年収5000万の手取りは約半分?職業や貯金額、家賃など生活を紹介!

年収5000万の人の割合はわずか0.2%ですが、その人たちの手取りや、生活、職業等気になりますよね。実は年収5000万あっても税金を控除すると手取りは約半分になってしまうのです。今回はそんな年収5000万の人達の手取りや生活、余剰金の使い方について紹介します。

年収5000万の手取りは?

全体のわずか0.2%の年収5000万。これだけの超高収入は、皆さんも一度は夢見て憧れたことがあると思います。


「これだけあればなんでもできる」や「贅沢な暮らしができる」と思っている方も多いのではないでしょうか。


しかし、日本では年収=手取り(手元に残るお金)ではなく、年収から税金や社会保険料を引いた値が手取りとなりますよね。


年収5000万円の場合、収入の約半分が税金の控除に取られてしまい、2600万円前後の収入しか手取りとして得られないのです。


細かい手取りの計算方法に関しては、ページの最後で紹介します。


ぜひ最後までご覧ください。


年収5000万ってどんな人?

年収5000万を稼ぐ人は日本人口の0.2%以下、とわずかな割合でしかいません。


そんな少ない人数しかいない年収5000万の人の職業や生活水準について紹介します。


どんな家賃の家に住んでいるのか、貯金額はどのぐらいなのか、などここで明らかにしていきます。

年収5000万の人の割合は?

国税庁が実施した平成28年度の民間給与実態統計調査によれば、全国の給与所得者のおよそ0.9万人、全体の0.2%以下が年収5000万を超えています。


国税庁は年収2500万以上の統計調査を実施しておらず、独自調査によるものなので年収5000万を超える所得者はこの数字よりさらに少ない可能性があります。

年収5000万に多い職業

年代や性別・職種によって異なるため、一概に全てが年収5000万円とは言えませんが、年収5000万以上の職業をいくつか下記にまとめます。


  • 日本銀行総裁
  • 三菱電機取締役
  • トヨタ自動車取締役
  • 三菱UFJ信託銀行取締役
  • 篠山紀信のような超有名カメラマン
  • 外資系証券会社日本法人トレーダー
  • 1軍野球選手 etc...

一般的に年収と年商の概念が混同しており、年収5000万円となると企業よりも、古くからある財閥企業の方が取締役人数も少なく、報酬は高いです。


その他、今業績を伸ばしているゲーム業界では最高でも年棒1500万前後、上記を除くメガバンクでも3000万円ほどです。


こうしてみると年収5000万という数字がいかに難しいか、というのが見えてきます。もちろん、これはあくまで一例です。


税金対策で敢えて報酬を少なくし、資産を上げると言ったIT企業の社長クラスなどは、年収=生活水準ではないとも言えます。

年収5000万の最適家賃

一般的に家賃は、年収の20〜30%ほどが適正金額とされています。400万円の人ならば、月8〜12万円、と言ったところです。


その一方で30%の家賃は家計を圧迫されているとも言われています。そのため、25%で計算すると

5000万円×25%÷12ヶ月=104.2万円

となり、およそ104万円の家賃が最適となります。


わかりやすく言えば、都心の一等地にある超有名タワーマンションの上層階3LDKがここに該当します。


郊外となると、賃貸物件はなく専有面積250平米以上の戸建やリゾート物件、投資用の一棟貸物件などが該当します。


しかし、起業家や社長となると自身の住む物件も資産となるので、年収からではなく、会社資産として運用する方が多いようです。

年収5000万の貯金額はいくらほど?

半分以上が税金と社会保険料の支払いで消えてしまい、手取りが2600万円程度となると、貯金額もそれに伴って増減します。


生活費や交際費を考慮して、貯金額は年間平均1000万円ほどになります。


さらに言えば現金貯金ではなく、証券などで代用している人が多いのが実情です。


年収5000万円もあれば、維持するための支出や不労所得も含む年収なのかで大きく変わり、現金を持っている人は少ないようです。


あくまで平均値ですので、この貯金をどのように運用しているかで、支出も収入も大きく変動していきます。


他の資産運用に回せるだけの余裕がある、と認識していただくのが正しいです。

年収5000万円の人はどんな車に乗っているのか

年収5000万円の人はランボルギーニやフェラーリ、BMWなどのいわゆる高級車に乗っている傾向が多いです。


確かにプロ野球選手などは、高級車に乗っているイメージがありますよね。


また、中には高級車をコレクションしている人もいて、以上のような車を何台も保有している人もいるようです。



年収5000万円から控除される額を詳しく見てみる

年収から税金や社会保険料を除いた額が、手取りの収入になります。


そのため、既婚・未婚、保険内容など人それぞれで変動しますが、既婚で手取りは約2650万円、独身で手取りは約2600万円ほどです。


年収5000万円を稼ぐ人が実際に手取りで得られる額は、およそ2600万円前後しかないということです


つまり、稼いだ額の半分近くが税金として引かれてしまうのです。


具体的に税金や社会保険料について見ていきましょう。

手取りの計算:税金

国民の義務として収めるべき税金は、所得税と住民税の2種類があります。


それぞれ収入によって割合が異なりますが、額面年収5000万円の人が収める額を紹介します。


扶養の条件などで金額は変わってきますが、例として以下の条件で計算します。


  • 額面年収5000万
  • 配偶者あり
  • 子供(扶養)一人
  • 東京在住


所得税

所得税は所得が高いほど税率が上がる累進課税率方式となっています。年収4000万以上は45%となりますので、年収5000万の税率は45%です。


上記の条件で計算すると、所得税はおよそ1227万円になります


住民税

住民税は、都道府県民税と市市町村民税(東京23区は特別区民税)を総称したものです。


税率はおよそ10%となり、これに地域によって異なる均等割が合算されます。


上記の条件で計算すると、住民税はおよそ421万円になります。


これを合算すると、年収5000万円の人の税金は

1227万円+421万円=1648万円

もの金額になるのです。


続いて社会保険料についても見てみましょう。

手取りの計算:社会保険料

社会保険料には、健康保険・厚生年金・雇用保険の3種類があります。


それぞれ、先ほどと同様の

  • 額面年収5000万
  • 配偶者あり
  • 子供(扶養)一人
  • 東京在住

の条件に当てはめて計算します。


健康保険

健康保険は、病気で治療を行う際にかかる医療費を国が一部保証してくれる、公的な医療保険で、その財源を納める保険料です。


上記条件で計算すると、健康保険料はおよそ205万円になります。


厚生年金

厚生年金は、老後あるいは障害・死亡時に給付するもので、その財源を収める保険料です。

70歳未満の方が加入対象となります。


上記条件で計算すると、厚生年金保険料はおよそ457万円になります。


雇用保険

雇用保険は、失業者や育児・介護休職をとった労働者、60歳以上で企業勤務している労働者に対し給付されるもので、その財源となる保険料です。


上記条件で計算すると、雇用保険料はおよそ43万円になります。


これを合算すると、年収5000万円の人の社会保険料は

205万円+457万円+43万円=705万円

もの金額になるのです。


税金と社会保険料を足し合わせて、年収5000万円からおよそ2353万円が年収から引かれてしまいます。


そうなると、手取りとなるのはおよそ2647万円になり、半分近くが引かれてしまうメカニズムがわかっていただけたのではないでしょうか。


もちろん条件によって多少は前後しますが、大きく異なることはありません。

年収5000万の手取り額は約2600万円

ここまでで年収5000万円の人の手取り収入から生活水準、資産運用まで紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは

  • 年収5000万円でも手取り収入は約半分
  • 年収5000万を稼ぐ人の生活水準
です。


いくら年収5000万円といっても、税金と社会保険料で手取りは半分ほどになってしまいます。


それゆえ想像するほど多くのお金を得ていないことが分かりました。



ほけんROOMでは他にも読んでいただきたい、お金やライフスタイルに関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング