医療保険の特約とは?がんや女性にも必要?選び方とおすすめを解説!

医療保険には、がん特約や先進医療特約など、さまざまな特約があります。しかし安易に特約を付加してしまうと、保障に見合わない保険料を払いつづけることに。そこで今回は、特約のメリットとデメリット、特約の選び方、おすすめの特約を中心に解説します。

医療保険の特約とは


医療保険には特約を付加することができます。


特約とは、基本保障でカバーできない部分を選んで任意に付加できるオプションの契約のことです。


非常に多くの種類があるため、どの特約を付加すればいいか迷っている方もいらっしゃるでしょう。しかし、自分に合わない特約を安易に付加してしまうと、得られる保障に見合わない割高な保険料を払いつづけることにもなりかねません。


そこで今回の記事では、以下の内容を中心に解説します。

  • 特約の種類
  • 特約のメリットとデメリット
  • 特約の選び方
  • おすすめの特約
  • 特約の必要性

この記事を読んでいただければ、医療保険の特約についてを理解し、自分に本当に必要な特約が選べるようになります。


ぜひ最後までご覧ください。

医療保険の特約の特徴と種類

医療保険には主契約特約があります。

  • 主契約:保障のメインとなる部分で、基本的に内容の変更はできない
  • 特約:オプション部分で、任意の内容を選んで付加することができる

主契約が基礎部分、特約は上乗せ部分と考えることもできます。


主契約は、一般的に入院給付金と手術給付金で構成されていますが、特約はさまざまな保障内容から選んで付加することが可能です。


そして特約は、大きく以下の3種類に分類されます。

  • 主契約の保障に上乗せをするタイプ
  • 特定の病気やけがの保障に特化したタイプ
  • そのほか特殊な状況に対応するタイプ
特約は保障内容が多岐にわたるからこそ、自分に合うものを選ぶことが重要です。

医療保険の特約を付加するメリット

それでは自分に合う特約を選ぶために、まずは特約のメリットを見ていきましょう。


以下の3点です。

  • 必要な保障を選ぶことができる
  • 加入している保険の保障内容を把握しやすい
  • 後から追加や解約をすることもできる
それぞれくわしく解説していきます。

メリット①必要な保障を選ぶことができる

最大のメリットは、特約の種類の多さによって、自身が必要とする保障をピンポイントで選べることです。


入院や手術に不安があるなら基本保障に上乗せされるタイプを、特定の病気の対策をしたいなら特化型の特約を付加するといったように、主契約での保障が不足している部分を中心に選ぶことをおすすめします。

メリット②加入している保険の保障内容を把握しやすい

特約は主契約と同じ保険証券に保障内容が記載されるので、保障内容が把握しやすくなります。


特約の付加ではなく保険自体に複数加入した場合は、保険証券も複数枚になるので、管理が煩雑になることも少なくありません。


保障の被りを避けるように考えながら複数加入したり、複数の保険証券を管理したりする手間をかけたくない人にとっては大きなメリットといえます。

メリット③後から追加や解約をすることができる

特約は後から追加や解約をすることが可能です。


ただし注意点もあるので、それぞれ解説します。


特約を後から追加する場合は健康状態と年齢に注意

主契約だけでは可能保障が不足していると感じて、後から特約を追加することは可能です。


ただし、主契約のプランや現在の健康状態によっては追加できないことがあります。また、保険料は一般的に年齢に応じて高くなるので注意が必要です。


このように、特約を後から追加するのはデメリットもあるので、なるべく保険を契約する際に特約もいっしょに付加しておくことをおすすめします。


特約のみの解約は自由にできるが元本割れに注意

特約のみの解約は自由にできるので、定期的に見直して不要な特約は解約しましょう。


ただし、貯蓄性があるタイプの特約を付加していた場合は、解約による元本割れの可能性があります。


なお、元本割れの可能性ついては、貯蓄性のある保険全般にいえることです。特約にかぎらず、貯蓄性のある保険を検討する際には注意しましょう。

医療保険の特約を付加するデメリット

特約を付加するデメリットは、以下のとおりです。

  • 主契約を解約すると特約も解約される
  • 見直しや解約がしにくくなる
  • 給付条件が厳しい特約がある
それぞれくわしく見ていきましょう。

デメリット①主契約を解約すると特約も解約される

特約を残して主契約のみを解約することはできません


解約によるペナルティ自体はありませんが、新しい保険に加入するタイミングによっては保障が受けられない無保険状態になるリスクがあります。


特約は特定の病気や状況に特化していることも多いため、無保険状態のリスクはけっして低くはありません。もし保険を解約するのであれば、新しい保険の保障が開始されてからにしましょう。

