がん保険の保険金が支払われない!そんなトラブルと回避法について

「がん保険に加入しているのに、いざがんになったら保険金が支払われなかった!これでは希望する治療を受けられない!」納得のいく治療を受けるためにもそんなトラブルは避けたいもの。がん保険の保険金が支払われないよくあるトラブル5選とその回避法を解説します。

がん保険に加入したのに、保険金が支払われないトラブル続出!

日本人の死亡原因の上位を占めている病気は『がん』であり、今では多くの方ががん保険に加入しています。


そしてがん保険に加入しておけば、いつがんになっても保障を受けられるから大丈夫と思っている方も多いことでしょう。


しかし、実はがん保険に加入していても、いざというときに保険金が支払われないというトラブルが続出しているのです。


そこで、この記事では『がん保険に加入していても保険金が支払われない理由』について、

  • がん保険にまつわるトラブル5選とは
  • がん保険の内容を理解しトラブルを回避する
  • 保険加入時には契約書や約款をよく確認する
以上を中心に解説していきます。

この記事を読んでいただいたら、がん保険への加入を検討しており、保険金支払いの際のトラブルが心配な方のお役に立てるかと思います。

ぜひ最後までご覧ください。


がん保険にまつわるよくあるトラブル5選

がん保険に加入していても、「がん保険の保険金が支払われなかった」というトラブルが起きることがあります。


それでは、がん保険にまつわるよくトラブルとはどのようなものがあるのか、下記でご紹介していきます。


実際に保険金が支払われなかったよくあるトラブル5選です。

  1. 上皮内新生物は保険の給付対象外の場合もある
  2. がん保険加入後すぐにがんになった場合は保険金は支払われない
  3. がん保険加入時の病歴告知にミスがあった
  4. がん患者でもがん治療目的以外の入院は保険適用外
  5. 診断給付金や入院給付金の支払い条件は保険会社ごとに異なる

保険に入っているのに保険金が支払われないなどというトラブルは、できるだけ避けたいものです。


このようなトラブルを避けるため、ひと項目ずつ詳しく解説していきましょう。



1、上皮内新生物は保険の対象外の場合も

上皮内新生物とはがんが上皮内にとどまっていてまだ浸潤していない状態のことです。


放置しておくとがんになる可能性は高いのですが、きちんと治療をすれば再発や転移の可能性はほとんどありません。


そして、この上皮内新生物はがん保険の対象外である場合があるのです。


加入したがん保険に「がんと診断されたら〇〇万円給付」という保障がついていたとしても、そのがん保険の給付条件において上皮内新生物が対象外であれば、1円も保険金が支払われないというトラブルになるわけです。

2、がん保険加入後すぐにがんになったら保険金は支払われない

がん保険に入ったから「これでいつがんになっても安心」と思うのは禁物です。


たいていのがん保険には「免責期間」というものがあるのです。


この「免責期間」が、保険金が支払われないトラブルの原因1位となります。


ほとんどのがん保険の免責期間は、加入後90日となっています。


加入してから90日の間にがんと告知されてしまうと、保障対象外となり保険金が支払われることはありません。


免責期間が設けられている理由は、がんを患っていても自覚症状がなかったり体調不良を隠して保険に加入したりする人と、健康なうちに保険に加入した人との公平性を保つためです。


免責期間は、がん保険を見直して新しい保険に加入し直す際にも気を付けておかなければなりません。


別のがん保険に加入し直す場合には、新しく加入したがん保険の免責期間が経過してからこれまで加入していた保険を解約するようにしましょう。


免責期間が経過する前にもともとの保険を解約してしまうと、免責期間中はがんに対しての保障がない状態となってしまい、もしものときに保障が受けられないなどのトラブルになってしまうからです。

3、がん保険加入時の病歴告知にミスがあった

保険加入時の告知ミスも、保険金が支払われないトラブルの原因としてよく聞く話です。


がん保険に限らず、保険に加入する時には現在の健康状態や過去の病歴などを告知します。


不利なことを隠すのはもちろんですが、過去の病歴などを間違えて告知したり忘れていて告知しなかったことも、保険金が支払われないトラブルの原因となります。


保険加入時の告知は、正確に、正直に記入しましょう。

4、がん患者でも、がん治療目的以外の入院は保険適用外

がん保険とは、がんの治療を目的とした保険です。


がんを患っている時にがんとは何の関係のない疾患を患った場合、その治療に関しては保険の対象外となる場合があります。


「保険に入っているからどんな病気になっても治療費は支払われる」と思っていた場合、これがトラブルの原因になります。


治療にお金と時間のかかる病気はがんだけではありません。


がんを含む三大疾病である心疾患・脳疾患にも備えるのであれば、がん保険と併せてほかの保険の加入や特約の付加の検討も必要となってきます。

5、診断給付金や入院給付金の支払い条件は保険会社ごとに異なる

がん保険の主な保障内容としては、次の4つが挙げられます。

  • 診断給付金
  • 入院給付金
  • 手術給付金
  • 通院給付金

そのほかにも、放射線治療給付金や抗がん剤給付金など保険会社によってざまざまな給付金があります。


どれもがんと闘うには心強い給付金ですが、保険会社によって支払い条件が違い、トラブルの原因になるので注意しましょう。


例えば、診断給付金は「がんと診断されたり、がんが再発した時」などにおりる保険金ですが、保険会社によって保険金が支払われるのは1年に1度だったり2年に1度だったり、何度でも支払われたりなど支給回数に制限があります。


