老後資金のための安心できる個人年金保険の仕組みについて学ぼう

老後の資産形成のために個人年金保険を活用するのは賢い方法です。老後の備えではありますが、個人年金保険は税金の控除など、毎年のように恩恵を受けることが出来る仕組みもあります。また他の老後資金のための方法についても紹介します。

老後の資産形成のために個人年金保険を活用するメリットについて

個人年金保険で老後の資金を作ろうとする試みはたくさんのメリットがあります。その仕組みについてしっかりと知っておくことにより、的確な判断をすることが出来るようになりますので知識を身に付けることはとても大切です。現代社会では老後の備え方に関する選択肢は沢山ありますので、それらの中から自分に合ったものを選択することが大切です。

個人年金はリスクの小さい安全な運用です

お金は増やしたいけれど投資には手が出せないという性格の人がいます。そのような人にとって定期預金は堅実な方法ですが、個人年金保険は元本保証もされており、老後の生活資金形成のための定期預金のようなものであると言えるでしょう。金利は定期預金よりも良いので、長期間の運用を前提とするのであれば安全にお金を増やせる方法です。

税金の節約もできるのが個人年金保険

個人年金保険は老後の資産形成が目的ですが、その恩恵は老後まで待たずに受けることが出来ます。それは毎年の税金の控除に関するものです。個人年金保険として支払った金額については一定の条件に基づいて控除される仕組みがありますので、年末調整や確定申告を利用して手続きをすることで毎年恩恵があります。

老後のために個人年金保険を活用するデメリットについて

一般にメリットが多いと考えられている個人年金保険ですが、老後の資産形成の方法には他にもたくさんの方法があります。それらに比べてデメリットに当たる部分もありますので注意しておきましょう。大切なのは金融商品としての特徴を理解することであり、情報を得ることで適切な判断をすることが出来るようになります。

必ずしもリターンは大きくないです

老後の資産形成を目的とした個人年金保険の場合、運用期間が非常に長くなるのが一般的です。しかしながら、そのような期間の長さを考慮すると決して利率が良い商品とは言えません。元本保証など安全性が高いのは魅力ですが、リスクを負うのであればより利率の高い資産運用の方法はいくらでもあります。リスクを取れるなら最良の方法ではないかもしれません。

長期間の運用と中途解約のデメリットについて

定期預金などもそうですが、個人年金保険の場合には老後の資金を作るという性質上、長期間の運用になる場合が多いです。しかしながら中途解約するということは元本割れをするリスクがあるというデメリットがあるので、余裕資金の範囲内で運用するようにしないと損失になることがあります。

個人年金保険の落とし穴について知っておきたいこと

個人年金保険は老後の生活資金を作るうえで堅実な仕組みであるということは間違いありませんが、絶対に損をせずに安心であるというものではありません。リスクは低いですが、損失になる可能性も0ではありませんのでそのようなケースについても理解しておくことが大切です。レアケースかもしれませんが意識しておくことは大切です。

個人年金保険の運用保険会社の破綻のケース

かつて個人年金保険を運用していた会社が破綻したケースがあります。その様な場合においては運用資金が失われたという問題が発生しましたので、可能性は低いもののその様なことが実際に起こりうるということを意識しておくことが大切です。老後資金の全てを集中させないことは大切です。

急激なインフレのケース

現代日本の社会は長引くデフレ社会ですが、老後に向けてインフレが発生した場合は個人年金保険の固定金利の仕組みが足を引っ張る可能性があります。額面上は桶名が増えたとしても、お金の価値の変動がインフレによって減価すれば実質的に資産が増えていない、むしろ損をしているという状況に陥る場合があり得ます。

個人年金保険で老後の資金を作るのは最良の選択肢なのか

老後の資産形成だけに注目数であれば、個人年金保険以外にもたくさんの選択肢があります。個人年金保険はリスクが非常に小さい選択肢である一方、大きく増やすことには向いていません。老後のために堅実な方法を選択する人にお勧めの方法です。この様な特徴については理解しておくべきであると言えるでしょう。

個人年金保険はとても堅実な方法

老後の資産形成を目的とした個人年金保険は定期預金にも似ている仕組みがあります。運用を任せることにより、満期には固定金利で増えた分を受け取ることが出来る仕組みです。このため長期的には必ずお金が増えるという性質があり、老後の資金作りのためには最適なものであると言えます。ただし金利はそれほど高いものではありませんので、大きなリターンは期待できないです。

リスクが全く無いというわけではありません

安全性が高くリスクが低いのが個人年金保険の魅力ですが、さきほど説明したように、保険会社の破綻やインフレリスクなど、完全に無いというわけではありません。そして社会情勢によっては長期の運用に見合うリターンが期待できるとも限りません。他の金融商品での運用の方がメリットがある場合もありますのでしっかりと比較検討する姿勢は必要になります。

定期預金や確定拠出年金、投資信託などの方法について

  • 定期預金

定期預金は、銀行に一定期間あづけるという方法です。個人年金保険より利率が低いので、大きなリターンを求めるにはあまり適していないですが、それでも途中解約をしても、少し利率が下がるものの、元本保証されており、個人年金保険と違って、損をするリスクは少ないです。途中解約のリスクが少しでもありそうだなと思った人は、個人年金保険よりも定期預金をおすすめします。


  • 確定拠出年金

確定拠出年金は、自分で投資商品を選び自分で運用する投資商品のため、手数料が低いこともあり、個人年金保険よりはリターンが大きいです。最近までは公務員や専業主婦の方は利用できなかったのですが、2017年1月から公務員、専業主婦の方も利用できるようになり、おすすめの投資商品です。


  • 投資信託

投資信託とは、投資のプロにお金を預けて、運用してもらうというものです。元本割れのリスクは他と比べて高いですが、その分大きなリターンを得られる可能性があります。もしお金に余裕があり、リスクをとって大きなリターンを得たい人でしたら、投資信託がおすすめです。


老後

まとめ

個人年金保険は老後の生活資金を工面する方法としては堅実な選択肢ですが、それは万能で確実なものであるというわけではないということを理解しておくべきです。仕組みを理解して上手に利用することが何よりも大切であると言えます。安全性に配慮するのであれば、老後の資産形成のための手段を一極集中させすぎないことが大切になってくると言えるでしょう。

ランキング

  • 個人年金保険による備えは、30代から考えておくのがおすすめ
  • 公務員なら加入しておきたい個人年金保険の必要性を解説します
  • 老後の経済的なリスクに備える女性の個人年金保険の基礎知識
  • 親が掛け金を支払うことで、子供を個人年金保険に加入させられます
  • 個人年金保険と生命保険の目的、加入すべきタイミングの違いについて
  • 個人年金保険で損をするケースについて把握するようにしましょう
  • 個人年金保険にあえて60歳から加入するメリットとデメリット
  • 個人年金保険とインフレリスクの関係についての必要最低限の基礎知識
  • 個人年金保険の世帯加入率は23%ほど!年齢別、収入別に解説します!
  • 学資保険と個人年金保険に併せて加入することによる問題の有無を解説
  • 通販型の個人年金保険におけるメリット・デメリットと注意点を解説!
  • 個人年金保険は将来の備えのための資産形成を目的としたお得な保険
  • 個人年金保険が不要であると考えられる3つのケースとその理由
  • 個人年金保険はそんなにお得!?個人年金保険のメリットを詳細解説!
  • 個人年金保険の注意すべきデメリットを7点に分けて平易に解説!
  • 個人年金保険は何歳から加入して何歳から受け取るのが一番お得?
  • 20代から始める個人年金保険 将来のために今からためましょう。
  • 50代こそ知っておきたい!!個人年金保険なくして老後資金は大丈夫!?
  • 個人年金保険は40代から入っても大丈夫なの?気になる老後の不安
  • 個人年金保険は何歳まで加入できるのか、そして最適な年齢とは?
  • 老後資金を個人年金保険で準備するメリット・デメリットについて
  • 個人年金保険は老後の備えのために必要?ずばり解説します!