全損事故のときに車両保険で全額を賄うことは可能なのでしょうか?

車両保険とは自動車の不測の事故などによって車両に損害が出た場合に補償する保険の仕組みです。修理費を全額補償してくれるというイメージがありますが、車両保険における全額の意味合いについては正しく理解しておくことが求められます。

車が全損したときには車両保険で全額補償してくれるのか?

車が全損してしまうような事故を起こしてしまったときに考えなくてはいけないことの一つに修理するとどのくらいの金額がかかるか、買い替えであればどのくらいの金額がかかるかというのを考えないといけないことだと思います。

この記事では車が全損してしまったときに車両保険に加入していれば全額補償されるのか、どのような補償内容になるのか、またその場合に修理すべきか買い替えるべきかの考えるポイントなどを解説していきます。



全損扱いになったとしても、全額補償されるケースはほとんどない

まず、率直に言いますと全損事故を起こしてしまったとしても修理費を全額補償されることはほとんどありません。

多くの場合が、修理費を下回る補償額が支給されるため、その補償額の範囲の中で修理するか買い替えるかを自分で考え、判断しなくてはなりません。


ではなぜ全額補償されないのか、補償の内容はどのようになっているのかを解説していきます。

全損のときには協定保険価格が支払われる

まず全損の場合には各種保険の名称や細かい内容などにもよりますが、一般的には契約時に保険会社と決めた自動車の車両保険金額が支給されます。

この自動車の車両保険金額のことを「協定保険価格」と呼ばれています。

車の本体価格やグレードを元にして算出された一定額から加入時にどの金額を上限額にするか自分で決められるものになっています。

全損とはどのような状態のことを言うのか?

全損と聞くと思い浮かべるのは大きな事故を起こしてしまい、車が乗れない状態まで壊れてしまったことをイメージすると思いますがそれだけではありません。

全損にもいくつかケースがあるのです。


では他にはどのような場合に「全損」となるのでしょうか。


他のケースとして


  1. 盗難の被害に遭ってしまった場合
  2. 修理費が車両保険金額を超えた場合

にも全損扱いになります。


この物理的な状態と経済的な状態の場合に全損ということになります。

車両保険はその車の価値に基づいた補償金額が決められている(時価額)

車両保険にはその車の価値に基づいた補償金額が決められています。その価格のことを時価額といいます。

車両保険の金額はレッドブック(車の小売価格と平均価格が記載された資料)の金額を元に算出します。


その表をそこに記載されている金額を元にして、その金額の範囲内で保険金額を決めています。

契約時と事故時では時価額が変わっているので保険金額に誤差が生じ、全額補償されないことが多い

車は年数が経てば経つほどその価値は落ちていきます。

車の価値が落ちるということは保険金額の価値も同様に落ちていきます。


契約時の上限を100万円と設定していても、保険の満期が来ればその車の価値は下がり、金額が落ちます。


事故時に上限が30万円まで落ち、修理費が50万円だった場合には保険会社から支払われるのは30万円なので残りの20万円は自己負担しないと行けません。

車両金額が全額補償されないときに気を付ける点

車両保険は契約内容によって補償範囲が異なります。


保険料を安くするために免責事項を設定することがありますが、契約上面積になっている部分については補償されませんので注意が必要です。


修理費が安い場合などを免責事項にすることがありますが、この様な仕組みについてはしっかりと考えておくべきです。

車両価値以上の修理を行う場合

全損事故の場合に修理を行うとほとんどの場合が車両価値以上の修理になる場合が多いです。


全損の場合、買い替えが多くなっていますが愛着のある車をそう簡単に手放すのは…という方もいるかもしれません。


どうしても修理が必要な場合にはある程度の自己負担を覚悟しなくてはいけません。


自己負担は事故と車両の程度と保険金の補償額にもよりますが、多くの場合が10万円を超える修理になることが多いようです。


修理を行うか、それとも買い替えを選ぶかよく考え、判断した方が良いでしょう。

修理を行わない場合の車両保険について

修理を行わない場合には新しい車を購入することもあるでしょう。

この場合、修理費として補償された保険金を新車購入にあてることも可能です。


ただしこのときにもある程度の自己負担をしなくてはいけなくなる可能性が多く、車両本体以外にも税金やその他の諸経費がかかります。


税金や諸経費に関しては保険会社へ請求できることもありますのでまずは確認をしてみるのがいいでしょう。

1万円以上保険料を節約する方法をご存知ですか?

皆さんは自動車保険をどの頻度で見直していますか?


もしかしたら、加入してから一度も見直していない人も多いのではないでしょうか。


  • 加入してから一度も自動車保険を見直していない
  • 車を購入する代理店で加入した
  • 会社の団体割引で自動車保険に加入している

が1つでも当てはまる方は要注意!
高すぎる保険料を払っている可能性が高いです。

心当たりのある方は、一度保険料をシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。


以下のボタンから簡単にシミュレーションできるので、ぜひどうぞ!

まとめ

車両保険は多くの場合、事故のときに修理費を補償してもらえるとても便利な保険の仕組みになっていますが、車が廃車になってしまうような大事故や盗難の被害に遭ったとき、また年数が経っていて車両価値が低い場合などにおいては全額補償が出来ないケースもあります。


全損の場合には、修理をすべきなのか、買い替えるべきなのか自分でよく考えて判断する必要がありそうです。


また、あらゆる面で自分で判断せずに保険会社に確認をしてから内容を決めるのが良いでしょう。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング