生命保険の選び方に関する疑問
最適な情報を伝える

生命保険の選び方

生命保険の選び方|保険のプロが教える本当に正しい生命保険の選び方

生命保険の種類がたくさんある今、保険の選び方はどんどん難解になっています。そこで今回は本当に正しい生命保険の選び方について考えるべき事項と注目するポイントについて紹介していきます。この記事を読むことで納得のいく保険選びができるでしょう。





▼この記事を読んで欲しい人

  • 生命保険の検討をしている人
  • 保険の見直しを考えている人
  • 保険の選び方を知りたい人


▼この記事を読んでわかること

  • 保険に入る前に考えるべきこと
  • 保険を選び方のポイント
  • 配偶者が亡くなった際にかかる費用
  • 生命保険の種類
保険の悩みならまずはマネーキャリアの無料相談を気軽に利用してみてください!

内容をまとめると

  • 正しい生命保険の選び方をするには、事前に「ライフプランの中で起きる経済的リスクは何か」「誰のために保険に加入するのか」「万が一の時にいくら資金が不足するのか」の3点を考えることが大切
  • 選び方のポイント①保障期間:一生涯保険が続き貯蓄性があるが保険料が高めな終身保険、期間は限定的だが安い保険料で手厚い保障がある定期保険のどちらか適しているか
  • 選び方のポイント②保険料払込期間:払込期間が短い方が保険料が安くなったり、解約金がある場合は返礼率が高くなる
  • 選び方のポイント③解約返戻金:終身保険にはあり、定期保険にはないため貯蓄性を求めるのであれば終身保険
  • 配偶者が死亡した際にかかる費用は「葬儀代」「お墓代」「相続税」「新生活の準備費用」
  • 保険選び方に悩んだ場合はプロに相談を!おすすめは「マネーキャリア」の無料相談!

保険のプロが教える本当に正しい生命保険の選び方

年々増えていく保険の種類、細分化される内容、生命保険の選び方は以前よりも難しくなってきました。


そこで今回は本当に正しい生命保険の選び方を紹介していきたいと思います。


まず保険を選ぶ前の確認すべきポイントです。

  • ライフプランから経済的なリスクを明確にする
  • 自分に万が一のことがあったときに誰が困窮するか考える
  • 万が一のときにいくら足りないのか考える
 こちらの3点はしっかり吟味しておきましょう。

目的や必要金額を定めておかなければ自分にとって最適な選び方をするのは難しいでしょう。

 反対に言うと、この部分が明確になれば保険を選ぶ際の絞り込みが容易になります。

生命保険の選び方①ライフプランから経済的なリスクを明確にする

まずはライフプランから経済的なリスクを明確にしましょう。  

例をあげると
  • 結婚
  • 妊娠・出産
  • マイホーム購入
  • 子どもの教育費
  • 子どもの独立
  • 定年退職
などには経済的なリスクがあるものです。それぞれに対応した保障を選びましょう。

結婚や、妊娠家族が増えるため万が一が起こった場合に備えて死亡保障を用意しておくべきでしょう。  

特に妊娠中の女性は出産のときにリスクがあるため女性保険を検討することをおすすめします。

マイホームを購入するのであれば、借入金があるためもしものことがあればその資金を返済できるように死亡保障は大切です。

また月々のローンで生活費が圧迫されている状況でけがや病気をしてしまうと急な出費に対応できなかったり、収入が減って返済に支障がでてくる可能性があります。そのため医療保険や就業不能保険も検討しましょう。 

子どもがいる場合は教育費の捻出が不可欠です。学資保険や個人年金保険で積立を行うことはもちろんのこと、子供の独立まで手厚い死亡保障が必要なため定期保険をおすすめします。  

