個人年金保険の保険料と税金控除のメリットを全て解説します

個人年金保険は近年有名な金融商品ですが、支払った保険料で税金が控除される仕組みが存在しています。税金の控除には条件と上限がありますので、個人年金保険とその保険料の仕組みについてしっかりと学んで理解しておくことが大切になります。

個人年金保険の保険料と税金の控除の関係

個人年金保険は一般的には老後の生活資金を積み立てる金融商品であるというイメージがあります。このイメージは概ね合っており、保険料を積み立てることにより老後に利息を付けて返してもらえるのが個人年金保険の魅力です。しかし個人年金保険の魅力はそれだけではありません。この記事では、この個人年金保険の税金の控除というメリットについて紹介します。

かんたん積立シミュレーション

毎月1万円の積立で1000万円以上お得に!?
かんたんな6つの質問に答えるだけで、
個人年金/iDeCo/つみたてNISAを無料比較!

Q

あなたの年代を教えてください

20
30
40
50
1/6

一般的に保険料と税金の控除の関係について

現在の税制では一年間に支払った税金を対象として税金の控除が計算されます。控除額には一定の上限や条件がありますので人によってその金額が異なりますが、年末調整時や確定申告時に申請することによって期待できるものであると言えますので控除の仕組みを知識として持っておくべきであると言えます。控除の仕組みを知らずに損をすることの無いようにしましょう。


個人年金保険は老後の資産形成を目的としていますので非常に長い運用を前提としています。しかし税金は1年と言うスパンで計算されています。これは毎年1月から12月を一区切りで考える仕組みになっているのです。したがってその1年に支払った保険料の金額が控除にとって重要な数字になるのです。

保険料を支払っていると税金が控除される

正確には個人年金保険の保険料を支払った場合、支払った保険料に応じて税金が控除される仕組みがあるということです。この控除の仕組みは自動的に処理されるものではありませんので、自分自身でしっかりと知識を身に付けて個人年金保険と税金関係を理解しなくてはなりません。個人年金保険の保険料をどれだけ支払ったのかはもちろん、他の生命保険料控除の対象となっている保険についてもどれだけ支払ったのかも重要です。

個人年金保険の保険料は生命保険料控除の対象

個人年金保険の保険料は生命保険料控除の対象となります。生命保険料控除には、一般生命保険料控除、介護医療保険料控除、個人年金保険料控除の3つに分類されます。次の見出しで説明するように、税制適格特約がついている場合は一般生命保険料控除と個人年金保険料控除の対象となりますが、税制適格特約がついていなくても一般生命保険料控除の対象となります。しかし、控除額には上限があり、他に入っている生命保険の保険料の分も控除され、すぐに上限を迎える場合は多いので、実際どのくらい控除されるかはそれぞれ把握しておく必要があるでしょう。

税制適格特約がついている場合は、個人年金保険料控除の対象

税制適格特約が付いている場合は、一般生命保険料控除に加えて、個人年金保険料控除の対象となるので、控除の上限額があがります。また個人年金保険料控除の対象となるのは、個人年金保険だけなので、他の保険の保険料については考える必要がありません。そのため、一般生命保険料控除の分と、確実に控除される個人年金保険料控除の分だけ控除され、お得であると言えます。

個人年金保険の保険料と税金について

もちろん保険料を支払えば支払うほど税金が安くなるというものではありません。生命保険などのその他の保険料による控除と同じく上限が設定されていますので、その範囲内で恩恵を受けることになるものであると理解しておきましょう。また加入時に保険料を決める際に、税金が控除されるだけの保険料に設定するのではなく、将来的に用意したい生活資金と準備できる保険料に基づいて検討すべきですので、注意してください。


保険料控除

個人年金保険の保険料で税金を控除してもらうために必要な手続き

個人年金保険で支払って保険料の分は確かに税金から控除される仕組みが存在しています。しかしながらその仕組みは自動的に動くものではありませんので自分でしっかりと準備する必要があります。具体的な手順について知らないと損をしてしまうことになりかねませんので注意が必要です。

サラリーマンなら年末調整で提出を

給与所得者であるのであれば、個人年金保険料を支払っている証明書を会社に提出して年末調整の際に考慮してもらうことが必要になります。そのチャンスを逃してしまう場合、自分で手続きをすることになってしまいますので面倒であると感じる場合にはチャンスを逃さないようにしましょう。

個人で手続きするなら確定申告で

税金関係の手続きは必要に応じて最終的に確定申告で行うことになります。確定申告では必要書類を作成して届け出る必要がありますので自分で色々と調べる必要があると言えるでしょう。この仕組みについては正しく学んでおくことが大切になります。ただ待っているだけで自動的に税金の控除が行われるわけではありません。

かんたん積立シミュレーション

毎月1万円の積立で1000万円以上お得に!?
かんたんな6つの質問に答えるだけで、
個人年金/iDeCo/つみたてNISAを無料比較!

Q

あなたの年代を教えてください

20
30
40
50
1/6

まとめ

個人年金保険は老後の資産形成のための魅力的な金融商品であるということは間違いありません。しかしながら単なる積立だけではなく、支払った保険料に応じて税金が控除される仕組みも存在しています。それらの恩恵を全て受け取るためには個人年金保険と言う仕組みについてしっかりと学んでおくことが必要になります。待っているだけでは控除されませんので知って行動することが大切です。

ランキング

  • 個人年金保険の受け取り金に課税される税金の種類とその条件を解説
  • 個人年金保険を解約した場合、解約返戻金の税金の負担はどうなるのか
  • 個人年金保険の一括受取を選択した場合の税金の計算方法を解説!
  • 要注意!個人年金保険は払うときも、貰うときもかかる所得税に注意!
  • 個人年金保険に加入する時の税制適格特約ってなに?特約を徹底解説!
  • 個人年金保険における全期前納払いの仕組みについての基礎知識
  • 個人年金保険の年金受取時にかかる雑所得と押さえておくポイント
  • 個人年金保険料控除とは何か?知っておきたい節税対策と契約形態!
  • 個人年金保険の契約と源泉徴収の仕組みについて知っておきましょう
  • 個人年金保険を受け取るとき、確定申告が必要になるのはどんなとき⁉
  • 個人年金保険控除を年末調整で受ける際の必要な条件や注意点とは?