらに先進医療にも含まれないため、治療費は完全な自己負担になります。


あえて費用を抑える手段があるとすれば10万円以上の医療費控除だけになります。

したがってがんの治療費は高額になるケースが多くなります。


しかしがんを治すためであれば、治療費は気にしないという患者さんや患者さんの家族は多いかと思われます。


あとはそのための経済的な準備がどれだけできているかにかかってきます。


温熱治療や免疫治療などの治療費は100%自己負担

最近はがんの治療法として、クリニックを中心に独自の方法が取り入れられています。

温熱や代替医療を用いて自己免疫力を上げて、がんを縮小させようとする方法があります。

(代替医療:鍼灸や整体と言った体への副作用が比較的少ない伝統的な治療法)

リンパ球などいわゆる自分の免疫細胞を培養して、それを患者さんの体内に戻すことで免疫力を高めてがんを縮小させるやり方もあります。

また高濃度のビタミンCを注入することで治療する方法もあります。

いずれの方法も医療保険では認められていない治療法です。

したがって治療費は100%自己負担になります。


また平均的な治療費も数万円から数百万円になると言われています。




がん治療費の助けとなる2大公的保障とは

このようにがんの治療費は高額なのですが、高額医療費に対して公的に負担を助ける制度があります。


  • 高額療養費制度

これは1ヶ月の間の治療費の自己負担額の上限が決められているという制度です。


これにより、健康保険の範囲内の治療であれば、どれだけ1ヶ月にお金を払っても、上限額以上の治療費は返還されます。


またあらかじめ高額医療費が分かっている場合は、先に申請することで限度額以内の支払いで済ませることも可能です。


以下の表を参考にして、高額療養費制度の上限額は年齢や年収によって異なることも知っておきましょう。


例:70歳未満の場合

  • 低所得者:3ヶ月目まで:35,400円、4ヶ月目以降:24,600円
  • 年収370万円未満:3ヶ月目まで:57,600円、4ヶ月目以降:44,400円
  • 年収370万円以上770万円未満:3ヶ月目まで:80,100円 +(医療費-267,000円)×1%、4ヶ月目以降:44,400円
  • 年収770万円以上1,160万円未満 :3ヶ月目まで:167,400円 +(医療費-558,000円)×1%、4ヶ月目以降:93,000円
  • 年収1,160万円以上 :3ヶ月目まで:252,600円 +(医療費-842,000円)×1%、4ヶ月目以降:140,100円

70歳以上の場合の自己負担額の計算方法などについては、詳しくはこちらをご覧ください。


  • 医療費控除
医療費控除とは高額医療費に対して税制面から優遇される制度です。

年間の治療費が10万円を越えた場合、越えた金額分は「経費」と認められ収入から差し引かれます。

これによって課税対象になる所得が減り、税金が減らされるのです。

この治療費には医療機関に支払った金額だけでなく、移動のための交通費や保険外の治療でも認められる場合があります。

がん治療で多額の費用がかかった年は必ず確定申告をしましょう。


がん治療費の保障には、がん保険が必要な理由を解説!

これまで、がん治療にかかる金額と、高額医療費に対する軽減制度について説明してきました。

高額療養費制度を使って健康保険の範囲内の治療を行えばそれほど大きな負担にはなりません。


しかし、がん治療では二つ大きな問題があります。


  1. 入院や通院に想定外の費用がかかる可能性
  2. 抗がん剤治療など、健康保険の範囲外で、治療費が高額となるケースがある
  3. がんは治療しても完治はしない

まず入院や通院における想定外の費用可能性についてです。


例えば入院中の差額ベッド代(個室代)や入院中の食事、その他病室でのテレビ代など、健康保険の適用外となるものが、積み重なって大きな自己負担となってきます。 


がん保険なら、入院給付金や通院給付金が無制限となっており、安心できます。(ただしがん治療に限り)


次に2については先ほど述べた通り、がんの治療法は日進月歩で進化しています。


そのため最先端の治療も次々に出てきています。


しかし、医療保険制度で認められるには時間がかかることがあるのです。


したがってがんの治療では自己負担になることがあり、治療費が高額になるのです。


3に関してはがんになったことが無い人にはあまり知られていないかもしれません。


実は1度がんになると「完治」するということはありません。


がんが治ったというのは医学的には「寛解」と呼びます。


がんになった人は症状が収束することがあっても、がん細胞が完全になくなったとは証明できません。


したがってがんは完治と診断することができないのです。


これらをふまえるとがんの治療費は長期間でかつ大きくなる可能性が十分ありうるということなのです。


そしてがん保険にはそのような負担を助けるための様々な給付金や特約がそろえられています。


この章ではがん保険の特徴的な給付金と特約である「診断給付金」と「先進医療特約」について解説します。


お読みいただければ、がん保険加入の重要性とコストパフォーマンスの良さが理解できると思います。


がんと診断されただけでお金がもらえる、がん診断給付金

がん保険で保障されるお金のうち、最も特徴的なものとして「がん診断給付金」と言うものがあります。


例えばがんと診断されただけで、100万円程度の給付金を受け取ることができる保険があります。


いくつかの条件がありますが、がんの転移や再発の場合でも給付金が支給されます。


がん治療は肉体的にも精神的にも、そして経済的にも長く負担のかかる病気です。


そのためがん診断給付金は、がん治療における治療費の自己負担を和らげることになります。


そしてそれは、精神的にも大きな助けになるでしょう。


がんは日本人の半分がかかる病気だと言われています。

そう考えるとがん保険は診断給付金があるだけでも加入する価値がありそうです。

先進医療の治療費を保障する先進医療特約とは?

次にがん保険の特徴的な特約として「先進医療特約」と言うものがあります。


この記事の前半で説明しましたが、がんの治療には最先端の技術が次々に開発されています。


厚生労働省が認める先進医療は平成30年10月1日時点で92種類あります。


しかし、健康保険への適応が遅くなることが多く、保険外診療となり自己負担額がかなり大きくなってしまいます。


そのようなケースに備えて、先進医療特約では多額の給付金が設定されています。


掛け金によりますが最大で1000万円を越える給付金を設定しているがん保険があります。

がん治療では、先進医療に分類される治療法が多くありますので、ぜひがん保険に加入の際には、先進医療特約をつけたほうがよいでしょう。


気になる保険料に関してもコストパフォーマンスが良いと言われています。

月100円程度でも200~300万円の給付金が出るものもあります。


この程度の保険料で先進医療特約をつけることができ、大変ありがたい保障となっております。



まとめ:がん治療費の自己負担額を知って保険の加入を検討しよう

がんの治療法とそれにかかる費用、そしてがん保険の充実した保障について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは


  • がんには手術・抗がん剤・放射線という治療法が主に行われていること
  • それらの治療でも数十万から百万円程度の治療費になること
  • ただし健康保険での治療であれば支払限度額があること
  • 代替療法では保険外治療が多く、治療費は全額自己負担になること
  • がんは治療期間が一生涯にわたる可能性があること
  • 最先端の治療は存在するが健康保険が未適応になることが多いこと
  • これらの経済的負担に対してがん保険は十分な給付金と特約があること
です。

一度がんになってしまうと、多額の費用がかかります。

そして一度がんになってからがん保険に加入することはハードルが非常に高くなります。

そのように考えると今のうちにがん保険に加入することは検討する価値が十分あると思います。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • がん保険は不要?「がん保険はいらない」という不要論を徹底検証!
  • 主婦が気になるがん保険。「わたしにがん保険は必要なの?」
  • 妻にがん保険って本当に必要?妻はがん保険に加入すべきなのか
  • がん保険に入らないのは大丈夫?がん保険の重要性を再確認しよう!
  • がん保険のメリットとデメリットは?きちんと知り適切な保険選びを!
  • がん保険に未加入でがんに罹るとどうなる?必要なお金はどのぐらい?
  • がんだけでなく、他の7大疾病も保障してくれるがん保険とは?
  • がん保険は何歳まで必要かについて加入前に考えてみることが必要
  • がん保険は本当に必要なのか?がん保険の必要性について考える
  • がん保険になる対象についてはまずしっかりと確認しておこう
  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • 古いがん保険はお得?予定利率ってがん保険にも関係するの?
  • がん治療の変化やライフステージに合ったがん保険の乗り換えと注意点
  • がん保険の増額は可能なのか?その際の注意点について知ろう
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