若者向けの自動車保険の任意保険、車両保険には加入する必要性は高いのか

若者が車を購入する際、ほとんどのケースで任意の自動車保険、車両保険に加入することになります。一般的なものであれば事故を起こしたときの様々な補償がこの保険でなされますが、車両保険が付いていないものだと若者自身が損をすることもあるので注意が必要です。

若者向けの自動車保険、車両保険を付ける魅力はあるのか?

任意の自動車保険に加入することで、もしもの事故が起こった際にも様々な補償をうけることが出来ます。


若者であれば特に、自動車の運転に慣れていないケースも多いため、こうした保険はより手厚いものを選ぶのがお勧めになってきます。


若者であれば自動車保険単体だけでなく、車両に対しての補償が得られる車両保険についても一緒に加入が勧められます。


車両保険に加入すれば、車両についた傷の修理費用を補償してくれます。車両についた傷はほんのわずかな傷でも簡単に10万円を超えるような修理費用となります。


もちろん、こうした補償を得るためには毎月の保険料を納めなければいけませんが、それで手厚い補償が受けられるというのであれば悪い話ではありません。




若者は事故率が高いというデータがある

若者の場合、自動車運転自体に慣れていない人が大半です。


そのため若者は40代などと比較して事故率が高いというデータがあります。


そのため、40代よりも車両保険などの補償を充実させておくことが必要です。


ただ、一方でその分若者が車両保険に加入した場合、等級がまだ低いこともあり、保険料が割高となります。

若者こそ車両保険に加入する必要がある理由とは?

一般的に若者は運転操作ミスが多く、車両に傷をつけることが多いため、車両保険の保険料が高いケースが多いと説明しました。

しかし、若者は40代と比較して貯蓄が少ないため、支払わなければならないときに保険がなければかなり厳しい事態になります。


また事故率が高いことから、そのような事態になる可能性も高いというわけです。


また車両保険ではなく、対人補償や対物補償などの自動車保険の任意保険の必要性も若者は高いと言えます。


相手側に補償をしなければならないときに、こちらが無保険で貯蓄もなく、支払い能力がないからといって、相手側に負担を押し付けるようなことがあってはならないからです。

車両保険の加入方法について

車両保険に加入する方法はいたって簡単です。


一般的な自動車保険とそう大差は在りませんし、自動車保険に特約として車両保険をプラスしていくケースが大半となってきます。


手続き自体は保険会社が勧めてくれますし、契約者は自身の基本的な情報、車の情報を書面に記入していくだけです。

若者向けの車両保険、おすすめのやり方は?

若者の場合、自動車保険はもちろんですが、車両保険でも金額が高くなる傾向に在ります。


では、少しでもその負担を減らすためにはどうすればいいのでしょうか。

若者向けの自動車保険、車両保険がある

「若者の車離れ」を聞いたことがある人も多いかと思います。


そのため、自動車保険を販売する保険会社は、若者向けの自動車保険を作って発売しています。


なかには車両保険はつけられない保険会社もありますが、積極的に検討してみましょう。


親から等級を引き継ぐ

親から車両保険の等級を引き継ぐというやり方もあります。

また親がもう運転をしないなら、親が子供に等級を譲渡するというやり方もあります。


等級を引き継ぐことで、車両保険の保険料が通常より多く割引されることになるので(親の等級が高いことが条件)、お得な形で車両保険をつけられます。

保険の内容を十分に比較する

もしも自分が事故を起こしてしまったときのために加入するのが車両保険です。


若者のように自動車の運転に不慣れな人であれば出来るだけ早く保険に加入する必要があるということです。 


免許の色に関係なく、保険料を安く抑えるためには契約する保険の種類をうまく見極めていくことが大切になってきます。

保険を見比べる具体的な方法とは

保険内容を見比べるには、ネット上の情報をうまく活用するのがベストです。比較対象は多くなっていきますが、無料見積もりサービスを用いれば、手っ取り早く自分に合ったプランを見つけることが出来ます。


基本的な車、免許の情報を入力するだけで、最安のプランを見つけることが出来るわけです。

1万円以上保険料を節約する方法をご存知ですか?

皆さんは自動車保険をどの頻度で見直していますか?


もしかしたら、加入してから一度も見直していない人も多いのではないでしょうか。


  • 加入してから一度も自動車保険を見直していない
  • 車を購入する代理店で加入した
  • 会社の団体割引で自動車保険に加入している

が1つでも当てはまる方は要注意!
高すぎる保険料を払っている可能性が高いです。

心当たりのある方は、一度保険料をシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。


以下のボタンから簡単にシミュレーションできるので、ぜひどうぞ!

まとめ

若者の自動車運転は不慣れなところも多いので、任意の自動車保険に加入することが大切になってきます。


より補償内容を手厚くしていきたいというのであれば、車両保険もプラスしていくといいですし、それによって運転時の安心感が高まります。費用負担は多少多くなりますが、工夫をすれば十分にその負担を減らしていくことが可能になっていきます。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング