自動車保険ALL

ランクル購入時は自動車保険、車両保険の同時契約を行いましょう。

ランクルは大型だから運転も大変ではないと考える方も居ると思いますが、過信せず、自動車保険、車両保険の同時契約をお勧めします。自身と愛車であるランクルを守る大事な保険です。無保険事故による最悪のことなどを考慮し、自動車保険、車両保険の同時契約を検討しましょう。

ランクルの自動車保険、車両保険の金額はどこで調べたら良い?

ランクルはとても人気のある車の一台で、オーナーズクラブのサイトや個人オーナーによるブログ等が多数存在します。


購入予定の年式などが決まったら、検索してみましょう。自動車保険、車両保険の金額情報だけはなく、ランクルの他の情報等も入手可能でしょう。他、商談時に販売店へ自動車保険、車両保険の金額について質問してみるのも良いでしょう。



自動車保険、車両保険の一括見積サイト

自動車保険、車両保険の見積もりを数社の保険会社より貰えるサイトが存在します。利用料金は無料ですので気軽に利用できます。一定の個人情報と車両情報(型式番号)等を入力することで、数時間から数日の間に数社の保険会社より見積もりが貰えます。


全てが揃った段階でどの保険会社が自身にとって良いか?等の検討が行い易くなりますのでお勧めです。尚、型式番号は販売店へ問い合わせれば教えてもらえます。

自動車保険、車両保険の役割について

自動車保険は、主に衝突事故等で被害を与えてしまった相手側への賠償に充てられます。相手方の治療費、入院費、車両修理費用、慰謝料等を含めた損害賠償金や自身の治療費等にも充てられます。 


車両保険については、相手の居ない自損事故による自身の愛車の修理費用に充てられます。近年は自宅ガレージ等の壁に擦ってしまった等の軽微な傷などにも対応している保険会社もあります。

ランクルの自動車保険、車両保険の金額を抑えることも可能です。

ランクル購入時に比べ、忙しくなってあまり乗らなくなったのにこの保険金額って・・とライフスタイルが変わってしまった場合は自動車保険、車両保険の見直しを行うことで、自動車保険、車両保険の金額が安くなることもあります。


更新月になったら、他の保険会社へ見積もりの依頼を行い、比較することにより今よりも安くなる場合や、現在の保険の契約内容(特約)の見直しを行うことでも保険金額を抑えることが可能です。

自動車保険、車両保険の不正請求は犯罪です

ランクルを色替えしたい・・と考え、悪戯を装って、ランクルに傷を付けたり、全損にして別の車に乗り換えるという目的で事故を装い、自動車同士をぶつける行為は何れも不正請求です。


保険金が支払われても、後日不正が発覚した場合は、詐欺罪が適用され、刑事事件として扱われますので逮捕されます。自動車保険、車両保険の不正請求は絶対に止めましょう。

ランクルの保険金額はどうやって決まる?

車両利率に基づいた方法で各保険会社独自で算出しますので、ランクルだからと各社統一の金額ではありません。


また付帯させる保険の特約などにもよって金額の相違もあり、保険等級や免許の色等(ブルー、グリーン、ゴールド)でも金額に相違がありますので、保険会社に見積もり依頼を行う際は、正確な情報を保険会社へ伝える必要がありますので注意しましょう。

ランクルの自動車保険、車両保険金額は登録ナンバーによっても異なります

ランクルの登録可能ナンバーは1、3、4、8ナンバーがありますが、それぞれメリット、デメリットがありますので、登録については販売店への相談をおすすめします。構造変更が必要な場合もあれば、そのまま登録可能な場合等もあります。


また、販売店での説明では納得できないといった場合は、ネット上の情報等も参考にするのも良いでしょう。

ランクルのカスタム車両購入は要注意。

車高を高く上げ、大経ホイル等を着けた本格的なオフロード仕様のランクルの購入には注意が必要です。保安基準に適合した内容であれば問題ありませんが、構造変更が行われている場合は陸運局から許可を受けた「公認改造」なのか?販売店へ確認することをお勧めします。


公認改造ではない場合、自動車保険、車両保険の契約は行えても、事故時に自動車保険、車両保険の支払いに影響を及ぼす可能性がありますので注意が必要です。

ランクルの無保険状態での走行は危険です

ランクルは大型で運転も楽だし、スピードも出ないし元々安全運転順守だから・・と自身を過信して、自動車保険、車両保険の未加入での走行は危険であり、お勧めできません。無保険状態での自損事故であれば自分だけの問題で済みますが、相手の居る衝突事故などであれば、自分だけの問題ではなくなります。


ランクルを手放す結果になったり、ランクルを手放すだけでは済まない大事になり得ます。無保険走行はお勧めできません。

事故が発生した時では手遅れになります・・

無保険状態で走行中に、相手の居る衝突事故が発生した場合、過失割合等はあるにせよ、相手に与えてしまった損害は全て自己負担となります。また、自身が負傷した場合の治療費、修理費用も全て自己負担です。


自分のことは後回しと考えても、相手に対する損害金は高額になる可能性が高く、高額だから負担できない、お金がない等如何なる理由も保険会社、相手には通用しません。支払いから免れることは不可能です。

自動車保険、車両保険加入の必要性

無保険状態での相手の居る衝突事故等は先にも触れたとおり、自身だけの問題では済まなくなることは間違いありません。支払い拒否をしても、相手方から提訴された場合、自身が勝訴する見込みは殆どありません。


支払い拒否の理由等にもよりますが、悪質行為と判断されれば、家財などの強制差し押さえ、給与、預貯金の差し押さえなども行われる場合があります。そのような最悪のことを想定した保険加入をお勧めします。

自動車保険、車両保険は任意ですが・・

別名、強制保険と呼ばれているのが自賠責保険で、自動車保険、車両保険は強制ではありません、あくまでも任意保険ですが、近年は殆どのドライバーが加入しております。確かに契約しなかったら罰則があるようなものではありません。


然し乍ら、公道を走る以上、事故はいつ発生してもおかしくなく、予想も困難です。自身と愛車ランクルを守る大事な保険と考え、自動車保険、車両保険の加入をお勧めします。

まとめ

トヨタランドクルーザーは大型車で人気も高い車両です。そのため、月極駐車場等の駐車時に悪戯をされたり、盗難目的で窓を割られる等のケースもあります。


また、大型車なので住宅密集地などの対面走行等が困難な場合もありますので、自動車保険、車両保険の加入は購入時に同時に行うことをお勧めします。自身と愛車ランクルを守る大事な保険です。ランクル購入検討は自動車保険、車両保険の金額も含めた総合計を予算として検討しましょう。

ランキング