がん保険の給付金ってどういうときに保障されるの?徹底解説!

がんは日本人にとって一番身近な病気のひとつです。だからこそ万が一がんになったときにまとまった給付金を受け取れるがん保険は人気の保険商品のひとつです。では実際にがんになったときにどのような場合にがん保険から給付金を受け取れるのか解説いたします。

がん保険選びは給付金を基準に選びましょう

日本人のがんの罹患率は約50%といわれていて、2人に1人が一生のうちにがんになるということで、日本人にとって非常に身近な病気をいえます。

もしがんになってしまったときにお金の点で心配なことにならないように備えておきたいのががん保険です。

しかしながら各保険会社からがん保険が販売されており、種類も沢山あるためどのがん保険を選んだほうがいいのか、またどのがん保険が自分にあっているのかどうか中々難しい問題といえると思います。

同じがん保険でも使える範囲やどのような場合に給付金が受け取れるのか各保険会社によってバラバラですので、まずはどのような給付金があるのか考えた上で選んだほうが良いでしょう。

この記事では、がん保険の給付金について詳しく解説します。


ぜひ最後までご覧ください。

がん保険にはさまざまな給付金の種類が存在する

がん保険と名の付く以上、がん以外の病気やケガなどでは使うことはできませんが、もしがんになってしまったときに手厚い給付金が受け取れるのががん保険の特徴です。

入院や手術だけではなく、がん保険には医療保険では賄えない部分に対して、さまざまな給付金の種類が存在します。

がん保険の給付金を種類ごとに解説

がんの治療方法が数十年前から現在に向けて変わっていったのと同じように、がん保険もその時代に合わせて様々な変化をしてきました。

昔の保険はがんで長期間入院してしまったとき、またはがんで亡くなってしまったときに給付金を受け取れるものが主流でした。

しかし最近ではがんは治る病気にもなり、手術だけではなく放射線治療や抗がん剤治療やホルモン剤治療と呼ばれるような化学療法も使われるようになり、今の医療事情に合わせた保障が出てくるようになりました。

では実際に今のがん保険はどのような場合に給付金が受け折れるものがあるのか解説していきます。

がんと診断された時に受け取れる診断給付金

最近のがん保険で一番主流の給付金といえばがん診断給付金です。

がん(悪性新生物あるいは上皮内新生物)と医師に診断されたときに給付金がいただけるという保障です。

入院や手術などの治療を受ける前に、がんと診断された時点でまとまった給付金を受け取ることができますので、入院や手術だけではなく様々な用途に給付金を使っていただくことができます。

例えば、抗がん剤などの副作用で髪の毛が抜けてしまったとき、女性にとってはよりシビアな問題になりますのでカツラの製作費用などに充てる事も可能ですし、現役で仕事をしているのであれば休職中の生活費として使うこともできるわけです。

多くの場合は100万円や200万円などのまとまった給付金を受け取ることができますので、安心して治療に専念することができます。

がんの手術時に給付される手術給付金

がんの治療のひとつが手術によりがん細胞自体を取り除くという方法で、その際に給付金を受け取ることができるのががん手術給付金です。

がんの治療のために手術を受けた際に受け取ることができる給付金で、お腹を切り開く開腹手術や、内視鏡や腹腔鏡を使ってお腹を開かずに治療する方法もありますが、どちらの場合にでも手術給付金は受け取ることが可能です。

がん治療のための入院時にもらえる入院給付金

がんの治療の際には多くの場合入院をして行うことが多いです。

がんは細胞の病気なので、そこを切除したり抗がん剤や放射線で治療をしたとしても、場合によっては転移や再発をしてしまう場合があります。

ですので、場合によっては入院が長期化してしまったり、入退院を繰り返してしまう場合があります。

一般的な医療保険ですと、入院限度日数が決まっており、多くの場合は連続して60日以上や120日以上の入院をした場合にはそれ以上入院給付金を受け取れません。

また、入退院を繰り返し、退院してからまた入院すまでの期間が短い場合(ほとんどの保険会社では180日以内の再入院)に関してはその前後の入院が1入院とみなされることによって、短い入院でも入退院を繰り返すと給付金を受け取れなくなってしまうケースもあります。

そこでがん保険の入院給付金にはがんで入院が長期間に及んでしまったとき、また入退院を繰り返してしまった場合にもしっかりと給付金を受け取れるように、上限を設けず入院期間を無制限で保障できるようになっています。

がん治療のための通院時にもらえる通院給付金

がんの入院は長期化になる場合もありますが、最近の場合ですと治療の内容によっては入院せずに通院をしながらがんの治療をするケースがあります。

がんの種類や場所、または医師の治療方針によっては切除という選択肢を取らずに、放射線治療をしてがん細胞を焼いたり、抗がん剤やホルモン剤といわれる化学療法で点滴や経口投薬を行って治療を行うケースも最近では増えています。

その場合、医療保険では多くの場合が入院や手術に対しての給付金の保障の身になっているため、通院をした場合に、給付金を受け取れなくなってしまうケースもあります。

そこで、最近のがん保険ではがんの治療を目的として通院をした場合にがん通院給付金として通院一日に対して数千円~数万円の給付金を受け取れる保障が付いています。

その給付金はもちろん治療費用に充てていただくこともできますが、通院する病院が遠方であったり、身体の状態によっては徒歩や公共の交通機関を利用するのが難しいこともありますので、往復のタクシー代として通院給付金を使っていただくこともできます。

保障の基本は診断給付金、いつもらえる?いくらもらえる?


