がん家系ならがん保険に加入したほうがいい?効果的な予防法は?

血縁者にがんになった方がいると「うちはがん家系かもしれない」と心配しがん保険への加入を検討する方もいるでしょう。ここでは、がん家系ならば知っておきたい遺伝性がんのことやタバコ喫煙者へのがん保険の必要性などについて説明していきます。

がん家系の方はがん保険に加入すべきか

家族や親戚にがんになった方がいると、「いつかは自分もがんになるのでは・・・」と心配になる方は少なくありません。  


「がん家系」という言葉が普通に使われていますが、これは真実なのでしょうか?それとも俗説なのでしょうか? 


ここでは、遺伝性のがんについての正しい知識や、気を付けたい遺伝性のがんの特徴、がん保険の加入の必要性などについて詳しくご説明していきます。 


「うちはがん家系かも・・・」と悩んでいる方はぜひ最後まで目を通していただければと思います。  

遺伝性の高いがんはあるが、もちろん100%というわけではない

がんは様々な部位に罹患するものがあり、その中で遺伝性の高いがんもありますが、そのほかの要因で罹患するがんもあります。  


「がん家系」という言葉があるとおり、がんは遺伝性のものと思っている方は少なくありませんが、実際は遺伝性のがんはかなり少ない割合になっています。 


「がん家系」という俗説は本当なのか、また遺伝性の高いがんにはどのようなものがあるのかについてご説明していきます。 

がんになった家族がいればがん家系という俗説

「うちはがん家系だから私もがんになるかも・・・」「がん家系だからがん保険に加入したほうがいいかな・・・」と心配される声をよく耳にしますが、家族や親戚にがんに罹患した方がいらっしゃると、自分もいつかがんになるかもしれないと考えてしまう気持ちはよく分かります。  


また「がん家系」という言葉が普通に使われているため、「がんは遺伝するもの」と思いがちですが、実際は遺伝性のがんの割合はがん全体の5%程度といわれています。 


血縁者にがんになった方が多いと、遺伝的な要因がある可能性も否定できませんが、必ずしもがんになってしまうわけではありません。 


というのも、がんに罹患するのは遺伝的な要因の他に、環境的な要因も大きく関係しているからです。 


「がんになった家族がいればがん家系である」という俗説に惑わされないように、がんについての正しい知識を得て予防しつつ、がん保険で補償を付けておくことが大切です。  

全てのがんが遺伝子病とは限らない

近年の研究によって、がんは遺伝子の変異によっておこる病気であることがわかってきました。

 

多くのがんは遺伝性のものではなく、加齢やその他の何らかの要因によって遺伝子に傷がつくことで起こるものとされています(遺伝子の変異)。 


そして、突然変異を起こした遺伝子が、制御できない増殖を繰り返し行うことにより細胞のがん化が進んでいくことになります。 


しかし、やはり「家族にがんになる方が多いとがん家系になる」というイメージが拭いきれませんが、それは遺伝性というよりも、その家系の環境や生活習慣が似通っていることも大きな要因となっています。 


家族の中に喫煙者がいたり、家族みんなが濃いめの味付けを好んでいるなど、日々の生活を共有していることががんの罹患リスクを高めていることが考えられます。  

遺伝性だと疑われているがんの種類

がんにはたくさんの種類がありますが、その中で遺伝性だと疑われているがんには主に次のものがあります。 


  • 大腸がん 
  • 乳がん 
  • 卵巣がん 
  • 皮膚がん 
  • 泌尿器がん 
  • 脳腫瘍 
  • 内分泌系腫瘍

 また、「遺伝性がん家系」には次のような共通する特徴があります。 


  • 血縁者に若くしてがんに罹患した方がいる 
  • 血縁者に一人で何度もがんに罹患した方がいる 
  • 血縁者内で特定のがんに罹患した方が何人もいる 

これらの3つの特徴にあてはまる方は遺伝性のがん家系である可能性があることから、ご自身のがん罹患リスクを知るために、「遺伝子検査」を受けるなど早期予防対策を講じることが大切です。


そして、若いうちからがん保険に加入して、万が一の際の補償をしっかりと確保しておくことがが大切です。

タバコの喫煙者はがん保険に加入すべき




がん家系かどうかに関わらず、タバコを喫煙している方はがんになるリスクが高いといわれています。  

実際に最近の研究では、がんに罹患した人のうち、男性の30%、女性の5%がタバコが原因だとされています。 


さらに、がんで死亡した人のうち、男性の34%、女性の6%がたばこが原因であったという報告もあります。 


現在タバコを喫煙している方は、禁煙すればがん罹患リスクを下げることができますが、禁煙はかなり難しいというのが現状です。 


そのような場合は、がん保険へ加入することをおすすめします。 

本当にタバコによってがんの罹患可能性は上がる

タバコの喫煙によってがん罹患リスクが大きくなるのは、肺がんだけではなくがん全体のリスクを高めるということが分かっています。 

 