その給付金がいつどんな時に支払いの対象となるのか、保障内容をよくチェックしておくことがトラブル回避のカギとなります。


ここまでで、「自分だけでがん保険を選ぶのは難しい」と感じられた方は、まずは保険のプロに相談するのがおすすめです。 


どのがん保険がいいのか、自分にあったがん保険はどれかを納得できるまで無料で何度も相談できるので、大変おすすめです。


 >保険のプロに無料相談はこちら

事前にがん保険への理解を深めて、トラブルを回避しよう

各保険会社から販売されているがん保険を比較してみると、保障内容や給付金はほぼ同じような内容となっています。


しかし、保険金の支払い条件は各社違いがあり、自分でパンフレットをざっと見ただけでは理解しにくいものもあります。


そこで、保険金が支払われないトラブルを回避するためにも、各保険会社の保険を比べてみたり、さまざまな保険会社を取り扱っている保険ショップなどに相談してみることをおすすめします。



約款や契約書をしっかりチェック!

契約時に保険の内容きちんと確認することも、トラブル防止のためには大切なことです。


パンフレットや契約書はもちろんのこと、疑問点や不安な点がある場合には、必ず保険会社の担当者に問い合わせるようにしましょう。


特に大事な説明は、スマホの録音機能などを使って記録しておくのもおすすめです。


また、契約時にはあらかじめ約款を渡されますが、この約款にも大切なことが記載されています。


約款は専門用語が多いため素人には内容がわかりにくく、また細かい文字で膨大な文章量なので、読むことを敬遠する人も多いです。


しかし、約款には保険金が支払われる場合とそうでない場合の説明など、保険に関する重要なことが事細かく記載されています。


いざというときに保険金が支払われないというトラブルを避けるためにも、保険会社の担当者から「いつ」「どんな時に」「いくら」保険金を受け取ることができるのか、また「保険金が支払われないケース」についてよく説明を受けるようにしましょう。


保険についての大事な内容が約款のどこに記載されているのか、保険会社の担当者に付箋を貼ってもらうこともおすすめです。



まとめ:がん保険の支払いトラブルについて

この記事では、がん保険の支払いトラブルについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、

  • がん保険の保険金が支払われないトラブルの中でよくあるトラブルは5つある。
  • がんはがんでも、上皮内新生物の場合は保険対象外のケースもある。
  • がん保険加入後免責期間にがんになった場合や、保険加入時の告知内容にミスがあった場合には保険金が支払われないケースがある。
  • がん治療以外の入院では、保険金が支給されないこともある。
  • がん保険の保険金支払いについてのトラブルを避けるためには、保険加入時にはしっかりと保障内容を確認しておく必要がある。
以上です。

せっかくがん保険に加入していても、いざ保険金支給の申請をした際に保険金が支払われないということになったら、治療費の負担も増え、経済的ショックは大きいでしょう。

このようなトラブルを避けるためにも、保険加入時にはきちんと保障内容を確認し、わからないことがあれば、細かいことでも保険の相談員に問い合わせてみましょう。

ほけんROOMでは、ほかにも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • がん保険は不要?「がん保険はいらない」という不要論を徹底検証!
  • 主婦が気になるがん保険。「わたしにがん保険は必要なの?」
  • 妻にがん保険って本当に必要?妻はがん保険に加入すべきなのか
  • がん保険に入らないのは大丈夫?がん保険の重要性を再確認しよう!
  • がん保険のメリットとデメリットは?きちんと知り適切な保険選びを!
  • がん保険に未加入でがんに罹るとどうなる?必要なお金はどのぐらい?
  • がんだけでなく、他の7大疾病も保障してくれるがん保険とは?
  • がん保険は何歳まで必要かについて加入前に考えてみることが必要
  • がん保険は本当に必要なのか?がん保険の必要性について考える
  • がん保険になる対象についてはまずしっかりと確認しておこう
  • がん治療は諦めないで!公的医療保険による治療費補助の程度とは?
  • がんになったときはどのくらい治療期間が必要になってくるの?
  • がんにかかったときの治療費のうち自己負担額はいくらかかるの?
  • がん保険の女性特約の必要性は考え方や環境によって変わります
  • 20代30代も必見のがん対策、全女性のためのがん保険に関する全情報
  • 独身男性・独身女性が加入するがん保険のポイントはここだ!
  • 女性らしく生きるために。独身女性のがん保険選びでの3つのポイント
  • 女性が加入するがん保険の掛け捨て型と貯蓄型の違いについて
  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が