先ほど挙げた内容以外にもがん保険には様々な給付金がついているものが多いですが、やはりがん保険のメインの保障となるのが、がんの診断給付金です。

がん診断給付金の給付要件は、入院や手術などを前提にしているわけではなく、医師にがんと診断された場合に受け取れるものなので、がん治療の初期費用に充てることができます。

医師にがんと診断された場合に、保険会社に電話の上、保険会社から送られてきた診断書のフォーマットに記入をしていただきます。

それを保険会社に提出することによってまとまった給付金を受け取ることができるので、早い段階でがんの治療に対すまとまったお金を準備することが可能です。

診断給付金の額は100万円が主流

がんの治療にかかる費用ですが、入院にかかる費用として治療費以外にも食費や場合によっては部屋代がかかったり、ベッドのシーツ代やパジャマ代などもかかりますし、通院の為の諸費用として交通費などもかかる場合があります。

また、抗がん剤の副作用により毛髪が抜けてしまい、そのためカツラを購入したり、がんによって体が弱ってしまったときのために家の中をバリアフリー化する工事費用などもかかる場合があります。

やはり治療に専念するとなった場合には診断給付金は100万円ほど準備するといいでしょう。

診断給付金の額は自分や家庭に必要な額で選びましょう

診断給付金の主流が100万円とはいえ、家庭の状況によっては必要な保障額は変わります。

例えば年金生活の場合であれば、入院をしていた場合でも自宅療養をしている場合でも生きている間は年金がもらえますし、医療費も健康保険や高額療養費を申請することによって、自己負担金額はわずかな金額で治療を受けることも可能です。

しかしながら、現役で仕事をしている場合であれば休職中はもらえる給料も下がってしまいますし、自営業者であれば治療中はお店などを休まざるを得なくなってしまうわけなので休業補償として保障額を増やすという考え方もあります。

自分の状況を考えながら必要な保障額を準備しましょう。

注意!診断給付金はがん保険契約後すぐにはもらえない?免責について

がんは非常に心配な病気の一つでもありますので、今すぐにでもがん保険を準備したいという気持ちがあるかもしれませんが、入ったからといってすぐ使えるわけではありません。

免責期間といい、多くの場合はがん保険を加入後90日間の間は仮にがんと診断された場合にでもがんの診断給付金を受け取ることができないという制約がつくことがあります。

これは自覚症状などで怪しいと思い、病院で診断してもらう前にがん保険に加入しておくという行為を未然に防止する為に免責期間を設けています。

入院日数は短縮化傾向になるので、診断給付金の必要性が上がっている

昔はがんの治療で言えば開腹手術などでお腹を開いてがんの腫瘍を切除したり、抗がん剤や放射線などを用いた治療もずっと入院したまま行うケースも多く、がんの入院期間が必然と多くなることもありました。

しかし最近ではお腹を開かずに内視鏡や腹腔鏡などでがんの腫瘍を切除したり、抗がん剤や放射線治療なども入院ではなく、通院にて治療するケースも増えています。

昔に比べて入院日数が短縮化傾向になっているため、がん保険も入院の1日あたりの給付金額の部分に対しての保障がメインだったものが、総合的に使えうようにがん診断給付金をメインに準備する必要性が上がってきています。

参考:がん保険は医療保険と同様に基本的には給付金は非課税

仮にがんと診断されて、その結果入院や手術をした場合、その給付金額の税制上の取り扱いはどのようになるのかですが、医療保険と同様で、いくら給付金額をもらったとしてももらった給付金に関してはすべて非課税枠となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

それでは今回のまとめです。
  • がん保険には医療保険にないような様々ながんの治療に特化した保障があります
  • その中でも、がんの診断給付金は治療費以外にも当てていただく事もできます
  • がんの診断給付金は100万円が主流ですが、自分の状況に応じて必要な保障額を考えましょう
  • 特に最近では切らない治療が増えているのでがんと診断されることが支払い条件となっているがん診断給付金は付いているものにしましょう
  • がん保険は加入したばかりでは使えませんので検討するのであれば早めに!
以上となります。

がんは身近な病気だからこそ、もしなったときの場合に備えてしっかりと準備しておきましょう。

ランキング

  • がん保険は不要?「がん保険はいらない」という不要論を徹底検証!
  • 主婦が気になるがん保険。「わたしにがん保険は必要なの?」
  • 妻にがん保険って本当に必要?妻はがん保険に加入すべきなのか
  • がん保険に入らないのは大丈夫?がん保険の重要性を再確認しよう!
  • がん保険のメリットとデメリットは?きちんと知り適切な保険選びを!
  • がん保険に未加入でがんに罹るとどうなる?必要なお金はどのぐらい?
  • がんだけでなく、他の7大疾病も保障してくれるがん保険とは?
  • がん保険は何歳まで必要かについて加入前に考えてみることが必要
  • がん保険は本当に必要なのか?がん保険の必要性について考える
  • がん保険になる対象についてはまずしっかりと確認しておこう
  • がん治療は諦めないで!公的医療保険による治療費補助の程度とは?
  • がんになったときはどのくらい治療期間が必要になってくるの?
  • がんにかかったときの治療費のうち自己負担額はいくらかかるの?
  • がん保険の女性特約の必要性は考え方や環境によって変わります
  • 20代30代も必見のがん対策、全女性のためのがん保険に関する全情報
  • 独身男性・独身女性が加入するがん保険のポイントはここだ!
  • 女性らしく生きるために。独身女性のがん保険選びでの3つのポイント
  • 女性が加入するがん保険の掛け捨て型と貯蓄型の違いについて
  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が