屋根にあるソーラーパネルの故障は火災保険が適用される!その理由は

ソーラーパネルやその他の太陽光発電システムが故障してしまうと家計にとって大きな痛手になってしまいますよね。しかし、ソーラーパネルやその他の太陽光発電システムの故障には、火災保険が適用されることをご存じですか。この記事ではソーラーパネル故障と火災保険適用の仕組み、そして保険金請求方法について解説します。

ソーラーパネルの故障被害にはは火災保険が適用される?


自宅の屋根にソーラーパネルが取り付けてある家を見る機会が多くなりました。

電気代を賄うことができて人気のソーラーパネルですが、設置にはそれなりに費用がかかり、万一壊れたときの修理費も馬鹿にはならないものです。

実は故意ではない理由でソーラーパネルが故障してしまったときは、火災保険の請求ができることがあるのです。

この記事では、ソーラーパネルの故障被害に火災保険が使えるのかについて、以下の様に解説しています。
  • ソーラーパネルが故障被害にあったら火災保険を請求しよう
  • 保険金の請求方法
  • 保険金がいくらもらえるのか算出方法について
  • ソーラーパネルに火災保険をかける必要性
この記事を読んでいただければ、意外と費用のかかるソーラーパネルの修理代を考えるときの参考になるでしょう。

どうぞ最後までお読みください。

ソーラーパネルの故障被害には火災保険が適用される!

ソーラーパネルは太陽がよく当たる屋根などに設置してあることが多いですが、そのほとんどはむき出しの状態ですので、外の気象状況などによって絶えず危険にさらされています


屋根そのものではないので、何らかのアクシデントで故障しても保険の対象にはならないと思っている人も多いですが、実は家屋の付随物として扱われ、自然災害や不意の事故などの補償に対応した火災保険ならば故障被害のときには保険金の支給対象になるのです。


以下で詳しく見ていきましょう。

火災保険の補償対象は建物と家財

そもそも火災保険の補償対象となるのは建物家財で、次の3つの場合に分けられます。

建物のみの補償

家そのものの補償で、燃えてしまったときはもちろん、壁や窓ガラス、備え付けの給湯器などが災害で被害にあったときも補償の対象となります。

家財のみの補償

家の中にある家具や家電、服飾品や宝物といった個人の持ち物など、おもに動かせる動産のことを家財といいます。

建物と家財の補償

建物だけの補償だと、もし火災などの災害にあって全焼などの被害が出ると、失った動産にまでかけられる費用が足りなくなってしまいます。前と同じ状態に戻すためには建物の補償と家財の補償のどちらにも加入しておくことが理想です。

ソーラーパネルは建物として補償される

ソーラーパネルは家の屋根に設置してあることが多く、一度取り付けたら外すことはほとんどないでしょう。


そのため、家の一部とみなされ、火災保険では建物として補償されます。


総合的に家の補償をしてくれる火災保険であれば、建物が災害や不測の事故にあって壊れたり、泥棒被害にあって壁や窓を壊されたりしたときには修理費として保険金を請求することができます。


ソーラーパネルが雷の被害にあったり、台風で飛んできたものにぶつかって壊れてしまったりというときには、火災保険の建物補償で補償されます。


ただし、初めからついていたものではないときは、その家全体の評価の中にソーラーパネルが入っていないため、補償の対象外になってしまうことがあります。


後からソーラーパネルを増設したときは、必ず保険の見直しをするようにしましょう。

後付けしたソーラーパネルは家財として扱われることもある

後からソーラーパネルを付けたときは、保険を見直すようにしたほうがいいと述べましたが、場合によっては家財とみなされることもあります。


例えば賃貸物件にソーラーパネルを設置するような場合など、家の所有者とソーラーパネルの所有者が異なるときは家財扱いとなります。


また、屋根ではなく、地面設置型の場合も家財扱いとなり、建物のみの補償に加入していたときは補償の対象外になる場合がありますので、ご自分の火災保険の約款をよく見なおしてみてくださいね。

注意:地震保険に加入していないと補償が得られないケースもある

日本は地震の多い国です。気象庁による直近5年間で起こった震度5以上の地震のデータは次のようになります。


回数
2019年9回
2018年10回
2017年8回
2016年33回
2015年10回

年間に10回ほどは日本のどこかで震度5以上の地震が起きています。


地震によって建物が倒壊したり、壊れたりしたときは火災保険では補償の対象にならないため、地震による家屋の損害には地震保険で備えておく必要があります。


同様に地震によってソーラーパネルに損害を被ったときは火災保険では補償になりません。


大規模な地震が起こると屋根だけにとどまらず、家全体に大きな被害が出ます。東日本大震災の際は、倒壊した家と新たに建築する家の二重ローンに苦しむ家庭がたくさん生まれました。


家の再建にはたくさんのお金が必要になります。特にソーラーパネルは高額ですから、地震保険の加入を検討し、もしもの地震に備えておくことも必要といえるでしょう。

ソーラーパネル修理の際の保険金請求方法

ソーラーパネルが故障被害にあったときの保険金の請求方法を見ていきましょう。

  • 保険会社に連絡する
まずは自分が加入している保険会社に電話などで連絡しましょう。そこでソーラーパネルが故障して修理したい旨を伝えます。


手元に保険証券を用意しておくとスムーズです。保険会社の担当者から請求に必要な書類等の案内や聞き取りがありますので、そこで請求に関しての疑問があれば質問しておきます。

  • 保険会社から送られてきた書類を確認
保険会社から請求に必要な書類が送られてきますので、確認します。見積りなど必要な書類があれば用意します。

  • 必要書類を用意し、保険会社に返送
保険金の請求書に記入したり、必要な書類を揃えて保険会社に返送します。保険金の振込先なども合わせて確認しておきましょう。

  • 保険会社による査定
火災保険は加入割合に応じてもらえる保険金の金額が決まります。そのため、修理費の全額が補償されるとは限りません。


また、どういった状況で壊れたのかも査定の対象となり、補償の対象外と判断される場合もあります。保険会社によって査定の基準は異なりますので、査定の結果を待ちましょう。

  • 保険金が入金される
保険金の請求金額が決まったら、保険会社から振込の連絡があります。後は振り込まれるのを待ち、入金されたら金額を確認してください。

ソーラーパネル故障で支払われる保険金の算出方法

上記でも少し触れましたが、ソーラーパネルの修理代は全額が補償されるとは限りません。


火災保険には免責金額がついていることがあり、その場合は

補償額=損害額-免責額

となります。損害額が60万円で、免責金額5万円なら、もらえる保険金は55万円になります。


また、これは満額の補償に加入しているときの例ですが、もし満額加入していないときは加入割合に応じて保険金額の減額が行われる場合があります。


加入している火災保険ごとに詳細は異なりますので、疑問があるときは担当者に確認してみてくださいね。

参考:ソーラーパネルに火災保険は必要?

多くの場合、ソーラーパネルを購入するときにはメーカー保証がついてきますので、火災保険はいらないと思うかもしれませんね。


ソーラーパネルが故障被害にあった時は火災保険で対応できると説明してきましたが、そもそもソーラーパネルへの被害を補償してもらうのに火災保険は必要なのでしょうか。


もしも、メーカー保証で十分なのであれば火災保険は考えなくてよいという選択肢もあるかもしれません。


しかし、大事なのはメーカー保証では対応できない部分を保障するのが火災保険なのです。


以下ではソーラーパネルのメーカー保証と火災保険での補償の違いを見ていきましょう。

ソーラーパネルにもメーカー保証がついている

ソーラーパネルを購入するときは、通常メーカー保証として10年かそれ以上の期間の保証が付いてくることが一般的です。


しかしメーカー保証で補償されるのは、初期不良や持ち主の責によらない自然な故障についてであることがほとんどでしょう。


火災で損傷を受けたときや、災害が起きて故障してしまったときには補償の対象となりません。


また、期限が決められていることがほとんどで、10年や15年の決まった保証期間が過ぎると保証終了となり、故障修理は自費になります。

メーカー保証の足りないところを補うのが火災保険!

ソーラーパネルは高額ですし、故障修理のときにも思わぬ金額を請求されてしまう可能性があります。


屋外にあることが基本のソーラーパネルは、雹の被害にあったり、大風で飛ばされた木の枝で壊れたりと、故障の原因が予測できないことも多いでしょう。


火災や台風による被害はいつ起こるか分かりません。メーカー保証だけではそういった災害に対応することはできないので、火災保険に加入しておくことでもしものときの出費に対応することができるでしょう。

ソーラーパネルが故障したら火災保険を使おう!

ソーラーパネルの故障修理のときに火災保険が請求できるかについて説明してきましたがい、いかがでしたか。


この記事のポイントをまとめると以下の様になります。

  • ソーラーパネルの故障修理には火災保険が請求できる
  • ソーラーパネルは建物として補償される他、場合によっては家財として扱われることもある
  • 地震で壊れたときは火災保険ではなく地震保険で対応する
  • 保険金を請求するには保険会社に電話し、必要書類とともに請求書を返送する
  • 保険金は修理費から免責金額を差し引いた金額
  • メーカー保証では対応できない故障被害の時に火災保険金で補うことができる
災害はいつ起こるか分かりません。ソーラーパネルに被害が出たときは加入している火災保険で対応できないか、確認してみてくださいね。


ほけんROOMでは他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、合わせてお読みください。


最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング

  • 【簡単3分見積もり】火災保険/地震保険の一括見積もりはこちら
  • 火災保険には入るべきか?加入率から見る必要性と未加入リスクを解説
  • 火災保険の加入は必要?火災保険の必要性と必要な特約を解説
  • 火災保険の見積もり・契約(加入)時の必要書類って?
  • 【料率改定】2021年に火災保険が再度値上げ!保険料の節約術とは?
  • 火災保険料の相場は?保険料の仕組みと保険料を抑える方法も解説
  • 賃貸住宅・賃貸アパートの火災保険の選び方とは?手順と注意点を解説
  • 雪害・雪災に火災保険が使える!保険金が支払われる条件とは?
  • 自然災害のために火災保険は必要!補償範囲を確認しよう!
  • 【必読】住宅が土砂崩れ被害にあった!火災保険は適用される?
  • 台風被害は火災保険で補償される? 対象範囲と請求のポイントを解説
  • 火災保険の風災・雪災・雹災補償の適用範囲は?ケースごとに解説!
  • 火山の噴火による家の被害は火災保険・地震保険で補償される?
  • 落雷による被害は火災保険で補償される?補償範囲と請求方法を紹介
  • 液状化・地盤沈下による家の傾きは火災保険・地震保険で補償される?
  • 津波の被害は火災保険で補償されない!地震保険の加入が必要!
  • 【簡単3分見積もり】火災保険/地震保険の一括見積もりはこちら
  •