高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険

一生の内2人に1人ががんにかかる時代。がん保険に加入を検討している人も多いことでしょう。医療技術の革新進歩は目覚ましく、がん保険への人気も高まり陽子線治療に注目が集まっています。そこでがん保険では陽子線治療について給付金を出す保険商品が登場しています。

陽子線治療の治療費はがん保険でカバーできる?

がん保険はがんの治療に特化した保険ですが、高度先進医療特約を付ける事で、陽子線治療の費用をカバーします。

公的な健康保険においては陽子線治療は高度先進医療に分類されます。

健康保険では混合診療が禁止されているので、承認を得ていない独自の治療方法は健康保険給付の対象からは排除されるのが原則です。


しかし治療成績が高く患者にとって有用性が高い陽子線治療などの一部の治療法は高度先進医療に指定され、検査費や投薬費は通常の健康保険給付対象とされ、それらは3割の自己負担で済みます。


もちろん高額療養費も適用されます。

しかし先進医療として陽子線治療を受ける時の技術料は全額自己負担となります。


この自己負担部分の治療費をがん保険の給付金でカバーすることになります。

陽子線治療の治療には高額な技術費が問題になります。

がん保険の高度先進医療特約はこの点についてのリスクヘッジ手段として位置付けられます。 

そもそも陽子線治療とは

陽子線治療の仕組みは、水素原子から電子を除去して、陽子を巨大な加速器で加速しガントリーと呼ばれる照射装置で360度全方向からがん病巣を狙い撃ちする放射線治療の一種です。

陽子線治療のイメージ

陽子線治療のイメージ


体の奥に潜んだがん細胞も集中的に破壊する効果が認められています。

しかも周囲の正常な細胞を傷つけるリスクも低いため、陽子線治療は一部のがんでは手術と同等もしくはそれを上回る成績を出しています。


この事実に注目があつまり、がん保険でも特約事項に取り入れる商品が多くなりました。 

陽子線治療の相場

がん保険で陽子線治療に対して給付金対象にする場合が多いのは自己負担金の高額さにあります。

通常診療以外の陽子線治療そのものを受けるについては全額を患者自身が支払う必要があります。

大体300万円前後が必要になります。


大体のがん保険はこの負担金に備える特約を付けています。 

実際の治療では、陽子線治療の際に痛みや熱感を自覚することはなく、副作用も軽微なことが多いとされています。


がん保険で陽子線治療の特約をつける商品が増えているのは、患者への肉体的負担が小さい割には治療成績が良好なことがあげられます。

陽子線治療の実施医療機関は限られている

がん保険で陽子線治療に給付金をだす商品が増えていますが、陽子線治療実施施設は日本全国でも限られています。

陽子線治療を実施しているのは全国併せても12の施設病院のみです。

これは巨大な加速器を必要とし、施設建設費も莫大になるからです。


地理的に施設に日帰り通所が難しければ、一時的に宿泊滞在することが必要になります。

交通費や旅費などの費用も含まれば技術料のみならず高額な経済的負担を覚悟する必要があります。


がん保険はこの点をカバーするので陽子線治療特約は負担を相当軽減してくれることを期待できます。 

陽子線治療の利用者数はどのくらい?

陽子線治療の建設費は50-95億円と言われており、実際の運用に当たっては多数のスタッフを必要とするため年間あたりの運営費も高額になるため、収益をあげるためには技術料で回収する必要があるため技術料は高額に上ります。

そのため利用者は自己負担金を捻出できる人に限られます。

1施設あたりの陽子線治療を受ける患者は年間160-430人程度とされています。


がん保険で特約をつけて置けばお金が足りず治療断念という事態は回避できるでしょう。 


がん保険の先進医療特約とは

主な保証内容

陽子線治療は先進医療に分類される治療法です。

陽子線治療を受ける場合、検査や投薬などの一般医療は3割の自己負担ですみます。

一定額以上を支払えば高額療養費により後日一部が払い戻されます。


陽子線治療の技術料は全額を患者が工面しなければなりませし、後日の払い戻しもありません。

がん保険の先進医療特約は、この技術料の部分をカバーしてくれると言うものです。 

月々の掛け金

がん保険の先進医療特約とは、メインの保険部分では給付の対象とならない治療を特約を付加することでカバーすると言うものです。

特約をつけると平均的に言えば月々60円から100円の掛金がプラスされることにあります。


金額が僅少なこともあってがん保険の特約に陽子線治療を付加している人も少なくありません。 


がん保険の先進医療特約に加入する上で注意する点

実際に先進医療を受けた人は多くない

がん保険の先進医療特約に陽子線治療が取り入れられていますが、実際にこの治療を受ける人は限られています。

がん治療の基本は手術で摘出すること。

通常のがん治療では進行度に応じて手術や放射線に抗がん剤治療を、時には組み併せて実施されます。


この部分はもちろんがん保険でカバーできるものです。

陽子線治療の対象になるのは、顔面の鼻の奥や頸の骨にできたガンや口腔内に出来た悪性黒色腫などの手術が難しく従来の放射線治療では効果が期待できない特殊ながんが適応になっています。


陽子線治療に備えてがん保険の先進医療特約に加入している人は多いでしょうが、実際にこの治療の恩恵にあずかる人も思ったほど多くはありません。


ただし従来の治療では究明できないガンも治療可能になっているのも事実で、がん保険の先進医療特約に注目が集まっています。 

さらに、最近では治療対象のガンも増えており今後、陽子線治療を受ける人は増加すると予想されます。


治療実施数だけで、がん保険加入の際に保険内容を考えるのは早計かも知れません。

万が一のための備えには最適

がん保険に先進医療特約を加入しても実際には、陽子線治療等の先進医療を受ける人はさほど多くはありません。

しかし万が一に備えてがん保険加入の際に、将来陽子線治療という治療手段を選択できる環境にしておくことは意味があるといえます。 

ランキング

  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が
  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • 注意!!「無制限」のがん保険を選ぶときに気をつけたいこと
  • 実は厳しい!? がん保険の通院保障が適用される条件を理解しよう!
  • がん以外の死亡は保障されない?がん保険の死亡保障の本当のこと
  • がん治療は諦めないで!公的医療保険による治療費補助の程度とは?
  • がんになったときはどのくらい治療期間が必要になってくるの?
  • がんにかかったときの治療費のうち自己負担額はいくらかかるの?