ダウン症の子どもと暮らしていくための学資保険の活用方法を解説

ダウン症の子どもの場合には、通常の子供に比べて手が掛かる分、学資保険については積極的に考えておきたいものです。ダウン症の子どもと暮らし、しっかりと育てて上げるためにも資金計画は欠かせませんから、学資保険も有効に使っていきましょう。

ダウン症の子どもを育てる上で学資保険を活用したい理由

ダウン症の子どもを家族に迎えた場合、通常の子どもに比べて負担面の大きさは考えておきたいものとなります。


基礎的なマナーやルールを教えるのにも時間がかかりますし、違った面は少なくは有りません。気持ちだけで乗り切ろうとせず、学資保険を始め計画的な将来設計を考えておくことも大切となるでしょう。

ダウン症の場合、学資保険で教育資金を

ダウン症の子どもの場合、将来のことを考えると、幼少期からしっかりと社会生活のための基盤を作ってあげることが大切です。


程度に差はありますが、他の子と会話を楽しんだり、学校生活に馴染むための教育は大切でしょう。その為の資金作りとしても、学資保険を考えておくのも悪くありません。

ダウン症と付き合うなら共働きは難しいかも

親御さんの両方が働ける場合には、資金面でも余裕は出てくるかと思いますが、ダウン症の子どもにしっかりと接する時間を作るならば、片方の親御さんは、仕事は諦めることも選択肢となります。


この場合には、学資保険を活用して、将来計画のバランスを取っていくことが大切でしょう。

ダウン症の子どもを育てる為の補助金と学資保険のバランス

ダウン症の子どもを迎えた場合、やはり、問題となってくるのは病院での各種診察や診療についてです。これは、健常児よりも負担が大きくなります。


ただし、補助金という点でサポートが得られますので、この点と、学資保険の組み合わせを考えていけば、将来に役立つ計画を練ることも出来るでしょう。

ダウン症の医療費と学資保険

ダウン症の子どもは、なにかと病院に通わざるをえない事が多くありますが、実際には、小児慢性疾病医療費助成制度があるので、負担軽減を期待できます。


これはある程度の年齢まで対応となるので、この医療費負担が軽い間に、学資保険を積み立てていくという考え方ができるでしょう。助成制度は地域によって変わりますので要確認です。

ダウン症の施設利用と学資保険

ダウン症の場合には、療養施設や特別支援施設に通っていくことも考えたいものです。これらの施設は一回あたりは大したことはない額でも、成長に合わせて通う頻度を増やすと、それなりの負担になってきます。


この為、通う回数を増やしたい年齢に併せて、学資保険を設定していくのも悪くないでしょう。

ダウン症の子どもでも入れる学資保険のタイプについて

ダウン症の子どもをお持ちの場合には、心配となってくるのは病気の事があると思います。


今は大丈夫でも、将来、合併症の症状が出たりすることもありますし、健康コントロールが上手くいかない為、慢性疾患を患う可能性もあります。学資保険選びの際には、どのタイプを選ぶべきかについて考えてみましょう。

医療保険と学資保険は分けるのも有り

学資保険には医療保険付きのものがあり、ダウン症では、このタイプの保険に加入できれば、安心さが感じられるかもしれません。


ただし、こちらには扱う会社に限りがあるなど制約が多いですので、医療保険と学資保険は、最初から分けて探すのもありでしょう。医療保険も入りにくいかもしれませんが、共済などで探せるはずです。

医療保険付きの学資保険は加入が難しい可能性が高い

ダウン症の子どもは何らかの病気にかかってしまうケースが少なくはありません。このため、万が一の病気に備えて、医療面の充実した学資保険を探したい方もおられるでしょう。


しかし、やはりダウン症では加入できない場合も少なくはないようですので、医療保険付きの学資保険は難しいかも知れません。審査や告知が緩やかな所を探してみましょう。

ダウン症の場合の学資保険の受け取りタイミング

健常な子どもの場合には、基本的に入園や卒園に併せてだったり、大学入学前に焦点を合わせて学資保険を受け取っていくのが一般的です。


ダウン症の子どもの場合は、その点で、健常者とは違う将来設計を考えることが多いでしょう。この為、学資保険の受け取りタイミングについても考えておくことが大切です。

卒業にあわせて受け取る

ダウン症の場合には、中学で特別支援クラスに通い、高校には進学しなかったりするケースが多いかと思います。


この場合には、通所授産施設で自立を考えていくのも選択肢ですが、やはり、最初からうまくいくとは限りません。その際の備えに、学資保険を考えておくのも良いでしょう。

学資保険 ダウン症

特別児童扶養手当と学資保険

ダウン症の子どもの場合には、特別児童扶養手当が支給される事になります。月々数万円程度ですが、年額にするとそれなりのサポートになるでしょう。


しかし、これは成人すると途切れるサポートですので、この段階に合わせて、学資保険の受取タイミングを設定するのも一つの選択肢かもしれません。

ダウン症の子供への貯蓄のためなら、生命保険の活用も考えよう

学資保険のメリットとして、親に万が一のことがあったら、それ以上の保険料の支払いが不要になるという払込免除があり、そして満期時に受け取れる金額は変わらないという点があります。

これはとても嬉しい仕組みなのですが、結局親に万が一のことがあったら収入が減ることには変わりはありません。


そのため、親に万が一のことがあっても少しでも不安が軽減されるように、親が生命保険に入っておくこともとても大切なことです。


今一度、ダウン症の子供の保険だけでなく、自分の保険の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ダウン症の場合でも、学資保険に入れるということ、そして、上手に活用出来れば将来に役立つということは、確認しておくと良いでしょう。ダウン症の子どもには各種のサポートや支援もありますが、よりしっかりと教育したい場合などでは、積極的な出費も考える必要が出てくる場合もあるはずです。

そういうときの備えを、子どもが小さなうちから積み立てていくことで、将来の不安を和らげられるかもしれません。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 学資保険の見直しの極意はココだ!早めに学資保険を見直そう!
  • プレゼントキャンペーンに騙されず、"お得に"学資保険に加入をしよう
  • 学資保険の無料相談で商品を貰えるキャンペーンまとめ【2018年最新】
  • 【アンケート結果】学資保険を高返戻率・人気ランキングで分類比較!
  • 離婚後の養育費問題。学資保険は養育費に含まれる?含まれない?
  • 母子家庭で子どもの為に学資保険に加入する時に必ず知っておきたい事
  • 学資保険なんていらない!学資保険不要論の4つの根拠をご紹介!
  • 学資保険に入ってないけど大丈夫?教育資金の準備方法を徹底解説!
  • 学資保険は損?学資保険のお得な選び方と注意点を分かりやすく解説!
  • 学資保険の選び方がわからない?特約や満期金の受け取り時期も解説!
  • 子供のために学資保険は入っておくと助かります。むしろ必要です。
  • 学資保険分で住宅ローンの繰り上げ返済をやることがお得な理由を解説
  • 児童手当で学資保険に入る家庭の割合は?賢い児童手当の使い道とは?
  • 兄弟の学資保険どうしてる?兄弟割引で保険料節約&返戻率アップ
  • 学資保険の加入率はどのくらい?その必要性と加入時の注意点を解説!
  • 3つのメリットとデメリットを知って学資保険の加入を見極めよう
  • 学資保険に潜むデメリット、デメリットを抑えて学資保険を活用しよう
  • プロFPが解説する、学資保険をおすすめしない4つの理由と2つの代替案
  • 学資保険の必要性を徹底解説!子どもの学費準備の方法は多様!
  • これから学資保険の準備を考えている方へ。みんなはどうしてる!
  • 学資保険は必要ない?メリットvsデメリットを徹底解説します!
  • あなたは加入する?学資保険の必要性と不要だと思えるデメリット
  • 学資保険の4つのメリットと4つのデメリットを理解しましょう