定年退職時には子どもが独立しているケースが多いはずです。そのため死亡保障は減額し老後のための保障への切り替えが必要です。 

個人年金保険で70歳以降の年金をカバー、介護保険に入って子供に迷惑をかけないように準備をするなど見直をしましょう。

ライフプランをしっかり立てておくことで保険の選び方の基準を作ることができます。

生命保険の選び方②自分に万が一のことがあったときに誰が困窮するか考える

生命保険はそもそも自分に何かあった時のための備えをおこなうものです。

そして自分に万が一のことがあった時誰が経済的な窮地になるのかは重要な点と言えるでしょう。

誰のために加入するのかによって保障内容や保障設定額の選び方は変わります。基本的には大きくわけて
  • 自分のため
  • 配偶者のため
  • 子どものため
のどれかになるでしょう。

①自分のため

独身の方にとっては最も重要です。

自分に万が一が起こった時必要なのは病気やけがで働けない時の収入保障です。また老後資金を形成するため個人年金保険に早くから加入してくのもおすすめです。 

死亡保障はあまり必要ない、もしくは葬儀代などの備え程度で大丈夫でしょう。

②配偶者のため

結婚しているけど子供がいない方が主になります。

配偶者が働いているかどうかによって変わりますが、医療保障と死亡保障にバランスよく加入した方が良いでしょう。

万が一の時には遺族年金があることや、例外はありますが配偶者も働ける年齢のため保障額はどちらも高額を用意する必要性はあまりなく将来のために保険料を抑えられる商品が望ましいと言えます。

③子供のため

子どもがいる方は保障額を高く設定して備えることをおすすめします。

特に死亡保障の準備は必要です。万が一が起こった時、教育費や1人で育てていく場合の養育費をカバーできる設定にしなければなりません。

高齢になるにつれてがんの罹患率も上がってきますので、子供が独立していない場合は加入しておくと十分な保障があるので安心です。

このように誰のために加入するかによって検討する保険は異なるため、明確に定めることが重要なのです。

生命保険の選び方③万が一のときにいくら足りないのか考える

万が一の時に備えるのであれば、いくら足りないのかを考えておく必要があります。

基本的には

遺族の支出ー遺族の収入=必要保障額

で算出します。

遺族の支出としては
  • 今後の生活費
  • 子どもの教育費
  • 相続時の費用  
等があり、収入は
  • 相続資産
  • 遺族年金
  • 配偶者の収入
があります。

支出や収入は生活仕様やライフステージによって異なるため一度は話し合いをすると良いでしょう。

それでもなかなか保障額の見当がつかないという方は平成30年度生命保険に関する全国実態調査結果をご参考ください。

世帯主年齢別の死亡保険金額平均は
世帯主年代死亡保険金額平均
29歳以下2,475万円
30歳~34歳2,883万円
35歳~39歳2,857万円
40歳~44歳3,032万円
45歳~49歳3,050万円
50歳~54歳3,183万円
55歳~59歳2,618万円
60歳~64歳 2,493万円
65歳~70歳1,615万円
となっています。自分の世代を保障額決定の基準とするのも1つの手です。

30~50代にかけては万が一の時に子供への備えが重要となることから保障金額は高めに設定しているようです。

60代になると子供の独立から保障の必要性が低くなり金額を抑える傾向にあります。

このように年代別に死亡保障の平均額は変わりますので、もし以前から加入しており見直しをしていない保険があれば変更の必要性があるかもしれません。

その他の生命保険を選ぶときに見るべきポイント

上記で解説した以外の生命保険の選び方のポイントは以下の3点です。

  • 保障期間
  • 払込期間
  • 解約返戻金
ライフスタイルによって必要な保障期間は異なりますし、振込期間は保険料に大きくかかわってきます。

また解約返戻金についてもあるものとないものがありますので、自分の希望はどちらなのか検討をしておきましょう。

①保障期間

保障期間は主に以下の2つから選択することになります。

  • 終身
  • 定期(短期)
それぞれの特徴を紹介していきましょう。

①終身保障

一生涯に渡り保障が続くため、保障が切れる心配もなくいつ万が一のことが起きても対応ができます。

また基本的には加入時から一生涯保険料が変わらないので、将来のライフプランが立てやすいというメリットもあります。

ただし、生涯に渡り保険会社が管理することになるため保険料は高めです。また日本は年々平均寿命が延びているため、長生きすればするほど支払保険料が高くなる「長生きリスク」もあります。 

