【保存版】がん保険の分類と給付金・特約の種類を全解説!【選び方】

がん保険の保障や特約の種類は医療の進歩に伴い、日々進化しています。時代に合わせて種類も変わってきています。これからがん保険に加入する方に気を付けるべきがん保険の保障内容と特約を調査してみました。あなたにとって必要とする保障と特約の種類がきっとわかるはずです。

がん保険を保険期間で分類

がん保険を調べようとしていると、貯蓄型と掛け捨て型、終身型と定期型、のようにいくつか分類があります。

また、診断給付金(一時金)や通院給付金、抗がん剤治療特約など様々な給付金の種類、特約の種類があります。


これは年齢や家系ごとにオススメされるものがことなりますので、よく考える必要があります。


この記事では、

  • がん保険の分類(貯蓄型と掛け捨て型、終身型と定期型)
  • がん保険の保障/給付金の種類(診断確定保障、入院通院保障、手術保障)
  • がん保険の特約の種類
  • 年齢・家系毎のおすすめの選び方

をまとめていきます。


がん治療が先進的に改善されていて、がん保険の保障の選び方が難しくなってきている中で、がん保険選びで悩んでいることが少しでも解決することを祈っております。

まずはがん保険を保障期間と保険料で分類!

がん保険を調べていると、終身がん保険、定期がん保険、貯蓄型がん保険、掛け捨て型がん保険という言葉を見かけると思います。

皆さんはこれらの違いを理解できていますか?

特に、貯蓄がん保険と終身がん保険を同じものだと思っているなど、困惑している方はいないでしょうか?


簡単にまとめると以下のようになります。

分類掛け捨て型
がん保険
掛け捨て型
がん保険
貯蓄型
がん保険
保険期間終身タイプ定期タイプ終身タイプ
保険料割安割高かなり割高

保険期間と保険料で分類しましたが、これらの分類は保険期間と保険料以外の特徴もあります。

貯蓄型がん保険と掛け捨て型がん保険を分類

まずは、貯蓄型と掛け捨て型を解説します。

メリットとデメリットを考えましょう。


貯蓄型がん保険

貯蓄型のがん保険は解約返戻金がある点に特徴があります。

一定期間が終わると納めていた掛け金が戻ってきます。


もちろん、保障に加えての返戻金なので、保険料がかなり割高になります。

昨今の貯蓄保険ニーズの流れで誕生しています。

家計にかなり余裕があり、がんのリスクを補填したいという方以外はあまり考えなくても良いと思います。


掛け捨て型がん保険

掛け捨て型がん保険には終身がん保険と定期がん保険の2種類があります。

詳しくは次の見出しで解説します。


ここでは、がん保険の貯蓄型はあまり必要がないと考えています。

こちらで解説しています。

終身がん保険と定期がん保険を分類

がん保険には、期間で分けて終身型と定期型の種類があります。

特徴とメリット・デメリットを踏まえて見ていきましょう。


がん保険の終身型

がん保険の終身型のメリットは、解約しない限り一生涯続く保障です。

しかも、保険料も上がりませんので、生活スタイルを壊すことがありません。


年を重ねるごとに収入は上がるはずですので保険料が上がらなければ支払いも後々は楽になってきます。


しかし、定期保険と比べれば、がん保険に加入時は高くなる傾向にあります。

また、途中で解約するともったいない為、がん保険の見直し・乗り換えがしずらいところもデメリットとなります。

終身型内容
メリット加入時から保険料は上がらない
解約をしない限り保障は一生涯続く
デメリットがん保険に加入時、定期保険より保険料は高い
保険の見直し・乗り換えがしずらい

がん保険の定期型

定期型のがん保険のメリットは加入時の保険料の安さにあります。5年10年と期間を区切ってがん保険に加入するため、新しいがん保険が登場すると、見直しがしやすいです。


しかし、10年でがん保険の契約期間が終了し、また、同じ内容のがん保険に加入しようと思えば、確実に保険料は上がります。

最近では80歳まで更新できるがん保険もあるようですが、果たして保険料が賄えるかは疑問です。


定期型内容
メリット終身型より加入時は割安
がん保険の見直し・乗り換えがしやすい
デメリット更新するたびに保険料が高くなっていく
年齢の制限があり、一生涯の保障ではない

がん保険の主な保障内容の種類

がん保険には様々な種類の保障の内容があります。保障内容の内容を詳しく見ていきましょう。

診断確定保障(診断給付金)

がんと診断された場合、真っ先に給付されるお金が、診断確定保障になります。

がんと診断されると、まとまったお金が給付され、契約内容ががんと診断されたら給付なので、家計への影響も絶大的でとても助かる保障といえます。

保険金の請求も毎週出来る場合もありますが、デメリットもありある程度まとめて請求したほうが良いので、診断確定保障で一時的にお金の問題を乗り切ることができることは非常に助かります。

がんの治療費は、手術で30万~130万円。科学治療で100万円。放射線治療で60万円ほどかかるようです。

診断確定保障の内容はしっかりと確認したほうが良いでしょう。

入院・通院保障

がん保険の種類の中に入院保障と、通院保障とあります。

入院保障はがんで入院すると保険金が支給されます。通院保障は通院すると保険金が支給されます。

最近のがん治療では入院日数が短くなっている傾向にあり、逆に通院で治療が増えてきています。

平成11年の統計では、入院患者166,100人に対し外来患者149,900人でした。

平成26年の統計を見てみますと入院患者が143,200人に対し外来患者は187,300人になっています。

このように、圧倒的に通院し外来での治療が増えています。そう言った理由でがん保険の通院保障が注目されていますが、がん保険の通院保障には、契約内容に注意が必要です。

がん保険の通院保障の内容は大きく2つに分かれてきます。


  • がん治療で入院しないと、退院後の通院が保障されない場合
  • 契約したがんの治療でなければ通院が保証されない場合

とあります。

入院しないと通院が保証されないがん保険の種類の場合、最近では手術の必要がないがん治療があったり、内視鏡などで日帰り入院で済んでしまい、あとは通院で治療していく場合もあります。

そうなってしまうと、通院の保険金は支給されず、がん保険に加入した意味がなくなってしまいます。

さらに、退院後の通院保障を期間で区切っている通院保障も多く、仮に退院後半年の保障であっても、治療が長引いた場合、半年後の負担は大きなものとなります。

通院保障のがん保険も一見、良いように見えますが、契約内容には十分注意した方がよいでしょう。


手術保障

がん保険の手術保障はがんの手術の回数に限りがなく受け取れる保障になります。

しかし、最近では抗がん剤治療・放射線治療・ホルモン治療と手術をせずにがんの治療をする方法も増えてきています。

がん保険の手術保障を受取る可能性は低くはなっていますが、がんに対する手術の治療方法は有効な場合が多いのも事実です。

例えば胃の一部を切り取るような手術になると130万円前後かかります。

保険料の支払いがあれば、手術保障をつけておいた方が良いでしょう。

がん保険の特約の種類

がん保険の様々な種類の保障を確認してきました。がん保険には特約にも様々な種類があります。

詳しく見ていきましょう。

主ながん保険の特約を解説!

がん先進医療給付金特約


先進医療特約は、医療保険の特約にもありますが、がん保険にも先進医療特約があります。

この特約は先進医療の約50%をカバーしてくれますの、もしがんになってしまった場合、少しでも良い治療を受けたいという方には、良い特約となるでしょう。

さらに、先進医療を受けることのできる病院は多くあるわけではありません。交通費や滞在費などもかかるかもしれません。

そのような方にもがん先進医療特約は、お勧めです。

また、医療保険に加入できない方にも、お勧めで、がんの治療だけでも先進医療が受けたいという方にもお勧めです。

しかし逆に、医療保険に加入していて先進医療特約を付けている方、並びに、これから医療保険に加入し先進医療特約を付けようと思っている方には、がん先進医療特約は、がんの先進医療もがん以外の先進医療もカバーしてしまいますので、がん保険の先進医療特約は、必要ないかもしれません。


