がん保険ALL

がん保険の必要性

がん保険の選び方

がん保険は実はがんになってからでも加入することができる?

一般的に保険は病気になってからでは加入できないものだと言われています。しかし最近では、病気になった後でも加入できる保険が発売されています。今回はがん保険に焦点を当てて、病気になってからでも加入できるがん保険について、解説をしていきます!

がん保険は実はがんになってからでも加入することができる?

がん保険は「がん」しか保障の対象とならないため、加入検討する際には、医療保険などにはない注意点があります。加入をするときに必ず確認しておかなければいけないことを順番にお伝えしていきます。がん保険に加入する際、注意と確認しておきたい3つの落とし穴は以下のようになります。 


  1. 免責期間の落とし穴 
  2. 給付金の落とし穴
  3. 過去にがんになった人の注意点


今回は、この注意点の中でも、 3.過去にがんになった人の注意点や、がんになってからでも加入できる可能性のあるがん保険について、お話をしたいと思います。

がんになってからでも入れるがん保険は存在する

がんになってからでは、基本的にがん保険に加入することができないといわれてます。

しかし現在は、様々な保険会社からがんになった人でも加入することができる保険商品が発売されています。しかし、加入には様々な条件をクリアしなければなりません。その条件の例については、のちほどお話をします。


さて、がんになってから、がん保険に加入しようとする場合、様々な条件をクリアしなければならないという話を先ほどしました。がんの病歴がある方は以下の2つの可能性があります。 


  • 通常の保険に、他に条件が付くこともなく加入する 
  •  緩和型保険といって保険料は割高な保険に加入する 

 きっと、「がんの病歴があるから保険は難しいかもしれない」と思いながら、保険を探している方にとっては希望が見えてくることだと思います。一方で、現在がんを患っている場合は無選択型保険という選択肢があるにはあります。

これについても解説させていただきますが、条件的には厳しいということを先にお伝えしておきます。 


このような制約がある中で、「がんになってからでも加入できるがん保険」に加入することと、普通のがん保険に加入する場合には、経済面でも保険金の面でもかなり差があります。ですので、「自分はがんに罹ったことがあるから、がんになってからでは普通の保険は無理だ」とあきらめる前に、一社の保険会社ではなく、様々な保険会社の商品をあつかっている保険代理店に相談に行くのが良いかと思います。  

がんの病歴があってもまずは普通のがん保険を検討しましょう

がんになってからでは、がん保険に加入することは難しいとお伝えしました。条件付きのがん保険は保険料が高額になったり、給付金が削減されるといった制約を受けてしまいます。

ですので、がんになってからでも加入できる可能性が少しでもあれば、まずはあきらめずに普通のがん保険を検討・加入手続きをしてみましょう。


それでは最初に、がんになってから、何も条件なしで保険に加入できた例を一つご紹介します。この方は、保険料割増等の追加条件は一切なしで加入することができました。 この方の当時のがんの状況は以下の通りでした。 


(この方の当時の健康状態 )

がんの部位:脊髄 

症状の程度・転移のリスクの大小:「良性腫瘍」で転移するリスクなし 

がんが完治してからの経過年数:13年 

がん以外の持病、病歴(既往歴):なし 

現在の健康状態:良好 


このように、過去にがんになったことのある方でも、保険会社によってはケースバイケースで加入できる可能性があります。


したがって、上の具体例をご覧になって「もしや」と思い当たる方は、まずは、通常の保険に加入できないかトライしてみることをおすすめします。 トライしてみて、保険料割増等の条件が付いた場合や、加入できなかった場合には、後でご紹介する「引受基準緩和型」「限定告知型」の商品を検討することになります。

なお、「トライしてみる」と書きましたが、もちろん、現在の健康状態・過去の病歴をありのまま保険会社に伝えた上でのことです。   

がんの病歴があっても加入できた、というケースもある

がんになってからでも保険に加入できた、というケースがあります。

これは、普通のがん保険ではなく、「条件付きのがん保険」に加入することです。

条件付きのがん保険については詳細をお話していきましょう。


がん保険への条件付きの加入について

それでは、がんになってからでも加入することができる可能性のある、「条件付きのがん保険」の告知内容についてみていきましょう。



条件1.

最近6ヶ月以内に、病気を原因として、入院または手術を受けたことがある。または、最近6ヶ月以内に、病気を原因として、医師による検査または診察を受け、入院または手術をすすめられたことがある。 


条件2.

過去2年以内に、がんで入院したこと、または手術を受けたことがある。 


条件3.

過去2年以内に、がんまたは以下の病気と医師に診断されたことがある。(肝硬変・肺気腫・肺線維症・塵肺・再生不良性貧血・骨髄異形成症候群) 


条件4.

女性の場合、現在、次の症状がある。(乳房のしこり・乳腺から異常な分泌物や出血) 


男性の場合には条件1~3までに「いいえ」、女性なら4つすべてに「いいえ」が当てはまれば加入することができるということになります。以上が加入条件としているところが多いです。

保険会社のがん病歴のある人への審査上のポイント

がん保険のみならず、条件付きの保険に加入するにあたって、まず知っていただきたいのが保険会社によって審査基準が違うということです。例えばA社で断られたがB社では加入ができたということもよくあります。 

このように加入できる可能性があるので、正確に健康状態を告知したら、審査が通ったというケースはいくらでもあります。


まず、過去にがんになったことがある方の場合、追加の条件なしでも通常の生命保険や医療保険に加入できる場合があります。重要なのが健康状態を告知するときに記入するのが告知書といわれるものです。告知書の書き方によって審査結果が変わることもあります。 それではこれから実際に持病の人が生命保険の審査に通りやすくなる5つのポイントを解説していきます。 


 ポイント1.

告知は正確かつ、細かく記載をする 生命保険に申込みをするときに健康状態を申告します。健康状態の申告をするときに記入をするのが「告知書」です。この告知書の書き方によって結果は大きく変わります。よく適当に書いてしまう人がいますが、保険会社は情報がないと判断ができないのでしっかりと書かないとマイナスになる可能性があります。まずやらないといけないのが告知書を詳しく書くことです。 具体的には以下のものをしっかり記載しましょう 原因→慢性的なものなのか突発性のものなのかによって変わってきます。 服用している薬名→薬が強いものなのか、弱いものなのか。書かないと強いものを使っていると判断される可能性があります。 数値→中には数値で判断される病気もあります。よくなっているのであれば、前の数値も告知しましょう。 手術名→手術の術式によって結果が変わります。 保険会社は以上の情報がないと判断ができないのでネガティブに判断され、厳しい結果になることがよくありますのでしっかり記入をしましょう。


 ポイント2.

自分にとって有利な情報はすべて書く 告知書を書くときにするべきことは自分にとって有利な情報をすべて書くことです。保険会社によっては評価されることもあります。先ほどもお伝えしたように告知書は詳しく書いたほうが有利になる傾向にあります。そして必ず書いたほうがいいのが自分にとって有利な情報です。 具体的には以下のような情報です 数年前よりも数値がよくなっている。 軽い薬を服用している。 医師からよくなっているといわれている。 原因が突発的、ウイルス性など慢性的ではない。 


 ポイント3. 

健康診断書などが必要ない契約でも提出することによって有利になる 通常一定の保険金額の場合、告知書のみで審査され健康診断書や医師の診断書は必要ありません。しかし、提出することは可能です。提出することによって数値など健康状態がいいと判断された場合、本来の引受の基準ではダメであっても美点評価によって審査が有利に進むケースがあります。 


 ポイント4. 

完治している場合は医師の診断書を提出する 病気が完治している場合に効果的なのが「完治している」という医師の診断書です。医師が完治していることを証明することによって美点評価されることがあります。保険会社によっては診断書のお金も負担してくれるところもあります。 


 ポイント5.

もし審査結果が悪くても再審査をしてもらえる可能性がある 生命保険に申込みをして審査結果が悪かった場合、保険会社によりますが医師の診断書や健康診断書など追加で資料を提出することにより再査定をしてくれるところもあります。告知書だけでの審査によって通らなかった、もしくは厳しい条件が付いた場合は追加の資料を提出して再査定をお願いしてみましょう。結果が変わることもよくあります。 


そこで重要なのが健康状態を告知するときに記入するのが告知書といわれるものです。告知書の書き方によって審査結果が変わることもあります。

がんになってからがん保険に加入したい場合の「引受基準緩和型保険」

がん保険にも、ごくまれにですが、過去にがんになったことのある方のための引受基準緩和型の商品があります。中には、乳がん等、特定のがんの病歴がある方のみを対象とした商品もあります。引受基準緩和型のがん保険がおすすめなのは、以下のニーズのある方です。 

  • 過去のがんが再発、転移した場合に備えたい 
  • がんになった場合の治療費・生活費をカバーしたい 


主流なのは、入院給付金、手術給付金等がセットになった商品です。ただし、同じ保険会社の商品と比べると、どうしても保障内容は薄く、保険料は割高になっています。

しかし、そのような点を考えても、引受基準緩和型の大きなメリットは、過去のがんの再発・転移の場合も保障されるということです。一度がんの闘病を経験された方は、がん保険の必要性が骨身に染みていることと思います。「保険料が多少割高でも、どうしても安心を買いたい」とお考えになるのであれば、有効な選択肢だと思います。

そもそも引受基準緩和型保険のがん保険は少ない

しかし、このような引受基準緩和型保険のがん保険の種類は限られていますし、加入できたとしても保険料が割高などの条件があります。

過去にがんを患い、その時に治療費や生活費などで苦労された方や再発が心配な方は、このような保険への加入も検討するとよいでしょう。

引受基準緩和型保険は一般の保険よりも基準が低い

緩和型がん保険の告知書は、生命保険や医療保険と違い、「はい」と「いいえ」の二択ではありません。できる限り詳細な記述が求められます。以下のような内容です。 

・告知日時点で治療を受けた最後の日から5年以上経過しているがん(悪性新生物)についてご記入ください。 


・過去5年以内にがん(悪性新生物)の診断や治療を受けたこと、あるいは治療を受けるようにすすめられたことがありますか?(再発・転移を含む) 


・過去2年以内に、質問1で告知されたがん(悪性新生物)に対する経過観察で以上を指摘され、再発・転移・新たながん(悪性新生物)が発見されたことはありますか?または経過観察で、再発・転移・新たながん(悪性新生物)の疑いを理由に追加検査を受けるよう勧められ、追加検査を受けないままにしていませんか? 


・現在入院中ですか?または最近3ヶ月以内に病気で入院、手術、または先進医療を受けるように勧められたことがありますか?(完治して診療完了している場合は除く)

基準が低い分保険料も割高で、保障内容も薄い

ただし、緩和型の保険は、保険料が割高で、保障内容も普通の保険よりも薄くなっています。したがって、加入を検討する際は、保険料と保障内容が見合ったものかを確認するため、ぜひ入念なライフプランニングを行うことをおすすめします。どういう場合に保障が必要で、そのための保険料は支払っていくことができるか、加入していることで安心感が得られるという点も含めて、割高な保険料を支払うだけの価値があるのかを冷静に判断することが必要です。

加入の際は慎重な検討を

引受基準緩和型保険はがんになってからでも加入できる可能性がありますが、さきほどもお話したように加入できる引受基準が低い分、保険料も普通の保険と比較しても高額で、保障内容も削減されてしまいます。

過去にがんに罹ってその苦労も体験している方には、実際どのような治療やどのくらい費用がかかるかなどは身をもって苦労された方も多いでしょう。

そのような方の不安を少しでも軽減できる保障として、この引受基準緩和型保険を検討するのが良いかと思います。加入する際には、本当にその保険料を支払ってまでその保障が必要なのか、今一度考えてみましょう。

がんを患っていても加入できる「無選択型保険」

最後に、現在がんを患っている人でも入れる保険についてお伝えします。数は非常に少ないですが、あることはあります。それは「無選択型」「無告知型」と言われるもので、生命保険と医療保険に用意されています。 

加入はできるが現在患っているがんに関しては保障外

「無選択型保険」は、過去の病歴の告知も、現在の健康状態の告知も一切必要ありません。ですので、がんになってからでも、加入することができます。

ただ、残念ながら、現在患っているがんについては保障されません。また保険金を受け取ることのできる条件もとても厳しいです。そのため役に立つケースは少ないのではと思います。

がん保険に入らないという選択肢

これまで、がんになってからでも加入できるがん保険についてお話をしてきましたが、事細かく告知をするといったような、余計な労力を費やしてまでがん保険に加入することをためらう方もいらっしゃると思います。

そのような方でも、公的な保障を活用すれば、なにも無理やりがん保険に加入する必要はありません。

公的保険である国民健康保険や高額療養費制度を利用すれば医療費は抑えられる

公的な保障である、国民健康保険や高額療養費制度を利用すれば、月々の自分の手出しを抑えることができます。


さらに、会社勤めの方の健康保険からは、仮にがんの闘病期間が長くなってしまって会社を休まざるをえなくなった場合には、加入している健康保険から、傷病手当金が支給されます。これがあれば、当分の生活費はまかなうことができ、安心して治療を受けることができますね。

まとめ

がんになってしまった人から見れば、がんになってからでも加入することができるがん保険があることは、とても心強い存在だと思いますが、毎月支払う保険料が高いということは経済面が苦しくなります 

従って、がん保険は健康なときに加入しておくと良いでしょう。




ランキング

  • がん保険は不要?「がん保険はいらない」という不要論を徹底検証!
  • 主婦が気になるがん保険。「わたしにがん保険は必要なの?」
  • 妻にがん保険って本当に必要?妻はがん保険に加入すべきなのか
  • がん保険に入らないのは大丈夫?がん保険の重要性を再確認しよう!
  • がん保険のメリットとデメリットは?きちんと知り適切な保険選びを!
  • がん保険に未加入でがんに罹るとどうなる?必要なお金はどのぐらい?
  • がんだけでなく、他の7大疾病も保障してくれるがん保険とは?
  • がん保険は何歳まで必要かについて加入前に考えてみることが必要
  • がん保険になる対象についてはまずしっかりと確認しておこう
  • がんにかかったときの治療費のうち自己負担額はいくらかかるの?
  • がん保険の女性特約の必要性は考え方や環境によって変わります
  • 20代30代も必見のがん対策、全女性のためのがん保険に関する全情報
  • 独身男性・独身女性が加入するがん保険のポイントはここだ!
  • 女性らしく生きるために。独身女性のがん保険選びでの3つのポイント
  • 女性が加入するがん保険の掛け捨て型と貯蓄型の違いについて
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 加入前に理解しよう!がん保険における様々な給付金について
  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかについて考える
  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?