②定期保障

一定の期間に限定して保障を受けることができます。

期間が決まっているため手数料が安く、終身に比べて保険料は安い傾向があります。子供が独立するまでなど保障が必要な時に、安く手厚く備えられるのが特徴です。

一方で更新時には保険料が大きく上昇するというデメリットもあります。また、更新が切れて無保証状態になる可能性もありますので注意しなければなりません。

②保険料の払込期間

保険料の払込期間については以下の3つが主な方法です。
  • 終身払い
  • 短期払い(有期払い)
  • 前納(当初一括支払い)

①終身払い

名の通り保険期間が続く限り保険料を支払い続けるというものです。

若い時に加入すれば保険料の支払期間が一番長くなるため、その分毎月の保険料は低く設定されています。ただし、保険期間の終身で解説したように「長生きリスク」があります。
 

②短期払い(有期払い)

10年間や20年間、60歳満了など期間を選択するものです。 

収入が多い時に限定する、定年退職までに払込を終えるなどライフスタイルにあわせて設定できます。

③前納(当初一括支払い)

契約時に保険料の払込を終えてしまう方法です。

 一定の資金をまとめて長期間運用できるため、貯蓄性のあるものであれば返礼率が上がったり、一括で支払った場合の割引で保険料が安くなったりするのが魅力です。

 一方で支払いにはまとまった資金が必要なこと、支払いが終わっていることから解約からの見直しをしにくいという点も覚えておきたい点です。

③解約返戻金

契約途中で解約した場合どの程度返戻金が戻ってくるのか、そもそも解約返戻金があるのかどうかは事前にチェックしてください。

基本的な有無は
  • 終身保険=あり
  • 定期保険=なし  
と判断しても良いでしょう。

解約返戻金の支払額を捻出するため運用手数料もかかります。手数料分は保険料に上乗せされますので保険料が若干高くなるということは頭に入れておきましょう。

また契約期間が短い場合や保険料払込期間中に契約解除してしまうと総支払保険料よりも低い金額になってしまうため注意が必要です。

ちなみに解約返戻金が元本を上回る期間の目安としては10年~12年がベーシックです。

定期保険は解約返戻金をなくすことで保険料を下げているのが特徴のためほとんどありません。

保険料の掛け捨てが勿体ないという方は解約返戻金が戻ってくる終身保険の中から選択するという方法も1つの手です。参考として終身保険のおすすめ人気ランキングを比較!【2021年最新版】の記事もご覧ください。

 ただし、解約返戻金のみに注目してしまうと本当に必要な保障内容を見落としてしまう可能性もあります。保険のプロに相談するなどしてどちらが自分に合っているのかしっかり見極めましょう。

夫婦の片方が死亡したときにかかる費用

夫婦の片方が死亡した時にかかる費用について解説します。


主にかかる費用として知っておくべきは

  • 残された配偶者が生活していくための費用
  • 死亡時にかかる費用  
の2点です。

死亡した後にかかるお金は実際に計算してみると予想以上にかかることが分かります。ここでは配偶者のみの場合を想定していますが、子供がいる場合はさらに費用がかかるでしょう。

現時点でどのぐらいの費用が必要か算出することで、今後の保険選びの参考になりますよ。

①残された配偶者が生活していくための費用

残された配偶者が生活していくための費用はどのぐらいかかるか計算してみましょう。


仮に60歳の夫婦が月に32万円で生活をしていたとしましょう。単純に2で割ると1人16万円です。


毎日新聞の調査によると、2020年の平均寿命は女性は87.74歳、男性は81.64歳です。


余命を考えると

  • 女性:16×12×27.74=約5,326万円
  • 男性:16×12×21.64=約4,154万円
が必要な額と言えます。

ただし遺族年金をはじめ公的制度もありますので、実際にはここからその他の収入を引いた額となります。

日本年金機構に金額の目安が記載されていますので算出の際の参考にしてください。

②死亡時にかかる費用

死亡時にかかる費用は主に以下の4つです。


  • 葬儀代
  • お墓代
  • 相続税
  • 新しい生活様式への準備費用
日本消費者協会の調査によると葬儀代の平均は約196万円です。「一般葬」「家族葬」「1日葬」「直葬・火葬式」など葬儀形態によりますが、小規模になればなるほど費用は少なくなります。

