がん保険の治療給付金とは?治療給付金付きの保険がおすすめな人は?

がん保険で受け取れる「治療給付金」を知っていますか?これはがんと診断された際に受け取れる給付金ですが、自分にとって必要かどうかを判断するのは難しいですよね。そこで、治療給付金について解説しながら、治療給付金付きのがん保険がおすすめな人を紹介します。

がん保険の治療給付金は重要なのか?

がん保険と簡単にまとめてしまいますが、がん保険にもいろいろな種類があります。

さまざまなプランや特約など数多くそのサービスが多くの保険会社から提供されています。


そのようなさまざまな種類の保険サービスの中で、自分の生活スタイルや不安な部分、あるいは自分の家庭環境なども含めた様々な事を勘案した上で、いざという時に役に立つ自分に合ったがん保険を選択する事が重要です。


がん保険のサービスの中にある、がん保険の治療給付金はどのような意味を持っているのでしょうか。

その役割は重要なのでしょうか。 


がん保険の治療給付金とは

保険会社によってがん保険の治療給付金の特徴に違いはありますが、がん保険の治療給付金とは医療機関でがんと診断された時や、がん治療を受ける為に治療目的で入院する、あるいは通院する時などにがんの治療に充てることが出来る、まとまったお金を治療給付金として支給してもらえるサービスのことを示します。 

治療給付金がもらえるタイミング

がん保険の治療給付金がもらえるタイミングとしては、それぞれの会社や選択しているコースによっても違いますが、まずは初めてがんと診断されたタイミングでがん保険の治療給付金をまとまった金額でもらえる場合もあります。

それ以降に始まるがんの治療のために入院を行ったタイミングでも治療給付金は支給されます。


また、退院後に行われる再発予防のがん治療のための通院が行われたタイミングでもがん保険の治療給付金は支払われるのです。 

がん入院給付金やがん手術給付金とは別

がん保険の治療給付金は、がんで入院をした時に支払われるがん入院給付金や、手術を行った時に支払われるがん手術給付金などとはその性質が違います。

近年はさまざまながん治療の技術が進化しており、入院や手術を行わないがん治療の選択も増えています。


がん保険の治療給付金は、入院や手術を行わない場合の治療、つまりは通院や手術以外でのがん治療の場合でも給付の対象になるのです。

一般的ながん治療に必要とされる金額

一般的ながん治療に必要とされる金額は、入院して手術を受けた場合に医療保険で自己負担分の費用と考えて20万程度必要になります。

しかしながら、手術の内容によってはもっと高額になる場合もあります。

また、手術して退院後も再発防止のための放射線治療や抗ガン治療は何年も続きます。


通算していくと数百万を超えるケースは少なくありません。 

こんな人に治療給付金付きのがん保険はおすすめ

一度にまとまったお金を用意できる自信がない人

がん保険の治療給付金の魅力は、初めてがんと診断された時やがん治療を行った時にまとまったお金が治療給付金として支払われることです。

思いがけずがんになった時に、一度にまとまったお金を用意する事が難しい状況の人には、治療給付金付きのがん保険がおすすめです。 

がんの治療に不安を持っている人

近年はがんの治療も目覚ましい発展を遂げており、その治療方法もたくさんあります。

自分に適したがんの治療を行えるか不安がある人も少なくありません。


治療給付金付きのがん保険に加入していれば、いろいろながん治療を選択しても、治療給付金が支給されるため安心です。 

がん治療給付金がついてるがん保険はこれ

オリックス生命「がん保険Believe[ビリーブ]」

オリックス生命のがん保険Believe[ビリーブ]は、がん治療給付金がついているがん保険です。

コースや特約によってその内容に違いはありますが、初めてがんと診断されたらがん初回診断一時金が支払われます。


がん治療で入院した場合にはがん治療給付金が支給され、がん治療で通院した場合にも治療給付金の支払い対象となります。


退院時の一時金支払いや先進医療の保証など、がんと診断されてからの入院・手術や退院時、その後の通院までをトータルでサポートしてくれるのです。 

メットライフ生命「GuardX」

メットライフ生命のGuard X(ガードエックス)は、がん治療給付金が付いているがん保険です。

コースや特約によってその内容に違いはありますが、充実した基本保証でがん治療をサポートしてくれるがん保険です。


入院や通院に関わらず公的医療保険の給付対象となる手術や放射線治療、抗がん剤治療のいずれか一つでも治療を受けた場合に治療給付金が一括でまとまった金額で支給されるがん保険です。


また、悪性新生物が最上位の進行度と診断されて、その日以降に入院や通院を行った時にもがん治療給付金が一括でまとまった金額で支給さるがん保険です。


その他にも所定のホルモン剤治療を開始した場合には、治療給付金が支給されたり、悪性新生物の診断確定後は保険料の免除が受けられるなど充実したサービスになっています。 

まとめ

がん治療給付金の付いているがん保険は、近年さまざまな治療方法が選択できるようになった時代背景にマッチしている非常に有効ながん保険であると言えます。

がんの診断を受けて治療を開始する時に、治療方法や入院に関わらずにまとまったお金が支給されることは、がんの治療に安心して専念できる心強い味方になります。


長期的にかかるがん治療の現状に合致しているがん保険と言えるのです。 

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • 注意!!「無制限」のがん保険を選ぶときに気をつけたいこと
  • 実は厳しい!? がん保険の通院保障が適用される条件を理解しよう!
  • がん以外の死亡は保障されない?がん保険の死亡保障の本当のこと
  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が
  • がん治療は諦めないで!公的医療保険による治療費補助の程度とは?
  • がんになったときはどのくらい治療期間が必要になってくるの?
  • がんにかかったときの治療費のうち自己負担額はいくらかかるの?