デメリット②保険の見直しや解約がしにくくなる

主契約のみの解約ができないことは、保険の見直しや解約のしにくくさに直結します。


特約が付加されていることによって、不要な主契約が変更しにくくなるということです。


医療の進歩により日々新しい保険が登場している現代において、見直しや解約がしにくくなることは大きなデメリットといえるでしょう。


デメリット③給付条件が厳しい特約がある

特約のなかには、給付条件が厳しいものがあります。


例えば、長期の入院を保障する特約は、入院が短期化傾向にある現代では給付条件が厳しい特約ともいえます。


このように、時代の変化によって、発売当初とくらべて給付条件が厳しくなっている特約も少なくないので、注意が必要です。

医療保険の特約の選び方

ここまでは、特約のメリットとデメリットについてお伝えしました。


それでは実際に特約を選ぶ際のポイントと注意点について解説します。


大きく以下の3点です。

  • 受ける保障と払い込む保険料のバランスが取れているか
  • 保障内容と給付条件が自分に合っているか
  • 見直しや解約をすることを前提に選ぶ

①受ける保障と支払う保険料のバランスが取れているか

特約を付加することにより、当然ながら主契約だけのときよりも保険料は上がります。


自分が受けたい保障をすべて付加してしまうと、保険料が高額になり、家計を圧迫することにもなりかねません。受ける保障と支払う保険料のバランスは必ず意識しましょう。


本当に必要な保障のみを選ぶことももちろん重要ですが、自分が無理なく支払える保険料の額を計算してから特約を選ぶ方法もおすすめです。

②保障内容と給付条件が自分に合っているか

入院や手術に対する保障を上乗せしたい、特定の病気に対する保障を手厚くしたいなど特約を付加する目的と保障内容が合っているかは重要なポイントです。


また、給付条件が実際に満たせるものかどうかも注意が必要になります。


場合によっては、特約を付加するよりも特化型の保険に加入したほうが有利な場合があるので、特約を付加する際には保障内容と条件をよく確認しましょう。

③見直しや解約をすることを前提に選ぶ

特約を付加する際は、見直しや解約をすることを前提に選びましょう


特約によっては、付加によって見直しや解約がしにくくなるものがあります。とくに貯蓄性のある特約は、解約による元本割れによって、解約をためらうことも少なくありません。


また、一生涯必要だと確信できる保障内容であれば終身型でもよいですが、基本的には解約を前提とした定期型をおすすめします。

先進医療特約は保険料が割安で付加がおすすめできる

特約が必要かどうかは個々人によりますが、多くの人にとって必要性が高いと考えられる、先進医療特約をご紹介します。

先進医療特約は、先進医療費を保障する特約です。先進医療とは、高度な医療技術を用いた治療法のことで、医療費は全額自己負担とされています(参照:厚生労働省「先進医療について」

先進医療費は、非常に高額になることが少なくありません。200~300万円ほどかかることもあります。しかし、先進医療特約は、高額な医療費に対して保険料が割安で、月々100~200円程度で付加することが可能です。


先進医療特約は高額な先進医療費に対するリスクに月々100~200円程度で備えることができるため、多くの人にとってメリットが大きい特約だといえるでしょう。

特約が必要か不要かは自身がどこを重視するかによって変わる

特約が必要か不要かは自身がどこを重視するかによって変わります。


見直しや解約のしやすさを重視するのであれば特約よりも保険の複数契約がおすすめです。管理のしやすさを重視するのであれば特約を付加するメリットは大きいでしょう。


受けたい保障や支払う保険料なども含めたメリットとデメリットをふまえて自身に合う選択をすることが重要です。

がん特約や女性特約などの付加に迷ったら特化型の保険を選ぶ

がんや女性特有の疾病、そして三大疾病に対する保険は、特約と特化型の保険のどちらも商品数が豊富です。


メリットとデメリットをふまえたうえで、どちらを選ぶかどうしても迷うのであれば、基本的には特化型の保険に加入することをおすすめします。


医療の進歩によって日々新しい保険が登場している現代においては、特約の見直しや解約がしにくくなるというデメリットは小さくないからです。

まとめ:医療保険の特約に不安があるなら保険のプロに相談しよう

医療保険の特約について解約してきましたが、いかがでしたか?


この記事のポイントは以下のとおりです。

  • 特約は必要な保障を任意で付加できるメリットがある
  • 主契約の見直しや解約がしにくくなるデメリットもある
  • 支払う保険料と受ける保障のバランスを考えて特約を選ぶことが重要
  • 先進医療特約は保険料が割安で付加がおすすめできる

特約がいいか特化型の保険がいいかは、個々人がどこを重視するかによります。


健康状態や経済状況によっても選択肢は異なるので、定期的に保険や特約の見直しをして、自身に合うものを選びつづけることが肝心です。


なお、特約をふまえた保険選びに不安がある場合は、保険のプロ・FP(ファイナンシャルプランナー)に相談することをおすすめします。 


 マネーキャリアのFP相談は満足度93%で、何度でも無料で相談可能です。 


 下部のボタンから1分程度で予約できますので、ぜひご活用ください。

医療保険の選び方が知りたい方はこちらの記事もご覧ください

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング