がん保険ALL

がん保険の必要性

がん保険の選び方

ボーナスを受け取れるがん保険ってどんなもの?加入時の注意点とは?

がん保険に加入後、一定期間経過後に所定の条件を満たせば、ボーナス(祝い金)が受け取れるがん保険があるのをご存知でしょうか?一時的にまとまったお金がボーナスとして手に入るのは家計にとってプラスになり得ますが、本当のところはどうなのでしょうか?

がん保険に加入しているともらえるボーナス(お祝い金)がある

保険に加入後、3年や5年などの一定期間経過時に給付金の支払いがなかった場合や、給付金支払いの有無に関わらず生存していた場合などに、ボーナス(祝い金)を受け取れるがん保険があります。


月々の保険料負担は家計にとって負担となり得ますが、定期的にボーナスを受け取ることができるとなると、魅力的ではないでしょうか?




女性をターゲットにしたがん保険に多い

ボーナス(祝い金)を受け取れる保険商品は、女性をターゲットにしたがん保険に多く見られます。


一般的に男性よりも女性の方が「お得感」というワードに敏感と言われることがあり、そのような意味からも「ボーナス付きの保険」は魅力的に見えるのかもしれません。

名前はいろいろでも保障内容は同じ。

「ボーナス(祝い金)付きの保険」と一口に言っても様々な種類があり、保険会社各社で「生存給付金」や「健康祝い金」など様々な名前をつけています。


それぞれの商品について、ボーナス(祝い金)の内容や支払い条件等についても少しずつ異なっていますが、基本的には「一定期間保険に加入し、所定の条件を満たしていればボーナス(祝い金)が支払われる」という内容は同じです。


すぐに保険相談したい方はコチラ

がん保険の無事故ボーナスは2種類

がん保険の無事故ボーナスは大きく分けて2種類あります。

それは、一定期間給付金の支払い請求がなかった(あるいは所定の条件以下の請求だった)場合に給付金が支払われるパターンと、保険料が一定割合割り引かれるパターンです。


どちらも加入者にとっては給付金が支払われたり、月々の保険料が割安になるというメリットがあり、保険会社にとっても、長期間にわたって保険契約を継続して貰いやすくなる側面もあります。

生存しているともらえるボーナス

がん保険に加入後、一定期間生存していた場合にボーナス(祝い金)が支払われる保険もあります。

保険商品によって、「生存給付金」や「生存祝い金」などと呼ばれています。


基本的にボーナス(祝い金)の支払いは「生存していること」が条件となりますので、前述の無事故ボーナス等と比較しても、ボーナス(祝い金)受け取りのハードルは低いと言えます。

健康ならもらえるボーナス

がん保険に加入後、一定期間健康であればボーナス(祝い金)を受け取れる保険もあります。

「健康祝い金」などと呼ばれるのがそれに当たりますが、一口に「健康祝い金」と言っても様々な種類・支払条件があります。


基本的には「一定期間、特定の疾病に罹らなかった」「一定期間、所定の日数以上の入院をしなかった」ことを条件とする場合が多いです。

ボーナスがもらえる分、保険料は高くなる

ボーナス(祝い金)付きのがん保険は、一定条件を満たせば給付金を受け取ることができるメリットがあります。


しかしながら、保険契約者が支払った保険料の一部がボーナス(祝い金)の積立部分に充当されるため、保険料は掛け捨てのがん保険よりも高くなります。


従って、自分が支払った保険料とボーナス(祝い金)の額を考慮し、損のないように加入方法を検討する必要があります。

必ずボーナスがもらえるわけではない

「ボーナス(祝い金)付き」を謳っているがん保険では、全ての場合において必ずしもボーナス(祝い金)が受け取れるわけではありません。


前述したように、一定期間中に給付金の請求があった場合や、所定の疾病に罹ってしまった場合などは、ボーナス(祝い金)が支払われない場合もありますので注意が必要です。


終身型か。それとも定期型か。

がん保険には大きく分けて終身型と定期型があります。

終身型の場合は一生涯保険料が変わらないため、将来を見越した収支計画を立てることが可能です。


一方で定期型の場合は、10年や15年で保険契約が終了するため、同条件で更新すると保険料が上がる場合がほとんどです。


更新型の保険の場合は保険契約満了時に保障内容の見直しを行うため、その時に必要な保障を考えられるというメリットがあります。


掛け捨てのがん保険とボーナス付きのがん保険、どっちがお得?

掛け捨てのがん保険とボーナス付きのがん保険では、どちらの方がお得なのでしょうか?

掛け捨てのがん保険の場合は、ボーナス(祝い金)が支払われない分、月々の保険料が安く抑えられています。


一方でボーナス(祝い金)付きのがん保険の場合は、前述したように、保険契約者が支払った保険料のうち、ボーナス(祝い金)の積立に充当する分も発生するため、掛け捨てのがん保険に比べて保険料が割高になるケースが多いです。ボーナス(祝い金)有りの場合とそうでない場合を比較して、積立部分に充当される保険料より、実際に支払われるボーナス(祝い金)の金額が大きければ、メリットのあるがん保険であると言えるでしょう。

まとめ

一定の条件を満たせばボーナス(祝い金)が受け取れるがん保険は、支払った(支払う予定の)保険料と受け取れる金額を比較し、受け取れる金額の方が上回っていればメリットのある保険と言えますが、受け取れる金額が支払った(支払う予定の)保険料よりも下回ってしまう場合は、他の積立方法を検討したほうが良いとも言えます。


また、高額な保険料を支払っていても、実際にボーナス(祝い金)の支払い要件を満たせなかった場合では、保険料を無駄に支払ってしまう事態にもなりかねません。

各社でボーナス(祝い金)の内容・支払条件は異なっているため、加入前には必ず確認し、自分にとって損のないように備えておかれることをお勧めします。

ランキング

  • がん保険は不要?「がん保険はいらない」という不要論を徹底検証!
  • 主婦が気になるがん保険。「わたしにがん保険は必要なの?」
  • 妻にがん保険って本当に必要?妻はがん保険に加入すべきなのか
  • がん保険に入らないのは大丈夫?がん保険の重要性を再確認しよう!
  • がん保険のメリットとデメリットは?きちんと知り適切な保険選びを!
  • がん保険に未加入でがんに罹るとどうなる?必要なお金はどのぐらい?
  • がんだけでなく、他の7大疾病も保障してくれるがん保険とは?
  • がん保険は何歳まで必要かについて加入前に考えてみることが必要
  • がん保険は本当に必要なのか?がん保険の必要性について考える
  • がん保険になる対象についてはまずしっかりと確認しておこう
  • がん治療は諦めないで!公的医療保険による治療費補助の程度とは?
  • がんになったときはどのくらい治療期間が必要になってくるの?
  • がんにかかったときの治療費のうち自己負担額はいくらかかるの?
  • がん保険の女性特約の必要性は考え方や環境によって変わります
  • 20代30代も必見のがん対策、全女性のためのがん保険に関する全情報
  • 独身男性・独身女性が加入するがん保険のポイントはここだ!
  • 女性らしく生きるために。独身女性のがん保険選びでの3つのポイント
  • 女性が加入するがん保険の掛け捨て型と貯蓄型の違いについて
  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が