抗がん剤治療特約・放射線治療特約


上記でも述べたように、現在のがん保険は通院での治療が多くなっています。

そして、通院でメインとなっている治療方法が、抗がん剤治療と放射線治療となっています。

この抗がん剤治療特約・放射線治療特約の最大の特徴が、抗がん剤治療と放射線治療を受けた場合抗がん剤治療と放射線治療10万円~50万円の保険金を受取ることができて、受取回数は無制限ということです。

健康保険の対象となる抗がん剤治療と放射線治療であれば高額療養制度を申請すると、月々8万円ほどの治療費がかかります。

そして抗がん剤治療と放射線治療は長引く可能性もあります。


仮に長引いたとしても、抗がん剤治療特約と放射線治療特約に加入していれば回数に関係なく月々10万円~50万円の保険金が回数に上限なく支給されますので、治療の費用に困ることはないでしょう。


さらに、抗がん剤治療特約・放射線治療特約をつけるための月々の保険料は比較的、安いものであるため、抗がん剤治療特約・放射線治療特約は積極的に考えて良い特約になります。

特別な種類のがん保険

免責期間のないがん保険

がん保険には免責期間というものがあります。保険の用語では待ち期間と呼ばれることがあります。

なぜ、免責期間(待ち機関)が設けられているかというと、仮に会社の健康診断などで、がんの疑いがあると診断されたとします。

また、症状ががんの疑いが高いと思われる場合などです。

上記の場合、がん保険に加入したくなることでしょう。そのような方ががん保険に加入して、その後、がんと診断されると契約の公平性が失われてしまいます。

そのようなことがないように免責期間が設けられています。

最近では免責期間がな種類のがん保険が登場しています。しかし、免責期間がないがん保険は、「診断給付金がない」「通院保障がない」などの契約内容が見られることがあります。

なので、がんと診断された場合「診断給付金がない」「通院保障がない」保障内容でも、少しでも治療中の保障をして欲しい場合に力強いがん保険となります。

診断給付金のみのがん保険

診断給付金のみのがん保険も登場していますが、診断給付金のみのがん保険のメリットには、「保険料を安く、がんと分かった時にまとまったお金を受取りたい」という方にお勧めです。

がんと診断された場合、(診断確定保障)で記した通り、治療費、家族の生活費とまとまったお金が必要となったりします。

診断給付金を受け取ることができるのは、がんの治療に対して心強いものとなります。

まとめ

いかがでしたか?

がん保険の保障の種類、そして特約の種類をまとめてみました。

がん保険にならずとも保険に加入する時には手厚い保障をつけたいものです。

しかし、保障を手厚くすれば保険料が上がっていきます。

これを読めば、必要な保障と特約の種類がわかったのではないでしょうか。

必要な保障と特約を見極めて、保険料をできるだけ抑えましょう。

ランキング

  • がん保険は不要?「がん保険はいらない」という不要論を徹底検証!
  • 主婦が気になるがん保険。「わたしにがん保険は必要なの?」
  • 妻にがん保険って本当に必要?妻はがん保険に加入すべきなのか
  • がん保険に入らないのは大丈夫?がん保険の重要性を再確認しよう!
  • がん保険のメリットとデメリットは?きちんと知り適切な保険選びを!
  • がん保険に未加入でがんに罹るとどうなる?必要なお金はどのぐらい?
  • がんだけでなく、他の7大疾病も保障してくれるがん保険とは?
  • がん保険は何歳まで必要かについて加入前に考えてみることが必要
  • がん保険は本当に必要なのか?がん保険の必要性について考える
  • がん保険になる対象についてはまずしっかりと確認しておこう
  • がん治療は諦めないで!公的医療保険による治療費補助の程度とは?
  • がんになったときはどのくらい治療期間が必要になってくるの?
  • がんにかかったときの治療費のうち自己負担額はいくらかかるの?
  • がん保険の女性特約の必要性は考え方や環境によって変わります
  • 20代30代も必見のがん対策、全女性のためのがん保険に関する全情報
  • 独身男性・独身女性が加入するがん保険のポイントはここだ!
  • 女性らしく生きるために。独身女性のがん保険選びでの3つのポイント
  • 女性が加入するがん保険の掛け捨て型と貯蓄型の違いについて
  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が