がん保険の女性特約の必要性は考え方や環境によって変わります

女性ががん保険に加入する際には、女性特約の必要性を考える人が多いでしょう。特約の必要性は、考え方や環境によっても変わってきます。これから、がん保険の加入や見直しを検討している人は、女性特約の保障内容などを確認しながら、自分にとっての必要性を考えてみましょう。

がん保険の女性特約は必要?

保険加入時に、この特約のうちどの特約が必要かどうかを迷う人も多いのではないでしょうか。 

がん保険加入時には、保険料も考えながら選ぶことになりますから、出来るだけ保険料を安く済ませたいと考えている人にとっては、特約は必要がないと感じる人も多いでしょう。 


しかし、女性ががん保険に加入する際には、女性特約の内容もしっかりと理解した上で選ぶ必要があります。 


保険料だけで選んでしまうと、後々後悔することになりますから注意しましょう。  

特約とは?

そもそも、特約と言われてもどんなものなのか分からない人も多いでしょう。

特約は、主契約となる保険に加入した際に上乗せ出来る保険となっており、主なものに、以下のものがあります。


  • がん診断一時金特約 
  • がん入院特約 
  • がん通院特約 
  • がん先進医療特約 
  • 女性特約

どういった時に特約を利用するかというと、主契約の保険内容だけでは不安を感じたり、物足りないと思った時に補うことが出来ます。


もちろん、加入するかしないかは自由ですので、必要がないと感じるのであれば、加入する必要はありません。

がん保険の女性特約とは

がん保険にも、女性特約があります。

女性特約というと、どうして女性だけの特約があるのか不思議に思われる人もいると思います。

女性は、子宮がんや乳がん、子宮筋腫、卵巣卵巣嚢腫など、様々な女性特有の病気があります。


がん保険の女性特約に申込みをすることで、これらの予測できない女性特有の病気にかかった際に、保障を受けることが出来ます。


保障を受けることが出来れば、お金の心配をすることなく、治療に専念することが出来ますから、いざという時には女性にとって強い味方となってくれるでしょう。

がん保険に女性特約は必要だという理由

がん保険の女性特約の必要性は、何よりも女性特有の病気にかかった時、治療に専念できるという点が上げられます。

がんという病気は、身体だけではなく、精神的にも辛い病気です。


手術や治療などを行えば、副作用などで女性らしい普通の生活が出来なくなってしまうこともありますから、治療と仕事を両立させるのは難しいといえます。

また、女性らしい普通の生活をするためには、女性専用の部屋を希望したり、ウィッグなどを使用したり、入院費用にお金がかかってしまうことや、さらに、乳がんで全摘出の手術を行った場合には、乳房再建などでさらに多額の費用がかかってしまうことがあります。


がん保険の女性特約を利用していれば、治療費などの心配はいりませんから、安心して治療に専念することが出来るため、必要性を感じる人が多いでしょう。


若いうちは女性のほうががんになりやすい

若いうちは、病気は他人事と思っている人が多いでしょう。

しかし、女性の場合、男性に比べ、若いうちでもがんになってしまう危険性が高いです。


本来、私たちの体は免疫能力を持っており、病気になったとしても、その病気と闘う力が備わっています。


しかし、近年の若い人は仕事や人間関係などでストレスを感じている人が多いため、交感神経が緊張状態となり、免疫機能が存分に発揮することが出来なくなっている人がたくさんいます。


その結果、若い層でもがんが発生しやすくなっています。


貯蓄があまり多くない若いうちにがんになってしまうと、医療費を支払いできないリスクや、女性らしい生活をできなくなるリスクがあると言えます。 特に女性の場合は要注意です。


若いから大丈夫ではなく、若いからこそがん保険、女性特約に加入しておいた方が良いということです。

子宮がんは転移しやすい

がんには、様々な種類がありますが、女性器のがんは遺伝しやすいといわれています。

女性特有のがんとして、子宮がんがありますが、子宮がんは転移しやすいと言われています。

それも、膀胱、膣、直腸といった骨盤に近い臓器・器官のみならず、肺や脳といった子宮からは離れた人間にとって重要な臓器・器官に影響を及ぼします。


転移した場合、必要な費用がかなり高額になってしまうリスクがありますので、がんになったタイミングでしっかりと治療してもらうことが重要になってきます。


なので、必要な時にお金がないということのないように、保障を充実させることは重要です。

がん保険の女性特約は不要だという理由

保険料を抑えたいと考えている人は、がん保険の女性特約をつけるかどうか、迷っている人も多いでしょう。

女性特約は必ずつけなければいけないものではありませんから、必要性を感じないのであれば、無理に加入する必要はありません。


がん保険の女性特約を不要だと主張する人の根拠は以下のようなものがあります。


  • がん保険の一時金や入院・通院保障を濃くした方が良い 
  • 結婚している場合、夫の収入があるので、医療費を賄うことができる
  • 結婚してなく、子供もいなければ、貯蓄が多くあるはずである

少なくとも、がん保険に加入すれば、がんの治療に関する治療や入院、手術などの保障は受けることが出来ます。

また、結婚されている場合、夫の収入が十分ということや、貯蓄が十分ということで不要だと主張される方もおられます。


保険会社によっては、カバー出来る範囲や内容は異なってきますが、がん治療であれば幅広くカバー出来る保険もありますから、こういった保険を選ぶことで、女性特有のがんになったとしても、ある程度の保障は受けることが出来るでしょう。

女性特有のがんの治療費が特別に高いというわけではない

がん治療というと、高額なイメージを持っている人も多いでしょう。そのため、がん保険の女性特約にも入っておいた方が良いと考える人がたくさんいます。

保険料を支払って、生活が苦しくなってしまっては意味がありませので、それぞれの貯蓄や予算に合わせた保険を選ぶことも大切です。


女性特有のがんに万が一かかってしまった場合、治療費などは特に高い治療ではないため、がん保険に加入していれば、ある程度はカバー出来るはずです。

また、夫の収入をあてにできるのであれば、医療費に困ることもないかもしれません。


しかし、女性のがんは、治療が長期的になる場合が多いということもあります。

また、前述した通り、乳房再建など、がんの治療後に女性らしく生活するための費用も必要になってくるので、注意が必要です。

がん保険の女性特約の保険料について

保険に加入する際、保険料が気になる人が多いでしょう。保険に加入したいと思っていても、保険料が高ければ加入することは出来ません。

がん保険の女性特約を加入する際の費用は、保険会社やどんな保障をつけるか、加入時の年齢によっても変わってきますが、500円程度から加入可能なものもあります。


500円程度というと、気軽に払えそうですが、保険加入をしている間ずっと支払うことになりますから、長い目で考えていく必要があるでしょう。

まとめ:がん保険に女性特約は必要なのか

がん保険の女性特約は、誰しもが必ず必要な保障ではありません。

誰がいつ病気にかかるかは分かりませんから、加入した人全員が加入していて良かったと思うものではありません。


保険料を抑えて貯蓄に回そうと考えている人であれば、がん保険の主契約でも充分カバーすることが出来るかもしれません。


しかし、ご家族で女性特有のがんにかかった人がいる場合や女性特有のがんに不安を感じている人であれば、女性特約に加入しておいた方が安心出来るでしょう。


病気にしっかりと備えたい、手厚い保障を受けたいと考えている人は、女性特約に加入しておいた方が後々後悔することが少ないはずです。

ランキング

  • 20代30代も必見のがん対策、全女性のためのがん保険に関する全情報
  • 独身男性・独身女性が加入するがん保険のポイントはここだ!
  • 女性らしく生きるために。独身女性のがん保険選びでの3つのポイント
  • 女性が加入するがん保険の掛け捨て型と貯蓄型の違いについて
  • がん保険は不要?「がん保険はいらない」という不要論を徹底検証!
  • 主婦が気になるがん保険。「わたしにがん保険は必要なの?」
  • 妻にがん保険って本当に必要?妻はがん保険に加入すべきなのか
  • がん保険に入らないのは大丈夫?がん保険の重要性を再確認しよう!
  • がん保険のメリットとデメリットは?きちんと知り適切な保険選びを!
  • がん保険に未加入でがんに罹るとどうなる?必要なお金はどのぐらい?
  • がんだけでなく、他の7大疾病も保障してくれるがん保険とは?
  • がん保険は何歳まで必要かについて加入前に考えてみることが必要
  • がん保険は本当に必要なのか?がん保険の必要性について考える
  • がん保険になる対象についてはまずしっかりと確認しておこう
  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が