ここで、タバコががんの要因となる理由についてご説明します。 


タバコの煙の中には、タバコ自体に含まれている物質と、それらの物質が不完全燃焼することによって発生する化合物があり、その種類は約5,300種類にも上ります。 


そして、その中には発がん性物質が約70種類も含まれており、体内に入るやいなやすぐに肺に運び込まれ、血液に乗って全身の臓器に行き渡ってしまいます。 


その結果遺伝子に傷を付けるなど、がんが発生する様々なメカニズムに影響を与え、がんの大きな要因となっています。 


たばこの喫煙によって罹患しやすいがんには、主に次のものが挙げられます。


  • 鼻腔・副鼻腔がん 
  • 口腔・咽頭がん 
  • 食道がん 
  • 肺がん 
  • 肝臓がん・胃がん 
  • 膵臓がん 
  • 膀胱がん 
  • 子宮頸がん 

がんの予防には生活習慣の改善も大切ですが、喫煙者にとっては「禁煙する」ということが最も効果的ながん予防になります。 

  

鍵を握るのはNK細胞

「NK細胞」というものをご存知でしょうか? 


NK(natural killer)細胞とは、がん細胞を攻撃する働きのあるリンパ球の一種で、「生まれながらの殺し屋(natural killer)」という名の通りに、がん細胞やウイルスに感染した細胞などの異常な細胞を見つけると、攻撃する特性があります。 


自分と異なる性質を持つ細胞を殺してしまうほどに強い攻撃力をもっていることから、がん治療に有効であるとして近年注目を浴びています。 


NK細胞を活用したがん治療法に「NK細胞療法」というものがありますが、これはがんに罹患した患者から採血してNK細胞を採取し、細胞を攻撃する能力を高めた後に点滴注射で患者に戻すという治療法です。 


NK細胞療法は、自分の血液から採取したNK細胞を培養して活性化するため、副作用が少なく体へ負担をかけない治療法である上に、がんの再発や転移を防止する効果も期待できるため、これからのがん治療に大きな期待が寄せられています。  

参考:非喫煙者は保険料が割引される保険もある

保険会社では、保険の対象となる方の死亡リスクを考慮して、いつか支払うことになるであろう保険金額から保険料を決定しています。 


喫煙者はがん罹患リスクが高いということは、逆にいえば非喫煙者はがん罹患リスクが低いということができるため、保険商品によっては「非喫煙割引」という特典があり、保険料が安くなるものがあります。 


「非喫煙者」として認められるためには、次の2つの条件をクリアする必要があります。


  1. 告知書に「過去1年(または2年)以内に喫煙をしていない」と記載すること 
  2. コチニン検査を行うこと  

まず第一に告知書に非喫煙者である旨の記載をする必要があり、コチニン検査を行うことも求められます。 


コチニンとは、ニコチンが体内で分解されてできる物質で、含有量を測定して喫煙しているかどうかを判断します。 


この条件をクリアすれば非喫煙者として認められ、保険料の非喫煙者割引を受けることができます。 

まとめ:がん家系関係なく予防するための知識が大事

家族や親戚にがんに罹患した方がいると「がん家系」といわれるようになりますが、実際には遺伝性のがんの割合はがん全体の5%程とされています。  


がんは遺伝的な要因の他にも環境的な要因の影響を大きく受けますので、規則正しい生活やストレスを溜めない生活など、がん家系でなくてもがん予防に役立つ習慣作りをすることが大切です。 


そして、やはりがんになることが心配な方は、「がん保険」に加入して安心を手に入れておくこともおすすめです。 

ランキング

  • がん保険は不要?「がん保険はいらない」という不要論を徹底検証!
  • 主婦が気になるがん保険。「わたしにがん保険は必要なの?」
  • 妻にがん保険って本当に必要?妻はがん保険に加入すべきなのか
  • がん保険に入らないのは大丈夫?がん保険の重要性を再確認しよう!
  • がん保険のメリットとデメリットは?きちんと知り適切な保険選びを!
  • がん保険に未加入でがんに罹るとどうなる?必要なお金はどのぐらい?
  • がんだけでなく、他の7大疾病も保障してくれるがん保険とは?
  • がん保険は何歳まで必要かについて加入前に考えてみることが必要
  • がん保険は本当に必要なのか?がん保険の必要性について考える
  • がん保険になる対象についてはまずしっかりと確認しておこう
  • がん治療は諦めないで!公的医療保険による治療費補助の程度とは?
  • がんになったときはどのくらい治療期間が必要になってくるの?
  • がんにかかったときの治療費のうち自己負担額はいくらかかるの?
  • がん保険の女性特約の必要性は考え方や環境によって変わります
  • 20代30代も必見のがん対策、全女性のためのがん保険に関する全情報
  • 独身男性・独身女性が加入するがん保険のポイントはここだ!
  • 女性らしく生きるために。独身女性のがん保険選びでの3つのポイント
  • 女性が加入するがん保険の掛け捨て型と貯蓄型の違いについて
  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が