今はコロナの影響で葬儀規模は小さくなっている傾向にありますので、平均額は多少下がっています。

ちなみにお墓代には平均約167万円かかると言われています。

お墓代は住んでいる地域によって価格が大きく異なります。例えば福岡県では200万円程度かかるのに対し、広島金では約100万円と100万円以上差があるのです。

1度住んでいる地域の相場を見ておくことをおすすめします。 

相続税は 

3000万円+(法定相続人数×600万円) 

の額を上回る場合発生します。

預金だけでなく、不動産や土地なども資産になるため相続になった場合税金はかかるのか、かかるとしたらどのぐらいなのかは求めておくと良いでしょう。

そして忘れがちですが新しい生活様式の準備費用も考えておくべきです。

亡くなった方の会社の社宅に入居していれば引っ越しが必要ですし、実家に帰るという選択肢もでてきます。その際は引っ越し費用がかかるので生活様式がどのように変わるのかははっきりさせておきましょう。 

生命保険を正しく選びたいならまずは保険のプロに無料相談するべき!

生命保険の正しい選び方を紹介しましたが、やはり実際1つに絞るとなると迷ってしまうものです。


また知識を深めないまま保険に加入してしまうと、本当に必要な保障や給付金を見落とし、万が一の時に家族が経済的な絶望に陥る可能性もあります。


そうならないためにも一度は保険のプロに相談することをおすすめします。  


無料保険相談窓口の中では「マネーキャリア」が特に優秀です。


全国対応で何度でも相談は無料、スマホ一つで簡単に相談できます。コロナの影響でなかなか外出が難しい今、オンラインでどこからでも相談できるのはリスクも少なく手軽です。


また契約件数は10,000件以上にのぼり、顧客満足度は驚きの93%を誇っている信頼できる保険サービスとしても有名です。


数ある保険の中からあなたのライフスタイルにあった商品を的確に提案してくれることでしょう。 ぜひ利用してみてください!

【基礎知識】生命保険ってどんな保険?

生命保険は「万が一の時に経済的リスクをカバーするもの」が前提のものですが、その種類は多岐にわたります。


そこで生命保険の基礎知識として

  • 生命保険の種類
  • 掛け捨て型と貯蓄型の違い
  • ライフスタイル別に必要な生命保険
を紹介します。

基本的な知識を改めて押さえておくことで、自分で選択する際に役立ちます。

またプロに相談する際に流されるだけでなくさまざまな観点から相談に乗ってくれているのか見分けるためにも必要なのです。

生命保険の種類

保険の種類概要
医療保険 最もポピュラーな保険で、病気やけがで入院した場合や手術した場合に給付金が支払われます。各保険会社によって保障内容が大きく異なるのでしっかりした事前確認が必要です。
がん保険 がんになった場合に特化した保険です。通常の医療保険よりも給付金の上乗せや入院日数が長くなるなどの特徴があります。
就業不能保険働けなくなった際の収入をカバーするための保険です。

免責期間があり加入後60日 (保険によっては30日や180日の場合もある)は適応対象外です。

また鬱病など入院期間や働けなくなる期間が長いメンタル疾患に対応していない商品もありますので注意しましょう。
介護保険介護が必要になった時に補填をしてくれるのがこの保険です。

介護状態がどの程度になったら給付金が下りるのかの確認した方が良いでしょう。 
定期死亡保険

限定された期間保障をつけることができます。必要な時に手厚く保障を安い保険料で用意できるのが魅力です

ただし更新時には保険料が上がるためずっと同じ保険に加入しておくことは難しいでしょう。更新切れにも注意しなければなりません。

終身死亡保険一生涯に渡り万が一の保障が続きます。保険料は加入後変わらないものが多く金額の見通しがつきやすいのが特徴です。 
解約返戻金がもらえるなど貯蓄性がありますが、 その分保険料は高めです。内容も生涯変わらないため定期的に保障内容が時代にあっているか確認しましょう。
収入保障保険 定期保険の一種で違いは死亡時の保険金が分割で支払われるということです。

