自動車保険の等級を子供に引き継ぎしよう!条件や注意点を解説!

自動車保険を子供に譲るときに、等級の引き継ぎは可能なのでしょうか。もしかしたら、あなたの自動車保険料を節約できるかもしれません。この記事では、等級の引き継ぎに関しての条件や、注意点について説明を行います。等級の引継ぎを検討される際にご活用ください。

自動車保険を子供に引き継ぎをするのは可能なの?条件と注意点を解説!

自動車保険における保険料割引要素であるノンフリート等級制度について深く理解されていますか?


親が保持している高い等級を、子供に引き継ぐことで保険料を節約することは可能なのでしょうか。


お子さんが免許を取った親御さんには非常に気になることだと思います。


しかし、等級を子供に引継ぐには条件や注意点があります。


そこで、この記事では

  • 等級を引継ぐ際の注意点や条件
  • 中断証明書での等級引継ぎ条件
  • 他損保間での等級引継ぎについて

について解説します。


メリットがあるということは、必ずデメリットとなる注意点があります。


ぜひ最後までご覧ください。

自動車保険の保険料を維持して子供に引き継ぐことは可能!

自動車保険は、等級によって保険料に変動が発生する商品です。

ご両親は、事故をしておらず「等級」が進んでいることがあります。


子供が免許を取り、自動車を購入したら、ご両親の等級が進行した契約を引き継がせたいと思うことは当然です。


なぜなら、お子さんがまだ21歳未満である場合、保険料は一番高いクラスとなります。


ご両親が35歳以上の場合は、保険料が一番安いクラスとなります。


つまり、ご両親の契約をお子さんに引き継いで、ご両親の契約を新規の自動車保険とすることができれば、保険料を抑えることができます。


自動車保険の仕組みとして、「家族」という考えかたで引継ぎができるようになっています。


その内容を順に説明していきます。

自動車保険の子供への引き継ぎには条件と注意点がある

自動車保険を子供に引き継ぎをしたい場合、どのようなことを注意すべきでしょうか。まずは、自動車保険を子供に引き継げるのかが第一段階です。

 

次に引き継ぎができるのであれば、その条件の確認が必要です。


引き継ぎができる条件はわかりやすいので、きちんと理解できると思います。  


ではどのような条件があるのか。


簡単に言えば「同居」の「家族」であることとなります。


その条件がそろえば、等級を引き継ぐことができます。

条件:子供に等級を引き継ぎ!条件は同居していること

では、子供に等級を引き継がせることの条件を確認しましょう。

子供に自動車保険の等級を引き継ぎする条件は、「同居」の家族となります。


同居している子供、配偶者(内縁を含む)、配偶者の親族、への名義変更による等級の引き継ぎはできます。


同居を確認するためには、戸籍謄本や住民票といった公的な書類(一部では、公共機関からのハガキなどにより、同居であることを認めている場合があります)による確認が必要となります。


仮に、子供であっても「別居」という状態になっていれば、等級の引き継ぎを行うことはできません。


ですので、仮に子供が車を購入したから保険と等級引き継ぎして譲ろうと思っても、別居していたらできませんので注意しましょう。


注意点:使っていない保険契約であれば中断証明書が必要である

以前に自動車保険を契約していて、車がなくなったときには、「中断証明書」を発行してもらっています。

この中断証明書を利用することも可能です。


中断証明書では、契約者名と被保険者名が記載されています。


契約社名、被保険者名が同じで住所の同じこと、が第一の条件となりますが、被保険者名にし関しては、等級の引き継ぎができる範囲での変更が認められています。


すでに自動車がなくなった後に発行された中断証明書も、生きている自動車保険と同様に条件で等級の引き継ぎができます。


同居という部分を忘れずに、手続きをしましょう。


もし、契約者、被保険者が実際に住所を変更するようなことがあった場合は、別の住所の住民となったことを住民票などで証明することにより引き継ぐことができます。

参考:実は、親子で契約する保険会社が違っても等級は引き継ぐことができる

それでは、結構気になる話題ですので、保険会社が異なる場合の対応を説明します。

親と子で保険会社が異なる場合には、どのような扱いになるのでしょうか。


自動車保険は、ノンフリート等級別料率という仕組みが使われています。


この仕組みを使っている保険会社であれば、自動車保険の基本の仕組みが同じことになりますので、保険会社が異なっていても等級を引き継ぐことが可能となります。


一部の共済以外の「自動車保険」と呼ばれる商品であれば、基本的に等級の引き継ぎができると考えていただいてよいでしょう。

コラム:他社でも等級を引き継げる?保険料をさらに安く!

自動車保険の等級を引き継ぐ際、他社でも引き継ぐことができるのを知っていますか?


等級を引き継ぐのに加え、自動車保険も見直せば、かなりの節約になるかもしれません!


自動車保険の一括見積もりサービスを用いると、3万円近く保険料が安くなった事例もあります。


自動車保険の一括見積もりサービスは、無料で20社近くの保険会社の見積もりを出すことができるので、手間もかからず大変楽です。


自動車保険の一括見積もりサービスを使い方は以下のボタンからどうぞ!

まとめ

自動車保険の等級の引き継ぎについて、どのような条件であればできるのかを説明してきました。

この記事のポイントは

  • 等級を引継ぐ条件は「同居」の「家族」
  • 中断証明書での等級引継ぎ条件について 
  • 他損保間でも等級引継ぎは可能

の3点となります。


親子であったとしても、「同居」をしていなければ、等級の引き継ぎをする変更ができません。


子供に等級を引き継ぎをすることのメリットは、何だったでしょうか。


それは保険料を安くするためです。年齢条件は保険料に相当に影響を与えます。


親のほうが当然年齢条件から保険料が安くなりますので、そこのメリットが発生するのです。


また、すでに自動車を廃車した場合に発行された中断証明書を利用することも可能です。


あくまで同居しているという公的な資料が必要になります。


お子さんが車を購入されたときには、保険料をいかに安く抑えるかを考えておきましょう。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング

  • 自動車保険が年間3万円も安くなる?無料で見積もりってチキンをもらおう!
  • 【2020年】自動車保険の見積もりプレゼントキャンペーン・特典を比較
  • 等級の引継ぎに住民票は必要?自動車保険の等級引継ぎ方法を徹底解説
  • 自動車保険の等級引き継ぎには条件がある?損をしないように考える
  • 自動車保険の等級引継ぎ制度に必要な中断証明書の発行条件を解説!
  • 自動車保険を解約するとき等級の引継ぎは可能か?徹底解説します!
  • 自動車保険での等級の引継ぎについて!2台目の車で得する方法とは?
  • 自動車保険の等級引継ぎができない4つのパターンと解決策を紹介!
  • 新車購入時に自動車保険の等級を引継ぎする方法とは?
  • まだ間に合う!満期を過ぎてしまった自動車保険の等級の引継ぎ方法
  • 車を買い替えても自動車保険の等級は引継ぎできる?手続きは?