がん保険ALL

がん保険の必要性

がん保険の選び方

がん保険になる対象についてはまずしっかりと確認しておこう

がんは、成人病の中でも最も多い病気の一つであり重大な病気です。通常の医療保険でも一応カバーはできますが、がん保険というがんを対象にした保険もあります。加入することによるメリットは多いです。ただ、中にはがん保険の対象外と保険会社から告げられることもあります。

がん保険の保険金がおりない?というあなたへ

がん保険の対象外を確認しましょう

保険会社からがん保険の保険金の対象外であることを伝えられ、それがどうしてなのかという疑問を持ってしまうケースは少なからず見られます。

その場合には、自分がガン保険の対象かあるいは対象外になっているかを確認してみる必要があります。


がん保険の対象項目や対象外の項目については、がん保険の約款にも記載されていますのでしっかりと確認してみるようにしましょう。

がん保険の対象外となりがちな4つのパターン

がん保険の対象外となりがちな4つのパターンは、

まず最初に上皮内がんと診断された場合が挙げられます。

次に、責任開始日以前に該当する場合も対象外となります。


3つ目に入院保障や通院時の保障の対象条件によってこちらもがん保険の対象外です。


もう一つは、告知義務違反に該当する場合も挙げられます。


パターン①:上皮内がんか否か

上皮内がんを解説

上皮内がんとは、がんが上皮の粘膜層と呼ばれる部分に留まっている場合を指します。この場合のがんは、治療を受けることによってほとんど転移や再発がないまま治ります。

初期状態のがんの場合は、上皮内がんに該当する場合が多いです。

がんにはいくつかのステージがありますが、上皮内がんはステージ0期に該当します。


一方、粘膜層の奥の基底膜と呼ばれる部分を超え、他の組織に浸潤しているがんを悪性がんと呼びます。

診断給付金(一時金)の保障条件を確認

昔のがん保険では、上皮内がんと悪性がんとでがん保険の保障内容が異なっていました。

中には上皮内がんに該当する場合はがん保険の対象外となってしまい給付金が出ないものもありました。

ただ近年のがん保険の商品は上皮内がんでもがん保険の対象となっており、保障される場合が多くなってきています。


とはいえ、保険商品によって上皮内がんががん保険の対象かどうかの解釈が違ってきます。

給付金の保障条件については、保険会社に今一度確認しておくようにしましょう。


上皮内がんも保障の対象内になっているがん保険商品であれば、そちらの保険商品を利用するとお得といえるでしょう。

パターン②:責任開始日以降か否か

免責期間と責任開始日を解説

2つ目についてですが、がん保険には実は免責期間が存在します。

この免責期間とは何かについてですが、実は生命保険は契約して1回目の保険料の払込がされてから保障が始まる仕組みになっています。

その保険料の払い込みがされるまでは、がん保険の適用になることはありません。 


保障がスタートする日のことを責任開始日と呼びます。

責任開始日以前の期間を待ち期間と呼びます。

待ち期間は90日で設定されています。 


免責期間と責任開始日

免責期間と責任開始日

なぜ待ち期間が存在しているのかというと、がんにかかったとしても最初のうちは自覚症状がないというケースが多いです。

そして、健康状態の告知段階においては本人も知らなかったケースが多くみられます。 


免責期間を設けている理由としては、かかったかもしれないという状態で保険を加入することを防ぐ意味合いがあります。

それは、中には悪用しようとする人もいるためです。

様子を見る期間を90日程度設けることで、契約の公平性を保つことができるためこの制度を導入している場合が多いです。 


ただ、保険会社が提供するがん保険によっては待ち期間なしで給付金がもらえる保険商品もありますので、聞いてみるようにすると良いでしょう。

パターン③:入院保障・通院保障の対象条件を確認

入院保障・通院保障の日数条件などを解説

がん保険には、入院保障のほかに通院のときにも保障されます。

あくまでがん保険が保障してくれる病気の対象はがんだけです。

その分、通常の医療保険よりがん保険の通院保障のほうが保障内容が手厚いというメリットもあります。 


ただ、入院保障や通院保障にはそれぞれ日数条件もあります。

がん保険の商品によって退院後や入院前の通院を保障するタイプのものもありますが、給付される日数については上限が設けられています。


自分の体調などの状況が変わることによって、がん保険の見直しが必要になる可能性は存在します。

このあたりのことも保険会社と相談しておくようにしましょう。 


がんにかかった場合は入院・通院に関わらずがん保険の対象条件に該当するかは、考慮しておきます。

パターン④:告知義務違反ではないか

告知義務違反を解説

もう一つ、がん保険の対象外としてありがちなこととしては告知義務違反を犯している場合もあります。 

主な告知義務違反の対象となるケースは例えばがんにかかっていて、妊娠しているのにしていなかったと保険会社に報告した場合や過去5年以内に病気やけがで手術を受けたのに受けていないと答えた場合などが該当します。

その場合は、告知義務違反につながってきます。 


告知義務違反と判断されるとがん保険の対象外になる可能性もありますので、どんなにささいなことでもきちんと保険会社に報告するようにしておきましょう。

それから、自分の健康状態を把握することも告知義務違反を防ぐ手段といえます。

まとめ

がん保険は、対象になる病気ががんだけということもあり支払われる可能性は医療保険よりも低いです。

ただ、もしものときのために入っておいたほうが色々優遇されます。


対象外となる条件をしっかりと把握しておき、正直にありのままを保険会社に報告しておくようにしましょう。 

ランキング

  • がん保険は本当に必要なのか?がん保険の必要性について考える
  • がん保険は不要?「がん保険はいらない」という不要論を徹底検証!
  • 主婦が気になるがん保険。「わたしにがん保険は必要なの?」
  • 妻にがん保険って本当に必要?妻はがん保険に加入すべきなのか
  • がん保険に入らないのは大丈夫?がん保険の重要性を再確認しよう!
  • がん保険のメリットとデメリットは?きちんと知り適切な保険選びを!
  • がん保険に未加入でがんに罹るとどうなる?必要なお金はどのぐらい?
  • がんだけでなく、他の7大疾病も保障してくれるがん保険とは?
  • がん保険は何歳まで必要かについて加入前に考えてみることが必要
  • がんにかかったときの治療費のうち自己負担額はいくらかかるの?
  • がん保険の女性特約の必要性は考え方や環境によって変わります
  • 20代30代も必見のがん対策、全女性のためのがん保険に関する全情報
  • 独身男性・独身女性が加入するがん保険のポイントはここだ!
  • 女性らしく生きるために。独身女性のがん保険選びでの3つのポイント
  • 女性が加入するがん保険の掛け捨て型と貯蓄型の違いについて
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 加入前に理解しよう!がん保険における様々な給付金について
  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?