医療保険に入る時には、逆流性食道炎のことを伝えておきましょう

逆流性食道炎の患者が医療保険に入る場合、逆流性食道炎であることを告知した上で医療保険に加入することが基本となります。まずは、自分の入りたい保険が疾患があっても入れるのかどうかを調べた上で申し込みをすることが大切になります。

逆流性食道炎の罹患経験者は医療保険に加入できるのか

逆流性食道炎の患者であっても、入ることができる医療保険は数多く存在します。

ですが条件がつく場合もあることを知っておきましょう。


もちろん告知を行うことは必須となりますので、検査の結果や手術をしたかどうかなどを告知しておきましょう。


告知書がセットになっているため、申し込みをする際に自分で記入する必要があります。

保険会社によって現在通院している分だけを書けば良い場合や、過去数年にわたって記入をする必要も出てきます。


漏れがないように過去のことを思い出して告知を行いましょう。 

逆流性食道炎の罹患者が医療保険に加入しづらい理由

逆流性食道炎の患者が医療保険に入りづらい理由として、通院が定期的に必要な病気であることと完治しづらい疾患であることが挙げられます。

また逆流性食道炎は食道がんなどのリスクも高まる場合があるため、がん保険などの医療保険に入りづらくなるケースもあるのです。


通常の医療保険では審査が厳しいところもありますが、会社によって雰囲気は全く異なります。

もちろん逆流性食道炎でも、保険に入れない訳ではありません。 

告知義務違反に注意

逆流性食道炎であることを隠して医療保険に入った場合、告知義務違反とみなされることがあります。

もちろん告知が不要な無選択型保険などではこの限りではありませんので、医療保険に入る場合には必ず逆流性食道炎であることを伝えるようにしましょう。

その場合には逆流性食道炎の診断結果や状況などを伝える必要があります。 


もし逆流性食道炎であることを隠していた場合、ペナルティがある場合もあります。

告知義務違反があった場合には保険金が受け取れなくなったり、これから保険に加入する際に不利になったりすることも多いため、必ず守らなければならない義務です。 


うっかり書き忘れたなどの場合には、すぐに対応することで告知を追加することもできます。

気がついた時点ですぐに行動を起こすようにすれば、トラブルにもつながりにくくなります。

逆流性食道炎の罹患経験者でも入りやすい医療保険

逆流性食道炎にかかったことがあっても、引受緩和型の医療保険なら比較的入りやすくなっています。

疾患があっても入れると言う医療保険は多くなっていますので、逆流性食道炎の診断を受けた場合には、告知が少なくても入れる医療保険を選択しましょう。

告知が不要な無選択型保険も逆流性食道炎の患者には適しています。 


もちろん逆流性食道炎は程度も個人によって大きく異なるため、通常の医療保険でも入れることがあります。

引受基準緩和型

引受基準緩和型は、健康状態の問題で通常の保険に入れない人でも基準を緩くすることで入りやすくなった医療保険です。


もちろん告知は必要になりますが、審査が通りやすいので逆流性食道炎であっても加入できるケースが多いのです。 


この緩和の基準は保険会社によって違うので、引受基準緩和型であれば必ず加入できるかと言えばそうではありません。


申し込んでみないと分からないこともありますので、通常の保険に入れなかった場合に試してみるようにしましょう。

無選択型

無選択型の医療保険は、告知が必要ないタイプの医療保険です。

ただし、ほとんどの人が入れるようになっているため保険料が割高になっていることが特徴でもあります。 

逆流性食道炎の診断を受けて他の保険に入れない場合でも、対応が可能です。


どうしても医療保険に入っておきたい時には、検討しておきましょう。

引受基準緩和型と無選択型の注意点

引受基準緩和型の医療保険は、審査があるため状況によっては入れないケースも出てきます。

無選択型の医療保険の場合には、通常の保険に比べて保険料が高いため、利益を得ることが十分にできないケースもあります。


逆流性食道炎であり、通常の保険に入れない場合に検討することが大切です。 

まずは通常の医療保険への加入をトライしよう

逆流性食道炎であっても、程度によっては通常の医療保険に入れることがあります。

また保険会社によっても対応はさまざまです。

医療保険を申し込むだけならお金もかかりませんので、まずは通常の医療保険を申し込んでみましょう。

いくつか申し込んでみれば、審査に通ることもあります。


逆流性食道炎は保険会社によっても扱いが異なることが多いので、チャレンジする価値はあると言えるでしょう。

加入できるかどうかは保険会社次第

逆流性食道炎の患者であっても、保険会社によっては何の問題もなく加入できることがあります。

保険会社によって審査基準が異なるため、まずはいろいろな医療保険を申し込んでみることが、条件の良い保険に加入するための方法となります。


通常の保険の方が、疾患がある人向けの保険より、保険料も割安で見返りも大きいからです。 

まとめ

逆流性食道炎だからと言って、医療保険に入れない訳ではありません。逆流性食道炎であることをきちんと告知した上で、通常の医療保険を申し込んでみましょう。

無理だった場合には無選択型や引受基準緩和型の医療保険もありますので、逆流性食道炎の患者でも医療保険に入りやすくなっています。 

ランキング

  • 医療保険は不担保をうまく使うと保険料を抑えることができます。
  • 盲腸になりました。盲腸の場合医療保険の給付はおりますか?
  • 虫歯などの治療が高額になってしまった時に医療保険は適用されるのか
  • 持病があっても諦めないで!医療保険の入り方と告知書のポイント
  • 子宮の病気があっても部位不担保にならない医療保険はある?
  • 医療保険を申込んだら部位不担保が付いた…検討するポイントはコレだ
  • 医療保険にも免責期間があった!免責期間の謎を解き明かします。
  • 腰痛の治療でも医療保険を使えるのか?腰痛と医療保険の関係。
  • 髄膜炎にかかってしまった。入れる医療保険と種類をご紹介します。
  • 無選択型医療保険を検討するなら、貯蓄も解決策として検討すべき。
  • 男性は特に危険です!脳卒中の危険に医療保険で対策しておきましょう
  • ピロリ菌感染者が医療保険に加入する際に知っておくべきこと
  • 気づいたら糖尿病でした!気づいたら医療保険も入っていません?!
  • よく聞く内視鏡検査とは?公的医療保険も適用!なぜ必要なのか?
  • 無職の時って医療保険に加入できる?まずは知っておきたい公的保障
  • 医療保険に加入しているけれども、請求するときはどうしたらいい?