がん保険ALL

がん保険の必要性

がん保険の選び方

『保険が効かない』…がんの保険外治療費は保険でカバーできる?

三大疾病の一つであるがんになってしまい、すぐにでも治療が必要になった際、もしかするとこれから行おうとしている治療は、『保険外治療』かもしれません。がんにおける保険外治療は高額で、患者にとって大きな負担となりやすいですが、それをカバーする方法は、確かにあります。

がんの治療は高額?がんの保険外治療の金額や疑問を解決

例外なく、誰もが経験する可能性のある、『三大疾病』。

数ある病気のうち、とりわけ死亡率が高いとされているのが、『がん(癌)』です。


国立がん研究センターによれば、2016年においては37万人が、がんによって死亡しており、特に高齢者において死亡率が高くなっています。


性別や年齢によってもなりやすいがんとそうではないがんがあったり、それでいて早期発見が非常に重要であり、それによって命を左右すると言っても過言ではありません。


治療自体も難しい病気ではありますが、その他の面でも困難を感じることがあります。


それが、『治療費』の面です。

保険外治療とは健康保険適用対象外の自由診療のこと

基本的に、私達は病気の重さにかかわらず、国が定めている保険適用内の治療費で、病気の治療を受けることができます。 

文字通りこれによって、治療における私達の出費は大きく抑えられています。 


しかし、厄介なのが国が定めた保険適用外の治療をするときです。


確立されて間もない治療法であったり、とても珍しい病気の治療であったり、そういった場合には、保険が適用にならない治療…いわば、保険外治療になってしまうことがあります。 


保険外治療の場合、特に全額負担になってしまった場合は、治療費が非常に高額になります。 


そして、がんの治療に主流として用いられている療法…いわば、手術での摘出や、『抗がん剤』などを用いた治療を行う際、保険外治療となり、非常に高額な治療費となってしまうことがあります。

がん治療の費用の目安

保険外治療になった場合も含め、治療費が高額になりやすい『がん治療』ですが、具体的に、どのような治療の場合に、どのくらいの金額がかかるのでしょうか。  

そういった場合に、治療費を軽減するために活用できる、どのような制度があるでしょうか。

手術にかかる費用は数十万から百数十万円くらい

癌の治療は、主に『手術』と『化学療法』、そして『放射線治療』に分けられます。
  1. 手術:がんに冒されている部分の細胞を物理的に切除し、完治を目標とする治療方法。
  2. 化学療法:いわゆる『抗がん剤』を用いた治療法。抗がん剤には非常に多くの種類があり、それぞれ用いることによってかかる費用が異なる。 
  3. 放射線治療:放射線を用いて、一定間隔で局所的な放射線の照射を行い、治療を行う方法。 

このうち、手術療法は外科的な手術を用いて、原因となっている部分を根本的に取り除いてしまう方法なので、手術痕が残りやすい、転移している場合効果が限定的であるなどのデメリットもありますが、完治が成功すれば完治が見込める方法でもあります。 


