自分に合ったがん保険は?特約の種類と必要な特約の見分け方を解説!

がん保険には様々な特約がありますが、自分に必要な特約を見分けるのは難しいですよね。特約は、加入すれば保険料が高くなる反面、がんになった際の安心材料となります。そこで、がん保険の特約について紹介しながら、自分に必要な特約の見分け方を解説していきます。

がん保険における特約とは

特約とは、がん保険の主契約だけでは足りない分を補ったり、保障される範囲を広げたりと、保障の内容を手厚くさせることを目的としているため、がん保険の主契約のオプション的なものといえます。


あくまでもオプションなので、特約だけでの契約はできず、必ずがん保険の主契約に1つまたは複数をセットする形で契約します。一口に特約といっても、様々な種類があり、保険会社によっても違いがありますので、内容等をよく理解したうえで何が必要かを考える必要があります。


がん保険における特約とは

がん保険の特約には、

  • 入院給付金特約
  • 手術給付金特約
  • 先進医療給付金特約
  • がん診断給付金特約
  • がん治療通院特約
  • 在宅療養給付金特約
  • がん死亡保障特約
  • 抗がん剤治療給付金特約

といった特約があります。


これらの特約の保障内容としては、

①入院給付金特約とは、がんの治療を目的として入院した場合に設定した日額(5,000円~)を入院した日数分保障します。


②手術給付金特約とは、がんの治療を目的として手術を受けたときに、入院給付金日額の○○倍または設定した金額を保障します。


③先進医療給付金特約とは、がんの治療のために先進医療による治療を受けたときに、先進医療にかかる技術料を保障します。


④がん診断給付特約とは、がんと診断されたときに設定した金額を一時金として保障します。


⑤がん治療通院特約とは、がんの治療を目的として通院したときに、設定した日額(5,000円~)を通院した日数分保障します。


⑥在宅療養給付金特約とは、がんによって一定期間入院をした後、無事退院したときに設定した金額を一時金として保障します。


⑦がん死亡保障特約とは、がんを直接の原因として亡くなるまたは、高度障害状態になったときに設定した金額を保障します。


⑧抗がん剤治療給付金特約とは、抗がん剤治療をしたときに、設定した月額の金額を保障します。


このように特約は、何を保障の目的にするか、何が必要かで選んでいきます。

リスクと費用を加味して必要ながん保険特約を考えるべき

がん保険の保険料は、病気全般を保障対象とする医療保険とは違い、がんの治療のみを対象とした保障内容であることから、医療保険に比べ安い保険料で契約できます。


しかし、いくら安いといっても今のがん治療の傾向に合っていなかったり、極端に保障が足りないまたは必要以上に保障が手厚いといったような契約ではその必要性に疑問が残ります。


普段の生活をしていくうえでの支出が必要以上に増えてしまうことになります。ですので、リスクと費用のバランスを考えて何の特約が本当に必要なのかを考える必要があります。

検討したいがん保険の特約①:抗がん剤治療特約

抗がん剤治療にかかる金額から本当に必要か試算する

抗がん剤には様々なものがあり、どの抗がん剤が使われるかと、投与する量で費用は変わりますが、平均では1か月に約5万円~6万円程度はかかるとされています。


入院や手術、通院などの費用とは別にこれだけの費用がかかります。抗がん剤治療特約では、抗がん剤治療をした場合に保障対象となり、治療費用がどれだけかかったかではなく、契約時に設定した月額の金額を受取ることができるため、抗がん剤治療が長期化しても安心して治療を続けるために、必要性の高い特約といえます。

検討したいがん保険の特約②:診断給付金(一時金)の複数回特約

がんが再発するリスクから必要か試算する

初めてがんと診断されたときに一時金を受取ることができる診断給付金ですが、数年前までは保険期間中に1回のみの保障でした。ですが、がんは治療が長期化する可能性が高く、再発や転移といったことが起こりやすい病気です。


参考までに、がんの再発率は、部位や治療方法で異なりますが、3年以内の再発率が約8%~19%と言われています。


このような背景から、最初にがんと診断されたときから2年以上経過してがんによって入院した場合も一時金を受取れるようになり、回数も保険期間中無制限となりました。


また、ごく早期のがんといわれる「上皮内がん」でも保障の対象となっていることが多く、治療費などがより多くかかるがんの治療をするためには必要性の高い特約といえます。

検討したいがん保険の特約③:先進医療特約

先進医療を受けられないリスクから必要か試算する

先進医療とは、高度な医療技術の中で、安全性と治癒性が確立され、厚生労働大臣によって定められた医療技術のことをいいます。


先進医療は、保険外診療であるため、技術料の全額が自己負担となります。がん治療の代表的な先進医療は、陽子線治療や重粒子線治療です。それぞれの技術料は、陽子線治療は約250万円、重粒子線治療は約300万円と共に高額な技術料です。


もし、先進医療特約がなければ、治療を受けたくても受けられないといったことが起きてしまいます。


また、先進医療は、厚生労働大臣により定められた医療施設でなければ受けることができないため、医療施設までの交通費や宿泊費もかかります。


このような場合に、技術料の10%程度を諸費用分として保障したり、交通費・宿泊費を保障するものもあります。


このように先進医療を受けるためには多額の資金が必要となることから、先進医療特約は必要不可欠な特約といえます。

女性の場合には女性特有のがん保険特約も必要か検討する

女性特有のがんのリスクから必要か試算する

女性特有のがんとしては、乳がん、子宮がん、卵巣がんなどがありますが、がん保険では基本的にそれらのがんは保障対象としています。


がん保険ではなく、医療保険にセットすることができる「女性疾病給付特約」というものがあり、この特約は、がんに限らず女性特有の病気や女性に多い病気、帝王切開や異常分娩などの妊娠・出産にかかわる病気を保障し、乳がんによる乳房の観血切除術やその後の乳房再建術も保障の対象としているため、女性特有のがんは医療保険の女性疾病給付金特約で保障を充実させることができます。

まとめ

がん保険の特約は、その目的や給付金支給の条件など様々なものがあり、きちんと理解していなければなりません。


また、がん保険は、そのときの治療実態に合わせて商品の内容を改定していくものなので、最低でも1年に1回は内容を確認し、本当に必要な内容となっているかを見直すことが重要です。


最後に、がんは最後に治療をした日から5年間再発してないことでやっと完治となる病気です。


この長い期間を安心して治療に専念できるように、万が一ではなく、次は自分がかかるかもしれないという意識を持って、がん保険を考えていければと思います。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が
  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • 注意!!「無制限」のがん保険を選ぶときに気をつけたいこと
  • 実は厳しい!? がん保険の通院保障が適用される条件を理解しよう!
  • がん以外の死亡は保障されない?がん保険の死亡保障の本当のこと
  • がん治療は諦めないで!公的医療保険による治療費補助の程度とは?
  • がんになったときはどのくらい治療期間が必要になってくるの?
  • がんにかかったときの治療費のうち自己負担額はいくらかかるの?