万が一の交通事故で、車両保険に未加入だった場合のリスクとは

車を運転するならば、どれだけ気をつけていても、事故を起こしてしまう可能性はあります。もし車両保険に未加入で事故を起こした場合には、車の方は保障されず、損をしていまうかも知れません。まだ、車両保険に未加入という場合には、この機会に加入を検討してみましょう。

未加入の方は必見!事故に備えて車両保険を考えるポイント

万が一の事故の場合、車両保険に未加入だったらリスクがありますが、そもそも、高い保険料を払って加入するほうが良いのか悩ましいと感じる方は多いでしょう。


交通事故に備えて、車両保険についてはどう考えていくべきかについて、検討しておきたいポイントを見ていくことにしましょう。

事故後のリスクについて

まず、車両保険を考える際には、未加入で事故を起こしてしまった際に、どういったリスクがあるのかを把握しておくことが大切です。


修理費は勿論ですが、借金が残っている場合のこと、車検が残っている場合のことを考えると、色々な損失が含まれている事になりますから、総合的に見ていきましょう。

適用範囲も要チェックです

車両保険は交通事故で、自身の車が損傷した際にのみ、支払われるわけではありません。


事故以外にも適用される範囲があるので、ここも知っておきたいポイントです。


加入するからには、メリットは最大限に活用することが望ましいですから、どう言う場合に支払われるかについても、しっかりと抑えておきたいものです。


車両保険に未加入で起こしてしまった事故の後処理について

車両保険に未加入で事故を起こしてしまうと、通常、掛けてあるはずの対人や対物の補償はされます。


しかし、これは相手や自身が怪我をしたり、相手の車や自転車を壊してしまったものへの補償で、自身の車が全損しても、修理費用は自分持ちです。


この修理費と保険費用のバランスを考えて、掛けるかどうかを考えましょう。

車両保険に未加入での修理費用

車両保険に未加入で事故を起こしてしまった場合、修理費用で困ってしまう方も少なくはありません。


高額な修理費に加えて、車検もたっぷり残っているという場合には、色々な意味で損になってしまいます。


泣く泣く買い替えという事になる場合や、貯金を切り崩して修理ということにもなるので、将来への備えは考えておきたいものです。

相手の保険を頼るのは危険

車両保険を不要と考える理由として、相手の保険を使って、自分の車を修理してもらえると言う意見があるようです。


しかし、交通事故は相手が起こすだけではなく、自身が加害者になるケースもあります。


全過失を負った場合には、相手の保険は利用できないので、車両保険に未加入ですと、やはり、自費修理となります。

車両保険に未加入の場合、事故以外のデメリットを確認しましょう

車両保険に未加入という場合には、交通事故で愛車が損傷してしまうと、金銭的に大きな損失が出てくる可能性もありますが、実は、他にもリスクがあります。


事故以外にも車が失われるケースは少なくはありません。


車両保険の提要範囲には犯罪行為に巻き込まれた際の保障も期待できるので、確認しておきましょう。

盗難や犯罪行為でも保障されるケースも

事故以外で愛車が失われたり、損傷を受けるのは犯罪による場合も少なくは無いですが、未加入ですと泣き寝入りに成りかねません。


多いのが、盗難で、これは、自動車ごと盗難する場合もそうですし、自動車のカーナビなどを盗難するために、車を破壊される場合もあります。落書きやイタズラで傷つけられることもあるかもしれません。


こういった場合にも保障されるケースがあるので、保険の約款などで確認しておくと良いでしょう。

万が一の自然災害でも安心

自然災害は日本では何時、どのような形で起こるのか分からない面があり、いつ、誰の車が地震や水害で全損してしまっても不思議ではありません。


車両保険に未加入でしたら、こういった場合にも保証は考えられませんが、加入しておくと、これらの不測の事態でも、保証が受けられるケースがあります。

車両保険に未加入か加入かを判断するには

このように、車両保険に未加入の場合には、事故で車が失われる以外にも、色々なデメリットがあります。


犯罪や災害での保証が無いのも良くありません。


そこで、掛け金と保障内容から考えて、車両保険に未加入の方が良いか、加入したほうが良いかの判断に参考となるポイントを挙げてみます。

高級な新車は車両保険未加入は危険

新車であれば残存価値も大きいですし、車検期間も長く残りますから、車両保険は考えておいても良いでしょう。


これに高級でかつ、人気車両となると盗難リスクが高まりますので、この点でも車両保険に未加入というのは、良くないかも知れません。


特に高級車や輸入車は、修理費も高くなる傾向があるので、気をつけたいものです。

運転初心者では車両保険が役立つケースも

例えば、18歳になったお子さんが免許を取って、それなりの価格の中古車を買ってあげた、と言う場合には、車両保険が役立つケースは多いでしょう。


まだ、運転に慣れていないので事故を起こすケースは多く、未加入でしたら、保険料よりも事故による修理費の方が嵩む可能性はあります。3年間は付けてあげる、などを検討してみては如何でしょうか。

1万円以上保険料を節約する方法をご存知ですか?

皆さんは自動車保険をどの頻度で見直していますか?


もしかしたら、加入してから一度も見直していない人も多いのではないでしょうか。


  • 加入してから一度も自動車保険を見直していない
  • 車を購入する代理店で加入した
  • 会社の団体割引で自動車保険に加入している

が1つでも当てはまる方は要注意!
高すぎる保険料を払っている可能性が高いです。

心当たりのある方は、一度保険料をシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。


以下のボタンから簡単にシミュレーションできるので、ぜひどうぞ!

まとめ

車両保険は事故や盗難に役立つ、心強い味方ですが、ネックとなるのは保険料でしょう。


対人に比べて、掛け金に対して返ってくる金額も良くはありません。


ただ、未加入の場合には、事故の際に大きな損失に成り、入っておけばと後悔しかねないのも事実です。


加入か未加入かを考える際には、各保険会社の内容をしっかりと確認して、保険料と保障のバランスを見極めることが、大切です。

ランキング

  • 【2019決定版】自動車保険見積もりプレゼントキャンペーンを全て集めてみた
  • 自動車保険の保険料の相場ってどれくらい?パターン別に徹底解説!
  • 自賠責保険の支払基準を解説!保険金はどれくらい受け取れる?
  • 自賠責保険と労災保険で後遺障害等級認定が違う?慰謝料アップの方法
  • 自賠責保険の被害者請求は代行を頼むべき?弁護士さんは頼れる味方!
  • 三年契約の自動車保険は解約すべき?長期契約のデメリットとは
  • 自賠責保険の運用益の行方とは?自賠責保険料の豆知識について