この治療法は手術の方法によっても費用が異なり、数十万円〜百万円以上と幅が非常に広く、保険外治療ともなれば、かかった分が全額負担となります。

抗がん剤などの化学療法は100万円程度

手術を行う治療方法に対して、抗がん剤等を用いる化学療法は高額になる可能性が高く、しかも用いる抗がん剤の種類によっては保険外治療になります。


抗がん剤治療には100万円程度が必要ともされていますが、保険外治療の場合それらがすべて自己負担になってしまいます。 


特に、それらの費用が突然必要となった際に、なんとか自力で用意しようとするのは難しいかもしれません。

放射線治療は50万円前後

放射線を用いた治療方法は、多くの場合保険が適用になりますが、行う方法やがんの大きさによっては保険外治療になってしまうこともあります。


例えば、放射線治療で50万円かかったとして、全額負担であると50万円、3割負担だと約15万円、と大きく異なることが分かります。

手術・化学療法・放射線治療は健康保険適用に加え、高額療養制度も使える

これら、がんに対する主な3つの治療方法がありますが、治療行為に『保険が適用』になった場合において、さらに治療費を抑える方法があります。

それが、『高額療養費制度』というものです。


これは、個人の年収に応じて、病気等の治療費が一ヶ月間に一定以上の金額になった場合、それ以上の支払いが免除される仕組みです。


この制度を用いることによって、年収が一定基準より低い場合に高額な医療費が発生してしまったとしても安心です。 


ただしこれは、あくまで治療行為において保険が適用になる場合のみ、ということを覚えておく必要があります。

がん治療の保険適用外の医療費について

治療の方法にもよりますが、治療方法そのものが高額になりやすいがんの治療。


手術や化学療法、放射線療法といった主な治療方法以外にも、保険適用外になることがあります。 


それは、どのような部分にかかってくる費用なのでしょうか。 

差額ベッド代

まず挙げられるのが、『差額ベッド代』と呼ばれる費用です。

この『差額ベッド代』というのは、簡単に言えば入院時に入る、グレードの高い部屋にかかる費用のことです。 


基本的に、病院で入院する場合は、3人や4人部屋のように、複数人の患者がまとめて一室に入院しています。 


そういった部屋においては、かかる費用も通常の費用(+保険適用分)で済みます。 


しかし、場合によっては設備が整った個室の利用を希望される方がおり、その部屋は一般の病室にはない、部屋の広さや照明、シャワー室などの設備、収納スペースなど、より豪華で快適な部屋になっています。 


こういった部屋を希望する場合には保険が適用となりませんので、いわゆる『差額ベッド代』がかかり、全額負担になります。


ただし、 

  1. 患者から許可を取らずに個室へ移動させ費用を請求しようとした場合 
  2. 病院側の都合で個室等への部屋へ移動せざるを得なかった場合 
  3. 治療を行うために必要な部屋移動だった場合 

これらの理由においては、患者に『差額ベッド代』が請求されることはありません。 


実際過去に、上記の理由に含まれているにも関わらず料金が請求されるトラブルがありましたが、本来は支払う必要はありません。 


あくまで患者が希望し、書類にサインした場合にのみ、『差額ベッド代』がかかることになります。

入院時の食事代

次に挙げられるのは、入院をした際の食事代です。

平成30年度から、一般的に入院している患者の一食当たりの食費負担額は、65歳未満であっても、65歳以上であっても『一食460円』と定められています。 


これは、患者が必ず負担しなければならない額なので、一週間当たりで見れば安いかもしれませんが、

特に入院期間が長引く可能性のある場合は、かなりの負担額になる可能性があります。   


例えば入院期間を30日とすると、単純計算で一か月にかかる食事代は… 


(460円×3食)×30日 = 41400円 


なんと4万円近くかかることになります。 


この分が、患者の自己負担額となるわけです。

保険適用外の先進医療

先進医療とは、まだ多くの医療機関では用いられていない、限定的な治療方法です。 

ただし、より近代的な、発達した医療行為を受けられます。 


がんに用いられる先進医療には、

 

  • 陽子線治療 
  • 重粒子線治療 
  • 腹腔鏡下子宮体癌根治手術 
  • 樹状細胞ワクチン療法 


などの治療法がありますが、それらは一律で、保険外治療となります。


重粒子線治療法など、方法によっては費用が300万円を超える方法もありますから、

先進医療を受けようとすると、かなりの費用が必要になり、負担となることが分かります。

保険適用外であったり未承認の薬剤や医療機器

これも先進医療と同様に挙げられることですが、投与される薬剤や医療機器も、保険適用になるものと、そうでないものがあります。


先進医療にかかわる薬や機器を用いる場合、必然的にそれは保険対象外となり、高い費用が掛かります。

がんの保険外治療費に不安を感じる場合はがん保険を

ここまで取り上げてきたように、まずがんになってしまうと、保険内で治療できる場合は良いですが、保険外治療となってしまうと、『治療』そのものに、 さらに莫大な費用がかかる可能性があります。

先進医療を取り入れようとすると、さらに高額になってしまうでしょう。 

また毎日積み重なっていく入院中の食費も、長期的に見ると馬鹿に出来る金額ではありません。 


快適な病室で過ごしたいということであれば、さらにお金が掛かります。 


そこで、これから万が一がんになってしまって、治療が必要になったときのために、今から備えることができます。 


そのために、各保険会社が提供している『がん保険』を活用することができます。 


がんになってしまったときのために保険に加入しておくことのメリットは、 


  • 保険外治療となっても、高額な治療費を賄うことができる 
  • 貯蓄とは別に、起こり得る命に関わる病気に備えることができる 
  • 治療が長期にわたりやすいので、負担を軽減できる 

このような点が挙げられます。

基本的な治療は公的保険でまかなえる

もちろん、基本的に病気の治療というのは、公的保険でカバーすることができることがほとんどです。

保険外治療ではない、通常の治療方法であれば、予想外の費用がかかることはあまりありません。


しかしそれでも、有事の際にある程度の『費用がかかる』ことには何の変わりもありません。

結局、出費への不安がつきまとうことになります。

 

だからこそ、あらかじめ保険などの方法によって万が一のための準備をしておくという手段は、一考に値します。

実績保障型のがん保険はすべての医療費を保障

がん保険自体はいくつもの種類があるなかで、おすすめと言えるのが、『実質保障型』と呼ばれるタイプの保険です。

この『実質保障型』とは、入院費、食事代、手術代など、(保険によって上限はありますが)かかった費用すべてを保障してくれるタイプの保険です。


本来終身型などのがん保険は、いわゆる『日額』で保障されるものがほとんどです。


ですから、保険そのもので、高額になってしまう『治療にかかるすべての費用』をまかないきれないことが少なくありません。 


これに対して『実質保障型』は、まさに「治療にかかった実質の費用を保障」してくれるために、保険外治療を受ける側にとっても、より精神的に安心できる保険であると言えます。 


実質保障型の保険は、現状『定期型』という、年齢が上がるにつれて保険料も上がっていくタイプの保険であるという点であり、保険を継続させることそのものが負担になってしまう可能性もあります。 


しかし、より高い質での『安心』を手に入れたい、という方にとっては『実質保障型』のがん保険は、一考に値する保険となるでしょう。

定額給付型はがんが見つかった時や入院時、手術時などに一定額保険金が支給される

保険の内容によっては、実際にがんがあると診断された場合、また手術が必要になった際に、一定額の保険金が支給される保険があります。

ただ本来は、そういったことが起きないことが理想です。


そういった方のために、病気や障害になり治療が必要になってから、期間に応じて給付金が受け取れるタイプ、また、がんを含む三大疾病になった際に、支払う保険料が免除される、という特約を付帯することができる保険も存在します。 


このように、いくつもある「保険の形態」をよく理解したうえで、自分にとってベストな保険はどれなのか、ということを各自が比較考慮することは、とても大切なことです。 


実際にどのようながん保険に加入するのがお得なのか、また現在の保険から乗り換えいようと考えているとき、どのくらい保険の費用がかわってくるのか…そういった点を知りたいならば、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談することも助けになります。




まとめ

実際に「それ」が発生してみると大変だ…ということは理解できるのだけれど、将来いつ発生するかも分からないことに出費をするというのは、簡単なことではありません。

貯蓄のように、明確な目標も設定しづらく、出費が無駄に感じて途中で挫折してしまうこともあります。 


しかし、がんを含む三大疾病を患ってしまったときの、身体的、経済的、その他にも発生しうる様々なリスクを考えるのなら、今から準備しておくことは無駄にはなりません。 


がんの治療で、保険外治療になってしまったらどうしよう。

経済的な理由で、受けたい治療が受けられなくなったらどうしよう。 


…当然ながら、それは無用な心配であってほしいものです。 


そして、そのような心配を延々として時間を浪費するよりは、がん保険に加入することにより、

今からその「万が一」に備えておくという一つの手段を、考えられてみてはいかがでしょうか。

ランキング

  • がん保険は不要?「がん保険はいらない」という不要論を徹底検証!
  • 主婦が気になるがん保険。「わたしにがん保険は必要なの?」
  • 妻にがん保険って本当に必要?妻はがん保険に加入すべきなのか
  • がん保険に入らないのは大丈夫?がん保険の重要性を再確認しよう!
  • がん保険のメリットとデメリットは?きちんと知り適切な保険選びを!
  • がん保険に未加入でがんに罹るとどうなる?必要なお金はどのぐらい?
  • がんだけでなく、他の7大疾病も保障してくれるがん保険とは?
  • がん保険は何歳まで必要かについて加入前に考えてみることが必要
  • がん保険は本当に必要なのか?がん保険の必要性について考える
  • がん保険になる対象についてはまずしっかりと確認しておこう
  • がん治療は諦めないで!公的医療保険による治療費補助の程度とは?
  • がんになったときはどのくらい治療期間が必要になってくるの?
  • がんにかかったときの治療費のうち自己負担額はいくらかかるの?
  • がん保険の女性特約の必要性は考え方や環境によって変わります
  • 20代30代も必見のがん対策、全女性のためのがん保険に関する全情報
  • 独身男性・独身女性が加入するがん保険のポイントはここだ!
  • 女性らしく生きるために。独身女性のがん保険選びでの3つのポイント
  • 女性が加入するがん保険の掛け捨て型と貯蓄型の違いについて
  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が