生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

定期保険は病気になっても更新できる?再加入の必要がある場合も!

定期保険は一定の保険期間のみ補償してくれる保険のですので一定期間を過ぎたら更新や再加入の必要があります。加入してから病気になってしまった場合、定期保険の更新はできるのでしょうか?契約更新時に病気になった場合について見ていきましょう。

気になる、定期保険更新時に病気だった場合はどうなるのか

病気で通院中などの場合、保険に加入できないということがあります。ですが既に定期保険に加入していて更新時に病気だった場合はどうなるのでしょうか。


定期保険には更新型と再加入型があり、場合によっては病気の場合更新できないということもあります。自分の保険がどういうタイプなのかを知っておく必要がありますね。

一度加入してしまえば、そのあと病気になっても契約更新に問題はない

更新型の定期保険の場合は、一度加入してしまえばそのあと病気になってしまっても契約更新に問題はありません。途中で病気をしてしまった場合でも安心です。

病気中でも定期保険更新時に再審査はない、告知の必要もないので安心

というのも定期保険の更新時には健康状態にの確認や再審査などはなく、告知の必要もないのです。ですから病気で通院中でも問題なく更新することが出来ます。


ただし、更新時の年齢で再計算することになるので定期保険の保険料はアップします。加入者が更新をし忘れないように自動更新になっているものも多いです。

定期保険更新時は、保険見直しの時期でもある

定期保険は自動更新になっているものも多いですが、更新時は本当に今のままの保険でいいのかもう一度見直してみましょう。今のままですと無駄な保険をかけていたり、補償が足りなかったりという可能性もあります。


病気の場合は他の保険に加入できない場合もありますが、病気の場合は絶対に加入できないということもありません。病気でもはいれるというものですと保険料が高い可能性もありますので、ファイナンシャルプランナーや保険相談サービスなどに相談してみるのもおすすめです。

人生設計や家族の有無で定期のままなのか、終身に変更するのかも考えよう

定期保険の加入時に、自分にぴったりな保険を探していたとしても年数がたつと今の自分には合わなくなっている可能性もあります。


  • 結婚した
  • 子供が生まれた
  • マイホームを買った
  • 子供が独立した

など、ライフスタイルに変化があった場合、今までの定期保険の補償では足りないこともあります。終身保険に切り替えたり、両方に加入したり、元々両方加入していたけれど定期保険をやめたりという見直しを検討してみましょう。


補償を手厚くすれば安心ですが当然その分保険料も上がります。保険料が家計を圧迫しているようなら見直してみるというのも1つの手ですよね。また、同じような定期保険でも現在加入しているものよりも条件がいいものが出ている可能性もあります。

注意するのは、加入する定期保険が更新型か再加入型か必ず確認すること



定期保険に加入する際は更新型なのか、再加入型なのかを必ず確認しておきましょう。

  • 更新型:一定期間が終わったら更新か契約終了を選ぶ
  • 再加入型:新たに加入する必要がある

というところです。再加入型は、定期保険が終了した際にもう一度審査をして、基準に達していれば通常の保険更新よりも保険料が安く再加入することが出来る、といのがポイントになっています。

再加入型の定期保険の場合は、健康状態の告知が必要になる

再加入型の場合は、更新とは違い新規契約と同じように健康状態の告知が必要になります。ですから、病気になってしまうと再加入できない可能性があるんです。健康状態を偽って契約した場合は、詐欺になってしまいます。

病気に備えて入る定期保険なのに、病気にならずに再加入することを前提に契約するというのもなんだかおかしいですよね。初めから更新せずに10年間だけ、20年間だけと決めているのならいいですがそうでないのなら再加入型は辞めたほうがいいでしょう。


また、更新するよりも保険料が安く済むというのが謳い文句ですが、実際はそもそもの保険料が高めに設定されていて病気をしていなくても他の保険よりも保険料が高いということもあるそうです。


再加入型の定期保険はネット生保などに多いです。再加入の仕組みを知って納得したうえで加入するのならいいいですが、しっかり確認せずに加入するというのは避けましょう。

まとめ

定期保険には更新型と再加入型があります。更新型の場合は補償期間が過ぎても審査なしで更新することが可能です。ですから途中で病気になってしまった場合も告知の必要はありません。


ですが再加入型のばあいは、もう一度健康状態の告知が必要になります。病気の場合再加入できない可能性も出てきます。再加入型は更新するよりも保険料が安く済むというのが謳い文句ですが実際は元々の設定が高く決して安くないことも多いです。定期保険に加入する際は1つの保険会社のものだけでなく、複数検討してみるようにしましょう。


また、更新時は保険見直しのチャンスでもあります。定期保険を続けるのか、終身保険に切り替えるのか、両方併用して加入するのかライフスタイルに合わせて検討してみましょう。自分だけで判断するのが難しい場合は保険相談サービスなどを利用するのもおすすめです。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説