個人年金保険の仕組みを利用して老後の生活資金を積立をしよう

個人年金保険は保険料の積立による老後のための資産形成法です。自分の年金を自分で用意するというのが個人年金保険の目的ですので、どのような形で払い込んだ保険料の積立を行うのかについてもしっかりと検討をして決めておくことが大切です。

個人年金保険の仕組みは老後の年金を自分で積立てること

老後の生活資金として年金を当てにしている人は少なくありませんが、自分で自分の年金を積立てて準備する個人年金保険という商品が人気を集めています。若いころから少しずつ積立を行い、将来的に元金に利息を添えて返してもらえるのがこの個人年金保険の魅力であると言えるでしょう。

個人年金保険は自分で用意する年金

個人年金保険は通常の年金とは異なり、自分で自分の年金を積立てる形で積立て用意するものです。このサービスが個人年金保険と呼ばれるのはそのためです。長い期間をかけて積立てることにより、通常の年金とは別に老後の生活資金を確保するものです。この仕組みは様々なメリットがあるため、近年人気を集めています。

運用期間がとても長い個人年金保険

個人年金保険は老後に払い込んだ保険料に利息を添えて返してもらえる仕組みです。そのため仕組みが定期預金に似ていると感じる人もいますが、運用期間が非常に長いというのが特徴になっています。この間解約は原則として行えませんので、生活に必要のない範囲内で個人年金保険を支払うようにすることが大切です。




個人年金保険と銀行や郵便局などの定期預金の積立の違いについて

個人年金保険は払い込んだ保険料に対して満期を迎えた後で、予め定められている利息を添えて支払ってもらえるという仕組みの金融商品です。そのため積立てた分、額面上は必ず増えるものであると言えるでしょう。しかしながら定期預金とは違い、個人年金保険はあくまでも保険です。その点についても理解しておきましょう。

非常に長期間で利率も恵まれている積立法

個人年金保険は老後の生活資金の確保のために行われることが多いことからも分かるように、運用期間が非常に長く、老後のための資金の積立方法としては最適です。定期預金と比較しても利率が優れていると言える為、長期間手元から離れても良いお金で行うべきものであるということが出来るでしょう。

積立だけではなく節税効果も期待できる

個人年金保険にはいくつかのメリットがありますが、その中には税金に関係する分野も含まれています。この個人年金保険を契約して保険料を支払うことにより税金面で恩益を受けることが出来るのです。この点は定期預金などにはないメリットであると言えるでしょう。預金ではなく保険料の積立であるというところが違うのです。面倒な手続きのように感じる場合がありますが、実際にはとても簡単な仕組みです。

個人年金保険による老後の生活資金の積立のメリットについて

個人年金保険は定期預金などの預金とは異なり、保険料の支払いであるという仕組みになっています。そのため使った保険料の分だけ税金の控除を受けることが出来ます。この点は知られざる個人年金保険のメリットであると言えるでしょう。この仕組みを活用することで定期預金よりもはるかに大きなメリットがあるのです。

定期預金よりも高い利率と安全性が魅力

個人年金保険による積立の最大の魅力は満期まで継続すればほぼ元本割れが無いという安全性と、定期預金以上に運用益が期待できる利率です。それらが両立している金融商品であるため、老後の生活資金の積立のための方法として活用することが出来るのです。特に安全性の高さは魅力であると言えます。

税金の控除はしっかりと手続きを

個人年金保険を契約することにより税金の控除を受けることが出来るようになるという仕組みは、知らないと損をするものです。サラリーマンの場合には年末調整がありますが、そうでない場合には毎年確定申告で申告をする必要があるのです。この手続きにより、税金の控除が行われます。

個人年金保険で老後の資金を積立てる場合の注意点

個人年金保険を活用して老後の資金を積立てるというのは非常に堅実な方法であると言えますが、注意しなければならない点も存在しています。それは中途解約をしないというものです。中途解約をしてしまうと個人年金保険の恩恵を受けられないばかりか、デメリットを受け入れなければならなくなる場合もあるので注意が必要です。

中途解約は絶対避けるべき

いくつかある注意事項の中で個人年金保険の中途解約は最ももったいない選択肢の一つです。固定金利の金融商品である個人年金保険は満期まで積立を継続することを前提とした仕組みであり、払込期間中の解約の場合には元本割れのリスクがあります。折角の積立が非常にもったいないことになりますので無理なく計画することが重要です。

リターンは少なめなのでよく考えて

個人年金保険は安全性が非常に高いという特徴がありますが、その分リターンは少なめとなっています。元本割れのリスクを最小にしつつ上手に増やしていきたいと考えている人にとって魅力的なプランです。安全性が高いため高いリターンは期待できません。そのため無理をしすぎない程度に積立てを利用した方が結果的に良いと言える場合もあります。

まとめ

個人年金保険は保険料を支払うことによって将来利息を添えて返してもらうことを前提としているものです。満期まで契約することによって多くのメリットがあります。必要な仕組みを理解し、そのために必要な手続きにも関心を持つようにすると良いでしょう。安全性の高さから老後の資金の調達に最適と言われていますので、少しでも早い内から準備を始めるのが良いでしょう。

ランキング

  • 個人年金保険による備えは、30代から考えておくのがおすすめ
  • 公務員なら加入しておきたい個人年金保険の必要性を解説します
  • 老後の経済的なリスクに備える女性の個人年金保険の基礎知識
  • 親が掛け金を支払うことで、子供を個人年金保険に加入させられます
  • 個人年金保険と生命保険の目的、加入すべきタイミングの違いについて
  • 個人年金保険で損をするケースについて把握するようにしましょう
  • 個人年金保険にあえて60歳から加入するメリットとデメリット
  • 個人年金保険とインフレリスクの関係についての必要最低限の基礎知識
  • 個人年金保険の世帯加入率は23%ほど!年齢別、収入別に解説します!
  • 学資保険と個人年金保険に併せて加入することによる問題の有無を解説
  • 通販型の個人年金保険におけるメリット・デメリットと注意点を解説!
  • 個人年金保険は将来の備えのための資産形成を目的としたお得な保険
  • 個人年金保険が不要であると考えられる3つのケースとその理由
  • 個人年金保険はそんなにお得!?個人年金保険のメリットを詳細解説!
  • 個人年金保険の注意すべきデメリットを7点に分けて平易に解説!
  • 個人年金保険は何歳から加入して何歳から受け取るのが一番お得?
  • 20代から始める個人年金保険 将来のために今からためましょう。
  • 50代こそ知っておきたい!!個人年金保険なくして老後資金は大丈夫!?
  • 個人年金保険は40代から入っても大丈夫なの?気になる老後の不安
  • 個人年金保険は何歳まで加入できるのか、そして最適な年齢とは?
  • 老後資金を個人年金保険で準備するメリット・デメリットについて
  • 個人年金保険は老後の備えのために必要?ずばり解説します!