一括の受取よりも、給与のように家族に資金を残したいと思っている方にはおすすめです。

分割しての受取になるため死亡保障と言えども相続税対策には向きません。
学資保険子どもの教育費の準備をするための保険です。

被保険者(子供)が22歳までという制限があります。契約者が亡くなった際はその後の支払いは免除となります。

商品によっては成長お祝い金があるのも特徴です。
個人年金保険老後の資金を個人的に準備するための保険です。

中途解約すると元本割れをしてしまう点は注意が必要ですが、一定期間(10年以上が一般的)経過すると支払保険料より上回る金額を受け取ることができます。
養老保険貯蓄と死亡保障両方を性質を持った保険です。

保険期間を自分で設定し積立を行います。ただし死亡保障もついているため保険料は割高です。


掛け捨て型と貯蓄型の違い

主に以下の2点に違いがでます。

  • 解約返戻金
  • 保険料
掛け捨て型は期間が決まっているもの(定期保険)が一般的です、解約返戻金をなくすことで月々の保険料を下げているため貯蓄性はありません。

貯蓄性のある保険は解約返戻金があります。契約期間中の保障とともに解約した場合の資金準備も必要なため保険料は高く設定されています。

ちなみに貯蓄型を選ぶ際は返礼率に注目してください。返礼率は

返戻率=受け取るお金/払込保険料総額×100(%)

で求められます。 

こちらが100%を下回ると元本割れをしているということですので注意が必要です。 

せっかく貯蓄性を重視した保険を検討しているのですから100%を上回るものの検討をおすすめします。

表にまとめると以下のようになります。

掛け捨て型貯蓄型
解約返戻金なしあり
保険料安い高い

それぞれ利点と欠点どちらもあります。今のライフステージでは保険料を安くした方が良いのか、貯蓄型で資産をためるべきなのかよく吟味しましょう。

【ライフスタイル別】必要な生命保険

生命保険をライフステージ別にそれぞれどのようなリスクに対応しているのか、またどのような生命保険がおすすめか表でまとめます。

ライフスタイル特に意識するべきリスクおすすめの生命保険
独身病気やけがの治療費用・収入減医療保険・就業不能保険
独身(高齢者)病気やけがの治療費用・介護費医療保険・がん保険・介護保険
専業主婦(主夫)配偶者の死亡定期保険・終身保険・収入保障保険
専業主婦(主夫)・子供あり配偶者死亡による生活費・子供の教育費定期保険・収入保障保険・学資保険
共働き死亡・老後資金終身保険・個人年金保険
共働き・子供あり死亡による生活費・教育費・老後資金定期保険・個人年金保険・学資保険・医療保険


家族の人数が増えるほど、さまざま保険でカバーすることが大切です。


一般的なおすすめの保険を紹介しましたが、ライフスタイルに選び方は異なります。


例えば働いていると言っても会社員か自営業では違います。会社員であれば労災や傷病手当がありますが自営業にはないため就業不能保険を組み込んだり、医療保険を手厚く準備する必要があります。


また子供が1人か2人かによって万が一に必要な保障額額が大きく変わります。保障額を大きくするために定期保険が良いのか、貯蓄もしておきたいから終身保険や養老保険が良いのかキャッシュフローに合わせての検討が不可欠です。

まとめ:家族のためにできるだけ早く保険のプロと相談をしよう!

目的に合わせて自分にあった保障内容や保障額を選択しましょう。ライフスタイルはそれぞれ違うので、しっかり「自分の場合」を想定して考えることが大切です。 


ただし最善の保険を選ぶには、やはり複数の保険のプロに相談することをおすすめします。


マネーキャリア」等の無料保険相談うまく活用することで、経験豊かなFPが家族のために最も良い商品を提案してくれることでしょう。

134